ソウル 観光 おすすめ。 ソウルのおすすめ観光・観光スポット情報【HIS】

韓国ソウルの観光地「江南(カンナム)」のおすすめスポット9選!

ソウル 観光 おすすめ

明洞エリアが観光にも買い物にも便利 ソウルのメインエリアである明洞は、金浦空港から電車で1時間程度の場所にあります。 女性から人気の高いエリアなので、ツインルームやトリプルルームのあるホテルが多く、女子旅で宿泊しやすいエリア。 日本語が話せるスタッフが多いのも特徴で、言語に不安がある人や海外旅行に慣れていない人でも、安心して宿泊できるホテルばかりです。 ソウルの人気ホテルの中から、特に女性が宿泊がしやすく、満足度の高いホテルをご案内します。 ロワジールホテルソウル明洞 明るくセンスの良いインテリアのホテルは、ワクワク気分で宿泊できます。 フロントは高級感溢れる雰囲気となっていて、複数置いてあるソファーはどれも肉厚。 ゆったりと座ることができます。 客室はシンプルな内装なので、落ち着いて宿泊することが可能。 ダブルルームとツインルームがあるので、カップルや女子旅での宿泊にぴったりです。 ホテルは明洞駅に直結しているのでアクセスがしやすく、あらゆる観光スポットへスムーズに行くことができますよ。 チェックアウトは12時なので、朝の身支度もゆっくりすることができます。

次の

お知らせ

ソウル 観光 おすすめ

韓国観光情報• ソウル かつての朝鮮王朝の都ソウルには、歴史を今に伝える王宮がいくつも残されています。 李氏朝鮮時代の正宮「景福宮」は五大古宮の中でも最大。 荘厳な宮殿や楼閣を巡れば、いにしえの王朝ロマンの世界にいざなわれます。 済州島 豊かな自然の中と多彩なアクティビティを堪能できる、韓国を代表するリゾートアイランド。 黒豚や海鮮など日本人好みのグルメも満載で、旅先に選ぶ人が多いのもうなずけます。 日々の喧騒を忘れ、のんびり休日を過ごして。 慶州 約千年続いた新羅王朝の都「慶州」は、風雅なる歴史の街。 韓国の仏教文化を伝える仏国寺や石窟庵など、古跡の数々に出会い、韓国古代文化のもっとも華やかなりし日々へ、しばしタイムスリップしましょう。 韓国の概要 正式名称 大韓民国(Republic of Korea) 首都 ソウル(Seoul) 宗教 仏教、プロテスタント、カトリック:20. 韓国の気候 四季があり、日本と同じような気候。 ただし冬の寒さは厳しく、しっかりした防寒対策が必要。 6月中旬から7月にかけては日本同様に梅雨があり、初夏でも冷え込むことがあります。 韓国の服装 日本での服装とほぼ同じでOK。 夏は蒸し暑いので、通気性の良い軽装が最適。 日傘やサングラスなども役立ちます。 冬場は気温が零下になる日も多く、マフラーやニット帽子など防寒小物や暖かいインナーや靴下などが必需品。

次の

韓国旅行のおすすめはソウル!初めて行く方必見のスポット17選♪

ソウル 観光 おすすめ

最近ではエステを始めとする美容メニューも注目を集め、 美意識の高い女性から熱い視線を注がれています。 有名どころはもちろんのこと、あまり知られていない魅力的なところも たくさんご紹介しますので、是非参考にしてみてください! 1. 北村韓屋村(プクチョン・ハンオクマウル) 清渓川(チョンゲチョン)と鍾路(チョンノ)の北側にある北村(プッチョン)は、 王室の高位官職や王族が当時住んでいたことから、高級住居地として有名です。 実際に、現在も市民が普通に生活している「村」で、 昔ながらの通りがそのまま残され、 韓国の伝統家屋である韓屋(ハノッ)が残っており、 情緒あふれている雰囲気が人気を呼んでいます。 周辺には韓国美術博物館をはじめ、韓尚洙 ハン・サンス 刺繍博物館、 韓屋ギャラリーや伝統工房、レトロな韓屋造りのおしゃれなカフェなどがあり、 韓流ファンにはたまらない! ドラマ「宮~Love in Palace~」で小物、 衣装協力をした「東琳メドゥプ工房」やドラマ「冬のソナタ」のロケ地になった「中央高校」、 俳優チョン・ジニョンもよく利用するという 宿泊施設「北村ゲストハウス」などもあり、 見逃せない人気スポットのひとつとなっています。 伝統的な韓国の高級住宅。 そのスタイルはいくらか日本の昔の高級住宅とも似通っています。 高さの低いテーブルや縁側、引き戸や中庭などなど、同じアジアのスタイルが感じられますね。 広域バスの9710番で安国駅にアクセスします。 名称:北村韓屋村• 住所:ソウル特別市 鐘路区 嘉会洞 、斉洞、三清洞、桂洞、苑西洞一帯• アクセス: 【電車】ソウルメトロ3号線「安国(アングク)駅」下車。 【バス】広域バス(赤)9710番/「安国駅」停留所下車。 北村韓屋村公式URL: (日本語) 2. Nソウルタワー 人気の定番スポット「Nソウルタワー」は、南山の頂上にあるランドマークです。 無料エリアのエヌ・プラザと有料のエヌ・タワーに分かれており、 観光客だけでなく地元の人からも愛されている場所です。 見所はNタワー3階にあるデジタル展望台! ソウルの絶景パノラマビューを楽しめ、特に夜景は格別の美しさを誇り、 幻想的な世界が広がります。 近代的なビルの形をしたNソウルタワー。 この場所はソウルでもかなり有名で、日本のスカイツリーといった位置づけでしょうか。 規模は小さいですが、中のサービスは充実しています。 名称: Nソウルタワー• 住所: ソウル市ヨンサング 龍山区 ナムサンゴンウォンギル105• アクセス: 【電車・バス】3号線チュンムロ駅2番出口から、02番バスに乗りソウルタワー下車。 6号線イテウォン駅4番出口から、03番バスに乗りソウルタワー下車。 3号線トンデイック駅6番出口から、02番、05番バスに乗りソウルタワー下車。 公式サイトURL: (韓国語) 3. 光化門(クァンファムン) 1395年に創建された、景福宮の正門が「光化門」です。 東西南北の四つの門の中で最も美しいと言われ、 近くには新しく整備されたソウル市民の憩いの場 「光化門広場(クァンファムングァンジャン)」があり、 広大な観光スポットになっています。 ソウル市の象徴とも顔ともなっており、近くで見ると迫力満点です。 ソウルメトロ1号線でアクセスし、シチョン駅で下車。 3番出口を出ます。 ソウル都市鉄道に乗ってもOK。 名称: 光化門• 住所:ソウル特別市 鍾路区 社稷路161• アクセス: 【電車】 ソウルメトロ1号線「市庁(シチョン)駅」3番出口。 ソウルメトロ3号線「景福宮(キョンボックン)駅」6、7番出口。 ソウル都市鉄道5号線「光化門(クァンファムン)駅」1、2、8番出口。 公式サイトURL: (韓・英) 4. 清渓川(チョンゲチョン) 韓国ソウル特別市の中心部を流れる、全長約8kmの小さな川です。 ソウル中心部の光化門の「清渓広場」を起点に 鍾路、東大門、馬場洞あたりまで流れています。 川の周辺が歩道になっており、歩いて行くと広場や水遊びできるクァンギョ、 清渓川にかかる橋(広通橋、毛塵橋、長通橋など22橋)などが見られ、 石壁にはさまざまな作品が展示されており、市民の憩いの場&人気の観光スポットとなっています。 また夜や季節限定によるライトアップの演出により、 違った雰囲気が楽しめるのも魅力的! 川の端から端まで歩いていくと約2時間半かかるといわれてますので、 景観を楽しみながら自分のペースで楽しんでみてはいかがでしょう。 全長8キロですから一日のうちに回りきれる、小さな規模の川です。 デートスポットとしてふさわしい場所で、なかなか楽しいですよ! ライトアップされた魚たちは、まるで泳いでいるかのようにダイナミックで幻想的です。 名称: 清渓川• 住所: ソウル特別市 城東区 馬場洞 527-6, ソウル施設公団 [道路名住所] ソウル特別市 城東区 清渓川路 540, ソウル施設公団• アクセス: 【電車】地下鉄5号線クァンファムン(光化門)駅5番出口から徒歩約1分 地下鉄1・2号線シチョン(市庁)駅4番出口から徒歩約3分。 電話番号:02-2290-7111• 料金: 無料• 周辺にある建物:コリアナホテル、東和免税店、ファイナンシャルセンター、教保文庫など.

次の