ダイワ j リート。 ダイワ上場投信-東証REIT指数 / 大和アセットマネジメント株式会社

【特集】運用会社に聞いた、ダイワJ

ダイワ j リート

詳細情報 2004. 18 無期限 --- 毎月15日 --- 19,081円 (2007. 31) 2,588円 (2020. スポット購入:100円以上1円単位• 積立:100円以上1円単位• 注)金融商品仲介業者(IFA)と契約のお客様は下記「IFA用手数料」が適用されます。 詳細については下記の「リスクと費用について」をご確認ください。 基準価額の推移 2020年06月12日 3,724円 2020年06月11日 3,707円 2020年06月10日 3,821円 2020年06月09日 3,815円 2020年06月08日 3,804円 分配金(税引前)の推移 決算日 分配金 落基準 2020年05月15日 80円 3,362円 2020年04月15日 80円 3,404円 2020年03月16日 80円 3,497円 2020年02月17日 80円 5,128円 2020年01月15日 80円 4,963円 2019年12月16日 80円 4,981円 2019年11月15日 80円 5,135円 2019年10月15日 80円 5,390円 2019年09月17日 80円 5,194円 2019年08月15日 80円 5,111円• ファンドスコア推移 リスクリターン(税引前)詳細 2020. 12 更新 パフォーマンス 6ヵ月 1年 3年 5年 リターン 年率) -32. 60 -8. 97 2. 84 1. 77 リターン 年率)楽天証券分類平均 -31. 35 -8. 03 3. 33 2. 10 リターン(期間) -17. 90 -8. 97 8. 77 9. 18 リターン(期間)楽天証券分類平均 -17. 15 -8. 03 10. 31 10. 94 リスク 年率) 76. 36 54. 01 31. 86 26. 99 リスク(年率)楽天証券分類平均 73. 36 51. 91 30. 65 26. 04 1. 04 1. 04 1. 04 相関係数 1. 00 1. 00 1. 00 1. 29 0. 05 -0. 10 -0. 06 トラッキングエラー(TE) 3. 19 2. 26 1. 34 1. 16 シャープレシオ(SR) -0. 14 0. 10 0. 25 0. 20 インフォメーションレシオ(IR) 0. 09 0. 02 -0. 07 -0. 05 相関係数 2つの商品の間に見られる、値動きの関係を表す数値のこと。 相関係数はマイナス1~1までの範囲の数値で表され、相関係数がプラスの場合は収益率が同じ方向に動くことをあらわし、マイナスである場合には、反対方向に動くことを意味します。 相関係数が1に近いほどベータ値の信頼度は高く、0に近いほどベータ値の信頼度は低いと言えます。 信頼度は以下を参考にしてください。 8 ~ 1. 0 非常に強い相関 0. 6 ~ 0. 8 かなり強い相関 0. 4 ~ 0. 6 やや強い相関 0. 2 ~ 0. 4 やや弱い相関 0. 0 ~ 0. 2 無相関 週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としております。 シャープレシオ(SR)とは リスクを調整した後の収益率(すなわち超過収益率)で評価する方法の最も一般的な指標です。 シャープ・レシオは、負担するリスク1単位あたりで得られるリターン(超過リターン)の大きさを表します。 例えば、リターンが同じファンドA、Bがあった場合、ファンドAがシャープレシオが大きいとすると、ファンドAのほうがファンドBよりも少ないリスクでリターンをあげたことになり、 シャープ・レシオの数値が大きいほど、それだけ小さなリスクで高いリターンを獲得できたと評価されます。 週次ベースで更新を行っていて、6ヵ月=26週、1年=52週、3年=156週、5年=260週としており、年率換算しています。 毎月分配型・通貨選択型ファンドに関するご注意について 投資信託は、預貯金とは異なり元本が保証されている金融商品ではありません。 下記コンテンツでは、毎月分配型ファンドの分配金の支払われ方および通貨選択型の収益に関するご案内をしております。 投資家の皆様につきましては、当該ファンドへの投資をご検討なさる前にぜひご確認くださいますようお願い申し上げます。 投資信託に関する情報提供について• 楽天証券株式会社がウェブページ上で掲載している投資信託関連ページは、お取引の参考となる情報の提供を目的として作成したものであり、投資勧誘や特定銘柄への投資を推奨するものではありません。 各投資信託関連ページに掲載している投資信託は、お客様の投資目的、リスク許容度に必ずしも合致するものではありません。 投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でなさるようお願いいたします。 各投資信託関連ページで提供している個別投資信託の運用実績その他の情報は、当該投資信託の今後の運用成果を予想または示唆するものではなく、また、将来の運用成果をお約束するものでもありません。 (楽天証券分類およびファンドスコアについて)• 楽天証券ファンドスコアは、「運用実績」を一定の算出基準に基づき定量的に計算したもので今後の運用成果を予想または示唆するものではなく、将来の運用成果をお約束するものでもありません。 最終的な投資判断は、運用コスト、残高の規模、資金流出入額、運用プロセス、運用体制等を考慮し、お客様ご自身でなさるようお願いいたします。 情報提供:株式会社QUICK 各投資信託関連ページに掲載している情報(以下「本情報」という)に関する知的財産権は、楽天証券株式会社、株式会社QUICKまたは同社の情報提供元(以下三社を合わせて「情報提供元」という)に帰属します。 本情報の内容については万全を期しておりますが、その内容を保証するものではなく、これらの情報によって生じた損害について、情報提供元は原因の如何を問わず一切の責任を負いません。 本情報の内容については、蓄積・編集加工・二次加工を禁じます。 また、予告なしに変更を行うことがあります。

次の

【特集】運用会社に聞いた、ダイワJ

ダイワ j リート

株式市場が乱高下していてもJリートの配当は安定している 昨今では時々株式市場が乱高下します。 私も米国株・日本株に投資しているので株価が乱高下すると資産がジェットコースターのように増えたり減ったりします。 多分一日100万円を超える単位で資産が変動するときもあります。 でも、NYダウが800ドル下がろうが日経平均が400円下がろうが、私の精神は非常に安定しています。 昔だったら株価が心配で寝られないなんてこともありましたけど、今は大丈夫です。 今は資産の7-8割をリスク資産に投資していて、かつ資産総額が前よりも比較にならないくらい大きいため、変動幅も大きいはずなのですが全く心配になりません。 何故だと思いますか? 答えは簡単で、 投資資産の多くはリートであり、株式市場が乱高下してもリートは毎月変わらず安定して分配金を受け取れているからです。 Jリートの場合、日本高配当株と同様に高い利回りがありつつ不動産賃貸の長期契約をベースにしているため収益は安定しています。 私の見方では 株式市場が混乱すればするほど、Jリートの安定性という魅力がより増してくるはずです。 感染症のパンデミックによる極めて大きな経済へのインパクトにより株式市場が大混乱しています。 株式市場が混乱し停滞するときこそ、Jリートの配当の安定性が魅力的と考えています。 直近で金利が大きく上がることは考えにくいのでJリートは買い 現在 先進国の政策金利は非常に低い水準です。 いわゆるゼロ金利が先進国に広がっています。 各国が政策金利を下げるのは景気が悪いからですが、現在景気が絶好調な国なんてありませんし今後の景気の見通しも決してよくありません。 この中で先進各国の政策当局が金利を上げるという判断を容易にするとは思えません。 資金の需給面についてはどうでしょうか? 銀行にしたって資金の貸し出し需要が多くあればいいのですが、今の主流のビジネスはあまり巨額の資金を必要としないビジネスが多いです。 日本のいたる所で工場を建てまくったりすればお金は必要ですが、経済の主体がサービス産業に移行して期待今企業も多額の資金を借り入れる必要はありません。 結果、資金の需給の観点でも金利は上がらないでしょう。 Jリートは多額の借り入れをして不動産に投資するビジネスです。 金利負担はJリートの収益と配当にお大きな影響を与えます。 金利が増えれば支払い配当金が増え、利益が減り、株主への配当金も減ってしまいます。 その結果、一株配当金が減り株価は下がってしまうかもしれません。 でも、 金利が直近では上る見込みがないとしたらどうでしょうか? Jリートの金利負担が増えないのですから、安定して配当金を支払うことができます。 もし今後金利が上がるどころか更に下がるとすると、金利負担が減り利益は増えるので配当金を増やすことができるかもしれません。 私は直近で金利が大きく上がることは考えにくいと考えています。 そして、 その結果Jリートの金利負担は増えることはなくむしろ減る方向にあると考えるため、Jリートの収益性はこれから上がる方向ではないかと考えます。 このため Jリートは買いだと考えるのです。 将来の配当が安定しているJリートを選別して投資するのがおすすめ Jリートは買いだと考えていますが、その理由は 配当が安定的だと考えられるからです。 Jリートの中には配当が安定しない、あるいは今後減る可能性と想定される銘柄も存在します。 Jリートは買いだと考えつつも、配当が変動する可能性があるリートは当面避けたほうが良いと考えます。 具体的には、• ホテル系のリート(変動賃料によって配当が変わる)• オフィス系のリート(今後在宅勤務が普及していくとオフィス需要は減ることが予想される)• 商業施設系のリート(商業施設の閉鎖が長期間続く可能性があり、テナントの退去あるいは賃料の減免が避けられないと予想される) といったものです。 あくまで「 配当が安定すると考えられるJリートは買い」という前提で投資を検討しましょう。 まとめ Jリートの価格が大きく下がった中で、果たしてJリートは今でも買いなのかを検討してみました。 当ブログでは、 今後株世界経済が停滞し株式市場が混乱する方向にあるからこそJリートは買いである、と考えます。 なぜなら、• 株式市場が混乱しても、Jリートの配当の安定性には変わりはない• 世界経済が停滞すれば金利は直近で大きく上がることは考えにくいため、Jリートの収益と配当はこれからも安定する からです。 私はこの銀行預金金利とJリートの分配金水準との大きな差が安定して続くと思っていますので、Jリートは買いだと思うのです。 私は過去3年間Jリートをホールドしてきて、ずっと毎月安定した分配金をもらえています。 給料以外にJリートの分配金という不労所得があるととても生活が楽になります。 Jリートに投資するなんてことは、ネット証券に口座を開いて注文ボタンを押すだけで誰でもできることです。 Jリートに投資するのは決してまだ遅くありませんので、あなたもぜひJリートに投資していきましょう。 Jリートの選び方については以下も参照下さい。

次の

ダイワJ

ダイワ j リート

株式市場が乱高下していてもJリートの配当は安定している 昨今では時々株式市場が乱高下します。 私も米国株・日本株に投資しているので株価が乱高下すると資産がジェットコースターのように増えたり減ったりします。 多分一日100万円を超える単位で資産が変動するときもあります。 でも、NYダウが800ドル下がろうが日経平均が400円下がろうが、私の精神は非常に安定しています。 昔だったら株価が心配で寝られないなんてこともありましたけど、今は大丈夫です。 今は資産の7-8割をリスク資産に投資していて、かつ資産総額が前よりも比較にならないくらい大きいため、変動幅も大きいはずなのですが全く心配になりません。 何故だと思いますか? 答えは簡単で、 投資資産の多くはリートであり、株式市場が乱高下してもリートは毎月変わらず安定して分配金を受け取れているからです。 Jリートの場合、日本高配当株と同様に高い利回りがありつつ不動産賃貸の長期契約をベースにしているため収益は安定しています。 私の見方では 株式市場が混乱すればするほど、Jリートの安定性という魅力がより増してくるはずです。 感染症のパンデミックによる極めて大きな経済へのインパクトにより株式市場が大混乱しています。 株式市場が混乱し停滞するときこそ、Jリートの配当の安定性が魅力的と考えています。 直近で金利が大きく上がることは考えにくいのでJリートは買い 現在 先進国の政策金利は非常に低い水準です。 いわゆるゼロ金利が先進国に広がっています。 各国が政策金利を下げるのは景気が悪いからですが、現在景気が絶好調な国なんてありませんし今後の景気の見通しも決してよくありません。 この中で先進各国の政策当局が金利を上げるという判断を容易にするとは思えません。 資金の需給面についてはどうでしょうか? 銀行にしたって資金の貸し出し需要が多くあればいいのですが、今の主流のビジネスはあまり巨額の資金を必要としないビジネスが多いです。 日本のいたる所で工場を建てまくったりすればお金は必要ですが、経済の主体がサービス産業に移行して期待今企業も多額の資金を借り入れる必要はありません。 結果、資金の需給の観点でも金利は上がらないでしょう。 Jリートは多額の借り入れをして不動産に投資するビジネスです。 金利負担はJリートの収益と配当にお大きな影響を与えます。 金利が増えれば支払い配当金が増え、利益が減り、株主への配当金も減ってしまいます。 その結果、一株配当金が減り株価は下がってしまうかもしれません。 でも、 金利が直近では上る見込みがないとしたらどうでしょうか? Jリートの金利負担が増えないのですから、安定して配当金を支払うことができます。 もし今後金利が上がるどころか更に下がるとすると、金利負担が減り利益は増えるので配当金を増やすことができるかもしれません。 私は直近で金利が大きく上がることは考えにくいと考えています。 そして、 その結果Jリートの金利負担は増えることはなくむしろ減る方向にあると考えるため、Jリートの収益性はこれから上がる方向ではないかと考えます。 このため Jリートは買いだと考えるのです。 将来の配当が安定しているJリートを選別して投資するのがおすすめ Jリートは買いだと考えていますが、その理由は 配当が安定的だと考えられるからです。 Jリートの中には配当が安定しない、あるいは今後減る可能性と想定される銘柄も存在します。 Jリートは買いだと考えつつも、配当が変動する可能性があるリートは当面避けたほうが良いと考えます。 具体的には、• ホテル系のリート(変動賃料によって配当が変わる)• オフィス系のリート(今後在宅勤務が普及していくとオフィス需要は減ることが予想される)• 商業施設系のリート(商業施設の閉鎖が長期間続く可能性があり、テナントの退去あるいは賃料の減免が避けられないと予想される) といったものです。 あくまで「 配当が安定すると考えられるJリートは買い」という前提で投資を検討しましょう。 まとめ Jリートの価格が大きく下がった中で、果たしてJリートは今でも買いなのかを検討してみました。 当ブログでは、 今後株世界経済が停滞し株式市場が混乱する方向にあるからこそJリートは買いである、と考えます。 なぜなら、• 株式市場が混乱しても、Jリートの配当の安定性には変わりはない• 世界経済が停滞すれば金利は直近で大きく上がることは考えにくいため、Jリートの収益と配当はこれからも安定する からです。 私はこの銀行預金金利とJリートの分配金水準との大きな差が安定して続くと思っていますので、Jリートは買いだと思うのです。 私は過去3年間Jリートをホールドしてきて、ずっと毎月安定した分配金をもらえています。 給料以外にJリートの分配金という不労所得があるととても生活が楽になります。 Jリートに投資するなんてことは、ネット証券に口座を開いて注文ボタンを押すだけで誰でもできることです。 Jリートに投資するのは決してまだ遅くありませんので、あなたもぜひJリートに投資していきましょう。 Jリートの選び方については以下も参照下さい。

次の