アメブロ ぴの。 【永久保存版】コピペするだけ!アメブロで使えるかわいい囲み枠 10選

アメブロのメリット・デメリットとは? オススメできるのはどんな人なの?

アメブロ ぴの

【結論】• 【結論】アメブロはこんな人にオススメ この記事は長くなっているので、どんな人に アメブロがオススメなのかを最初にまとめました。 芸能人 まず、 芸能人の方はアメブロをオススメします。 なぜなら、一般人と違い、アメブロは芸能人を優遇しているからです。 そのため、ちょっとした日記であっても 毎日更新するだけで収益化に直結します。 日記ブログを書きたい人 アメブロは、スマホのアプリに 最低限の機能しかありません。 アメブロアプリは使いやすい 使い方が非常に分かりやすいので、 ブログを 日記として始める人にはピッタリです。 逆に、 ブログを収益化したいとか、ブログでアクセスを集めたいという人には向きません。 ヨス 収益化の要になる 「Googleアドセンス広告」が入れられないのが致命的……。 ちなみに本気でブログをやりたい人はこちらの記事が必見です。 メインのブログがすでにある人 メインのブログを WordPressなどで持っていて、さらに集客を考えている人にはオススメできます! アメブロからメインのブログへ導入として使う アメブロには 独自のコミュニティがあり、検索から自分のブログにはやってこない人たちがいます。 そういう人を 自分のメインのブログや、メインビジネスに呼びたい場合は、アメブロは活躍できることがあります。 ただし、あくまで記事のクオリティに力を入れるのはメインのブログにしておきましょう! 芸能人や公式ブロガーの日記を読みたい人 ブログを自分で書くのではなく、 芸能人や公式ブロガーのような「キラキラした人」の日記を読みたい場合もアメブロは最適です。 そういう情報は検索では出てきにくいと思うので、アメブロアプリを使って楽しみましょう。 自分がブログを書かなくても アメブロアプリは「読む側」としての機能が優秀ですよ! タイピングの練習をしたい人 文章どころか、タイピングもままならない人が、 タイピングの練習としてアメブロで日記を書くのはオススメです。 無料ですからね! についてはこちらの記事をどうぞ。 同じ趣味の仲間を見つけたい人 同じような趣味を持つ仲間を見つけたい人にもおすすめです。 アメブロはブログというよりも、SNSの色味が強いので、いろんな人と交流しやすいです。 Twitterなどのを持っている人はそちらを使ってもいいですが、持っていない人はアメブロを使ってみるといいかも。 イラストやマンガが描ける人 イラストやマンガが描ける人はアメブロという選択肢もアリです。 ブログは 画像だけでは検索結果に現れにくいため、自分でブログを開設するよりも、アメブロのコミュニティを使うほうが有利だからです。 アメブロのメリット では、 アメブロの良いところ(メリット)をまとめます。 アメブロは無料で使える まず、アメブロは 無料で使えます。 これは利点ですよね。 パソコンがなくても、スマホだけでもブログを始められるので、 実質スマホを持っていれば始められます。 アメブロアプリが使いやすい そして、アメブロで記事を書くときにお世話になるスマホ用の アメブロアプリが使いやすいです。 アメブロアプリは使いやすい ただこれには条件があって、 単なる「日記記事」を書くのなら……という条件です。 需要のある記事を検索からアクセスを集めるためにガッツリ書くのなら、スマホアプリではちょっと難しいです。 アメブロアプリは他人のブログ(とくに芸能人)を読みやすい そして、前項でも書いたアメブロアプリですが、 他人のブログを読みやすい作りになっています。 アメブロアプリのトップページは、 Yahoo! JAPANのトップページみたな賑わいがありますね。 他人のブログを読みやすい 「他人のブログが読みやすい」とは言っても、同じアメブロ内の記事ですよ。 とくに 芸能人のニュースに関しては露出が高いため、たどり着きやすいです。 こちらの画像の下の方に「おすすめブロガー」のように出ていますが、芸能人はかなり優遇されていますね。 芸能人は「オススメ」としてもよく出る 逆をいうと、 一般人は優遇されません。 ブログを書かない人で、他人のブログ(アメブロのみ)を読む専門の人にとくにオススメかもしれません。 アメブロはSNSとしても楽しめる アメブロには、 アメブロ独自の「いいね! 」があります。 ほかにも「フォロー(読者登録)」もあり、 アメブロはブログというよりも「SNS」という側面が強いです。 そのため、SNSとして楽しめますね。 同じ興味のある仲間を増やすには向いているかも知れません! 歌詞を堂々と使える ブログで好きな歌の 「歌詞」を掲載すると著作権違反になります。 ところが、 アメブロだとその許可が得られているので、堂々と歌詞を載せられるんですね。 ヨス これは致命的すぎる……。 アメブロにはアドセンス広告が貼れない そして、ブログで収益化を考えたときに導入しやすいですが、 アメブロでは使えません。 つまり、お小遣い稼ぎも厳しいわけですね……。 アフィリエイト広告は貼れる? ちなみに、の広告は貼ることができます。 こちらがアメブロと提携しているASPと、推奨されているASPです。 提携アフィリエイトサービス• net• VALUE COMMERCE(バリューコマース) 推奨アフィリエイトサービス• ACCESSTRADE アクセストレード)• アドボンバー• ADVack アドバック)• afb アフィb)• AFRo アフロ)• Amazonアソシエイト• BannerBridge バナーブリッジ)• ChallengingJapan(チャレンジング・ジャパン)• e-click(イークリック)• JANet(ジャネット)• Linkage(リンケージ)• LINKSHARE(リンクシェア)• monetrack (マネートラック)• Rakutenアフィリエイト(楽天アフィリエイト)• Smart-C(スマートシー)• TGアフィリエイト• Zucks Affiliate 【参考】芸能人の場合は収益化できる ここまで一般人の話をしていますが、もし 芸能人、もしくは「アメブロ公式ブロガー」であるなら、アメブロでの収益化は可能です。 そういう話もあるので、芸能人はこぞってアメブロを使っているのでしょう。 アメブロ側の収益になる広告がウザい Googleアドセンスの広告がアメブロには貼れないという事実を紹介しました。 ところがですよ……自分のブログを見てみると、 そこらじゅうに広告が入っていることに気づきます。 ほら、こちらの画像を見てください。 アメブロの収益になる広告がいっぱい 記事一覧の一番上の目立つところに、広告(たぶんアドセンス? )があります。 一番下にも固定の広告がありますよね。 下記画像の「記事ページ」を見ても広告だらけ。 アメブロの収益になる広告は記事ページにも ブログを書いている人の収益にならない じつはこれらの広告は、ブログを書いている人ではなく、 アメブロ側の収益になります。 つまり、どんなにアクセスを増やして、どれだけこれらの広告がクリックされても こちらには1円も入ってきません。 たとえば月に1万PVを超えたとしたら、 アドセンスで3,000円ぐらいにはなってそうなのですが、アメブロを使っているとゼロ円です。 ヨス そんな……ひどい…… ……と思いそうですが、これもアメブロを無料で使わせてもらう人の宿命です。 タダで使わせてもらっているので文句は言えませんよ。 「有料」で広告を外すことはできる これらの広告ですが、 毎月1,000円のプランにすれば 非表示にすることはできます。 かといって、アメブロに自分のアドセンス広告を入れられるわけではないので、意味がありません。 そもそも、としても月に800円でできるので、アメブロの有料プランを使う理由が……(遠い目)。 ほかのブログへの流出がひどい アメブロを使ってみて衝撃を受けたのは、アメブロ側の収益になる広告だけではありません。 ほかのブログへの流出を促す宣伝(? )がひどいのです。 たとえば、自分のブログ記事の直下にこんな広告があります。 「Ads by Ameba」という広告 「Ads by Ameba」と書いてあるので、アメーバがお金をもらって掲載しているのでしょうか? クリックするとほかのブログへワープします。 「ニュース(Abema TV)」とか自分のブログにぶっこまれてますし……。 AbemaTVの宣伝も 自分のブログ以外をオススメしている 下の方に行くとこんなにいっぱい「 オススメ記事(ほかのブログ)」が! ほかのブログへの入り口がこんなにたくさん なんで自分のブログなのに、 ほかのブログを「オススメ記事」で出すんだよ!! (笑) 「みんな! このブログから出ていってくれよな! 」といわんばかりにほかのブログの記事への入口が表示されています。 ヨス 「あれ? これって誰のブログだっけ? 」と錯覚する勢いですな。 ランキングで上位に来ると目立つ ちなみに、アメブロの専用アプリで自分のブログを見ていても、こんなふうにほかの人の記事がオススメとしていっぱい出てきます。 ほかの人の記事がオススメとしていっぱい出てきます 「人気記事」って書いていますが、 わたしのブログ以外の人気記事です。 とくに 自分と同じジャンルの 上位3位までのブログはすごく目立つ形で表示されます。 の写真10 逆を言えば、アメブロ内で人気記事と認定されると、 よそのブログ内でこんなふうに露出できるというわけですね。 この「人気記事と認定される」ためには、次項で紹介する「ランキング」が重要になります。 アメブロ内の「ランキング」ばかりに目がいく仕組み 自分のブログに行くと、やたら目に入るのは「 ランキング」です。 ランキングが目立つ このランキング、自分の登録している「ジャンル」でのランキングになります。 このランキングはページビュー(読まれた回数)に紐付いていると思われますが、うまいですよね。 順位が上がるとうれしいのでついついがんばります。 そのため、目先のランキングを上げることを目標にしてしまいがちなんですよね。 Googleの検索順位で上位に来て、 検索からアクセスを流入するという視点になりにくいのがアメブロを使う最大の弱点だと言えるかもしれません。 CSSがスマホでは適応されない アメブロの設定画面にCSSを記述できるところがありました(参考: )。 ところが、これはスマホには適応されないという仕様です。 そのため、スマホでもCSSを表示させるには みたいにいちいち書く必要があるため、コードが汚くなります。 ヨス こんな画面に切り替えてHTMLで とか入力しますか? いやー、やってられませんよね(笑)。 アメブロでは独自ドメインを取得できない アメブロではが取得できません。 独自ドメインというのは、このブログだとこちらになります。 独自ドメインはレンタルしている これはわたしがドメインを管理する会社に 「電話番号」を借りるごとくレンタルしているんですよね。 まぁ、年に1,000円程度で高くないですけど。 ではアメブロだとどういうURLになるのかというと、こうなります。 jp」の部分です。 つまり、アメブロで作ったブログはアメブロの中にある一部のスペースを借りて運用することになります。 独自ドメインじゃないとダメなの? 独自ドメインじゃないと何がダメなのかというと、ほかのブログサービスなどに引っ越しできないからです。 ヨス くわしくは次項で紹介していますよ! ほかのブログサービスへの引っ越しができない アメブロが独自ドメインを持てないということを紹介しました。 もしアメブロに不満があって、ほかのブログサービスに変更したいと思うとURLが変わることになります。 さきほども見たこちらをご覧ください。 jp」になっているので、たとえば「はてなブログ」に変更したいなら 「ameblo. jp」のままでは使えません。 URLが変わるのはよくない そしてここが肝心なのですが、URLが変わるのはよくありません。 ブログを始めて、 今まで築き上げてきたGoogleからの評価がゼロに戻ってしまうからです。 たとえば、検索順位が高くなっていた記事もゼロに戻るということですね。 そもそもアメブロからは引っ越しできない仕様 そして、ここが肝心なのですが、 アメブロからは引っ越しが簡単にできない仕様になっています。 それはそうですよね。 「アメブロが稼げない」と気づいた人がどんどん WordPressなどに移行していけば、アメブロを使う人が減ります。 そうなるとアメブロに入ってくる広告からの収益も減りますからね。 簡単に引っ越しさせたくはないでしょう。 ただ、引っ越しする方法はあるみたいです(大変だとは思いますが)。 とはいえ、 アメブロを使っていた人はそんなにアクセス数のある記事を書いていない人が多いので、引っ越しに労力を使うぐらいならしたほうがいいです。 著作権がアメブロ側に? アメブロを運営している人でも知らない人が多そうなのが アメブロで掲載したコンテンツの著作権についてです。 こちらをご覧ください。 当社は、利用者が本サービスにおいて投稿、アップロード又は保存した全ての情報(文字情報、画像情報等を含みますがこれらに限られません)について、これらを保存・蓄積した上、本サービスの円滑な運営、改善、当社又は本サービスの宣伝告知等(第三者のメディアへの掲載を通じた紹介記事・コンテンツ等も含まれます。 )を目的として、あらゆる態様で利用できるものとし、利用者はこれに同意するものとします。 より引用しました。 簡単にいうと、「アメブロ上にアップロードされている文章や画像、動画などはアメブロ側(サイバーエージェント)が自由に使いますよ」ということです。 著作権までは奪われませんが、 「アメブロを使う」=「自由に使われること」に同意することになります。 いつブログが消えるか分からない 最後にアメブロで築いている自分のブログはいつ消えるかわからないという点。 可能性は低いと思いますが、株式会社サイバーエージェントがアメーバブログというサービスを終了すれば、自分のブログは必然的に消滅するでしょう。

次の

【注意!】アメブロとインスタの連携をしない方がいい4つの理由。

アメブロ ぴの

お引越しは3ステップで完了• アメブロの特徴• お引越しできるブログと注意点• こんな人が利用しています!• その他の注意事項• 必ず各ブログの注意点を確認してからお引越し手続きをしてください。 お引越しをすることで元のブログ内容が消えることはありません。 元のブログ名は反映されません。 アメーバで登録したブログ名となります。 他社ブログ側の状態により、記事を移行できない場合がございます。 上記以外の他社ブログサービスをお使いの方は、お引越し対象外となります。 ブログ開設をする場合は、新規でアメーバ会員登録をお願いします。 何かご不明な点がありましたらからお問い合わせください。

次の

アメブロへブログをお引越ししよう!

アメブロ ぴの

お引越しは3ステップで完了• アメブロの特徴• お引越しできるブログと注意点• こんな人が利用しています!• その他の注意事項• 必ず各ブログの注意点を確認してからお引越し手続きをしてください。 お引越しをすることで元のブログ内容が消えることはありません。 元のブログ名は反映されません。 アメーバで登録したブログ名となります。 他社ブログ側の状態により、記事を移行できない場合がございます。 上記以外の他社ブログサービスをお使いの方は、お引越し対象外となります。 ブログ開設をする場合は、新規でアメーバ会員登録をお願いします。 何かご不明な点がありましたらからお問い合わせください。

次の