ベネッセ 無料 配布。 ベネッセ自学テキストを無料配布!個人情報は大丈夫?

ベネッセ、3学期の学習の総まとめができる小中高向け「春の総復習ドリル」を無償配布

ベネッセ 無料 配布

この度、取り組みに賛同いただいたクラスベネッセ提携パートナー塾の全国357拠点で受験ができるようになったことに加え、地域の最新の入試状況などに合わせた無料の個別アドバイスを開始したことをお知らせします。 無償提供開始の発表後、進研ゼミに「休校中はどのくらい子どもが勉強できているかわかりにくいから助かる」「全国規模で実力がわかることで学力を底上げできそう」「テスト結果に合わせてカスタマイズされた個別復習ドリルが良い」など、多くの声が寄せられ、現状15万もの方に受験申し込みをいただいています。 また、学力格差に対する不安は多くのクラスベネッセ提携パートナー塾にも寄せられており、そのような状況を受け、クラスベネッセ提携パートナー塾の校舎でも実力診断テストの受験及び個別のアドバイスを無償で提供させていただくことを決定しました。 お近くのクラスベネッセ提携パートナー塾での実力診断テストと個別アドバイスを、ぜひご利用ください。 そのなかで、社内の子どもを持つメンバーから「模試を受けられず進路選びも心配」という声を耳にして、より地域の状況に合わせたご支援、より一人ひとりのご不安に寄り添ったご支援も行えないかと考えました。 そこで進研ゼミを使った個人別指導教室「Class Benesse(クラスベネッセ)」の提携パートナー塾へお話しをさせていただき、ぜひいっしょに子どもたちの支援をしたいという声が多数あがり、今回の取り組みを企画いたしました。 各教室では地域の豊富なデータに基づいて、今回の実力診断テスト結果に合わせた勉強法や進路アドバイスをご提供いたします。 今現在、各塾にお申込みをいただいている学年を見ますと、高校入試を控えられた中学3年生が特に多い状況です。 再開した学校の授業・定期テストに向けた不安解消だけでなく、高校入試やこれからの学校生活への自信を深める機会になれば幸いです。 個別アドバイスについては熊本ゼミナールの各校舎へご相談ください。 またテスト後には診断結果に合わせて個人用にカスタマイズされた「個別復習ドリル」をテスト結果と合わせて提供。 学校再開へ向け、子どもたちが今抱える学習面での課題発見と解消のサポートを個別に実施することで、進研ゼミはコロナ休校による「学力格差不安」の解消を目指します。 以降はダウンロードでのご利用となります。 テストを提出後、個別の結果表の中で全国の中で自分がどれくらいのレベルにいるかわかるので、学校再開に向けた準備にお役立ていただくことができます。 教科ごと・単元ごとの得意・苦手がわかる 全国順位や位置が分かるだけではなく、全国の結果を元に、教科ごと、さらには単元ごとに自分の得意・苦手が客観的にわかります。 苦手な単元については、今後どのように学習を進めればいいのか、個別のアドバイスもついてくるので、具体的な学習の進め方もわかります。 個別復習ドリルで苦手を克服できる 個別の学習アドバイスや進研ゼミ約50年の指導実績に基づき、苦手を克服するための個別問題も提供。 一人ひとりの得意苦手・レベルに合った問題なので、自宅でひとりでも解き進めやすく、休校期間中の学習の総まとめをすることができます。 ただし、 地域によって休校期間の長さに違いがあったり、 休校期間中の学習内容も地域・学校によって差があるのが実態でした。 結果として、長期にわたった休校により全国で「学力格差」が生まれつつあり、格差に対するご家庭の懸念・不安が増大しています。 事実、以下アンケートデータのように「学校の勉強に遅れてしまう」ことに対する不安は、3月下旬に比べ大幅に増えています。 一方で、休校期間中の学習法として挙げられていた「オンライン授業」等のデジタルデバイスを活用した学習は、実施できる学校が限られていたこともわかっています。 学校や自治体主導での「オンライン授業」なども話題になっていますが、デジタルデバイス環境面などの課題も大きく、実施している学校・自治体が限られているのが現状です。 そのような状況から結果的に生まれつつある「学力格差不安」に対し、進研ゼミにできることがないか、そう考え、今回の「実力診断テスト」の無償での実施を決定いたしました。 今回の「実力診断テスト」は前学年の学力の定着をはかれるものになっています。 多くの学校で復習を中心にプリントでの宿題は出され、子どもたちは自分なりにこの環境下でできることに取り組んでいますから、このテストを受けることで、まずはできることを実感して自信につなげてもらいたいと考えています。 そして、ニガテなことを明確にし、テスト結果に応じた個別復習ドリルで取り組むことで、新しい学年の学習にもお役立ていただけると嬉しいです。 休校を受けた無償支援策として3月より提供させていただいている「春の総復習ドリル」は、ダウンロードも含めのべ100万人以上の方にご利用いただいています。 今回の「実力診断テスト」も多くの方にご活用いただき、コロナ休校で生まれた「学力格差不安」に対するご家庭の不安解消に少しでもつながることができれば幸いです。

次の

【公式】進研ゼミ小学講座(チャレンジ/チャレンジタッチ)

ベネッセ 無料 配布

こちらも今大人気! 全80枚のシールが選べる3デザインで登場です。 兄弟を含め、一度に3人分応募できます。 一番人気の「すくすく成長記録シール」は、子どもの初めての瞬間や行事などをお祝いするシール。 一方、「だいすきいっぱいシール」「シンプルスタイリッシュシール」はお名前シール! 先にご紹介した「Lots of LOVE おなまえシール」よりもラブリーになっています。 耐熱性・耐水性があり、なんと食洗機にも対応! お弁当箱やコップにも安心して貼れますね。 応募はここから とてもおしゃれなお名前シールが145枚分もらえます。 兄弟を含め、一度に3人分応募できます。 防水加工なので、歯磨きケースやコップなど水濡れが心配なものにも安心。 デザインも嬉しい3テイストです。 これ一枚あれば、お名前シールは足りそうですよね。 ちなみに、応募時には 8桁の「応募コード」が必要。 教材の案内などに同封されていることがあります。 うちの場合はウェルシアで買い物をしたときにもらえました(たぶんおむつかミルク缶を買ったとき?)。 ただし、コードがなくても「12345678」と入力すれば良いそうです。 「応募コード」がない、もしくは、わからない場合は、「1234 5678」を入力してください。

次の

【無料提供!】コロナ対策!小学生向け家庭学習27選(ベネッセ進研ゼミ、Z会、まなびwith、シンクシンク…

ベネッセ 無料 配布

新型コロナウイルスに関するニュースが飛び交う中、2月27日に政府から全国の小中高校へ休校要請がありました。 小1~小6コース3月号(学年総復習号/国語・算数) PDF版• 年少~小6コース 3月号を除くご希望月号のワークブック(お一人さま1冊) Z会の通信教育 Z会の通信教育の一部の教材が無料公開されます。 本記事執筆時点では1年生~2年生の算数・国語と、3年生以降の一部の教材が公開されています。 これから順次公開されていくようです。 【追記】3月3日時点で3~6年生の理科と算数も無料公開されています アプリ・ゲーム系の無料学習 ここからは、アプリやゲームなどで楽しく学べる教材の紹介です。 勉強というよりは遊び寄りかもしれません。 コロナウィルスが怖くて外に出られない時には、お子さんの良いお供になるかもしれません。 Think! Think! (シンクシンク) 知育パズル系のスマホ向けアプリ。 普段は無料だと1日1プレイまでという制限のあるゲームですが、1日3プレイできる有料コースが無料で解放されます。 Yahooきっず ゲーム感覚で学べる教材が用意されています。 Studycat 世界展開している、英語、中国語、スペイン語、フランス語、ドイツ語を学べるゲーム系教育アプリ。 既に2月4日から中国に対して無料提供していて、今回日本も無料の対象になったそうです。 自習でわからない問題などに出会ったときにご利用ください。 調べたいときに手元に参考書がない、索引から調べると時間が掛かる、そんな悩みを解決するサービスです。 参考書購入者の特典ですが、期間限定で無料提供します。 朝日新聞出版・科学漫画シリーズ こちらは1週間限定の無料公開なのでお早めに。 2月29日の情報公開後から全国の多くの保護者の方からお問い合わせを頂き、現在も運営事務局では順次対応を進めております。 しかし、多くのお問い合わせを頂いているところ大変苦しい思いではございますが、規定の数に達したため無償提供プログラムを終了とさせて頂きます。 当初全ての保護者様へ提供することを見込んでおりましたが、現在までに500名を超える方のお申し込みを頂いており、何卒皆様におかれましてはご理解を賜りますようお願い申し上げます。 しかしながら多くのお客様からのお問い合わせを頂いている状況を鑑み、そして継続して全国のお子様とご家庭を応援したいと想いから、わずかばかりではございますが本日以降のお申し込みについて利用料金のサポートを行うことにいたしました。 ディズニー・プログラミング学習教材「テクノロジア魔法学校」 EdTechとは…Education + Technologyの造語。 教育にITを活用していくことを指します。 どうせ国のやつだからしょぼいでしょ、と思いきや、結構ガチで色々紹介してくれてます。 ただ、個人向けと企業・学校向けが混在しており、対象も小学生から高校生向けまで全部混ざっちゃってるのでちょっと見づらかったです(この記事を書こうと思ったきっかけがそれでした)。 コロナウイルスにより臨時休校となった学校を支援すべく立ち上がったEdTech企業まとめ デジタル教材「リブリー」を無償提供している会社の社長さんがまとめたようです。

次の