大谷 評価。 【モンスト】大谷吉継(おおたによしつぐ)の最新評価と適正神殿

大谷翔平に対するイチローの評価「雰囲気あります、やっぱり」

大谷 評価

相手はサイ・ヤング賞(最優秀投手賞)2度のクルバーで、三回の打席は見逃し三振だった。 大谷はプロ野球日本ハム時代に48本塁打を記録している。 本拠地デビューとなった3日にメジャー1号となる3ランを放っており、これで日米通算50本塁打 米大リーグでも投打の「二刀流」として華やかにスタートを切ったエンゼルス大谷翔平に対し、同じ舞台でプレーする日本選手からは驚きの声が上がった。 日本人選手(ダルビッシュ・前田健太・田中将大)の反応 カブス・ダルビッシュ有投手 一緒に練習するなど交流のあるダルビッシュ有選手はブログで2号2ランを打った相手が昨季のア・リーグ最優秀投手だったことに触れ「俺なんかクルバーの球、一生当たらんのやろな」と感嘆した様子で記した。 ドジャース前田健太投手 「(初本塁打は)簡単なボールではなかったし、 改めてすごいなと思う。 日本でも10本以上打っているし(メジャーでも)打つんじゃないですかね」と期待を寄せれば、日本で対戦経験のあるダイヤモンドバックス平野佳寿投手も「すごいですね。 でも普通にやれば打つ選手なので、驚きはないです」と舌を巻く。 ヤンキース田中将大投手 今月下旬に対戦する可能性のある田中選手は冷静に「一選手として見ている。 ホームランを打って『あー打ったか、すごいな』と思ったくらい。 』 「対戦したら抑えないといけない」とあくまで相手打者として見ていた。 4月5日HR動画 Well, this sho looked familiar. Home runs in back-to-back games for Ohtani! — Angels Angels.

次の

【モンスト】大谷吉継(おおたによしつぐ)の最新評価と適正神殿

大谷 評価

大谷翔平はプロ入りから毎年のようにプロ野球界を騒がせてきています。 そのストレートと、誰もが羨む天性の野球の才能は世界中から注目を集めています。 今の大谷翔平はいつメジャーへの移籍を表明するのかというところにも注目が集まっています。 日本球界では史上最高の選手と言っても過言ではないほどに高い評価を得ていますが、大谷翔平が高校時代に挑戦を表明した、メジャーでどんな評価をされているのでしょうか? まず、今年の春にアリゾナでキャンプを行った際にはメジャー関係者も多く集まり注目を集めていました。 その時に訪れていたサンフランシスコ・ジャイアンツのスカウトは大谷翔平の評価をこのように語りました。 「ネクスト・ダルビッシュになる。 現在は投手の方が技術的に優れているようだが、打者としても無視できないほど素晴らしい素質を持っている」 ネクストダルビッシュ チームの先輩でもあり、メジャーで3年連続2桁勝利を達成し、奪三振王のタイトルにも輝いた経験もあるダルビッシュのようになれると評価をしていました。 投手としての能力だけでなく、打者としても高い能力を持っていることはメジャー関係者からも認められているようです。 そして、二刀流に挑戦をしながら投手としても野手としても結果を残し続ける大谷翔平をパドレスのスカウトはこのように評価していました。 「実際に会って体のサイズに驚いた。 足腰も見事でプロ4年目とは思えない。 一人でダルビッシュとマツイを務める選手だ」 打つ方ではマツイ 体格も似ているダルビッシュと比較されることはやはり多いようですが、メジャーでも4番を打つ程の実力を持ち、ワールドシリーズでMVPを獲得したことがあるほどのスラッガーも比較の対象に上がってきているようです。 すでにメジャーの関係者の間でも投手に専念をさせるべき選手ではなく、二刀流の選手として評価をされているようです。 日本では二刀流反対の声はあまり聞こえなくなりました。 それは、海を越えた先にあるメジャーリーグでもそういった意見がなくなる程に高く評価をされています。 そして、現役メジャーリーガーで、ヤンキースに所属するテシェーラ選手は大谷翔平の評価をこのように語っていました。 「投げて打つというのは野球少年なら誰でも夢見るけど、現代野球はベーブ・ルースの時代と違って細分化されているから投手と打者を兼ねるのは難しい。 実にエキサイティングだ」 現代野球は分業制が完全に確立されており、投手でも先発、中継ぎ、抑えと役割が分かれています。 そんな中でも野手としても出場を続ける大谷翔平を「エキサイティング」と評価をしているのです。 現役メジャーリーガーの目から見ても、二刀流というスタイルがどれだけ困難であり、それを実現し続けていることが驚異的なことであるとインパクトを与えているようです。 メジャーリーグでも大絶賛 特に大谷翔平に対して好意的な評価を集めた訳ではありませんが、大谷翔平のメジャーでの評価は一言で言えば「大絶賛」という状態です。 今すぐにでもメジャーリーグで活躍できるという意見や、打者としてもオールスター球の選手になれるという意見もあり、今回ピックアップした意見よりもさらに高く評価する声も噴出しています。 大谷翔平の成長のスピードに驚かされているファンの方は世界中にたくさんいると思います。 今でこそ二刀流として高く評価されていますが、少し前まで投手に専念すべきだという声はメジャーで多く聞かれていました。 しかし、今や二刀流での活躍を嘱望する声が高まっています。 大谷翔平の成長速度は驚異的なものがあります。 肉体がピークを迎えるのは25歳頃と言われていますが、まだまだ大谷翔平は20歳を迎えてから数年と、まだまだ成長の余地があります。 もしかすると二刀流以上にファンが想像もしないような姿でメジャーへ挑戦しているかもしれません。 今後もメジャーでの評価がどこまで上昇するのかに注目が集まります。 あなたにおススメのページ。 関連ページ 大谷翔平がメジャーに行くとどれくらいの移籍金と契約金が発生するのか考えてみました。 大谷翔平にできるだけ早くメジャーに行ってほしい。 そして、どうだNPBすごいだろって言ってほしいのですが、いつになったらいけるの? 大谷翔平の投球ホームはテキサスレンジャースのダルビッシュ有投手に似ている?その理由はここにあった。 大谷翔平のバッティングのことをイチローはどのように思っているの?大谷翔平のバッティングの評価についてお伝えします。 大谷翔平がメジャーで活躍するためには、二刀流は無理なの?そのことについて個人的見解を詳しく解説しています。 大谷翔平のポスティングについてお伝えます。 かねてからメジャーリーグ挑戦をしている大谷翔平のポスティングについて詳しく解説しています。 大谷翔平と田中将大の関係について追います。 実際にかかわりがあるのか。 それともないのか。 詳しく追います。 大谷翔平がメジャーのスカウトからどのように思われているのか。 そのことについて詳しくお伝えします。 大谷翔平がメジャーで行きたい球団はヤンキースであるって噂は本当なのか。 その真相についてお伝えします。 大谷翔平がどこのメジャーリーグの球団が実力を発揮できる可能性があるのでしょうか? 大谷翔平は侍ジャパンの活動よりもメジャーリーグ移籍の方を重要視しているの?そのことについて解説しています。 WBCの侍ジャパン(日本代表)でも大谷翔平は二刀流をするのでしょうか。 そのことについて考えてみました。 大谷翔平に対する海外の反応についてお伝えします。 その中で、特にアメリカの反応についてどうなのか。 そこについてみていきます。 大谷翔平の球速がチャップマンを超えることがあるのかについて検証してみました。 まだまだ伸びる大谷翔平のストレートに注目です。

次の

圧倒的すぎる才能!!メジャーを決めた大谷翔平、世界の評価は?

大谷 評価

月間最優秀新人に選出された時の写真(今年4月)。 左からエンゼルスのソーシア監督、大谷、オーナーのモレノ氏 「オープン戦では野手として打率1割台、投手としては防御率27. 00と散々な成績で、新人王などとれるとは思ってもみませんでした。 それがシーズンに入り、内容が劇的に変わった。 ベーブ・ルース以来の二刀流として、飛距離130m以上の特大本塁打を連発し160kmの剛速球をコンスタントに投げ込むんです。 メジャーでも、これだけのパワーとスピードを兼ね備えた選手は他にいません。 米国人も脱帽する、文句なしの選出でしょう」 こう語るのはエンゼルスの大谷翔平 24 の先輩で、元メジャーリーガーの高橋尚成 ひさのり 氏だ。 11月12日、大谷が米国の野球記者30人の投票によって決められるメジャーの新人王に輝いた。 日本人としてイチロー以来17年ぶりの快挙。 しかも2位のミゲル・アンドゥハー(ヤンキース)に48点差をつける圧倒的評価だった。 スポーツジャーナリストの友成那智氏が語る。 「投打に活躍した大谷が、特に評価されたのが打撃です。 メジャーではOPS(出塁率+長打率)が重視されますが、大谷はルーキーでダントツの0. 925。 2位のアンドゥハーは0. 855です。 OPSは0. 9以上ならメジャーで5本の指に入る強打者、0. 95以上でMVPをとれると言われます。 大谷は新人離れした驚異的な数字を叩き出したんです」 大谷の今季の打撃成績は22本塁打、61打点。 フル出場していたら、40本塁打、100打点のペースだ。 友成氏が、今回の受賞の意味を解説する。 以降は松井秀喜もダルビッシュ有も田中将大も、輝かしい成績を残しながら受賞できませんでした。 日本人が活躍しても、米国人にインパクトを与えられなくなりましたから。 大谷の受賞は、そうした風潮を吹き飛ばすほどの衝撃だったんです」 右ヒジ靭帯 じんたい を手術した大谷は来季、打者に専念する。 前出の高橋氏が語る。 本塁打王のタイトルも夢ではありません」 圧倒的評価での新人王受賞は、大谷が米国人の常識を覆した証だ。 9月26日に22本目の本塁打を放つ。 日本人1年目としては最多の本塁打数 5月20日には投手として4勝目(2敗)をあげる。 今季の防御率は3. 31だ 写真:アフロ.

次の