糸辺に減る。 並べなおすと1マス減る三角形のトリックを視覚的に解析:らっぱ王子

『染色体のはなし』 理科好き子供の広場

糸辺に減る

糸(いとへん) スポンサードリンク 部首が 「いとへん」の漢字一覧です。 糸部に属する部首で左側に位置するときは「いとへん」と呼びます。 糸の種類・糸製品など糸に関する漢字、「いとへん」を含む漢字などが集められています。 主にJIS第1水準・JIS第2水準の漢字を対象に記載しています。 +1画• +3画• +4画• +5画• +6画• +7画• +8画• +9画• +10画• +11画• +12画• +13画• +14画• +15画• +16画• +17画• +22画• 背景色の は常用漢字、 は人名用漢字(表一)、 は人名用漢字(表二)を示しています。 スポンサードリンク•

次の

部首が「いとへん」の漢字一覧

糸辺に減る

乱気流さん 「減」の印に関しましては、嘗て見聞した事が有りませんので、非常に特殊な用例かも知れず、想像の域を出ませんが、 1 階級等の減級処分を命じた書面等の封印 2 減俸処分の給与明細書等の封印 3 一般に封印として用いられる『緘』 糸へん とすべきを『減』 さんずいへん として印章等を作り、そのまま誤用。 以上で合点がいけば疑問解決 笑 ですが、それでも?が残る場合は、文面から察すれば 3 と同様に疑問投稿の際に「緘」とすべきを「減」と誤記された可能性も否定出来ませんので敢えてオマケに「緘 かん 」についても考えてみました。 古代中国では泥を固めて封印に用いる「封泥 ふうでい 」という制度があり、又書類等を木簡の間に挟み、糸で縛った上で、墨で「封」「印」等と記載する「封緘木簡」という方法もあり、これは長屋王家跡 684〜729 等の平城京跡から多数出土しているそうです。 又、「儀式」という平安時代の法律にも「文書 勅付 を入れた文書箱 飛駅函 を糸で縛り松脂で封印の上、『封』等の文字を書く」という規定があったそうです。 参考URL:HARIMA 時を経て現代では「〆」「緘」の方が主流の様子で、「封」から「〆」「緘」への変遷理由は定かでは有りませんので、以下はあくまでも私見ですが、古代の制度下では封印に関し特定の重要書類又は限られた人々の間においてのみ「封」の文字が制限的に使用されていた可能性も考えられ、それと区別するために他の封印として「〆」「緘」が用いられたのかもしれません。 又、「封」と「緘」の漢字一文字ずつを見れば共通項として確かに「閉じる」「手紙」等の意味は有るものの、各々の漢字本来の出自を考えれば、「封」は「草木が密生する様から寄り集まるの意味。 土を寄せ集めて盛る様から盛り土の意味を表し、又盛り土をして境界を作り、そこから『閉じ込める』の意。 或いは領土を与えて諸侯となる意。 」とされ、 「緘」は「物を入れ『糸できつく締める』意味。 或いは物を入れ終わって『掛ける閉じ縄』の意。 」とされることに照らせば、「封」は単に閉じ込める意味で、「緘」は糸、縄など具体的に閉じたり締めたりする物自体を指していることから、ニュアンス的に「緘」の字は正に厳重に封印する為の糸や縄を表し、それの代用と考えれば開封・改竄防止に当てる字に相応しいと思いますが如何でしょうか。 浜ちゃん 封書のふたのところに書かれているのは、「緘」という字で「減」ではありません(偏が、サンズイではなく、糸偏です) 行書体などのくずし字で書かれると、糸偏がサンズイのように見えたのだと思います。 「緘」の元もとの意味は、箱などの蓋が途中で開けられないように(開けたらわかるように)細い糸で封をする、です。 (封の方は、甕などの液体の容器の口を粘土などで固めて、封をするの意味)封も緘も同じように、「密封しました」という事で封書のふたのところに書かれるのです。 Tsuneさん 封書のとじめにスタンプなどで押されている文字、あれは、「減」ではなく「緘」です。 「かん」と読みます。 封緘(ふうかん)などで使われているあの「緘」です。 意味は、大辞林によると、「とじ目。 封じ目。 また、封筒のとじ目に書きつける文字。 」ということです。 そくらちゃん 封筒に押されている文字は「減」ではなく「緘」=カン、です。 これは、緘封と言って、しっかりと見られることなく閉じました、という意味なのです。 それに、この「緘」という文字のハンコがあることによって、 途中で誰かが、これをあけたら、再度「開けたのに開けてもいないように張り合わせるのが、難しい」ために選ばれた漢字です。 いくら上手に貼りあわせても、「緘」の字のところを見ると、なんだかバランスが悪いぞ、と見破られます。 このほかにも、しっかりと貼ったよ、という合図の文字としては、一番ポピュラーなのは、「〆」ですが、近頃は、この「緘」も多く使われているようです(特に学校の内申書などは、これが使われているかもしれません)。 matsumotoさん 「減」ではありません。 ただしくは「緘」と書いて「かん」と読みます。 「緘」というのは、口を閉じるとか、手紙の封をするという意味です。 のんきさん 封書の封じ目に書く字で「緘」と書き、「かん」と読みます。 封緘(ふうかん)とも言います。 「緘」は閉じるという意味があります プリケルマさん 「緘」かん、は糸へんです。 さんずいの減では有りません。 手元の小学館新選漢和辞典では、その意味は、 1、とじる、 2、手紙の封をする=封緘、 3、ふうとう、 4、手紙、 などとなっています。 封筒を閉じて貼る紙を「封緘紙」と言います。 封筒セットなどに付いています。 また昔は現金封筒にも封緘紙が付いていました。 gannacさん 封書に押してある判は「減」ではなく、正しくは「緘」(カン、と・ジル)です。 この字は、とじる、封をする、という意味を持ち、大事な書類に封をするときに継ぎ目に押します。 ちょっと難しい熟語で、封をすることを封緘とも言います。 らいこうさん いや、減じゃないです。 緘です。 カンと言います。 封緘(緘封とも)の緘で、封印と同じように綴じる、という意味があります。 くろぅさん それは減ではなくて「封緘」の緘のことだろうと思います。 この字は、とじる、封をするという意味です。 直太郎さん 封緘するの略 減ではありません ながこさん 減は、 郵送料が高いので減らせという、 ささやかな嫌味です。 さぁみなさんも活動しましょう。 A B C D E 計 やった! 5 4 5 4 5 23 Tsuneさん この運動で、郵便料金が下がればしめたものです。 てるりんさん 重要な書類なんてものはとかく 「情」が減ってます。 超な兄貴さん それは、はんこの使うやつを間違ってます。 本来なら「厳」です。 「減」ハンコを使っていたら一言、 「間違ってますよ」 と言ってあげましょう。 さやさん 時間がたつとどこかに無くなる摩訶不思議な封書。 早く届けてくださいと言う深い意味があります・・・ A B C D E 計 やった! 3 4 3 4 4 18 どうやら私達も間違えていたようです。 「そうそう減ってなんだろう?」といいつつの出題でした。 さらにおもしろ回答は粒ぞろいでした。 みんな上手いよね。 本当にありがとうございました。

次の

『染色体のはなし』 理科好き子供の広場

糸辺に減る

アリビオのような入門機は一見 何の特徴も無いですが シンプルな構造で壊れにくい デザイン上の変な突起とかも無く、更にARCスプールでライントラブルも起きにくい 何より低価格と 入門機に求められる要素が三拍子すべて揃ってます シマノが自らカタログに「間違いのない入門機。 」と載せるのも納得です もちろん それは万能機と言う意味ではなく、ジギング等 負荷のかかる釣りにはより耐久性のあるリールも使いますし 巻きながらアタリを取る釣りには回転性能の良いリールも必要になります ですが、堤防でちょい投げしたり 電気浮で太刀魚やイカを狙ったり サビキ釣りをするのにこれ以上のリールは必要ないです 実際 それらの釣りで自分はトラブルは発生したことは無いですし、巻き上げのパワーに不満を感じたことも無いです 同価格帯の他社のリールに比べても機械的な遊びもあり得ないほど少ないし、入門機とは言え手を抜かないシマノのまじめさを感じます シマノブランドの強みとして、大抵の釣具店で本体も買えるし予備スプールやパーツの入手も容易と言うのがあります もし とりあえず釣りを始めるのでしたら間違いなくお勧めのリールです 釣りに凝り始めても、お手軽なサブ機としてずっと使えますよ 価格が安かったので、どんなものかと思い購入しましたが、いざ手にしてみると酷いの一言に尽きます。 これまで、シマノのリールに関しては中古で7千~2万5千円ほどのモノを購入・使用していますが、これらのモノと全然比較にならないですね(尤もこれらのモノと比較するのは酷な話ですが・・・・・・・でも、中古品でもいいモノはイイ)。 ハッキリ言って、リールをこれから購入される方は、メーカーのみで判断せずに実際に手にして確認してから購入しましょう。 やはり、価格のいいものは、回転部の心臓であるベアリングの造りがいいです。 言ってみれば、チョイ前に流行ったハンドスピナーの高いものと安いものの違いのそのものです。 だだ、個人的に手にもって、ひたすら回転させていたら、不細工ながらコイツなりに一生懸命懸命回転しているのだな~(回しているのは自分だけど)と、なんだかいとおしくなってしまう気持ちになってしまっているのも事実です(出来の悪い子のほうが可愛く思えるというやつです)。 結論といたしましては、実用的にストレスを感じさせてしまうと思いますので、購入は控えた方がいいかと思います。 だだ、個人的には、見た目がシンプルでよかったのでいいと思ったのですが(ン~、失敗しかな・・・・・)。 初心者の彼女の波止での五目釣り用に購入 普段私はルアーならステラ、エギングならセフィアなどを使用しておりこの手の激安リールは手にしないのですが、手にしてみてびっくりしました。 たかだか4000円弱のリールでこの品質でいけるん!?って感じました。 4000円の入門リールにしてはえらい細部の拘りが凄いんです。 え!?まじ!?と思ったので今の激安リールの世界はどうなっているんだと興味が沸き、アマゾンでよく見かけるカストキングとSkysperの同価格帯のリールも購入し分解検索してみました。 結果を記入すると論文並みに長くなるのでまとめますが、 ・部品品質がシマノが圧倒的に高品質 ワッシャー・ボールベアリング・ギア・グリスの湿布などどれをとってもシマノが一番でした。 カストキングやSkysperは低価格リールでもその見た目だけはシマノやダイワの高級機のような感じで良いのですが、見えない部分の粗悪さが顕著です。 特に気になるのがベアリングでカストキングやSkysperはおもちゃのハンドスピナーにも劣るのではないかと思うくらいです。 またギアの制度もシマノのこれと比べると成型技術が乏しいのが見てわかります。 グリスも適当に塗っているのがわかるくらいでした。 ・ハンドルのガタツキがシマノの方が少ない ハンドルのガタツキがカストキングとSkysperはぐらぐらガタガタします。 サビキ釣りや堤防からのチョイ投げの釣りにはそんなに影響はありませんがシマノのこれを触ってしまうととても気になるレベルです。 ・AR-Cスプール シマノが飛距離とライントラブル軽減を謳うのがAR-Cスプールです。 カストキングとSkysperも一見シマノのAR-Cスプールに似たような形状ですが全く違うものです。 カストキングとSkysperもAR-Cスプールのように滑らかなライン放出が可能な形状なので飛距離は出ると思いますが、角度・径などが研究されていないのでライントラブルは増えるのでは?と感じました。 またスプールエッジの材質から見てラインとエッジに掛かる摩擦は明らかにシマノの方が少ないように感じます。 これは実際に3機種でキャスティングしてみた感触からも言えます。 ・ドラグ これはもうど素人でもわかるレベルでカストキングとSkysperは酷いと思います。 波止でのサビキ釣りなどのドラグが必要のない釣りにはどうでもいいことなのでしょうが。 しかし同価格帯でシマノはここら辺もしっかり作りこめるのはやはり技術力なのかなと感じます。 ・ベールの作りこみがシマノの方がしっかりしている かなり主観的な感じになりましたがベールを上げ下げしたときの感触が違います。 ・デザイン スプールにシールを貼っただけの釣具屋の店頭でどこのメーカーが作っているのかわからないセール品みたいな見た目なのが残念なところ。 その点はカストキングやSkysperはデザインだけはシマノやダイワの高級機に模しているのでシマノの方がチープです。 いかにもおっちゃんがサビキ釣りに使用しているって感じがします笑 シマノのアリビオでもそれなりに腕のある方ならシーバスを狙ったりもできるレベルですが、初心者がこれでルアーフィッシングをするっていうのなら待ったをかけたいと思います。 リールはただ糸を巻きとるだけの道具ではありません。 ターゲットによって使い方なども変わってきます。 そういうのをしっかり理解してリールを選んで欲しいと思います。 ちなみに私はこのアリビオ C3000で60UPのシーバスを上げましたがドラグ調整などしっかりすれば(そういうセッティングがシビアに出来る人なら)なんの問題もなく使えます。 どんなリールにも言えますが釣行後のメンテナンスもきちんとしてあげて欲しいと思います。 (シャワーで洗う時はお湯ではなく冷水で!お湯だと湿布されているグリスが温度が高いと溶けだしてしまう恐れがあるため) 値段だけなら初心者向きですけど、性能考えるとどうでしょうか? 値段が安いという事は、精密度・材質・耐久性・操作性等、全部劣るという事です。 上位機種で実装されている様々な最新技術がカットされている。 だから糸絡みのトラブルも多く、回転性能も悪く、耐久性も怪しい。 しかし、キャスト時のフェザーリングをマスターすればライントラブルも減るし、 釣行後に注油メンテ等をしっかりすれば、耐久性も向上して長く使えるし、 回転性能が悪いと言っても、個人的には許容範囲だと思ってます、 これは個人的に古いリールも所有しているから言える事ですがね。 高いリールは素晴らしい、試しに持っている15ストラディックを回してみます。 すると、確実に15ストラディックの方が滑らかに回ります。 「なら15ストラディックにしよう」と思う人、ちょっと待ってください、 私の手元に01ステラがありますので試しに回してみます。 なんと!15ストラディックが糞に感じる程に滑らかな巻き心地です! ステラを前にして、ストラディックもアリビオも所詮は目クソ鼻クソです。 リールに「圧倒的な良さ」を求めるなら「いつかステラを…!」です。 アリビオを2年ずつ使い潰し、年に「ステラ購入貯金」を一万円ためる。 そしていつかステラを…!という目標を掲げるのも良いと思います。 あえて2~3万のリールに妥協しないで、将来ステラ買う為に今はアリビオというのは有りだと思います。 無論、ストラディックで妥協するのも有りですよ。 あと、海釣りならアリビオか、1万円以下で買えるリールが個人的にはオススメ。 海は塩害でリールの寿命が思いっきり縮みます。 釣りの後、流水とバケツにリールぶち込んでジャバジャバ洗えば海でステラ使っても良い。 でもでもでも!せっかく金ためて買ったステラを惜しげもなく使えない私と同類のアナタ! うっかりステラを護岸に置いてボディに傷が付くのが心配のアナタ! そんなアナタにはアリビオが良く似合いますよ! 落としても気にならない、壊れても気にならない、傷も気にしない、だからこそ楽しめる釣りもありますよ。 淡水の釣りならステラ最高ですけどね、塩害も無いし。 私の様なセコくて心配性な人が海釣りをする時、アリビオは頼もしい相棒となるでしょう。 15年以上リール買ってなかったんですが、今こんな値段でいいリールが買えるなんてって感じです。 十分使える ここからは約一ヶ月週末土日か行ける日に海釣りで使用した結果です。 ラインは粘りがあり強い、よれはナイロンなので仕方ないけど普通に強いラインだと思います。 ざっくりパワー、巻き心地、その他性能は高い物には当然かないませんが、30アップの魚なら50以上美味しく頂きました。 まだガタは来てません。 高い物買って釣れなきゃ宝の持ち腐れですね。 とりあえず元は十分取りました。 まだまだ使えそう 笑 シマノさんありがとうございました。 さらに4カ月使用した結果、不具合はとにかくベール周辺!戻りが悪くなる、ネジ部分ゆるみほぼ手入れしないですが一応 水洗い、crc、ドライバーで復活 まだ3カ月は行けるかな 笑 同じ価格帯ならダイワワールドスピンの方がいいかな、少し出せるならレブロスをオススメします。 釣りを始めたい、釣りを始めたけれど新しいタックルをそろえたい。 でも予算が・・・、と思っている方、特にリールは少しでも良いものをと思っているなら、中途半端に5~6千円のものを購入するなら、迷わずにアリビオを選択することをお勧めします。 スペックとしてはワンランク上の機種に負けますが、初心者にはそれ程の違いは判りません。 値段が安い分はロッドに費やせば良いだけです。 安いリールは、ちょい投げとか穴釣りでセカンドタックルにすれば良いのです。 とはいうものの、このアリビオなかなかのものです。 少なくともセドナに負けていません。 サビキ、ちょい投げ、 ウキ釣り、なんでも来いです。 今のところ、最初から付いているナイロン糸も問題なく使っています。

次の