アンダー ヘア カット。 アンダーヘアカット

はさみでアンダーヘアを処理する方法!かゆい・チクチクを抑えるには?

アンダー ヘア カット

最近は女性だけでなく、男性も行っているのがアンダーヘアー処理です。 確かに要らない毛の様な気もするし、興味はあるけど、でもどんな形にすれば良いのか?悩んでしまいますよね。 ここでは、男性がアンダーヘアーの処理をするメリットと男性アンダーヘアーのデザインの種類をご説明します。 今回の筆者は、メンズ陰毛デザインのプロフェッショナルMDSAの桑江です。 1.アンダーヘアーの処理をするメリット そもそもアンダーヘアーの処理をする メリットは何でしょうか?以下の事が挙げられます。 水着やパンツなどからはみ出さず、清潔に見える• 陰茎に毛が引っかからない• 陰茎が長く見える• 蒸れない• 匂いが軽減する• トイレで拭く回数が減る• ウォシュレットがなくても大が出来る• 清潔感がある• セックスの時の感度が上がる 2.デザイン=印象 男性のアンダーヘアーは女性に比べると処理を行っている人も少ないため、中々参考になる人が周りにいないかと思います。 また、もし居たとしても、気付かないか聞きづらいとお考えでしょう。 まずアンダーヘアーの形を考える上で重要なのが、【どういう印象にしたいか?】です。 見た人にばれたくない場合は、ナチュラルに整えた方が良いですし、カッコよく見られたい場合はきっちり整えた方が良いでしょう。 を、をご覧ください。 ナチュラル(他人に処理しているのがばれにくい形) 毛の生え方によっても整え方が変わります。 へそ下&両足が繋がっていない このタイプは、現時点で生えている毛を一回り小さくするイメージで処理してみましょう。 また後に出てくる台形や長方形にチャレンジしても良いかもしれません。 へそ下とビキニラインが繋がっている このタイプは、足の付け根部分を処理して、ビキニラインの上はいじらない方がナチュラルに見えます。 ただし、へそ下の毛を苦手とする女子も多いです。 清潔感や爽やかさ、好感度を意識するなら、へそ下の処理も一緒に行った方が良いでしょう。 その場合は、下の好きなデザインを参考にしてください。 ナチュラルに見えるのは、逆台形です。 太ももとビキニラインが繋がっている このタイプは、足の付け根部分は処理せず、ビキニラインの上と骨盤の近くのみ処理しましょう。 もし足の付け根を処理したい場合は、内太腿も剃りましょう。 太腿の外側の毛を残すと、膝下に続く毛が生えていてもおかしくありません。 うち太腿のデザインは難しいですが、ビキニラインを剃ってから徐々に範囲を広げるようにうち太腿を剃りましょう。 必ず、全身が映る鏡で違和感がないかチェックしながら剃りましょう。 逆台形 足元から見て、逆台形になるようにデザインします。 この方法はナチュラルな形に近いため、自然に綺麗に見えます。 また整えている事は若干解りますが、清潔感が増す形ですので、人気が高いです。 また逆台形は、陰茎の横の毛を残すかどうかでも雰囲気が違って見えます。 1.残す場合 よりナチュラルに見えます。 あまり整えている感じを出したくない方は、この形がおススメです。 横を残すと事前に近い形になります。 2.残さない場合 しっかりと整えているように見えます。 形自体は自然なので、嫌らしい感じはありません。 キレイに整えたい方は良いでしょう、また陰毛に長さがある場合は、ここを残すと陰茎に巻き込みが起こる人もいます。 そういった場合は、ここも処理しましょう。 長方形 陰茎の上を長方形型に残すデザインです。 足が長く見える効果があります。 最初は10センチくらいの幅から始めて、徐々に小さくしていった方が自分の好きなデザインが決まると思います。 陰茎の幅と同じくらいの幅に整える人が多いです。 虹 陰茎周りを囲むようにデザインします。 なだらかなデザインの為、優しげな印象に見えます。 また、毛の生え方によっては台形よりも虹の形の方が似合う人もいます。 陰毛が全体的に横長に生えている方は、まずは虹の形にデザインしてみても良いと思います。 ハイジーナ パ イパンです。 衛生的と言う意味で、こう呼ばれています。 陰部に全く毛が無くなると銭湯などでは目立ちます。 ですが、陰毛が長すぎて引っ張られる方や匂いが気になる方などは劇的に変化します。 またSEXの時に密着度がますので、快感が上がると言われています。 V字 陰茎を軸に横に伸ばしたデザインです。 男らしさが強調されます。 この形はビキニラインの毛が、全体に広めに生えている場合に可能なデザインです。 ハート 可愛らしい、茶目っ気のあるデザインです。 自分で処理する場合は、少し難しいかもしれません。 他にも色々とデザインできますので、ご自身で様々な形にチャレンジしても楽しいかもしれません。 4、陰茎(サオ)周りのデザイン 陰茎周りは陰茎の根本よりも少し広めに処理する事で、サオが長く大きく見える、包茎への巻き込み防止、オーラルセックスの時への相手への配慮などのメリットがあります。 ですが、毛の生え具合によって広めに剃ると違和感ある形になるので、気を付けましょう。 を、をご覧ください。 直毛で長い毛の方は、陰茎上を広めに処理しても大丈夫 直毛で長い毛の場合、毛が上から覆う形で隠れますので、多少広めに処理しても大丈夫です。 ですが、上限は3センチぐらいとして、それ以上は上げないようにしましょう。 カールしている毛や短い毛の方は、狭く処理する あまり広めにやりすぎると真正面から見た時に、違和感が出ます。 毛が短い方やカールした毛の方は、陰茎根元ギリギリか、1センチほど広めに処理しましょう。 陰毛の毛が薄い方は、陰茎上は処理しない 陰茎周りの毛が薄い方が、陰茎周りの毛を処理すると、全体的に頼りない印象になります。 陰茎周りの毛は裏側のみを処理して、表側は処理しない様にしましょう。 4.陰嚢(金玉)、股の間、肛門周りの毛について ビキニラインに毛があれば、見た目では処理しているのが解らない 実はビキニライン以外の部分(陰嚢(金玉)、股の間、肛門)を処理しても、見た目で他人が気づく可能性は低いと言えます。 銭湯に行っても、そんなに他人の股間をジロジロ見ないですよね。 ビキニラインを全部無くしてしまうと気付く人も多いでしょうが、中を処理するだけでは解らないでしょう。 性行為をする相手には解る可能性も ただし、性行為をする相手は剃ったりしているとチクチク感などで、バレる危険性が高いと思います。 別にばれても構わないと思いますが、気になる方は剃る方法は取らず、溶かす・抜く・脱毛するなどの方法を取りましょう。 まとめ• ビキニラインの形は、自分が見られたい印象で決める• 陰茎周りは自分の毛の生え具合で決める• その他の毛は処理する いかがでしたでしょうか?ご自身のしたい形は見つかりましたか?どんな形が似合うか解らない方は、当サロンでも相談に乗っていますので、ご連絡下さいませ。 お問い合わせはお気軽に 最近の記事• 2018年4月24日• 2018年4月6日• 2018年4月2日• 2018年4月2日• 2018年3月30日• 2018年3月30日• 2018年3月8日• 2018年2月24日• 2018年1月29日• 2017年12月25日• 2017年11月9日• 2017年11月8日• 2016年12月6日• 2016年7月16日• 2016年5月20日• 2015年6月17日• 2015年5月22日• 2015年4月9日• 2015年3月19日• 2015年3月6日• 2015年2月20日• 2015年1月20日• 2014年12月26日• 2014年11月21日• 2014年11月14日• 2014年11月7日• 2014年10月27日• 2014年10月24日• 2014年10月16日• 2014年10月14日• 2014年10月10日• 2014年10月6日• 2014年10月1日• 2014年9月27日• 2014年9月24日• 2014年9月19日• 2014年9月16日• 2014年9月12日• 2014年9月10日• 2014年9月8日.

次の

アンダーヘアの長さの理想と整え方【男性の好みは●cm】 脱毛ひつじ

アンダー ヘア カット

カット後のチクチク対策 はさみでカットした後の毛は、切り口が鋭く、毛先が肌に当たるとチクチクして不快に感じることがあります。 処理後チクチクすると感じたときは、次の3つの対策を取ってみてください。 1.肌を保湿する ワセリンや顔用乳液で肌を保湿して、アンダーヘアと肌との摩擦を和らげましょう。 2.毛を長めに残す 3センチを目安にカットしてチクチクした場合、次回からもう少し長めに残してみてください。 毛先が肌に当たりにくくなり、チクチク感が緩和されます。 3.ヒートカッターを使ってみる それでもチクチクする場合は、ヒートカッターを使用してみてください。 ヒートカッターなら、熱線で毛を焼き切るので、毛先が溶けて丸くなり、チクチクしにくいです。 より自然に仕上げるコツや、はさみでの処理のメリット・デメリットなど、さらに詳しく知りたい人は、下の記事を読んでみてください。 用意するもの• はさみ 刃先の細いタイプの方が小回りがきくので、きれいにカットしやすいです。 手指用の消毒液 消毒効果のあるウェットティッシュでも構いません。 定規 長さを測りたい場合。 はさみも定規も工作などに使用する一般的なもので構いません。 正しい手順 1.使用するはさみや定規を消毒する カットに使用する道具に雑菌がついていると、肌荒れなどのトラブルを起こしてしまう可能性があります。 使用前に手指に使う消毒液や消毒効果のあるウエットティッシュを使って消毒しましょう。 2.長さ3センチを目安に、少量ずつカットする 一般にアンダーヘアの長さは2~3センチが理想的だと言われています。 ただし、はさみでカットすると切り口が鋭くなるので、あまり短くしすぎると肌に当たってチクチクする可能性が高くなります。 3センチを目安にカットしましょう。 慣れないうちは、一気に短くしようとせず、少しずつ切り進めてください。 より自然に整えるには… トライアングルゾーンの一番下の部分を3センチに、お腹に向かっていくに従って少しずつ短くしていくと、より自然に仕上がります。 ワンポイントアドバイス• アンダーヘアが濡れると全体の形が分かりにくくなるので、乾いた状態でカットする。 一度にたくさんの毛をカットすると毛の長さが揃いすぎてしまい、不自然になるので、5~10本ずつカットする。 3.顔用乳液などで保湿する 処理後の毛先が肌に当たり、チクチクするのを防止するためにも、最後に肌をしっかりと保湿してください。 デリケートゾーン用の保湿剤なども販売されていますが、Vライン(トライアングルゾーン)に使用するのであれば、ワセリンや顔用乳液でも構いません。 メリット 手元にあるはさみで気軽に処理でき、初心者にもおすすめ 特別な道具を用意する必要がなく、自宅にあるはさみを使って、すぐに挑戦することができるので、アンダーヘア処理の初心者にもおすすめです。 肌トラブルが起こりにくい 毛をカットするだけなので、カミソリで剃ったり、ワックスで脱毛したりするより、肌トラブルが起こりにくいです。 デメリット 処理後、毛がチクチクする可能性がある 自然に生えているアンダーヘアは、毛先に向かって徐々に細くなっているので、肌に当たってもチクチクすると感じることは、ほとんどありません。 しかし、はさみでアンダーヘアをカットすると、下図のように切り口が鋭角になってしまいます。 はさみで処理した毛先と自然な毛先の違い• この鋭角になった毛先が、肌に当たると、チクチクとして不快に感じることがあります。 処理後、チクチク感が気になったときには以下の対策を行ってみてください。 しっかりと肌を保湿し、摩擦を和らげる 肌が乾燥していると、外部からの刺激に敏感になってしまいます。 肌をしっかりと保湿しましょう。 Vゾーン(トライアングルゾーン)に使用するのであれば、普段使用している顔用の乳液で構いません。 Iゾーンも保湿したい場合は、ワセリンやIライン専用の保湿クリームを使用しましょう。 少し長めにカットする 3センチの長さにカットしてみて、チクチクすると感じたときは、次回からもう少し長めに残すようにしてください。 長めにすることで、アンダーヘアが肌に当たりにくくなり、チクチク感を和らげることができます。 ヒートカッターでカットする それでもチクチクすると感じる場合は、ヒートカッターを使用してみてください。 ヒートカッターとは… 熱線で毛を焼き切るムダ毛処理グッズです。 熱で毛が溶けるので、処理後の毛先が丸くなり、はさみでの処理に比べ、チクチクしにくくなります。 はさみで処理した毛先とヒートカッターで処理した毛先の違い• さまざまなメーカーのものがありますが、3000円程度で購入できる「ラヴィア」が特に人気です。 ラヴィアについてさらに詳しく知りたい人は、を読んでみてください。 以上、「アンダーヘアをはさみで整える方法が知りたい!きれいに整えるコツも」に対する回答でした。 はさみでの処理は、特別な道具を用意する必要がなく、誰でも気軽に行うことができます。 アンダーヘアを整えたいな、と思ったら、まずはさみで処理してみてください。

次の

アンダーヘアをはさみで整える方法が知りたい!きれいに整えるコツも

アンダー ヘア カット

方法を問わず、アンダーヘアの処理をするときにはそのことを忘れず、慎重に行うことを意識しましょう。 今回は、比較的自分で処理がしやすく、肌への負担もかかりにくい、電気シェーバーを使ったVラインの処理方法についてお伝えします。 2-1.アンダーヘアの形 アンダーヘアの処理をしようとしたときにまず考えることになるであろうポイントは、 「アンダーヘア=Vラインの形」ではないでしょうか。 Iライン・Oラインについては、脱毛クリニックなどで短く整えたり、すべて処理してしまったりする方が多いようですが、Vラインは人それぞれ好みの形に整えることができます。 ここでは、一般的に選ぶ方が多いであろう主なアンダーヘアの形をご紹介します。 女性からだけでなく、男性がパートナーに求める整え方としてもよく選ばれるようです。 脱毛クリニックなどを利用する場合でも、行く前の準備としてある程度の自己処理が必要になる場合もあります。 ぜひ処理するときの参考にしてみてください。 蒸しタオルを電子レンジから出す際は、高温になっている場合もあるのでやけどに注意しましょう。 後で落とすことのできる、水性の蛍光ペンなどがおすすめです。 アンダーヘアが長いままだと、シェーバーで処理しにくくなることがあるためです。 デリケートな部分なので、肌を傷つけないよう少しずつ丁寧に行いましょう。 どうしてもシェーバーが用意できず、カミソリで処理する場合は、シェービングなどを使用し、肌を保護しながら丁寧に剃りましょう。 保湿用のスキンケアアイテムでしっかりうるおいを与えましょう。 ミルクタイプやローションタイプのような、やわらかくみずみずしいテクスチャーのものがおすすめです。 アンダーヘアのお手入れをしっかり行いたい方におすすめです! 4.まとめ アンダーヘアの処理は、整った見た目だけでなく、蒸れ・ニオイなどの衛生面でもメリットが期待できます。 とてもデリケートな部分なので、アンダーヘアの処理は慎重に行いましょう。 複数の方法をうまく取り入れながら処理することも視野に入れてみてくださいね。

次の