高血圧 に 効く 食べ物。 血圧を下げる効果がある食べ物(食品)一覧

血圧を下げる最強の方法とおすすめの食べ物とは?30年以上血圧を測り続けた医師が直伝!

高血圧 に 効く 食べ物

大豆ペプチド醤油 キッコーマンから発売された血圧を下げる効果のある醤油「まめちから大豆ペプチドしょうゆ」の特徴をTV番組『サタデープラス』で紹介。 期待されている効果を掲載しています。 ロウカット玄米 ロウカット玄米は、玄米の栄養を保ったまま食べやすく消化が良いという特徴を持っています。 高血圧をはじめ生活習慣病の食事療法に使われる金芽ロウカット玄米についてまとめました。 毎日の主食となる最も大切な栄養源なのでお試しください。 青魚のサラサラ成分 いわし、サンマ、サバ、まぐろ、アジなど青魚は、高血圧に良い食べ物です。 青魚には、DHAやEPAなどサラサラ成分といわれるオメガ3脂肪酸を豊富に含んでいるからです。 青魚の健康成分について調べてみました。 完熟トマト製品 真っ赤に熟したトマトは豊富な栄養素がありカリウム、ビタミンC・P・H、リコピン、ルチンなど高血圧に良い成分を含んでいます。 毎日1個のトマトを食べる方法から、トマトジュースやトマト酢を飲む方法などトマト製品の活用方法を紹介しています ダークチョコレート みんなの家庭の医学で高血圧を予防する意外な食べ物がとしてダークチョコレートが紹介された!ダークチョコレートを1日100グラム食べると15日間で最高血圧が12も下がったそうですが、なぜダークチョコレートで血圧が下がるのか徹底検証。 クルミは最強食材 くるみには血液の流れを良くして高血圧や脳梗塞や心筋梗塞を予防して健康に働きかけてくれると学会でも注目されている食材です。 クルミと高血圧の関係を解説しています。 クルミと高血圧の関係を解説しています。 えごま油の効果的な飲み方からレシピまで紹介しています。 えごま油の効果的な飲み方からレシピまで紹介しています。 お茶の成分が高血圧を下げる 血圧対策のお茶が流行っていますが、緑茶カテキンの降圧作用が注目を集めています。 毎日飲むお茶ですから、血圧が気なる方や、高目の方は、降圧作用のあるお茶を飲むことで自然と高血圧対策ができるのです。 高血圧に良いお茶の種類と飲み方を紹介します。 血栓を防ぎ血流を改善する作用が話題となっていますが、亜麻仁オイルだけでなく、ドレッシングやサプリメントまで活用方法を紹介しています。 池谷敏郎先生も飲んでいるアマニ油 血管年齢の第一人者である池谷敏郎先生が執筆した「血管を強くして突然死を防ぐ」の中で、池谷先生が朝食で飲んでいる野菜ジュースにアマニ油を入れていると紹介されていました。 やはりアマニ油は効果があると確信て毎朝のように飲む習慣をつけました。 高血圧で食べてはいけない食材 食べ物や飲み物中には、血圧を上昇させてしまう成分が結構あります。 また降圧剤を服用しているケースでは、薬に含まれる降圧成分や血圧上昇抑制成分の作用を邪魔して、薬の効き目を薄めてしまうの食材があります。 高血圧に良い食べ物を食べるより 高血圧を悪化させる食べ物を控えることを優先しましょう。

次の

高血圧対策10の食べ物で血圧がみるみる下がる

高血圧 に 効く 食べ物

いっぽう 納豆は「血圧を下げる食品のチャンピオン」と渡辺先生。 「納豆には、体内のナトリウムを排出する カリウム、血中コレステロールを減らして動脈硬化を防ぐ 食物繊維、血栓を溶かして血液をサラサラにする ナットウキナーゼという酵素が含まれています。 (中略)加えて、原料となる大豆に含まれる イソフラボンにも、血圧の上昇を抑え、血中コレステロールを下げる機能が備わっています」 (『血圧を下げる最強の方法』22ページより引用) そして、納豆パワーをさらに高める渡辺先生おすすめの食べ方が、 塩分の多い付属のたれのかわりに、酢で調味するという方法。 減塩と降圧をダブルで促進してくれます。 ただし注意点は、 ナットウキナーゼが熱に弱いということ。 炊きたての熱々のごはんに納豆をのせるのではなく、冷ましたごはんにかけるか、ごはんとは別々に食べるとよいそうです。 皮付きピーナツ20粒で血圧が下がる 小腹がすいたときの食べ物として、渡辺先生がすすめるのは「 皮つきのピーナツ」。 脂肪分が多くカロリーも高そうなピーナツが、なぜ血圧を下げるのでしょうか? じつはアメリカのハーバード大学の研究チームが30年間に12万人の食生活を調べたところ、死亡率を大きく下げる食材のひとつにピーナツがあったのです。 「この謎を解明すべく、いろいろな研究者がピーナツの効能を調べました。 その結果、ピーナツには 飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸がバランス良く含まれており、悪玉コレステロールを下げたり、血管を丈夫にしたりする効果があることがわかったのです」 (『血圧を下げる最強の方法』22ページより引用) この成果を知った渡辺先生は、ポリフェノールが豊富な渋皮つきの無塩のピーナツを、毎朝20粒、被験者に食べ続けてもらうという実験を行います。 その結果、3~4週間後に血圧が8mmHgも下がり、その状態が維持されたそう。 ナッツはピーナツだけではなく、 ポリフェノールが豊富なピスタチオにも同様の効果があるといいます。 減塩するなら夕食より朝食のほうが効果的 食事だけでなく、生活習慣の改善も重要です。 血圧は夜寝ているときが一番低く、朝起きてから上がり始め、朝食をとると副交感神経が優位になって上昇が抑えられるそう。 従って 朝食はしっかり食べるべきですが、朝食をとりさえすれば何でもいい、というわけではありません。 「起床前後はレニン、アルドステロン、アドレナリンやノルアドレナリンという血圧を上げるホルモンがたくさん出てくる時間帯です。 とくにアルドステロンはナトリウムを身体の中にためこむ作用があるため、この時間帯に塩分をとりすぎると、血圧が上昇してしまいます」 (『血圧を下げる最強の方法』33ページより引用) つまり 減塩するなら夕食よりも、朝食のほうが効果的ということ。 塩分を控えめを意識して、できることから工夫していきたいですね。 ローズマリーの香りは血圧を上げる? もうひとつ興味深かったのは、血圧を上げるアロマと下げるアロマがある、という情報です。 アロマテラピーのなかでも ラベンダーの香りは、副交感神経優位の状態を導いてリラックスさせ、血圧を下げる効果があるとのこと。 一方で渡辺先生いわく、血圧を上げてしまうアロマもあるそう。 そのひとつがローズマリーです。 「精油の成分の50%程度含まれているカンファー(樟脳)がその作用をもたらすと考えられています。 (中略) カンファーを含むローズマリーの香りは、血圧を上げて身体を活性化する作用があります。 清涼感のある心地よい香りですが、夜や就寝前には使わないほうがよさそうです。 著書『血圧を下げる最強の方法』にはこの他にも、これまでの常識とはちょっと違う、実践的な降圧法がたくさん紹介されていました。 血圧が気になる親世代にもシェアしたい知識ばかり。 ぜひ参考にしてみてください。 あなたは大丈夫?.

次の

高血圧に良い食品とは?高血圧予防(血圧を下げる)に役立つ食事のポイント

高血圧 に 効く 食べ物

つまり、お野菜を多く摂れば自然に摂取されている?とも言えます。 いつもの料理に、これらを少しチョイスして、塩分を外に出していきましょう^^ あとは、 高血圧に効果のある食べ物です。 それは、きゅうり、なす、スイカ、メロン、アジ、いわし、こんぶ、りんご、春菊、むぎ茶などがあります。 血圧とは、血液の動脈血管壁にかかる圧力の事で、高血圧は、めまいや頭痛、耳鳴りや肩こりなどの症状も引き起こす事もあります。 中には、何も症状が出ない方もいるようですが、もし検査で高血圧を指摘されたら、食生活を改善していきましょう。 スポンサードリンク 高血圧を放置し、血圧の高い状態が続くと、血管に常に圧力がかかるので、血管壁の弾力性が弱くなり、血管収縮や、血管拡張機能も低下してしまうので、動脈硬化の進行に拍車をかけてしまいます。 このように、血管壁が弱くなる事で、血管内にコレステロールまでもが沈着しやすくなるからです。 狭くなった血管壁が、万が一詰まりでもしたら大変な事になりかねません。 高血圧は、血管をもろく破れやすくしてしまうのです。 脳梗塞や狭心症、心筋梗塞、脳出血だけでなく、心臓に大きな負担がかかります。 正常より強い力で、血液を送る必要があるので、心肥大を発症しやすくします。 また、動脈硬化になると、細い血管が密集している腎臓に行く、血流が不足するので、腎不全や腎硬化症を発症するリスクも高まります。 あまり、ピンとは来ないかもしれませんが、高血圧は、塩分の摂り過ぎだけでなく、実は便秘も大敵です。 便秘は血圧を高める原因になりますので、食物繊維の摂取が欠かせません。 高血圧の人は、毎日適度な運動をする事で、血圧が安定していきます。 例えば、毎日30分くらい、のんびり散歩するだけでも、ずいぶん効果的です。 散歩は気分もほぐれますし、心身共にお勧めの運動の一つです。 ただし、毎日続ける事が大切ですけどね^^ そして同時に、食生活の改善ですが、塩分を減らすのは基本ではありますが、薄味の物足りなさを解消するには、レモンやユズ、酢、香りづけになる香辛料を上手に使いましょう。 食事の注意点として、塩分の多い顆粒ダシは使わず、コンブやシイタケ、にぼし、かつお節などでダシを摂るようにしましょう。 そして、脂肪分の少ない肉類や魚類から動物性タンパク質を摂る事も大切です。 タンパク質が不足すると、脳卒中を起こしやすくなるからです。 タンパク質、新鮮な野菜や果物、そして海藻類を欠かさず食べ、適度な運動をしていれば、高血圧は必ず改善に向かいますからね。 肥満傾向の人は、減量するだけでも血圧が安定します^^ 麦茶 麦には、利尿作用もありオシッコの量が多くなると、同時に麦茶に含まれるカリウムが、体内の余分な塩分も一緒に排出するので血圧も下がります。 春菊は、毛細血管を広げるだけでなく、血圧を下げる働きがあり、 高血圧に効く食材です。 りんご りんごには、食物繊維のペクチンが多く含まれ、大腸の働きを整え、リンゴに含まれるカリウムは、余分な塩分を排出し血圧を下げ、血管内の機能を正常に保ちます リンゴには、カリウムも豊富で、摂り過ぎた塩分を外に排出する作用もあり、便がゆるい時などは、リンゴジュースにして飲むと効果的です。 高血圧の方が注意したいのが便秘ですが、リンゴには食物繊維が豊富なので、便秘解消にも役立ちます。 スポンサードリンク 魚類 高血圧の方は、アジやイワシ、サンマ魚を始め、カツオやブリ、サバなどの青魚類がお勧めです。 魚類の脂肪分には、コレステロールを下げる働きがあります。 そして、魚のタンパク質は、血液中のコレステロール濃度が上昇を防ぎ、血管の収縮抑制してくれます。 青魚に多い、血合い部分にはタウリンが豊富に含まれ、このタウリンも同様に、コレステロールを下げます。 昆布 海藻類は、ゼロカロリーですが、カルシウムやヨード、そして何と言って食物繊維が豊富です。 また、昆布には血圧降下物質であるラニミン、カリウム、アルギン酸を含み高血圧に効く食材です。 海藻類は、脂肪の蓄積を防ぎ、癌予防にも最適です。 血液降下物質であるラミニンは、直接血圧を下げます。 そして高血圧の原因となる、便秘解消として、海藻類の中でも一番食物繊維の多い、ヒジキもお勧めです^^ スイカ・ メロン・ きゅうり・ ナス スイカやキュウリなどの瓜科の野菜類は、利尿作用に優れ、余分な水分を排出するカリウムをたくさん摂る事ができます。 塩分は高血圧の大敵なので、塩分の排出は、高血圧に有効です。 また、水分だけでなく、ビタミンA、ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンC、カリウムやカルシウム、リン、鉄分、グルタミンン酸なども含んでいます。 暑い夏には、食べたくなる水分の多い野菜や果物は、体を冷やす作用もあるので、冷え症の人は、食べ過ぎにだけ注意しましょう^^ 高血圧に効く食材は、上記のように塩分を外に排出するカリウムが豊富で、利尿作用があり、血圧を下げる成分を多く含む食材が多いですね。 スポンサードリンク この記事を書いている人 学生の頃は栄養学を学んでいましたが、平成9年10月に調理師免許を取得しました。 家族の健康の為に、そして料理の幅を広げるため、後に国際薬膳師となりました。 栄養学とは、また違う切り口の薬膳は、自分にとっても、とても新鮮で奥が深く学べば学ぶほど、新たな発見がありました。

次の