Zone エナジー ドリンク。 エナジードリンクZONe(ゾーン)の味【赤・黒】比較!効果は?販売店・値段・カフェイン量・カロリーまとめ

新発売! 超没入エナジードリンク「ZONe」飲んでみた。カフェイン量控えめでゴクゴク飲める500ml缶!

Zone エナジー ドリンク

独特のケミカル臭漂う王道系フレーバー クリアな黄色でエナジードリンク、ビタミン系飲料の定番の色ですね。 香りは独特のケミカル臭が感じられます。 ちょっと癖のある香りなので好き嫌いがかなり分かれそう。 早速飲んでみましょう。 甘酸っぱいの味わいに薬品のような香りがあとから鼻を抜けていきます。 味自体は酸味と甘味のバランスが良く、濃厚で丁度良いこってり感もあり飲みごたえのある王道系フレーバーとして安定しています。 余計な味付けをしていないので癖のない王道系で、普段からエナジードリンクを飲む人にとって馴染みやすい味でしょう。 しかし香りに癖がありすぎる気がします。 かなり特徴があるのでケミカル系の香りが苦手な人は500ml飲み切るのは厳しそうです。 この香りがZONeエナジードリンクの特徴だと思いますが個人的にはもうちょっと別の香りにするか、キレのある味にケミカル臭をあわせるなどすると飲みやすくて良かったかなと思います。 5のエナジー成分 カフェイン75mg、アルギニン500mg、パラチノース5g配合。 500ml飲んでもレッドブル250ml 185mlも同量 よりもカフェイン量が少ないので飲みすぎによる危険性等は考えなくて良いでしょう。 ZONeエナジードリンクに含まれるパラチノースは簡単に言えば糖質なのですが、砂糖よりもゆっくりと吸収されるのが特徴です。 砂糖に比べて血糖値の上昇を抑え、ゆるやかに吸収されるため、長時間動き続ける際のエネルギー切れ対策に利用されたり、糖による集中力の持続などの働きも期待できるそうです。 ZONeエナジードリンクは「デジタル世代に向けた 超没入エナジードリンク」とのことなので、配合量が少なくて効果はほとんどないとしてもそれっぽい成分が入っていると面白かったかな。 脳に効くハーブ系の成分とか。 5のデザイン まず6缶パックのデザインが秀逸。 何ですかコレw 世界中のエナジードリンクを見てきましたが、こんなエナジードリンクのパッケージはなかなかありません。 デザインセンスも良いですよね。 外装を外すと缶が露出したパッケージが出てきます。 とても凝った作りでブランドイメージにもよく合っていてインパクトはかなり大きいです。 1本ずつ買うのがもったいないくらい。 これなら飲み終わったあと缶を入れて飾るのも全然アリだと思います。 缶は3本ずつ縦2本積み重なるように入っていました。 届いたときは「デカイ箱だなぁ・・・」と思ったのですが、中を見るとぴったり無駄のないパッケージでした。 実物を手にとってほしいですが、ここまで大きいと存在感凄いですよw 電源マークがそのままZONeエナジードリンクのロゴなのでしょうか。 黒い缶に電源が点灯しているように見えてクールです。 500mlのビッグサイズで店頭でも目立ちそう。 5の記載があります。 正式版ではこれがなくなるのでしょう。 缶デザイン全体ももしかしたら変更になるかもしれないですね。 「超没入エナジードリンク」ということでこんなイメージも。 ここまでくるとちょっとやりすぎ感もありますが・・・w 今回は先行販売のベータバージョンということでQRコードが大きくデザインされています。 サイトもデジタル感満載でプロモーションの一環として面白いです。 どこがここまで企画したのでしょうか?個人的にかなり気になります。 ビジュアルをこだわり抜いた日本では珍しいエナジードリンク 外装パッケージやサイトにこれまでの国産エナジードリンクにないこだわりを感じましたが、プロモーション用の動画もすごいことになっています。 30秒、見てみてください。 日本のこれまでのエナジードリンクのイメージを覆すレベルでセンスが良いです。 やっぱりプロモーションしてる会社がすごく気になりますwww これまでサントリーが出してきたエナジードリンクとはまったく違います。 この動画はこのまま海外向けに発信できる内容で、アジアの電脳スタイルとエナジードリンクがマッチして興奮するレベル。 詳細はまだほとんど出ていないので謎に包まれたエナジードリンク。 まずはからどうぞ。 ブラックマンデーセール中 この記事を書いた人:エナジー・ドリン君 アメリカに住んでいた2002年頃エナジードリンクと出会いました。 日本でエナジードリンクの立ち位置がキモネタ系だったことに疑問を感じ、2013年サイト立ち上げ。 サイト立ち上げによりエナジードリンクマニアとして改めてエナジードリンクを集め始めコレクションは世界各国から3,000種類以上、レビューは随時サイトにアップしています。 現在は日本在住、エナジードリンクを求め毎年海外へ飛び回るでもあります。 5公式サイト ads.

次の

ゾーン状態にする新しいエナジードリンク|「デジタルパフォーマンスエナジー ゾーン」を薬剤師が解説

Zone エナジー ドリンク

プログラマーの方やeスポーツ向けに開発されているのが 私もこんなかっこいい感じで ブログが書ければいいんですが… 缶の未来感がすごい 飲み口が真っ黒 まず、プルタブの部分がオールブラック。 海外のエナジードリンクでは頻出なんですが とうとう日本のエナジードリンクもやってきましたね。 電源ボタン? プロモーションビデオでロゴが光っていましたよね。 あ!! 電源ボタンや! もう電子機器にあやかりすぎてて 世界観が固まってる!! 早速注いでみました 缶の色が赤と黒なので どっちからどんな色が出てきても おかしくないくらい、ヤバそう。 定番の方はThe エナジードリンクって感じの黄色系。 匂い甘味の強そうなThe エナジードリンク。 レッドブルとモンスターエナジーの中間くらいの甘さに感じます。 問題はファイヤーウォールのほうですね。 まさかの赤い缶から緑の液体が出てきました。 この衝撃は海外モンスター級でした。 明るい場所だと、もう少し明るい緑色にも見えますが 普通にしてると、画像のように少し濁っているようにも見えます。 見た目どおり、メロンソーダのようなケミカルな匂い。 ほんのすこしだけハッカのような「スッ」とした感じがします。 肝心なお味は… G ZONe 例えるならモンスターエナジーとレッドブルを混ぜて リンゴジュースにはちみつを少し加えたような マイルドな味です。 口に含むと砂糖特有の口に残るべたつきは少なく、 りんごのすっぱみが感じられます。 炭酸弱めで、すこし香料っぽい味がして飲みやすいです。 特徴的ではあるのですがクセは少ないです。 良い意味で違和感があって面白いです! G ZONe FIRE WALL 見た目からクセがすごそうですよね。 色のクセっていうと このマツキヨのエナジードリンクを思い出します。 想像よりも飲みやすい。 人もドリンクも見た目で判断してはいけないですね。 エナジードリンクっていうよりも滋養強壮系の栄養ドリンクに近い気がします。 基本形はクリームソーダです。 あの、メロンソーダにバニラアイスが載っているクリームソーダです。 クリームソーダのアイスの部分が少し溶けた、薄めのメロンソーダに ハッカを加えたような味です。 こちらも炭酸は弱め せっかくなのでシェアハウスの住民にも飲んでもらったのですが 苦手に感じる人もいるようです。 でもこの独特な風味こそ、 「エナジードリンク飲んでやる気出すか!」 っていうきっかけ作りには最適なんです。 気持ちの問題も大いにあるのですが 特徴的な味こそ、一種のやる気スイッチなんです。 ぜひエナジードリンクに抵抗がない人は飲んでハマってほしいです。 成分表 わかりやすく、レッドブルとモンスターエナジーの4対比にしました。 G ZONeシリーズがそもそも500mlなので 1本あたりの数値が高まるのは当然ですが圧倒的。 カロリーは1本あたり270kcalと爆弾レベルですが 100mlあたりに換算すると レッドブルとモンスターエナジーの1割増し程度。 とはいっても2巨塔と同じ感覚で飲むと大変なことになりそう。 糖からエネルギーへ カロリー、糖分量 炭水化物 、ナイアシン、アルギニンの量が半端じゃない。 どの成分も、糖分を効率よくエネルギーに変える成分が 多く含まれています。 やはり他のエナジードリンクとは違って ゲームやプログラミングや創作活動など 体ではなく、頭を使う場面を想定してのどりんくだからでしょうか。 カフェインによる覚醒というより、 集中力の向上、エネルギーの枯渇を防ぐ目的が強そうですね。 はちみつ風味の秘密?! パラチノース 物質名はイソマルツロース。 はちみつにも含まれる天然糖類のこと。 カロリーは砂糖と同じく1グラム当たり4kcalですが 血糖とインスリンの急激な変化が起きにくく、糖尿病などのリスクの低い糖質として知られています。 これが味でも感じたはちみつっぽさなのでしょうか。 糖尿病になりにくいってだけで魅力的。 いかがでしたでしょうか! デジタルパフォーマンス用のエナジードリンクだからか この記事も不思議と早く書けている気がします。 今日このG ZONeを1リットル飲んだんですが これだけでも1200mgのアルギニンを摂取してしまいました。 2グラムですよ? あーこわいこわい。 この量は、モンスターエナジー3本に少し満たないくらいの量ですが 心拍数が上がる感じではないんですよね。 むしろ視界が狭まって、落ち着いて画面に集中できる気がします。 さて、今からの作業をギンギンに集中していきます!.

次の

エナジードリンクZONe(ゾーン)の味【赤・黒】比較!効果は?販売店・値段・カフェイン量・カロリーまとめ

Zone エナジー ドリンク

エナジードリンク「ZONe」がサントリーより登場 2020年5月12日より、サントリーからデジタルパフォーマンスエナジードリンク「Zone」が発売されました。 デジタル文化が進む中で、仕事はもちろんゲーム中のお供にエナジードリンクを飲む方も多いのではないでしょうか。 ZONeを飲むと「ゾーン」と呼ばれる超没入状態に入ることができ、練習も本番も集中できるので、実力を存分に発揮できる!という商品になっています。 モニターを連想させるカラーは、今後ITビジネスをしている方やゲーマーの方には欠かせない存在になってくるかもしれません。 今回発売されたZONeは、 Ver. 0として赤と黒の2種類があります。 ゲームやアプリのアップデートを連想させる名前も、ゲーマー心をくすぐる商品ですね! 同じように味やバリエーションが増えていくたびに、Ver. 0という感じで名前が変わっていくのかも楽しみですw ZONe Ver. 5もあった 5月12日発売されたZONeはVer1. 5がAmazonと大学生協で先行販売されていました。 缶の部分もちゃんとVer0. 5になっています。 この時の価格は228円と、製品版よりも少し高かったのですが、それでも安い!と高評価でした。 0と味はそこまで大きく変わっていません。 若干甘さが抑えられた?ような感じはしますが、目に見えてわかるという変化はないです。 ZONe Ver. 0の内容量 まずは、ZONeの内容量についてです。 ZONeは、 500ml缶となっており、愛飲している方が多いモンスターやレッドブルよりも大容量になっています。 サントリーから発売されている南アルプスの天然水。 こちらは550mlなので、ペットボトルの容量よりも少し少なめという感じですね。 内容量が多いので、ZONe 1本でしっかりとした満足感があります。 ZONe Ver. 0の成分 ZONeは、赤と黒の2種類が出ていますが、成分に若干の違いがあります。 それぞれの成分は以下のようになっています。 ZONeの黒 ZONeの赤 エネルギー 265Kcal 270Kcal タンパク質 0. 5g 0. 5g 脂質 0g 0g 炭水化物 65. 5g 67. 0g 糖類 61. 2g 65. 5g 食塩相当量 0. 82g 0. 10g ビタミンB6 5. 0mg 5. 0mg ビタミンB2 5. 0mg — ナイアシン 50mg 50mg アルギニン 750g 500g パラチノース 5. 0g 5. 0g ブドウ糖 10. 0g 10. 0g カフェイン 75mg 75mg ちなみに、モンスターのカフェインは355mlで128mgです。 レッドブルは、250mlで75mgとなっており、ZONeは500mlで75mgなので、他のエナジードリンクに比べると控えめになっています。 カフェインは、集中力を高める、自律神経の働きを高めると言われており、徹夜しなければいけない、眠い時に飲むという方が多いのではないでしょうか。 やはりカフェインが多いほど期待はできますが、1回の摂取量は200ml以下、1日の摂取量は400ml以下でないといけません。 カフェインが少ない一方で、糖類はZONeが61. 2g~65. 5gと圧倒的に多いです。 糖類の過剰摂取は血糖値をあげてしまうので、糖尿病になる恐れがあります。 コーラに近いので、カフェインが少ないといえど糖類で考えると1日1本が限界ですね・・・。 ZONe Ver. 0の価格 エナジードリンクは値段がピンキリですが、やはりコスパがいいものを選びたいですよね。 ZONeの価格、定価はいくらなのでしょうか? 一般的によく飲まれているモンスター、レッドブルとも比較してみます。 購入場所によって値段は若干の差はありますが、ZONeは内容量が一番多いにも関わらず、価格はモンスターと同じです。 たっぷり飲めるのに205円で買えるのは、エナジードリンク愛飲者にとってはめちゃくちゃ嬉しいですよね! ZONe Ver. 0の購入場所 ZONeが気になるけど、どこで購入できるのか?も知りたいですよね。 ZONeは、2020年5月12日からサントリーのオンラインストア及び全国のコンビニで販売されています。 ファミリーマート、ローソン、ミニストップ、セブンイレブンなど全てのコンビニで取扱がありますが、店頭によっては入荷していないところや在庫切れになっているとこともあります。 また、店頭によって並んでいる場所は異なり、栄養ドリンクなどが並んでいる小さめの冷蔵庫に並んでいるところもあれば、ペットボトルなどの飲料系がまとめて並んでいる大きな冷蔵庫に並んでいることもあります。 その他、Amazonや楽天などの通販でも購入が可能です。 エナジードリンクZONeの赤と黒の違いを比較 ZONeは、赤と黒の2種類が販売されています。 モンスターも缶の色によって味などが違うため、好みがわかれますよね。 では、ZONeの赤と黒はそれぞれどのような味、色、においなのでしょうか? 違いなども含め、それぞれ実際に飲んでみたレビューと比較をまとめていきます。 パッケージデザインは、黒の方が圧倒的にかっこいいですね! ロゴの周りの色合いが好きですw 色は、ザ・エナジードリンク!といわんばかりの黄色。 においは、ちょっとグレープっぽい・・・? 実際にはグレープは入っていません レッドブルやモンスターのようなエナジードリンク臭というのがしないですね。 気になる味ですが・・・ モンスターでいえば緑缶に近く、レッドブルにも近い、ちょうど中間ぐらいの味です。 ただ、 エナジードリンクにしては甘い!!!! エナジードリンクというよりは、駄菓子屋さんに売っている粉末ジュースに近いです。 ちょっと懐かしい味がするエナジードリンクという感じでしょうか。 甘みが後味として残ってくるのが気になりました。 また、モンスターやレッドブルと比べると炭酸がかなり少ないです。 最初は炭酸感があるものの、すぐ抜けてしまうので微炭酸ですね。 モンスターも色で味が随分違いますよね。 赤は「ZONe FIREWALL」という商品名です。 パッケージに書かれているGのロゴはオレンジ枠になっていて、黒よりシンプルめ。 色は、エナジードリンク?!と思ってしまうような薄い緑色。 においは、メロンソーダのような甘い香りが漂っています。 気になるお味ですが、色とにおいからまんま想像できる メロンソーダですねw もっといえば、メロンソーダに風邪薬を混ぜた・・・?という感じに近いです。 かき氷シロップのメロンが薄まった味にも近いかもしれませんw いや・・・何かもっと飲んだことあるような・・・と記憶を辿ったのですが、ピンと来たのが自動販売機限定の「POP メロンソーダ」でした。 POPの炭酸を少し弱めて、エナジードリンク風味が混ざったような味がします。 エナジードリンク感がかなり少ないので、メロンソーダが好きな方には飲みやすいかもしれません。 こちらも黒と同じように、微炭酸なので結構すぐに炭酸が抜けていきます。 ZONeの赤と黒の違い!おすすめは? ZONeの赤と黒は、成分に若干の違いはあるものの大きな差はありません。 価格や内容量も同じなので、やはり 一番の大きな違いは、味と色ですね! 色はおいておくとしても、味の差は好みがかなり別れます。 エナジードリンク感を求めたいのであれば黒缶。 ジュース感を求めたいのであれば赤缶という感じでしょうか。 どちらも、モンスターやレッドブルに比べると甘いので、後味が残りやすいです。 やはり糖類が多いので、どうしてもジュース感は否めません・・・。 エナジードリンクZONeはこんな人におすすめ エナジードリンクZONeは、モンスターやレッドブルに比べると炭酸が少なめです。 ガツンとした刺激がないので、炭酸が苦手な方には飲みやすいですね! その分、炭酸が抜けるのも早いので、500mlを飲み終える頃にはほぼ炭酸は消えています・・・。 また、エナジードリンクの味が苦手!という方もいるかもしれません。 味が苦手な方には、ZONeの赤がジュース感覚で飲めるので良いですね。 総合的に考えて、 炭酸があまり強くなく、エナジードリンク独特の味が少なめ、甘いのが平気でガブガブと飲みたい!という方におすすめです。 ゲームなどをしているといちいちドリンクを取りに行くのが面倒なので、500mlであれば結構な時間持ちます。 ただ、カフェインが少ないのでモンスターに比べると物足りなさはあるかもしれません。 シチュエーションでエナジードリンクを使い分けていくのが一番良さそうです! くれぐれも飲み過ぎには注意しましょう。

次の