コロナ 仕事 やめたい。 コロナで仕事を辞めるのは異常?

看護師のコロナストレスとは?差別や偏見も?ナースたちの家族の意見も

コロナ 仕事 やめたい

企業の人手不足感、コロナで低下 現在の従業員の過不足状況を尋ねたところ、正社員について「不足」していると回答した企業は31. 0%となった。 2019年4月の前回調査と比較すると19. 3ポイント減少し、4月としては4年ぶりに4割を下回り、人手不足割合は大幅に減少した。 「適正」と回答した企業は47. 2%で同5. 9ポイント増加し、企業の半数弱が人手は適正であると感じている。 「過剰」と回答した企業は21. 9%で同13. 5ポイント増となった。 昨年までは人手不足倒産なんて言葉が聞かれ、特に後継者がおらず店仕舞いをする個人老舗商店ばかりがフォーカスされていましたが、社会全体的に人手不足が蔓延していました。 コロナの影響で社会全体の仕事量が減少した結果でもあるとは思いますが、企業の人手不足感がコロナで低下したそうです。 2020年の新卒の方々は、採用倍率が1. 88倍と明らかな売り手市場でした。 しかしあくまでこれはコロナ前の数字で、人手不足感が減少したことを考えると売り手市場という環境はなくなることが予測されます。 このまま経済が通常通り再開したとしても、それは日本国内での話であって世界的な収束にはまだ程遠いという形です。 就職氷河期とまではいかないものの、一寸先は闇ならぬ就職氷河期であるのは明らかです。 就職氷河期世代を救わなかったばかりに40代の非正規を大量に生み出した事の反省は今活かさなければいけません。 MARCHレベルは内定取り消しという話 2020年卒の方々は一部コロナによる業績不調で内定取り消しが起きています。 政府の方での調整など、解雇者を産まないための制度はありますが、それでも内定取り消しの話は聞こえてきます。 私の母から聞いた話なのですが、アルバイト先の店では2020年3月卒の大学4年生の人たちが沢山働いていました。 しかし4月にバイトを辞めて、皆正社員として社会に羽ばたくはずが、5月までにかなりの人数が戻ってきてしまったそうです。 話を聞くと皆内定取り消しだったそうで、いま急いで別の就職先を探しているという事。 母が「そんなに内定取り消しが簡単に起きているのか?」という質問をすると「MARCHレベルだと普通に内定取消し、新しい就職先が全然見つからない状況です。 」という回答でした。 Nintendo Switchが欲しいと私にねだってきた電話ついでの雑談だったのですが、中々興味深いというか悲しい現実が若者に襲いかかっている話でした。 母「それに比べてろくに大学も行かずお前はタイミングと運だけで今の会社に居て!仕事辞めるなんて言わずに真面目に働き続けろ!」 と聞きたくもない説教つきだったのですが(仕事は絶対やめます)。 アーリーリタイアは早く決心できるかに限るのに…… 私は高校卒業後6年間をフリーターで遊び呆けていたため、アーリーリタイアを目指すにはあまりにも時間をムダにしすぎました。 私は24歳で就職し、27歳で無職を志しました。 あまりにも遅い。 大学は学費を考えると難しいですが、22歳で無職を志した人には私は絶対に勝てません。 まして、給与の良い商社等に行った人には足元にも及ばない現実があります。 世の中のアーリーリタイアを目指す諸氏の後押しを願う私としては、現在の売り手市場から買い手市場への転換には心を痛めています。 人生アーリーリタイアだけではないのは当然ですが、初めての就活でこんな内定取消しが起きる急激な不景気を経験してしまっては無職を志すなんて発想に至らないかもしれない。 個人的にはそんなことはないと思っては居ますが、「採用して頂いた」なんて労使対等とはかけ離れた発想を植え付けられ、安定雇用=幸せというクソみたいな固定観念にとらわれてしまいかねません。 そこに投資でブーストをかけるのがよくある方法でしょうか。 ここが成立しなければどうしようもない。 しかしコロナショックで給料が減らされる人が大量に出る上に、新規雇用に歯止めがかかってしまっては、若者のアーリーリタイアへの道が困難になったと言わざるを得ません。 勿論、自分以外どうでもいいと9割型思ってしまう私は「俺以外は馬車馬のごとく働けば良いんだよ!そうすることで社会が安定して無職でもより良質なサービスを受けられるんだよ!」というクソみたいな思考を持っています。 ですが、一方で共にアーリーリタイアを目指すリタイア戦士は仲間だとも思っていますので、さすがにその第一歩すら踏ませてもらえない社会環境は酷であると思ってしまうのです。 労働しないに越したことはないという基本原理を若者たちが失わないことを祈るばかりです……。 それではまた次回お会いしましょう。

次の

【当てはまったら要チェック】コロナがきっかけで仕事を辞めたい人とは

コロナ 仕事 やめたい

ずっと今の仕事に疑問を抱いていながらもの下で働いてきた僕が、自分を見つめ直し本来の姿を取り戻すきっかけにもなってくれた在宅勤務だが、残念ながら2020年5月31日で終了する予定だ。 会社にとっても今の働き方は応急処置に過ぎす、本来の姿を取り戻そうとしているのだろう。 在宅勤務の快適さを奪われてしまうのは嫌だが仕方ない。 来月から久しぶりに毎日出勤することになりそう。 在宅勤務の快適さ 僕自身、会社に行かなくなって冷静に物事を見れるようになった。 価値観が変わったというより 自分を押し殺してまで働く必要性があるのかを見直すようになった。 仕事の支持も上司の感情を挟まず、無機質な文面の方がわかりやすいし、わからないことがあればオンラインの方が気軽に質問できる。 アもなぜか会社よりもひとりで自宅にいるときの方が浮かびやすい。 コミュニケーションも普段LINEやでプライベートのやり取りをするのとさほど変わらない。 オンライン飲み会には、まだ参加したことはないが。 過去記事で軽く触れているに関してもLINEやメールで関係者とやり取りして、オンラインで完結するので最初から在宅勤務に抵抗がなかった。 本業も同じ要領で仕事ができるようになったおかげでここ2ヶ月は副業にも集中できた。 とくに僕と同世代の人たちはその程度の認識なんじゃないかと思う。 アフターコロナで人々の価値観はどれだけ変わるのか? 巷で アフターコロナというワードを見かける機会が増えた。 在宅勤務や外出自粛によって世の中の価値観がガラッと変わるとか。。。 いろんな意味でどれだけ人々の価値観が変化するのか興味はある。 昨日そんな話を同僚としていたのだが、残念ながらうちの会社は時代の変化に対応するより以前に戻ろうとしている様子。 もちろん従業員の安全性には配慮するんだろうけど、従来に近い働き方を維持したいんだろうな。 今後は週休3日制とかテレワーク継続とか、新しい働き方を導入する企業も増えるかもしれないけど、旧態依然とした会社はそう簡単には変われないと思う。 出勤再開しても会社に流されないようにしたい! 在宅勤務も終わり、来月からは会社に行くことになると思うけど、会社を辞めたいという気持ちは変わらない。 でも上司に受けたを思い出すと、 在宅勤務終了までのカウントダウンに恐怖心を煽られる。 また2ヶ月前の悲劇が繰り返される恐怖だ。 同僚や先輩に相談すれば「一緒にがんばろう!力になるから!」と前向きな言葉をかけてくれるだろう。 そして僕は彼らの気遣いを申し訳なく思い、感情を殺し、やがて自分をも失くす。 いつしか心の痛みも麻痺して上司に何をいわれても無感情になる。 これじゃ、何も変わらない。 これまでと同じだ。 彼らの心遣いはありがたいが、社内のあの空気に流されないようにしないと! kentauros9.

次の

新型コロナウイルス③ 緊急事態宣言後のケアマネの仕事と介護業界の変化|介護のいろんなコト。

コロナ 仕事 やめたい

コロナで仕事を辞めるのは異常? 仕事辞めました。 1月に 別に貯金も沢山あるし。 何年間も生活に困らないかな?と思い思いきって辞めました。 食料も日用品も、元々仕事が忙しく買い物に行けないので買いだめしてました。 食品は冷凍。 日用品はな1年半分はあります。 さらに。 コロナが流行り、出たくないのでもっと買いだめしました。 外に出たい、日光を浴びたいと思ったらベランダに出ます。 自分では完璧な生活をしてると思ってました。 なのに、死んだんです。 父親が。 葬式等で外にでなければなりません。 行かないと行けないですよね。 そして、母親に仕事辞めたことを知られました。 電話口で怒られました。 私は、仕事以上に命が大切です。 仕事辞めた今は、節約をしてます。 お金に困ってる訳ではないですが、何年かかるか分からないので、節約してます。 そしたら、節約が楽しくハマりました。 ほぼ毎日3食外食生活をしてましたが、今は毎日作ってます。 とても安いです。 電気もガスも水道もどれだけ普段無駄にしてたかが分かりました。 コロナが収まったら仕事を再開したいです。 きっとどこか採用してくれると思ってます。 学歴も悪くないので。 今までの功績も残ってるので。 きっと、 ただ、仕事を辞めたのは異常だ、と言われると、不安になりました。 私は働きたくないので仕事を辞めました、既に5年経過しています。 その時20年は働く必要が無かったお金は後10年分ですしかも浮浪所得が毎月35万円程あるにも関わらずです。 貯金だけで10年分という意味です 最初の半年1年でお金を使わないで出来ることはやりつくしてしまいます、体力も劇的に落ちます3、4年すると本当に働きたくなくなりますので来年は仕事を探した方が良いですよ。 コロナで一気に就職が難しくなったと言えます、過去の年収は望めません下手したら400万円以下で甘んじる事になりこんな仕事やれるかとまたやめる可能性もありますよ。 私の経験上年収が低い仕事程きついです。 数年働く必要が無いと言うことは1000万円程度のお金ですよね、異常とは言いませんがはやまったとは思いますよ。 CT検査をすると通常の肺炎とは違う特異な影が見えるそうです、これは無症状でも解るそうです日本は世界と比べて圧倒的にCTの数が多くアメリカと同等数あり人口比ではアメリカの2. 5倍あります、町医者でもCTを保有している所さえあり国民皆保険ですので6000円程度で受ける事が可能です、アメリカはと言えばCTと点滴で60万円と聞きますので100倍近く料金が掛かる可能性があります。 アメリカはCTの数が多い方ですがスペイン、イタリア等はCTの数が全く足りません。 肺炎の症状が出た人をCT検査にかければコロナか通常の肺炎かあるいは風邪が酷いだけで肺炎ではない等がわかります。 又BCGを受けている国とそうでない国とで広がり方が違うためヨーロッパで現在医師の半数をBCG注射を行い半数を受けないと言う実験が行われるそうです。 BCGにはソ連株、日本株、ヨーロッパ株とがありソ連、日本の株のBCGを受けている国はさほど広がっていません。 中国は武漢では実施されてなく省によってはBCGを受けている。 ドイツで旧東ドイツはソ連株西ドイツはBCGを受けておらず同じ国で広がりが違い、アメリカ、スペイン、イタリア国民はBCGを受けていません。 イギリスは確かヨーロッパ株だったかと思います。 イランでは蔓延しイラクでは日本株で蔓延してないと言うBCGが影響してなければ考えられない事象が多数あります。 BCGは十数年で効果が薄れるため年齢が上がるほど感染しやすく重症化しやすい日本では70才以上は義務付けられて無かったので受けていない。 又完全に防御されるわけではなくコロナウィルスが大量に体内に入れば10代でも感染すると言う事ですので海外渡航者に感染が多いと言うのはマスクをしない国が多いと言う事も言えます。 これらを踏まえて肺炎の疑いがあればまずCT検査を実施してヨーロッパの実験の結果によっては40才以上の大人もBCGを受ける、マスクを可能な限りする事で終息できるのでは無いかと考えます。

次の