さしすせそ ほめる。 できる女の「さしすせそ」が大事・言ってはならない「たちつてと」も紹介!

この褒め言葉を覚えよう!「さしすせそ」に隠されたモテる秘密

さしすせそ ほめる

さ:さすがだね! 「さすが!」は、前々から良いなとか上手だなと思っていたけれど、やっぱりね!という心情がプラスされて相手を全面的に認めてあげる、とても肯定的な言葉です。 男性は、いつでも女性からの評価を気にしています。 奥さん、最近俺のことどう思ってるのかなと時々不安にもなります。 そんなときに「さすが!」と言われたら一気に自信にみなぎって、もっと頑張ろう!という気持ちになるものです。 珍しくお料理してくれたときに「美味しい!」と褒めておいたあとに、もう一度作ってくれたときには「さすがパパの作ったのは美味しいね!」なんて言ってあげたら、お料理してくれる回数が増えるかも!? もう一押し!という時は「さすがだね」と一緒に「わたしより上手だよっ!!」を付け加えましょう。 この分野は、私もあなたには勝てないということをアピールすることで、常に優位に立ちたいという男の願望まで叶えてあげられます。 し:信じてる! 色々な意味で使えるのが「信じてる」ですが、まずどんなパターンにも共通するのは「あなたを信頼しています」という気持ちを表現できるということです。 妻から自分の能力を疑われたり、浮気を疑われたりして、けなされたり探りを入れられたりしたら、旦那さんにとって「自分は妻からの信用がないんだ」と落ち込むでしょう。 本当は、ちょっと頼りないなと思っていても、たとえ行動が怪しいなと思っていても、奥さんから「信じてる!」と言われたら男性の心理としては、背中が伸びる感じがするでしょう。 「信じてるからねっ!!」と強い口調で言うと、プレッシャーを与えることにもなり、それが逆効果になる可能性もあるので注意です。 冷静にあたたかい眼差しで「信じてるからね」と伝えるのがベスト。 あまり多用するのも厳禁です。 奥さんの期待を裏切らないようにと、より頑張ってくれることを期待して「ここぞ!」というタイミングで使ってみましょう。 す:ステキ! 旦那に「ステキ!」なんてとてもじゃないけど言えないわと思ったあなた。 これが、意外と使えちゃうんです!何も、顔や容姿がステキじゃなかったとしても大丈夫(笑).

次の

トホホなオヤジの「さしすせそ」 会社での禁句フレーズ集|NEWSポストセブン

さしすせそ ほめる

さ:さすがだね! 「さすが!」は、前々から良いなとか上手だなと思っていたけれど、やっぱりね!という心情がプラスされて相手を全面的に認めてあげる、とても肯定的な言葉です。 男性は、いつでも女性からの評価を気にしています。 奥さん、最近俺のことどう思ってるのかなと時々不安にもなります。 そんなときに「さすが!」と言われたら一気に自信にみなぎって、もっと頑張ろう!という気持ちになるものです。 珍しくお料理してくれたときに「美味しい!」と褒めておいたあとに、もう一度作ってくれたときには「さすがパパの作ったのは美味しいね!」なんて言ってあげたら、お料理してくれる回数が増えるかも!? もう一押し!という時は「さすがだね」と一緒に「わたしより上手だよっ!!」を付け加えましょう。 この分野は、私もあなたには勝てないということをアピールすることで、常に優位に立ちたいという男の願望まで叶えてあげられます。 し:信じてる! 色々な意味で使えるのが「信じてる」ですが、まずどんなパターンにも共通するのは「あなたを信頼しています」という気持ちを表現できるということです。 妻から自分の能力を疑われたり、浮気を疑われたりして、けなされたり探りを入れられたりしたら、旦那さんにとって「自分は妻からの信用がないんだ」と落ち込むでしょう。 本当は、ちょっと頼りないなと思っていても、たとえ行動が怪しいなと思っていても、奥さんから「信じてる!」と言われたら男性の心理としては、背中が伸びる感じがするでしょう。 「信じてるからねっ!!」と強い口調で言うと、プレッシャーを与えることにもなり、それが逆効果になる可能性もあるので注意です。 冷静にあたたかい眼差しで「信じてるからね」と伝えるのがベスト。 あまり多用するのも厳禁です。 奥さんの期待を裏切らないようにと、より頑張ってくれることを期待して「ここぞ!」というタイミングで使ってみましょう。 す:ステキ! 旦那に「ステキ!」なんてとてもじゃないけど言えないわと思ったあなた。 これが、意外と使えちゃうんです!何も、顔や容姿がステキじゃなかったとしても大丈夫(笑).

次の

褒める言葉「さしすせそ」

さしすせそ ほめる

女性の先輩が、男性の部下・後輩を褒める場合は、「仕事が早くなったね」「成長したね」「仕事をあなたに任せてよかった」「期待しているよ」「今日はありがとう」「とても助かった」などの仕事ぶりや結果に関する褒め言葉がおすすめです。 また、女性の後輩が上司や先輩を褒める場合は、「勉強になります」「すごい、ありがとうございます」「さすがですね」「尊敬します」など慕っていることが伝わる褒め言葉がおすすめです。 「ありがとう」という言葉は年や役柄問わず、誰から言われても嬉しい言葉です。 役にたった、人助けをした、やって良かったと思える最高の褒め言葉でしょう。 恥ずかしい、後で言おう、やって当たり前などと思わず、日々感謝を忘れないことが大事です。 女性編 あなたは、料理の調味料「さしすせそ」って聞いたことがありますか。 料理をおいしくさせるための基本の調味料です。 言葉にも、人間関係を良好にする言葉の調味料「さしすせそ」の法則があります。 「さしすせそ」の法則とは、男性が女性に言われて嬉しい言葉の集まりです。 キャバクラなどでもよく使われている恋愛のテクニックの一つです。 では、さっそく見ていきましょう。 頑張っている経過に注目してあげることが大切です。 褒められるのは嬉しいものですが、大げさすぎると、それは本心で言っているのかなと疑ってしまうでしょう。 「誰にでも言っているんだ」と思われたら一気に信用を失ってしまいます。 その人に合った褒め言葉を探して褒めましょう。 初対面やまだ親しくなっていないうちに言われると、体目的かなと疑われてしまいます。 細くなりたいとは女性の多くが思うことですが、変わってもいない体型を褒められても嬉しくありません。 それどころか、太ったのにそう言われるとよく見てないんだなとガッカリされます。 「乱麻」とは麻糸が絡まった状態のことです。 麻糸とは、麻の繊維で作られた糸のことです。 よく切れる刀で、絡み合った麻糸を断ち切ることから、複雑な問題やこじれた問題をあっという間に解決してしまうことです。 しかし、使われている鍬(くわ)はさびないで光っているということから、日々絶えずに努力し仕事に打ち込んでいる人は、生き生きとしていて美しいということわざです。 」 ・爪の垢を煎じて飲む(例)「君の爪の垢を煎じて他の人にも飲ませたいよ。

次の