ヘヴィ トリップ 映画。 映画『ヘヴィ・トリップ』ネタバレ感想!北欧メタル好きには笑える要素満載|大学生のゆうとぴあ

映画『ヘヴィ・トリップ』ネタバレ感想!北欧メタル好きには笑える要素満載|大学生のゆうとぴあ

ヘヴィ トリップ 映画

映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』の作品概要 フィンランド映画。 村でバカにされているヘヴィメタルバンド四人組が一念発起してノルウェーで開催されるフェス出場を目指し珍道中を「繰り広げる。 監督はユーソ・ラーティオ ユッカ・ビドゥグレン。 原題『 Hevi reissue 』友情、青春、恋愛、夢などのテーマが盛り込まれている秀作。 映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』のあらすじ・ネタバレ 12 年間、コピーバンドとして活動する四人組。 ライブをやったこともないし、オリジナル曲もない。 、しかもバンド名さえ無い。 仕事が終わるとただ集まり演奏するだけだ。 村を歩けば長髪、刺青などの風貌から「ホモ、ホーモ」とからかわれる。 ある日、奇跡的にオリジナル曲ができた。 偶然が重なりフェスの大物プロデューサーにデモテープを渡すことができた。 噂が村に広まり、彼らをバカにしていた村人たちから尊敬の眼差しを向けられるが、、、。 映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』の感想・評価・内容・結末 これぞ愛すべきおバカ映画 とてもおバカでハッピーな映画です。 こういう映画は大好きです。 とてつもなく笑えて泣けてきます。 青春、友情、恋愛、夢を盛り込んでいます。 最初から最後までまったく飽きることなく楽しめます。 悪い人間は一人も登場しません。 みんなが愛しいキャラクターばかりです。 心温まる映画です。 フィンランドのヘヴィ・メタルは世界一 北欧、フィンランドのイメージはデザイン、ムーミン、クリスマス、サウナ、そしてオーロラなどを思い浮かべる方が多いと思います。 最初からヘヴィ・メタルと答える人は稀有な人だと思います。 でもフィンランドは世界屈指のヘヴィ・メタル大国なのです。 フィンランド国民550万人でメタルバンドの数が3000組もあります。 街を歩けばメタルに当たると言われています。 毎年、夏にエアーギターコンテストが開催されることでも有名です。 この大会で日本人が優勝した記憶も新しいです。 何度も書きますがおバカさん映画です。 だからこそこの映画の若者たちが可愛く見えるのです。 登場する四人はみんな生業を持っています。 介護施設、図書館勤務、精肉業などです。 長髪の彼らが村を歩けば「ホモ、ホーモ」とからかわれます。 子どもから大人までが彼らをバカにしています。 彼らは元々楽しく音楽をやっているだけですが、ある日オリジナル曲を作ろうと思いたります。 ここでなぜ12年間もバンド演っているのに持ち歌がないのか、さらにはライブも一度も行ったことがないのか、とツッコミを入れてしまいがちですが、それは野暮ってもんです。 仲間と演奏するだけで満足なのです。 田舎っぺ魂が笑えます 偶然、ロットヴォネン(マッティ・シュルヤ) の元へノルウエーの音楽の大物プロデューサーのフランク(ルーン・タムティ)がトナカイの肉と血を買いに来ました。 ロットヴォネンはここぞとばかりにデモテープを渡します。 今時、デモテープです。 データではありません。 そこがミソです。 データはコピーされるからです。 ここからが笑えます。 プロデューサーに受け取ってもらったことで、即「出場決定」を早合点するのです。 噂が瞬く間に村中に広がります。 そうなると村中の人間が手のひらを変えるように彼らに敬意を払います。 もう田舎っぺです。 訳分かりませんが、ヘヴィ・メタルという音楽自体が「ぶっ壊れようぜ」を目指しているのでとてもナイスなバンド名だと思いますし、目指す世界観もなんとなく理解できます。 わたしもヘヴィ・メタルが好きです。 もちろん英語の歌詞の意味も分かりませんが、あの大音響で叫びまくるサウンドに合わせてこちらも絶叫するととにかく気持ち良いのです。 意味を深く考えなくても良いところがヘビメタの魅力です。 もちろん、彼らは真剣に演っています。 そしてこの映画を観ていると身なりは過激ですが、とても心優しい青年なのだと何度も胸を打つのです。 このギャップがとても良いのです。 死んだ友のため、恋する彼女のために さて、若者は村に広まった噂が嘘だとバレて大炎上します。 またまた罵詈雑言を浴びます。 オマケにドラマーがトナカイを避けようとして交通事故で死にます。 もう終わりかと思われれましたが、トゥロ(ヨハンネス・ホロパイネン) は恋い焦がれれうミーア(ミンカ・クーストネン) に励まされ、再びバンドを組みノルウエーへ向かいます。 この過程もバカらしいのです。 まず新ドラマーは精神病院から無理やり連れ出します。 次にドラマーが埋葬されている墓を掘り起こし、棺桶を車の天井に縛り付け、ノルウエーへ向かいます。 テロリストと間違えられます。 そして北極海へダイブ。 なぜかバイキングが出てきます。 そして生還。 ライブへ突入です。 フルスロットルでぶっ飛ばす若者映画 もう後半は怒涛に如く進んでいきます。 で、「一体なんだったの?」って感じで終わるのです。 本当に何だったのか、、、。 いやこれで良いのです。 メッセージなんてありません。 90 分全力でぶっ飛ばしただけです。 先に上げた 青春、友情、恋愛、夢を完全に網羅しています。 素晴らしい映画です。 ここで今一度、なぜフィンランドやノルウエー、スウェーデンの北欧諸国でヘビメタが人気あるのかについて調べてみました。 ・ 冬は長く暗いため、人々は家の中にいることが多く音楽に勤しむそうです。 ・攻撃的なヴァイキング(海賊)時代の精神を受け継いでいる人たちにメタルはぴったり。 ・国を挙げて音楽教育に熱心である。 ・個人の個性を尊重している。 ・音楽表現は社会に対してのメッサージの力が強い。 長く暗い冬は何かとストレスがたまりますよね。 憂鬱になります。 ですから絶叫して狂ってしまいたいそうです。 なんとなく分かります。 例えば南の国や島々へ行くと、音楽は割とゆったりしていませんか?ハワイなんて本当にゆったりしています。 時間の流れが手に取るように感じられます。 ですから音楽表現も穏やかになると思うのです。 でも北方に極限に行くと時計の秒針でさえ「カチカチ」と鋭利に聴こえてきそうです。 氷の音みたいに。 そんな日々を過ごしていると思いっきりバカ騒ぎしたくなるのも頷けます。 国や地域によって、あるいは背負った民族の歴史によって様々な感性の違いがあることはわかっていましたが、この映画からメッセージをもらいました。 「時にはバカになれ!」です。 良い映画でした。 映画『ヘヴィ・トリップ 俺たち崖っぷち北欧メタル!』のキャストについて トゥロ(ヨハンネス・ホロパイネン) 村の介護施設で真面目に働いている青年。 趣味でヘビーメタルのボーカル。 村を歩けば「ホモ、ホーモ」とからかわれている。 長髪で村を歩く姿には田舎っぽさがあまり見受けられませんでした。 静かな演技でした。 歌の場面ではとても迫力のあるパフォーマンスを見せてくれました。 ミーア(ミンカ・クーストネン) 村のアイドル的な存在。 花屋の看板娘。 父親は警察官です。 高校時代からトゥロにずっと思いを寄せています。 ヨウニという村のロッカーからのアプローチを受けています。 北欧女性のイメージのままです。 とても優しく大人しいです。 しっとりした雰囲気の演技でした。 ヨウニ(ビッレ・ティーホネン) 中古車のディーラーで村のロックスター。 トゥロたちヘビーメタルバンドを毛嫌いしています。 ミーアにアプローチしています。 パシ/クシュトラックス(マックス・オバスカ) 図書館勤務でバンドのベースを担当しています。 頭が良いです。 特に音楽の造形が深く世界中にあふれている曲をすべて記憶しています。 ロットヴォネン(マッティ・シュルヤ) 家業の精肉業を手伝っています。 曲(リフ)のコピーセンスは抜群ですが、一曲も作ったことがありません。 精肉業の機械が回る音から奇跡の一曲を作り出す。 フランク(ルーン・タムティ) ノルウエーの音楽界の重鎮。 フェスを開催するプロデューサー。 トナカイの肉を買いにフィンランドへやってきて、偶然ロットヴォネンの肉屋へ行く。 血のシャワーを浴びる。 ロットヴォネンからテープをもらい帰国。 大物の風格が漂っていました。

次の

ヘヴィトリップのネタバレやあらすじ!海外の評価や上映映画館はどこにある?

ヘヴィ トリップ 映画

ヘヴィメタル好きはもちろん、全然知らないという人が見ても楽しめる作品です。 売れないバンドマンが主人公の映画は様々にありますが、ヘヴィメタルしかも北欧メタルを題材にした作品は斬新で、往年のヘヴィメタルファンにとってはクスっと笑ってしまう内容が満載です。 フィンランドと言えば、• チルドレンオブボドム• ソナタアークティカ• ナイトウィッシュ 等々 大物ヘヴィメタルバンドを沢山輩出する国であり、国内チャートでヘビメタバンドがランクインするなど、ヘビメタ好きの人が世界で一番多い国だと言われてます。 本作はそのフィンランドで作成するにふさわしい映画であり、世界中のヘビメタファンを唸らせた作品です。 ヘヴィメタルあるあるが満載 世間から認められない肩身の狭いメタラー 主人公のトゥロは地元のチンピラ達に「ホモ」とからかわれ、警察には「ヤクもやっているんだろう」と尋問されるなど、人種差別に近い扱いを受けます。 メタル好きであれば誰もが遭遇する、世間からの醜い差別が如実に描かれています。. 世間一般のヘビメタのイメージをそのまんま反映 バンド名はインペイルド・レクタム(直訳すると「直腸陥没」)であり、なんとも物々しいです。 精神疾患のオウラが激しいビートに反応したり、デスボイスがまるで嘔吐かのように表現するなど、全くヘビメタを知らない人からみたヘビメタのイメージを分かりやすく描いていて面白いです。 ヘビメタにありがちなキーワード満載 バンドのジャンルは「終末シンフォニック・トナカイ粉砕・反キリスト・戦争推進メタル」です。 「終末」「シンフォニック」「反キリスト」「戦争」というキーワードは確かにヘビメタバンドのコンセプトとしてありがちです。 実際作中にも、墓を掘り起こしたり(反キリスト的行為)、ノルウェーとの国境戦争を勃発させるなど(=戦争推進)、パロディが満載で出てきます。 極めつけはヴァイキング集団の登場。 ヴァイキングメタルとは北欧神話や中世の海賊ヴァイキングをテーマにしたヘビメタジャンルの一種であり、北欧メタルを語る上では欠かせません。 こういう描かれ方ばかりするから、ヘビメタというジャンルが敬遠されるのだ!といつも思います。 (Sonata Arcticaとか聴きやすいやつもっとあるのに笑笑)実際、嫁さんにフィンランドヘヴィメタルを聞かせたところ、Children Of Bodomはアンマリだけど、Sonata Arcticaの評価は上々でした。 Children Of Bodom この映画はコメディ、ロマンス、感動、様々な要素が入っております。 ヘビメタ好きな人はもちろん、そうではない人が見ても十分楽しめるストーリーになっており、これをきっかけにヘビメタが好きな人が増えてくれればな〜と願って止みません。 ノルウェーのフェスへの出場を目指してめちゃめちゃヘヴィな旅(トリップ)をしていた主人公達が、最終的には逮捕されてしまうのですが、「逮捕されるくらいの方が箔がつく」「後悔するくらいならクソを漏らせ」「必ずまた戻ってくる」というセリフがカッコよすぎました。 後悔するくらいなら、全てを投げ打ってでも挑戦してみたい。 そう思える映画でした。 映画『ヘヴィ・トリップ』を見た人にオススメの映画 映画『ヘヴィ・トリップ』をみた方に絶対見ていただきたい作品が以下です。 全て で見られます。 初月無料です!• … ロックバンドのコピーをしているボーカリストが、本家バンドのフロントマンに抜擢されて才能を花開かせるサクセスストーリー。 有名ミュージシャンも役で多数参加している。 … 音楽コメディ映画の金字塔。 バンド成功の夢を捨て切れない男がエリート小学校の教員となり、生徒にロックの精神を叩き込んでいく。 … ポップソングミュージシャンを目指して主人公が悪魔系デスメタルバンドでデビューすることになり、自分の意志とは反対にカリスマ的人気を博していく。 日本の大人気漫画が原作のデスメタルコメディ。 … ヘビーメタルが隆盛を極めた80年代の同地とアーティストの姿を追いかけるドキュメンタリー。 オジー・オズボーン、エアロスミスのスティーブン・タイラー、キッスのジーン・シモンズも出演。

次の

『ヘヴィ・トリップ』映画感想とレビュー評価。メタル愛満載の北欧のおバカコメディ!?

ヘヴィ トリップ 映画

35 : 1)|5. 2のメタルバンドが存在し、人口比率で世界で最も多くのメタルバンドがいる メタル超大国である。 総人口が約550万人といわれ、計算すると約3,000のメタルバンドが活動していることになる。 バンドは結成から12年間、一度もステージに立つことなく、一曲もオリジナル楽曲を作ったこともなく、単なるコピーバンドだ。 だがある日、遂に自分たちの曲を作るという強い意志のもと、メンバーの試行錯誤の末にとてつもなくキラーな名曲が誕生した。 また同時にひょんなことからノルウェーの巨大メタルフェスの主催者がメンバーの家を訪れ、バンドに千載一遇のチャンスが舞い降りる。 だがいざ地元のライブハウスで初の前座を務めたとき、緊張したトゥロが大嘔吐するという前代未聞の惨劇に終わった。 ノルウェーのフェス参戦も水の泡と化し、バンドは敢え無く解散した。 さらに愛すべきドラマーのユンキがハイウェイを爆走中にトナカイを避けて事故で死んだ。 トゥロは亡き友人を想い涙し、自身の不甲斐なさを恨んだ。 ユンキのため、仲間のため、そして自身のため、トゥロはバンドを再結成し、ノルウェーに乗り込む決意を固める。 残された3人は盗んだバンに墓地から掘り起こしたユンキの棺桶を乗せ、精神科病院からドラマーを誘拐したのちノルウェーへと逃亡。 フィンランド警察から追われ険しいフィヨルドを駆けながら夢のフェスを目指す。 進め!インペイルド・レクタム!目指せ巨大フェス!フィンランドが誇るインペイルド・レクタム誕生の瞬間を、メタル満載、盗難事件あり、バイキング船の堂々たる巡航あり、果てはフィンランドとノルウェーの武力紛争にロマンスもあり!で描く、まさに破天荒な鋼鉄のロードムービーが日本上陸。 メタルファン熱狂の今をときめくインペイルド・レクタム待望の映画であり、フィンランド映画史上最大規模の巨費を投じたコメディ映画である。 監督のユーソ・ラーティオ、ユッカ・ヴィドゥグレンは本作品で長編デビュー。 SXSW2018で上映され高評価のレヴューを獲得後、数多くの映画祭に出品されている話題作。 音楽を担当しているのはフィンランドを代表するヘヴィ・メタルバンド、ストラトヴァリウスでも活躍するラウリ・ポラー。

次の