虹プロジェクト あかり。 虹プロ【井上あかり】性格と経歴。病気ってなに?ツイッター炎上の件まとめ

虹プロ・アカリ脱落の本当の理由がヤバい!現在(今後)はJYP練習生?

虹プロジェクト あかり

井上あかりのプロフィールと経歴 井上あかりは最も参加者が多かった東京会場を勝ち上がっています。 出身地は埼玉県で、当時の年齢は15歳でした。 井上あかりは子どもの頃から明るく活発で、アイドルオタクでした。 自分自身もチアダンスをしており、Y字バランスを得意としています。 Y字バランス披露でパク・ジニョンのキツイ一言 最終オーディション時Y字バランスを披露しました。 バランスが不安定なのを見たパク・ジニョンは安定させるコツや、踊る際に腰に負担をかけない方法をレクチャーします。 それ自体はいいのですが、レクチャーが終わった後になんと オーディションに落ちても1つ学べましたね と言い出します。 パク・ジニョンの性格によるものなのか、日本と韓国の違いによるものなのかわかりませんが、彼は合否を口にする前によく落ちた場合を想定した話し方をします。 実際にその後落ちる人もいますし、合格する人もいます。 日本では落ちた場合の話をされたら不合格だと感じてしまいますよね。 問題の音程が不安定な歌唱動画 引用:YouTube Nizi Project Updates 歌は安田レイの「Brand New Day」で、ダンスはTWICEの「BDZ」です。 パク・ジニョンの評価 歌う時に音程が本当に不安定です といきなり先制パンチを喰らわせます。 しかも 気付いていますか? と本人に確認を取るという過酷なことをしています。 ただし続けて でもそれ以外はすごくいいです 実力はまだ足りないけど 明るくて元気な力が 本当に感じられてよかったです だから踊るときに僕も体が一緒に動きました 僕と一緒に練習しましょう と語っています。 これまで「合格させます」と言っていたパク・ジニョンが唯一「一緒に練習しましょう」と言って合格させています。 個人的には「合格です」よりも「一緒に練習しましょう」のほうが目をかけている感じがしてうれしいです。 井上あかりもこの言葉を受けて涙を流しています。 「やっていないからできていない」という評価は日本のオーディションなどではほとんど使われない表現ですよね。 練習した上でできないなら「才能がない」と言えますが、練習できる環境がない状況だった場合は話が別です。 「磨けば光る原石」を発見したということですね。 ただ、落選したメンバーの中には「準備してきたとは思えない」と言われている人もいます。 落選した人の「準備不足」と井上あかりの「音程の練習不足」の違いは私にはわかりませんでした。 最後に こんな記事も読まれています: ニジプロで東京合宿参加メンバーがつけている虹ペンダントとは何でしょうか。 地方予選合格者の証として受け取ったはずですが、どうやら未完成のペンダントのようです。 この虹ペンダントを器として、自身の才能を証明した者だけが次の韓国合宿へとコマを進めることができます。... 虹プロのアヤカこと新井彩花は地方予選の頃からビジュアルだけは飛びぬけていました。 しかしパク・ジニョンは「不合格にするのが正しい」とまで酷評していました。 ギリギリ合格したアヤカは果たして東京合宿をクリアしてデビューすることができるのでしょうか。... Nizi Projectのメンバーとして大きな注目を集めているヒルマン・ニナ。 オーディション時はまだ中学生でした。 ダンスや歌の動画を見た時点で、この子がデビューできないわけがないと多くの人が感じる逸材です。 当時の様子やパク・ジニョンの評価を紹介しますのでご覧ください。... 虹プロジェクト(Nizi Project)参加者の丸谷彩音の地方予選最終オーディション時の様子を紹介します。 封印するかもしれない「舌の長さ」発言や初期のダンス動画などを紹介しますのでご覧ください。...

次の

虹プロ・あかりが炎上?サナを批判との噂はデマ?真相と影響を調査!

虹プロジェクト あかり

虹プロ・あかり 井上あかり は病気だった? 虹プロ・あかりは、東京合宿のダンスレベルテストの前に、1ヶ月入院しています。 難病とも噂されていますが、一体何の病気だったのでしょうか。 調べてみたところ、 「lga腎症と慢性扁桃炎」ということが分かりました! NIZI Projectの動画でも診断書が写されていました。 人工呼吸器を装着している状態。 とっても苦しそう・・・ 引用:Nizi Project] Part 1 4-2 この状態では、とてもじゃないけど、練習どころではないですよね。 ただ、問題だったのは、 スタッフがパクジニョンに、この事実を伝えていなかったことです。 そのため、あかりは練習不足だと指摘されてしまいました。 それでもあかりは入院の事を一切言わなかったのです! 虹プロ観てるけど、 あかりちゃんが入院してたの言わないの泣いた。 言い訳じゃないんだから、正直に話していいのに。。 この子は伸びるわ。

次の

【虹プロジェクト】井上あかりの病気の噂って何?SNS炎上はなぜ?

虹プロジェクト あかり

contents• JYPプロデュース『虹プロジェクト』 JYPプロデュース『虹プロジェクト』とは JYPエンターテインメントとソニーミュージックによる日韓合同プロジェクトが『虹プロジェクト』。 ここからグローバルガールズグループを結成しデビューさせるというもの。 メンバー選考はサバイバルオーデイション形式。 これは視聴者人気投票によるメンバー選考サバイバルではなく、JYPエンターテインメントの創設者でシンガーソングライター兼プロデューサーのパク・ジニョン(JY. Park)による本格的な選考オーディション。 全国(一部海外)予選から東京合宿トレーニングの本戦選考、そして6ヶ月間に渡る韓国合宿トレーニングでの最終選考がスタートしました。 人気投票アイドルグループ企画ではなく、プロ目線で世界で通用するガールズグループを2PMやTWICEのようにプロデューサーJY. Parkが『虹プロジェクト』から生み出します。 『虹プロデュース』から次期TWICE誕生 パク・ジニョン(JY. Park)のプロデュースによるオーディション番組『SIXTEEN』で16名の練習生から9名が選ばれ、2015年にデビューしたのがTWICE。 JYPエンターテインメント所属で世界的な人気の韓流ガールズグループ。 今回の『虹プロジェクト』もJY. Parkがプロデュースするオーディション形式。 しかも、TWICEの『SIXTEEN』のオーディション期間(約2ヶ月間)に対して、『虹プロジェクト』は6ヶ月間にも渡る韓国合宿。 韓国の三大芸能事務所・JYPエンターテインメントの練習生のように『虹プロジェクト』の13人がトレーニングとテストを繰り返し、しかもプロデューサーはJY. Parkと本格的な内容です。 TWICEのときと比べると、今回の『虹プロジェクト』がJYPエンターテインメントとソニーミュージックとの共同企画であること、 選考対象メンバーも日本語が話せることが前提で、、最終オーディションに残った13人中11名が日本人ということ。 その点が、多国籍メンバーで構成されているTWICEとの大きな違いかもしれません。 スポンサーリンク 『虹プロジェクト』合格者メンバーの成績順位 『虹プロジェクト』東京合宿トレーニング・本戦選考 これは『虹プロジェクト』の予選オーデションを突破した26名による東京合宿トレーニングでの本戦選考。 ここから『虹プロジェクト』最終選考となる韓国合宿トレーニングへの切符をつかんだ合格者が14名(実際には総合8位のスズが辞退したため13名)。 ダンス、ボーカル、スター性、人柄(グループ)の4つカテゴリーでレベル審査され、パク・ジニョン(JY. Park)が認めたメンバーにはキューブが渡されるというもの。 そして、選考メンバーに渡されたペンダントが4つのキューブで埋まることが合格への条件。 実際のところ、4つのキューブを獲得したのは8名のメンバーでしたが、最終的に、この合格者に6名の追加合格者も加えられました。 また、JY. Parkが発表した総合成績についても、ダンスやボーカルレベル審査でJYP自身がつけた順位にとらわれることなく、常に可能性をアップデートしているようです。 リク(大江梨久)、リマ(横井里茉)、マヤ (勝村摩耶)の総合成績も個別成績とは順位は逆転しています。 さらには、これまでダンスもボーカルレベル審査でも完全に下位グループにいたマユカ (小合麻由佳)ですが、 JY. Parkはマユカの最後のグループパフォーマンスを出来栄えを見逃さず、一挙にキューブ3つを与えるという驚きの展開になりました。 そして、マユカは総合成績13位の追加合格者として次のステップに進んだのです。 この間に行われる個人とチームのテストが4回、ここで最下位を2回とってしまうと脱落です。 プロデューサーのパク・ジニョン(JY. Park)は人数構想を明らかにしていませんが、TWICEが9人、ITZYが5人、『虹プロジェクト』メンバー13人から4人以上の脱落者を想定しているのでしょうか。 本名:山口真子(やまぐち まこ)• 出身地:福岡県八女市• 生年月日:2001年4月4日• 年齢:19歳• 血液型:A型• 趣味:ドラマ鑑賞、言語の勉強、日記を書くこと• 特技:大食い、レモン無表情で食べる、習字• 本人もこれが最後のチャンスと言っていたようにトップレベルのパフォーマンスを魅せてくれています。 一見するとアイドル風の華奢な感じですが、2PMのダンスを披露してJYPを感涙させてしまうほどの実力者。 『虹プロ』最年長メンバー、気さくなお姉さんのようで優しい性格のマコ。 本名:鈴野未光(すずの みいひ)• 出身地:京都府• 生年月日:2004年8月12日• 年齢:15歳• 血液型:O型• 趣味:おいしいものをお腹いっぱいに食べること、バトン• 特技:どこでもすぐに寝れること• 幼い頃から歌が大好きでTWICEへの憧れから地元の京都でボイストレーニング。 発表会ではギターで弾き語りもしています。 神戸ワールド記念ホールでのTWICEの公演の帰り、市民広場駅にいたミイヒをJYPエンターテインメントの事務所の人がスカウトするという偶然。 その人物はJYPのガールズグループのITZYのユナ、リジュンを発掘したスカウトマンだそうです。 そして、ほぼダンス未経験だったミイヒは初めての韓国でJYP練習生として9ヶ月間のトレーニング。 ダンスも覚えましたが、実は韓国語も話せるようになってしまいました。 変幻自在のパフォーマンス、天性の歌姫、ミイヒ。 本名:勝村摩耶(かつむら まや)• 出身地:石川県• 生年月日:2002年4月8日• 年齢:18歳• 血液型:O型• 趣味:絵を描く事、スキンケア、収集• 特技:料理• 所属:元YGジャパン練習生 韓国三大大手芸能事務所のYGエンターテインメントが運営するYGジャパンの練習生としてトレーニングを積んでいたマヤ。 YGの練習生を辞めて少しのブランクがありましたが、今回、JYPのオーディションに挑んでいます。 Parkに感動を与えました。 「(亡くなった)おじいちゃんに見せてあげたかった白鳥になった私の姿」という思いを語って泣いていました。 努力家の苦労人で心優しいところがマヤ。 本名:横井里茉(よこい りま)• 出身地:東京都• 生年月日:2004年3月26日• 年齢:16歳• 血液型:O型• 趣味:スキンケア、メイクの研究、スケジュール管理、ゲーム• 特技:麺の大食い、早食い、レタリング• 所属:元JYP練習生(7ヶ月間) 2018年12月にオーディションで合格し、JYP練習生として7ヶ月間のトレーニングを積んできたリマ。 父親はHipHop界で有名なラッパーのZEEBRA、母親はモデルの中林美和さん。 今でも『SAKURA』のママモデルとして活躍しています。 兄弟は長男の健人さん、次男の錬さん、長女の花音さん、次女の里茉(リマ)の4人。 芸能一家で育ち、しかも、2歳から代官山にある名門の青葉台インターナショナルスクールに通っていたそうです。 そこで出会った韓国人の友人からK-POPに影響されて、英語だけでなく韓国語も勉強していたそうです。 今は日本語、英語、韓国語の3ヶ国語が話せるトリリンガルのリマ、しかも、日本語よりも英語の方が得意だとか。 このリマのバックグラウンドがあってTWICEが好きで、韓国のJYPエンターテインメントの練習生のオーディションを受けたとして不思議ではありません。 リマがHipHop、ラップダンスが得意なのも納得です。 ところが、スイッチが入ると自分を追い込んでいくストイックなアスリートのよう。 本名:大江梨久(おおえ りく)• 出身地:京都府• 生年月日:2002年10月26日• 年齢:17歳• 血液型:AB型• 趣味:モッパンを見ること• 特技:空手、人の誕生日を覚えること• 所属:なし 『虹プロジェクト』予選オーディションに大阪会場からエントリー。 華奢でか弱そうなイメージのリクですが、予選では特技の空手の型を披露して驚かせていました。 Parkからは4位と高評価。 リクの発声や呼吸法は教科書のように完璧なんだそうです。 関西弁の空手少女、才能たっぷりのリク。 本名:アン・ユナ• 出身地:韓国• 生年月日:2004年1月19日• 年齢:16歳• 血液型:O型• 趣味:ネイル、映画鑑賞• 特技:フラフープしながら踊ること• 所属:元JYP練習生(2年8ヶ月) 韓国と日本のハーフ ずっとアイドルを目指していて幼少期から子供モデルもやっています。 JYP練習生時代にはTWICWの妹グループといわれるITZYでデビューしたシン・ユナと「ユナペア」と呼ばれていたそうです。 童顔が印象的な日本的性格の韓国ハーフの実力者のユナ。 本名:ヒルマン・ニナ(Hillman Nina)• 出身地:米国ワシントン州• 生年月日:2005年2月27日• 年齢:15歳• 血液型:O型• 趣味:音楽鑑賞、運動、ピアノ• 特技:口を使った芸、甘えん坊• 所属:元アミューズ 父親がアメリカ人、母親が日本人のハーフ。 まだ来日して2年少しで日本語がちゃんと話せるトリリンガル(英語、フランス語、日本語)のニナ。 2017年『アミューズマルチリンガルオーディション』で合格して牧野仁菜でアミューズから活動していた時期も。 運動全般が得意でスキーも特技というスポーティーなタイプ。 ファッションモデルがガールズグループオーディションに飛び込んできたかのような発展途上感がいいニナ。 本名:平井桃伽(ひらい ももか)• 出身地:福岡県• 生年月日:2004年8月24日• 年齢:15歳• 血液型:O型• 趣味:新幹線や鮫・恐竜のえいぞうを見ること• 特技:メイクアップ、何かを表現すること• 所属:なし ダンスも歌も未経験者で実力不足はありながら、最終選考まで進んだJY. Parkから天性の素質を認められた15歳のモモカ。 幼少期の頃から韓流スターに憧れて、韓国語を勉強しながら韓国ドラマやバラエティーを見ていたら字幕なしで見れるようになったそうで、 韓流好きが高じて飛び込んできた『虹プロジェクト』で本当にスターになれるのか、年齢不詳の異国系美少女モモカに注目です。 顔立ちも南国系やラテン系を感じさせるエキゾチックなハーフの顔立ち。 まさにモモカは年齢不詳の異国系美少女です。 本名:花橋梨緒(はなばし りお)• 出身地:愛知県• 生年月日:2002年2月4日• 年齢:18歳• 血液型:B型• 趣味:ファッション、食べる事• 特技:フリーダンス、たまごの大食い• 所属:元EXPGスタジオ名古屋 小学2年からダンスを始めて中学2年でEXPGスタジオに通っていました。 2013年の中部地域のダンスコンテストで優勝したりEXPGでも特待生。 そのEXPGの特待生で構成されたE-girlsの妹分にあたるBunnies、2017年に結成されたKizzyに所属し、EXILEやE-girlsのサポートダンサーの経験も積んでいます。 本名:池松里梨愛(いけまつ りりあ)• 出身地:福岡県• 生年月日:2002年9月20日• 年齢:17歳• 血液型:A歳• 趣味:映画鑑賞、絶叫アトラクションに乗ること、ピアノ、メイク• 特技:ネイル、水泳• 『虹プロジェクト』地区予選オーディションでJY. Parkから体重管理を指摘されていたようにリリアにとってはそこがボトルネック。 ガールズグループメンバーになるには体重管理はマストですが、ふくよかなところがリリアの特徴で見分け方かも。 本名:小合麻由佳(おごう まゆか)• 出身地:大阪府• 生年月日:2003年11月13日• 年齢:16歳• 血液型:A型• 趣味:映画鑑賞• 特技:ピアノ• 所属:なし ダンスレベル、歌レベル、スター性レベルではどれも低評価でキューブ獲得はゼロ。 ところがグループ審査では明るく元気に一生懸命な前向き姿勢がJY. Parnに通じ、一挙にキューブ3つを獲得しました。 しかも、合格者選考の段階でも保留におかれていたにも関わらず、発表直前にJY. Parkが合格者に追加したというミラクル。 頑張り屋で健康的な色黒女子ですが、実は美形の高ポテンシャルなミラクルガールがマユカ。 本名:新井彩花(あらい あやか)• 出身地:東京都• 生年月日:2003年6月20日• 年齢:16歳• 血液型:A型• 趣味:おいしい物を食べること、モッパンを見ること• 特技:平泳ぎ、どこでも寝れること• 所属:なし JY. Parkから「元missAのスジに会ったときのことを思い起こした」といわれています。 ダンス歴(9年)を活かせていないとJY. Parkから厳しい評価でぎりぎりの追加合格でも韓流アイドルのようなポテンシャルを秘めた存在。 『虹プロジェクト』メンバーの虹かけ人気順位 『虹プロジェクト』の公式サイトでスタートしているメンバー13人の人気投票が『虹かけ』。 それぞれのメンバーに1日1回の人気投票ができて、何人に投票してもいいというルール。 毎日午前0:00にリセットされて『虹かけ』人気ランキングが発表される仕組みです。 ちなみに、こちらをクリックすると『虹かけ』人気投票の画面になります。

次の