ボーナス 使いみち。 ボーナスの使い道!独身20代の超有意義な使い方3選

【2020年最新】ボーナスは何に使うべき?使い道と平均金額を紹介!

ボーナス 使いみち

6月に夏のボーナスが支給された、という方は多いのではないでしょうか。 そこでマイナビニュースでは年代別の支給額とその使い道を調査! まずは40代のサラリーマン501人に聞きました。 40代のサラリーマンに聞いた「夏のボーナス支給額」、使い道で最も多かったのは? あなたの会社にボーナス制度はありますか? 「はい」 82. 「はい」と答えた方にお聞きします 今年の夏のボーナスは支給されましたか? 「はい」 64. 「はい」と答えた方にお聞きします 支給額はいくらでしたか? 夏のボーナス支給額は? 「20万円以上~40万円未満」 22. 今年の夏のボーナスは昨年と比べて増えましたか? 減りましたか? 「増えた」 18. 今年の夏のボーナスは何に使いましたか、もしくは使う予定ですか? 今年の夏のボーナスは何に使いましたか、もしくは使う予定ですか? 1位「預貯金」 50. また教育の遅れを感じているので図書など勉強用品。 現在は増税等の影響もあって大変なので。 あとは車のローンなどがあるので、それの返済。 また、去年と比較して支給額が「増える予定」と答えた人は18. ボーナスの使い道については、半数以上が「預貯金」と回答し、次いで「生活費の補填」 27. 具体的な使い道の回答例を見てみると、家族持ちが多い40代の特徴なのか、生活費、車や家のローン、固定資産税の支払いなど、家族が生活を送っていくために必要な費用にあてている人が目立つ。 余ったお金は貯金をしたり、レジャー費に使ったりという声が寄せられる一方「コロナの影響で、予定はしているが、実際に旅行ができるかどうかは分からない」という人もいた。 同調査で、ボーナス額のコロナの影響を尋ねたところ、「影響が感じられる」と答えた人は49. 実際にボーナス額が減った人も41. 予めご了承ください。 関連記事•

次の

ボーナスの使い道を家計簿で管理して貯金や家族の幸せのために使おう

ボーナス 使いみち

com) 夏と冬のボーナスシーズンには、いたるところでボーナス商戦に向けたセールやキャンペーンが行われています。 多くの日本企業では夏と冬のボーナス支給が慣例になっており、個人消費が拡大するシーズンとされています。 一方で日本人は預貯金の割合が多い ともいわれています。 実態はどうでしょうか。 自分以外の人のボーナスの使い道はちょっと気になるところです。 ボーナス支給額は増加傾向 直近の2018年冬のボーナス支給額は過去最高ともいわれる水準でした。 特に賞与の算定期間に景気が良かった業種は前年度比で大幅にアップしています。 大手企業のボーナス額は、日本経済団体連合会(経団連)が毎年まとめている「年末賞与・一時金 大手企業業種別妥結結果」が参考になります。 この集計は、東証一部上場企業で、従業員が500名以上の大手企業が対象で、2018年冬のボーナスのデータは167社(調査対象251社から未妥結、平均額不明企業を除外)の内容がまとめられています。 2018年年末賞与・一時金 大手企業業種別妥結結果 167社総平均:93万4,858円(前年増減率6. 14%増) 建設業8社平均:159万3,228円(同26. 71%増) さすがに大企業のボーナス額は高く、景気の良かった建設業などは前年に比べると大幅にアップしていることが分かります。 一方、 中小企業を含めた民間企業や公務員のボーナス支給額の現状は、みずほ総合研究所が厚生労働省の「毎月勤労統計」や人事院の「人事院勧告」を参考に「2018年冬季ボーナス予測」としてまとめています。 それによると、 民間企業平均賞与支給額は38万8,315円(前年比2. 0%増)、公務員平均賞与支給額は76万5,657円(同0. 7%減)となっています。 中小企業を含めたボーナス支給額は、大手企業の支給額と比べると少ないものの増加基調にあります。 公務員のボーナスは前年度とほぼ横ばいとなっています。 ボーナスの具体的な使い道は? 共通ポイントサービスの「Ponta(ポンタ)」を運営しているロイヤリティマーケティングでは、2018年冬のボーナスの使い道などについてのアンケート(「ロイヤリティマーケティング社 第31回Ponta消費者意識調査 2018年10月」、回答者数3,000人)を 実施しました。 それによると、「今年の冬のボーナスの使い道を教えてください(3つまで複数回答)」という質問に対して最も多かった回答は、「貯金・預金」(37. 3%)でした。 次いで、「旅行(宿泊を伴うもの)」(9. 9%)、「外食(食堂・レストラン、和・洋・中ほか専門店)」(5. 5%)、「衣服」(4. 6%)という結果になりました。 ボーナス支給額は増加傾向にあるものの、預貯金に回すと回答した人が全体の4割弱を占めています。 同アンケートでは、貯金・預金の用途についても質問しています。 それによると、「老後の生活の備え」(58. 8%)、「将来の消費への備え(住宅購入、子供の学費など)」(53. 2%)、「収入の変化への備え」(34. 1%)、「病気や災害への備え」(26. 5%)、「その他」(2. 2%)という結果になりました。 年代別による「貯金・預金」の用途では、20代と30代では将来の消費への備え(住宅購入、子供の学費など)が最多で、40代から60代以上では老後の生活の備えとする回答が最も多い結果になりました。 アンケートでは、ライフステージに合わせて貯蓄の用途が変わってくることが分かります。 さらに、「支給される金額のうち、どの程度貯金・預金したいか」という質問に対しては、「75%以上」(28. 4%)、「50%~75%未満」(28. 4%)、「25%~50%未満」(29. 5%)、「25%未満」(13. 7%)となっており、支給金額のうち半分以上を預貯金に回したいと考えている人は56. 8%に上りました。 高度経済成長期に日本に定着した「年功序列型」給与制度。 年齢や勤続年数によって給与が上がる仕組みは、企業には、定着率の向上や評価のしやすさというメリットをもたらし、従業員にとっても生活の安定が保障される、双方にとってプラスにはたらく制度でした。 しかし、経済が低迷する今。 成果に見合わない給与が企業経営を圧迫してはいないでしょうか? 「年齢が上なだけで高額の給与を支給している。 」 「頑張らなくても、勤続年数が長くなれば昇給していく。 」 「若手の優秀社員が給与不満で辞めていく。 それぞれの活躍に見合った評価と給与決定の方法をご説明いたします。

次の

ボーナスの使い道ランキング!2019年冬最新版 [仕事・給与] All About

ボーナス 使いみち

<ボーナスの使い道 目次>• ボーナス使い道ランキングTOP3:預貯金、旅行、外食 【2019年冬のボーナスの使い道(3つまでの複数回答) 「Pontaリサーチ」調べ】 【1位】貯金・預金 40. 5% 【2位】旅行(宿泊を伴うもの)11. 3% 【3位】外食(食堂・レストラン、和・洋・中ほか専門店)5. 6% 【4位】食品(ふだん食べるもの)4. 2% 【6位】衣服 3. 9% 【7位】ローンや借入の返済 2. 7% 【8位】旅行(日帰り)1. 9% 【9位】子どもの教育 1. 8% 【10位】食品(お取り寄せなど、特別なもの)1. 8% 特にない 6. 2% 支給されない・分からない 41. 9% ボーナスの使い道のトップは「貯金・預金」で40. どの調査結果でも、預貯金は1位となっています。 まとまったお金が入ったらまずは預貯金といったところでしょうか。 支給されない・分からないが41. 9%も占めているため、ボーナスが支給される人の多くは預貯金を考えているようです。 2位は「宿泊を伴う旅行」で11. 1割強の人は旅行を考えているようです。 3位は「外食」5. 6%となっており、2位3位は、ものではなくサービスとなりました。 ボーナス使い道 食品(ふだん食べる)が5位から4位、過去6年で最多 4位は「ふだん食べる食品」で4. 8%となっています。 年に2回の特別な収入に対して食品(ふだん食べる)というのは、すこし寂しいところ。 前年は5位で4. 1%でしたし、過去6年間でも一番高い割合になっています。 消費税増税などで、普段の食費を抑えている影響でしょうか。 ボーナス使い道 財形貯蓄は6位から5位、0. 9ポイント増 5位になったのは「財形貯蓄」で4. 2%でした。 こちらも過去6年間で最高でしたし、昨年の3. 3%より0. 9ポイントも増加しています。 より貯蓄傾向が高くなっていることがわかります。 ボーナスの使い道で贅沢なものは減少傾向 6位は「衣服」3. 9%ですが、前年は4位で4. 6%でした。 少し贅沢な消費に対してボーナスを使う割合は減っています。 同様に「食品(お取り寄せなど、特別なもの)」も8位から10位に後退しています。 「ボーナスが支給されない・分からない」が41. 9%も そして注目したいのが「支給されない・わからない」が41. 9%もあるところ。 ボーナスの使い道をこのように考え予測している一方で、ボーナスをあてにしていない、できない人が4割もいることを忘れてはいけません。 ボーナスの使い道を考えられるだけでも有難いところです。 ボーナスの使い道は、 半分以上を預貯金が53. 9% ボーナスから預貯金したい人は、ボーナス全体のどれくらいを預貯金にまわすのでしょうか? 【ボーナスの支給金額のうち貯金・預金したい額の割合 「Pontaリサーチ」調べ 】• 「25%未満」 15. 「25~50%未満」30. 「50~75%未満」26. 「75%以上」 27. 2% 半分以上を預貯金したい人はあわせて53. 9%と、預貯金したいと思う人の半数強がボーナスの半分以上を貯蓄にまわすようです。 また、27. 2%が75%以上貯金するという結果に。 預貯金をしっかりしようと考えている人は、金額もしっかり貯めているようです。 ボーナスと一言でいっても、支給額の差は大きいものかと思います。 何割かはしっかり貯蓄をしたいものです。 普段の家計不足分を補うことも大切です。 とはいっても、特別なボーナスです。 普段体験できないようなこと、買えないようなものなどに使う等、メリハリのあるボーナス使い道にできたらいいですね。 【関連記事】•

次の