ヒカル宮迫。 宮迫の復帰はいつ?ヒカルたちYouTuberとつるんでるって本当?

カジサック再炎上!宮迫×ヒカルYoutubeの経緯まとめ!炎上商法と言われる理由とは

ヒカル宮迫

Contents• カジサックがYoutubeで炎上! お笑いタレントの梶原雄太さんは、2018年10月から 『カジサック』という芸名でYoutubeチャンネルを開設しています。 カジサックのYoutubeチャンネルは、またたく間に登録者数が増え、 わずか1年足らずで100万人を突破! カジサックはYoutube開設後、あっという間に トップYoutuberの仲間入りを果たします! そんなカジサックですが、Youtubeを面白いものにすることを追求するあまり、これまでにたびたび炎上騒動を起こしています。 そして、今回のカジサックの炎上は、 宮迫さんと人気Youtuberヒカルさんの生配信に電話参加したことから始まります。 カジサックは吉本に忖度していると言われ、ソンタックとまで言われる始末で…。 カジサックさんの生放送みてましたが 本当のことを言ってくれると思ってたけどやはりまだ難しいんだなと… 僕と話したことと言ってることが違いすぎて正直がっかりしました。 最初は宮迫さんに相方と絡んでほしいなら TKO木下さんと絡んだのはなぜなのか… ラインのやりとりもどれが本心か謎すぎるわ — ヒカル【NextStage】 kinnpatuhikaru ヒカルさんがツイートで書いている 『TKOの木下さんとは絡んだのに…』というのは、 カジサックは、パワハラ問題で解雇されたTKOの木下さん(松竹芸能)とは、木下さんがYoutubeデビューした2日後に絡んでいることを言っています。 (木下さんの相方の木本武宏さんと絡む前) ヒカルさんは、 言っていることに一貫性がないのではないか?と不信感をつのらせました。 さらにヒカルさんはツイートで、 いつかまじでこのもやもや晴らして 普通にぎゅうぎゅうで笑いあいたいな ほんまにそれだけやのに笑 — ヒカル【NextStage】 kinnpatuhikaru しがらみがあるのはわかる 言いたいことが言えないのもわかる それなら下手に何かを言わずに何も言わない方がよかった あの言い方だとこちらが嘘を話してることになるから それは否定せざるをえない でも明日の動画でも話してるけど 俺はカジサックチャンネル大好きやから そこはずっと変わらない — ヒカル【NextStage】 kinnpatuhikaru カジサックの言動にはガッカリしたが、結局はカジサックチャンネルが大好きと言及。 梶原さんと電話しました! お互いめちゃくちゃモヤモヤしてて僕らはすっきりできました。 こっちからかけといてあれだけど、怒られっぞ…!」 と、吉本からお叱りを受けるかもしれないカジサックを気づかっていました。 蛍原さんと宮迫さんが揃った時が、吉本と宮迫さんが和解した時なので、その後は共演できる。 ってことだと認識しました。 最初からそう言って。 冷めるから。 大人の事情は表に出さんで欲しいなぁ。 炎上したとは言え、カジサックの批判だけではなく、擁護する声もたくさん出ていました。 実はカジサックは、 過去には宮迫さんとヒカルさんとYoutubeでコラボしていたことがありました!.

次の

ヒカル出演番組を潰され、ロコンド社長がテレビ局に大激怒! 背景には反社疑惑と宮迫の影響もあり?|日刊サイゾー

ヒカル宮迫

宮迫博之よりご報告 昨年6月、カラテカ・入江慎也の手引きにより、ロンドンブーツ1号2号の田村亮ら複数のお笑い芸人と共に反社会的勢力の忘年会に出席したことが報じられ、同月24日から芸能活動を休止していた宮迫。 表舞台に登場したのは半年ぶりとあってその注目度は高く、動画の再生回数は204万回、運営チャンネル「宮迫ですッ! 」の登録者数は9. 8万人(いずれも1月30日現在)に達している。 動画のなかで、宮迫は以下のような発言をしている。 「何か今の僕に恩返しできることは何なのかと考えた時に、YouTubeという場所に出会いまして。 (中略) YouTubeの人(クリエイター)と出会い、表現する場所としてこの場所が僕にとって一番自分を出せる場所だと本当に思ったので、YouTubeという場所を選ばせてもらいました」 続けて、宮迫は「長い付き合いの仲間からYouTubeに出るなんてやめてくれ」と止められたことを告白。 その上で、「この場所で皆さんに認めてもらえるように許してもらえるようにできることは何でもやります」と宣言した。 よほどの覚悟を持ってYouTubeに飛び込んだのかうかがい知れるというものだ。 そんななか、宮迫はある人気YouTuberのコラボに浮上のきっかけを求めた。 それは、2017年に祭りの夜店で15万円分のくじを購入する動画で一躍脚光を浴びたヒカルだ。 ヒカルには、駆け出しだった頃のカジサック(キングコング・梶原雄太)にアドバイスを送ったり、コラボを実施するなどして、人気向上に貢献した実績がある。 それに、彼は「笑わせる」より「聞かせる」トークが身上であり、宮迫の話を十分に引き出すこともできる。 実際、目上にも忌憚のない言葉を投げかけるヒカルは、コラボ動画で「生意気な若者」というキャラクターを活かし、宮迫を「イジる」ことで、嫌味なくその本音を引き出していった。 YouTuberのヒカルさんと初コラボしました 問題は宮迫だ。 最初の動画で「僕は正直テレビの人間です。 YouTubeというものを敵として見ていました」と言っていたように、宮迫はテレビというフィールドで育った人であり、ヒカルに学ぼうと必死に食らいついていたカジサックと比較すると、「テレビ復帰への足がかり」という感が強く、これは悪い意味ばかりでは決してないが、「芸能界で成功を収めてきた」というプライドが見え隠れする。 しかし、多くの有名タレントがYouTubeで必ずしも多くの視聴者に恵まれていないことからもわかるように、テレビとYouTubeは似て非なるもの。 立ち回りの方法論は大きく違い、シーンへのリスペクトを持ち、本気で動画活動に取り組むことができなければ、「復活」を印象づけるのは難しいだろう。

次の

ヒカル・宮迫博之ら支える“異色のエージェント”が語る「YouTuberの未来」と、芸能人YouTuber参入ラッシュに思うこと|Real Sound|リアルサウンド テック

ヒカル宮迫

自身のYouTubeチャンネル『宮迫ですッ!』の登録者数が100万人を突破した雨上がり決死隊の宮迫博之。 その記念動画として13日、盟友であるYouTuberヒカルとの初の楽曲コラボレーション動画が投稿された。 html)これまで投稿された動画内でも、持ち前の歌唱力を使って数々の楽曲カバーを披露してきた宮迫。 米津パートを宮迫、菅田パートをヒカルが歌っており、本家のMVで使用された公園で撮影を行うなど、本格的な映像に仕上がっている。 動画では、街中や公園のブランコで俯き加減で歌う二人がそれぞれ映し出されており、その表情に哀愁が漂う。 <今更悲しいと叫ぶには/あまりにも全てが遅すぎたかな/もう一度初めから歩けるなら><どれだけ背丈が変わろうとも/変わらない何かがありますように> 50歳にしてイチから歩み出した現在の心情とシンクロするような歌詞と、心の奥深くから叫ぶような表情が気持ちを揺さぶる、この動画。 ラストは、<始まりは青い色>という印象的なフレーズと共に、俯いて座っていたブランコから二人が立ち上がり、前を向いて進んで行く。 わずか5分の動画ではあるが、過去の問題からYouTubeを始めるに至り、そして現在まで手探りでガムシャラに進んで来た宮迫博之の半年間が、切り取られるように収められた動画だと感じた。 ブランコに乗り、苦悶の表情で俯く宮迫に、「謹慎中、家で何もすることがなく、過去にやめたはずのタバコを吸っては、煙がただ換気扇に吸い込まれていくのを見ていた」と語っていたいつかの姿が重なる。 ラストで立ち上がるシーンには、それでも前進していく一人の男の姿を見た。 そして、同じく共に歌うヒカルもまた、過去にYouTuber史上最大級の炎上とそれによる謹慎を経験しており、そこからまた這い上がって前を向いてきた。 今回の選曲と、ヒカルとのコラボレーションは必然なのではないだろうか。 チャンネル開設から2本目の動画で、初コラボにして、YouTuberとの初絡みだった。 同日にヒカルのチャンネルでも30分を超える対談が投稿された。 当時の宮迫は自責の念から来る緊張などで、まだ固い表情を崩すことのできない様子が見られたが、ヒカルはあえて忌憚ない言葉を投げかける、いつものスタンスで宮迫をサポートし、トークを引き出した。 「大物芸能人だから」と手を緩めることなく、騒動や記者会見に対しての率直な感想を述べ、リスナーが聞きたい部分に率先して切り込んでいく。 ヒカルにツッコミつつ、少しずつ調子を取り戻していき、「久しぶりにテンポよく喋れた、ありがとう」「なんか合うわ」と笑顔で述べるなど、二人のコラボは初回から相性のよさを感じさせるものだった。 YouTuberの中でもトークが達者で、同じ関西人でもあるヒカルとのコラボはリスナーからも評判がよく、宮迫が本来持っている魅力を引き出していく。 長尺でしっかり自分のトークが見せられるのも、宮迫にとってうれしいことではないだろうか。 いつも決して宮迫に手加減しないヒカルではあるが、コラボ時には「自分も炎上しバッシングされた過去があったので、そんな自分だからこそ宮迫さんにぶっ込めることがあるんじゃないか」「バッシング覚悟で戻ってきて挑戦しようとしてるというのが、僕はかっこいいと思う」「宮迫さんの面白い姿や才能を発揮しているところをYouTubeで見たい」とリスペクトを表明しており、深い信頼関係を築いている。 そんな二人の関係を踏まえて今回の動画を見ると、より感じるものがあるのではないか。 お互いに灰色の日々を乗り越えたからこそ、見える青空がある。 二人のハングリー精神が今後のYouTubeを盛り上げていくことを筆者は期待したい。 こたにな々.

次の