ハグ 構図。 後ろから抱きしめる心理と抱きしめられることが嬉しい理由と効果

ハグの仕方で「恋人との親密度」を診断!(イラスト12枚)

ハグ 構図

シチュエーション別身長差比較 恋人との身長差の比較1.【男は引いて女は足して…】 ツイッターを中心に、こんなフレーズが話題になったのをご存じですか? 他にも、 なでなでしやすい身長差は16cm、 抱きしめ合いやすい身長差は20cmなど、様々なパターンがあり、自分の身長に足したり引いたりして理想の身長を弾き出し、イラストなどの画像付きで楽しむ趣旨のハッシュタグも人気なのだとか。 彼氏彼女の身長差って、やっぱりみんな気になるものなのですね。 カップルの身長差の理想は色々と言われますけれど、それぞれの身長差できることとちょっと難しいことがあることを、冒頭の言葉はよく説明していると思います。 一般的な理想の身長でなくてもきっと、彼とあなたの身長差だからこそできる、お気に入りのポジションもきっとありますよね。 シチュエーション別に、この身長ならこれ!というきゅんとするポジションがきっと見つかるでしょう。 恋人との身長差の比較2.ハグをするとき ハグをするときを考えてみましょう。 しっかりと抱き合いやすい理想の身長差は20cmくらいです。 腕の位置や顔の位置が、邪魔にならず遠からず 「ちょうどいい」感があるのですね。 では、身長差が20cmよりも少ない場合はどうでしょう。 身長差が少ないと、抱き合ったときに顔と顔がとても近くなります。 お互いの息づかいが耳のそばで聞こえるハグはドキドキ感満載。 女性の方から男性の髪に指を入れて、頭を抱くようにするのもいいですよね。 また、25cmくらいの身長差なら、 後ろからハグをして女性の頭に顎を乗せる憧れのポジションがバッチリ決まります。 女性が抱きついて男性の胸に顔を埋めるスタイルのハグなら、30cm以上の身長差が理想です。 どのポジションでもすっぽり包まれる感じも魅力です。 恋人との身長差の比較3.並んで歩くとき 二人で並んで歩く時には、 15cmくらいの身長差を理想とする人が多いようです。 ヒールをはいてもまだ少し男性の方が高い身長差は、確かにバランスの良い身長差ですね。 後ろ姿も決まりそうです。 それ以外の身長差では、例えば、15cmよりも身長差が少ない場合には、 手を繋ぎやすいことや、顔の位置が近いことがメリットになります。 会話がしやすいですし、耳に息を吹き掛ける、肩に頭をもたれさせるなんてこともさりげなくできる身長差です。 20cmの身長差なら、腕を組んだり、肩を抱くポジションが不自然になりません。 身長差が少ないと、「肩を抱く」が「肩を組む」になってしまいますから、意外とデリケートなのですよね。 30センチの身長差があれば、高めのヒールを履いても余裕で男性から肩や腰を抱かれて歩くことができてしまいます。 恋人との身長差の比較4.キスをするとき キスをするのに 理想的な身長差は12cmだという説がありますね。 軽く上を向くヒールをはいた女性に対して男性が首をかしげてするキスを三角比的に検証すると、確かに12cm程度がキスをしやすい身長差だという結果になるでしょう。 身長差が10cmや15cmではいけないのかというと、 全くそんなことはありません。 10センチの身長差は、並んでいるときや相手を振り向かせたときに、不意打ちで頬や唇にキスをするのにちょうどいいですし、15cmあれば、女性が軽く背伸びをしてキスをするの、漫画やドラマでよく見るアレが実現できます。 20cm以上の身長差があれば楽々できるおでこや後頭部、頭のてっぺんへの軽いキスは、映画のようで憧れですよね。 恋人との身長差の比較5.頭を撫でられる/撫でるとき 頭を撫でてもらうのにちょうどいい身長差は 15cmです。 男性の目線よりほんの少し下に頭がきて、よし、よし、という感じでしょうか。 頭にぽんっと手を置かれるのは、「可愛がられている」感じがしていいですよね。 20cmくらい身長差があって上の方から大きな手をおかれるのも、頼れる感じや安心感にときめいてしまいまうシチュエーションです。 彼女からいいこいいこしてもらうのも、男性はよろこぶものです。 もしも、身長差が10cm以下のカップルであれば、たまには女性の方からさりげなく頭を撫でてあげるのもいいですね。 身長差が大きいカップルなら、男性にしゃがんでもらって上から頭を撫でてあげるのが、萌え度が高くていいのじゃないでしょうか。 恋人との身長差の比較6.エッチするとき これは気になる人も多いのではないでしょうか。 エッチの場合、理想の身長差自体はありませんが、身長差が25cm以上のカップルでは 体位によっては体勢がつらくなってしまうこともあるのです。 バックの時にはそれぞれのお尻の位置が違うため、男性側が大変になってしまいますし、立った状態のバックであれば脚の長さが違うためになかなか上手くいかなかったりします。 愛を深めながら、お互がつらくならない体位を探してみてはいかがでしょうか。 カップルの身長差イメージ 身長差5cmのカップル 身長差5cmのカップルは、ちょうど 男性の目線あたりに女性の頭が来るイメージです。 彼女がちょっと高めのヒールを履けば身長差は無くなってしまいます。 この身長差のメリットはキスがしやすいこと。 女性が背伸びをしたり男性が体を無理に屈めることなくキスすることができます。 他には手が繋ぎやすかったり歩くペースがそんなに変わらなかったり、また2人ともが普通体型なら服の共有もしやすいです。 女性側が彼に気を使ってしまってハイヒールが履けないことが多くなるという意見もあります。 身長差10cmのカップル 身長差10cmのカップルは、 男性の鼻あたりに女性の頭があるイメージです。 身長差10cmぐらいまでなら立ったままでキスもしやすく、かつ女性がヒールのある靴をはいてもギリギリで男性を超えないので、これぐらいが理想という女性も多いです。 2人並んだ時の見た目のバランスも良く、お似合いカップルに見られることが多くなる身長差です。 身長差15cmのカップル 理想の身長差と言われる身長差15cmのカップルは、 男性の口元あたりに女性の額があるぐらいのイメージです。 男性が女性の肩を抱き寄せやすかったり、女性から腕を組みやすかったり、カップルとして並んだ時に男性が男らしく女性が女らしく見える、見栄えのいい身長差とも言えます。 頭を撫でる動作も身長差が15cmあれば自然にできますし、女性が好きな後ろからハグなどもしやすい身長差です。 身長差20cm以上のカップル 身長差20cm以上のカップルは、 女性はより小さくかわいらしく、男性は実際よりもさらに背が高く見える身長差です。 歩くペースの違いやキスの時などに不便を感じることも多いようですが、ハグをする時に包み込まれるような感覚は身長差が20cm以上あるからこそ味わえるものです。 向かい合えば男性の胸あたりに女性の頭が来るので、そのまま飛び込んで甘えることもできます。 甘えたの女性にとっては理想の身長差と言えるかもしれません。 カップル間とはまた違う?結婚相手との理想の身長差 2人暮らしがメインに カップルにおける望ましい身長差はシチュエーション別に異なると紹介しましたが、結婚となるとまた違った理想の身長差が見えてきます。 カップルですと、デートでのひとつひとつの場面を意識しましたが、結婚相手とは 同じ空間で生活することを念頭にいれる必要があるのです。 理想の身長差は10cm差 結婚の場合ですと、同じ家で一緒に暮らしていくことが前提となります。 そのため、身長差がありすぎると、 暮らしに不便が発生してしまうこともしばしば。 食器棚や靴箱の位置、テーブルや椅子の高さなど家具の配置にも気を使う必要がありますね。 ただ、同じ家で暮らしていても女性がやや身長が低いほうが、彼に可愛く見られたりスキンシップもしやすいので、 10cm差が望ましいと言えるでしょう。 身長差がありすぎるとこんなことも… 夫の身長が妻よりも25cm以上大きい場合、当然 それぞれ見える景色もかなり違ってきます。 妻が掃除をバッチリできたと思っていても、身長の高い夫から見ると「あれ?こんなところに埃が残ってる……」なんてこともあります。 あっても不便?身長差がもたらすデメリットとは がっかりすることも 逆に身長差があることで現れる、デメリットも存在します。 身長差がないカップルにはない、相手への がっかりポイントがあるのです。 身長差があるカップルでは、女性は男性を見上げがちなので、男性の鼻の穴やあごを見ることもあるでしょう。 男性が手入れをこまめにしていればよいですが、そうでなければ鼻毛がでてしまったり髭が残っていたりすることがあり 幻滅してしまうかも。 体に負担? 体を痛めがちであることもデメリットといえるでしょう。 相手を見上げれば首が疲れてしまいますし、ヒールで身長を補おうとすれば足を痛めてしまいます。 彼との大切なデートの時間!だから体が痛いことを悟られないように 無理をしてしまう、デート後には体のいたるところが痛くなってしまっているということもありえます。 歩くペースが合わない 身長差が大きいという事は、脚の長さの差が大きいという事にもなります。 そうなると必然的に 歩幅にも違ってしまいますよね。 二人で並んで歩いた場合、女性が男性の歩くペースに合わせるのに必死になってしまい、デートを楽しむどころではなくなってしまうかも……。 また、男性側が歩幅を小さくするのも大変なので、お互いに疲れやすくなってしまうでしょう。 身長差カップルのラブラブエピソード 身長差20cmの彼女に萌えエピソード 「僕の彼女は155cmぐらいで僕が176cmなので、およそ20cm程の身長差があります。 ちっちゃいねってからかうと彼女はむくれますが、その 小ささがかわいくて大好きなんです。 男として守ってあげたいと思うし、デートの時は一生懸命おしゃれして高いヒールを履いてくるのもかわいいと思える一面です。 」 彼氏に甘えやすい身長差 「彼とは身長差が23cmぐらいあるので、 色々な場面で彼に甘えやすいです。 高い所の荷物を上げ下げする時は自分1人だと苦労するのですが、彼に頼めば余裕で届きますし、電球の交換も脚立なしでしてもらえます。 あと彼がよく頭をポンポンしてくれるので、そんな時も身長差があって良かったなって思います。 」 身長差があると自撮りが大変 「いつもは身長差を気にすることは少なく、むしろ背の高い彼が大好きなんですが、 自撮りをする時はちょっと不便です。 私が手を伸ばしてスマホを持っても彼が見切れてしまったり、彼に渡して撮ってもらおうとしても私が顔の上半分しか映らなかったりするので、身長差が少ないカップルよりはちょっと時間がかかるかもしれません。 」 身長差カップルは相思相愛になりやすい? 女性に頼られたい高身長男性と、男性に甘えたい低身長女性の組み合わせは、とても相性のいいカップルと言えるかもしれません。 男性の庇護欲が掻き立てられつつ女性も素直に甘えることができるので、自然とお互いを好きになることが多いようです。 身長差のある彼とそんな恋愛がしてみたいと想像を膨らませてはいませんか?そんな女性におすすめなのが電話占いです。 電話占いには恋愛相談を得意とする占い師が多数在籍しているので、理想の恋人に出会いたいという願いも叶う確率が上がるでしょう。 詳しくは以下の記事にまとめてありますので、ぜひ確認してみてくださいね。 身長差カップルが上手くいくためには? 相手を大切にすること どんな身長差であろうが、やはり大事なのは 心の距離感。 お互いが相手を思いやる気持ちさえあれば、壁があっても容易に乗り越えることができるでしょう。 中には一緒に歩いた時の見栄えやバランスを気にされる方もいるでしょう。 ただ、最も大事なのは周りに どう見られるより、どうありたいのかではないでしょうか。 理想の身長差がなかったとしても、彼への思いを大事にし、素敵な思い出をたくさんつくっていくことが2人の関係性において最も重要なことでしょう。 並んで歩く時は歩幅を合わせる 付き合い始めの頃は息もあまり合わず、先述したように身長差カップルは歩くペースがなかなか合いません。 些細な事ですが、合わせる側は結構大変です。 そういった時はまず、 手をつないで「二人で一緒に歩いている」という感覚を相手に感じさせると良いでしょう。 周りから見たときも、並んで立っているときはアンバランスに見えても、手をつないで歩いているととても微笑ましく見えますよ。 ここぞとばかりに段差を活用してみる 階段やエスカレーター、道の端にある段差など高低差のある場所で、 いつもより相手との目線が近くなる瞬間を楽しんでみると良いでしょう。 いつもより近くに彼女の顔があることで、彼もドキドキしてしまうかも! 憧れのシチュエーションが自然とできる!身長差がもたらすメリットとは 恋人との憧れシチュエーション:背伸びキス 身長差カップルを夢見る人は誰もが憧れるシチュエーションではないでしょうか?『背伸びキス』は、キスをする際に女性が背伸びをして身長が高めの彼の唇に一生懸命キスをしようとするシチュエーション。 このシーンからは 華奢な女性像が感じられるので、女性から憧れられるキススタイルとも言えるでしょう。 身長差があればあるほど絵になるシチュエーションなので、身長差カップルになった際には、是非試してみたいシーンですよね。 恋人との憧れシチュエーション:待ちキス 『待ちキス』とは、女性からキスをする背伸びキスとは逆で、男性からのキスを女性が待つシチュエーションのことを言います。 身長差カップルは、この待ちキスのシルエットが非常に綺麗に出来るのです! イメージとしては、 結婚式の誓いのキスや夕日をバックに撮られるような、まさに王道のキスです。 女性が男性からのキスを直立不動で待っている姿がなんとも可愛らしく、男性からもキュンとされる瞬間です。 身長差があれば、男性は女性の顔を覗き込むように腰をかがめキスをするので、男性の優しさが感じられる、見ていてもほっこりするような温かいシチュエーションになるのです。 恋人との憧れシチュエーション:アゴのせハグ 身長差があればあるほど叶うのが『アゴのせハグ』。 これは背の高い男性が女性をハグした時に、丁度女性の頭に男性のアゴをのせられるシチュエーションです。 女性は好きな男性に髪を触られたり頭をポンポンされるだけで嬉しいものです。 アゴをのせられてもたれかかられたら、最高に嬉しいシチュエーションですよね!正面ハグもいいですが、バックハグからのアゴのせもときめいてしまうでしょう。 身長差カップルならではのメリットですね。 頭に限らず、肩などにアゴをちょこんとのせられるのもまた、ドキッとするシーンですよね! 恋人との憧れシチュエーション:上目遣い目線 女性が可愛く見える表情の一つでもある『上目遣い』。 身長の高い彼氏であれば、女性は自然と可愛い上目遣いで会話をすることが出来るのです。 その表情にドキッとしない男性はいないハズ! 大好きな彼氏から常に可愛い表情を見せられるのは、女性としては嬉しいことだと思います。 また女性目線からも、横に並ぶ彼氏を見上げた時の表情は1. 5倍増し位カッコよく見えるのではないでしょうか。 目線が合わないからこそ、お互いが視界に入らないからこそ見られるふとした表情が魅力的であり、身長差カップルならではの楽しみなのだと思います。 恋人との憧れシチュエーション:頭なでなで 女性が好きな男性にしてもらって嬉しい頭なでなでも、 身長差があるほど自然にできる愛情表現です。 背の高い男性は自分よりもはるかに小さい女性の頭を見ると、かわいいと思ってつい撫でたくなってしまうのです。 そんなの少女マンガの中でだけの話だと思う方もいるかもしれません。 けれど実際にそんな胸キュンする恋愛をしているカップルが実在しているのです。 大好きな彼に頭をなでなでしてもらえるような関係になりたい時は、電話占いで彼との距離の縮め方を占ってもらうのもおすすめですよ。 電話占いではシリアスな恋愛相談だけでなく、意中の彼との関係を進展させる方法や彼にもっと愛される女性になる方法などのアドバイスを受けることもできます。 今以上にときめきを感じたいのなら、ぜひ利用してみてください。 まとめ いかがでしたか?「理想の身長差」とひとくくりに括っても、すべてにおいて万能な身長差も、ましてや何もかもが身長のせいで台無しという身長差もありません。 理想の身長差に当てはまらないからといって、悩んだり悔やんだりしないでいいのです。 相手とできるだけ近づきたい気持ちや、触れあいたいと思う気持ちで過ごしていたら、いつのまにか、キスもハグも「私たちのベストはこれ」というやり方が出来上がっていくものだと思います。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

後ろから抱きつくのが好き!なんで?女性が後ろからハグをする心理7つ

ハグ 構図

後ろから抱きしめる男性心理 女性の可愛さに我慢できなかったり、寂しそうな女性の表情に感情を揺さぶられたりして、女性を後ろから抱きしめたい気持ちが高まるのが男性心理というものでしょう。 男性が女性を後ろから抱きしめる時とは、抑えていた感情が我慢できなくなる本能的な心理によって行われる傾向にあります。 では、女性を後ろから抱きしめる男性心理について、見ていきましょう。 好意を伝える愛情表現 「好き」「愛してる」などといった言葉の愛情表現を苦手とする男性は、バックハグという行動で女性への愛情表現を行います。 何か下心がある訳でもなく、ただただ愛おしく思う感情が高ぶって、女性を後ろから抱きしめたくなる男性心理と言えるでしょう。 好きな人に触れていたい、好きな人を抱きしめたいと思うことに理由は無いかと思います。 自分だけに見せてくれる特別な笑顔や、自分を大切にしてくれる彼女の存在に感謝して、いつまでも自分の側にいて欲しいと願うバックハグは、彼の優しいぬくもりに包まれたようで安心してしまいますよね。 女性の心から信頼している男性心理の表れとも言えるでしょう。 女性を守りたい保護本能 男性とは自分より弱いものを守ってあげたい保護本能を持つ生き物で、大切に思う本命彼女を守ってあげたい気持ちは男性心理の代表とも言えるでしょう。 女性がデートの別れ際に寂しそうな表情をした時や、無防備な寝顔でぐっすり眠っている時などに、保護本能という男性心理のスイッチが入ってしまいます。 素直に頼って甘えてくれるかけがえのない女性であるからこそ、大切に守ってあげたい気持ちが強くなるものです。 彼に負担を掛けまいと無理をしてしまうこともあるかもしれませんが、たまには弱音や不安を打ち明けて、彼に甘えてみてはいかがでしょうか。 もちろん甘え過ぎはNGですので、依存し過ぎることのないように注意して下さいね。 「俺の女は誰にも渡さないぞ!」と言わんばかりのバックハグは、信頼して背中を預けてくれる優越感を得ると同時に、何かの嫉妬心という男性心理が働いて、自分の彼女であることをアピールしているケースもあります。 タイプや性格にも寄りますが、男性が後ろから抱きしめるのは「自分と同じように自分のことをもっと見て欲しい」というサインであるかもしれません。 彼の態度や言動をチェックしながら、嫉妬しているかどうかを考えてみても良いかもしれませんね。 友達以上恋人未満の関係に煮え切らず、今以上の関係に進みたい男性心理によって、バックハグという大胆なアプローチをしてしまうのでしょう。 「俺の気持ちに気付いてほしい」という心理もあるでしょうが、 「後ろから抱きしめて拒否されるかどうかで見極めたい」というのが本音かもしれません。 男性の急なアプローチに戸惑ってしまうこともあるかと思いますが、後ろから抱きしめられることに安心感があるか違和感があるかを判断し、焦らず落ち着いて対処するようにすると良いかと思います。 恥ずかしい気持ちの奥手なバックハグ 彼女に見つめられるのが苦手な奥手タイプの男性は、彼女と面と向かったシチュエーションにドキドキし過ぎてしまうので、バックハグをして愛情表現しようとする場合があるでしょう。 愛しい彼女を抱きしめたいけど、抱きしめる勇気が持てない恥ずかしがり屋の男性ですから、後ろから抱きしめる方がハグしやすいのかと思われます。 奥手タイプとはいえ男は男。 独占欲であれ、守りたい気持ちであれ、愛しい彼女をギュッと抱きしめたくなる男性心理に違いはありませんよね。 ベッドインするための手段 女性に比べ性欲が強い傾向にある男性は、女性らしい柔らかそうな後ろ姿を見て、性欲スイッチが入ってしまうもの。 定番のシチュエーションではありますが、キッチンに立つ女性の後ろ姿にグッと来るという男性はとても多いものです。 性欲という心理によるバックハグの特徴としては、首元や胸元を抱きしめるバックハグではなく、腰回りを抱きしめる傾向にあるとされています。 また、包み込むような優しいバックハグよりも、高ぶる感情を表すかのように、少し強めにバックハグをする傾向にあるともされています。 いきなりキスでは女性に警戒されてしまうので、バックハグでスキンシップを取りながら、徐々にベッドインに繋げようと考える男性心理が伺えますね。 後ろから抱きしめられたい男性心理 独占欲や保護本能によって女性を後ろから抱きしめる男性ですが、心の底では女性に後ろから抱きしめられたいという男性心理もあるものです。 男性が後ろから抱きしめられたいと感じるときは、どのようなタイミングなのでしょうか。 バックハグで癒やされたい やはり女性の胸の感触がダイレクトに伝わるバックハグを好む男性は多いものです。 男性には無い女性特有の柔らかい温もりに癒やされてしまうのが男性心理というものなのでしょう。 男性とは「競争」をベースに考え、プライドが高い生き物ですので、他人に弱音を吐いたり、自分の弱点をさらしたりはしない傾向にあります。 特にかっこ悪い所は見せたくない心理によって、好きな女性の前では良い格好をしようと強がってしまいがちです。 毎日残業しながら会社で奮闘する男性は、「本当は誰かに頼りたい」という気持ちもあるでしょう。 本当は弱い自分を優しく包み込むように癒やしてくれるバックハグを求める男性は少なくありません。 彼が落ち込んでいる時や悩みを抱えている時には、彼を後ろから抱きしめて、「大丈夫!」と応援してあげて下さいね。 バックハグで慰めてほしい いくら能力の高い男性であっても、失敗やミスをすることで落ち込む時もあるものでしょう。 女性の前では強がって頼りがいある男性を演じていても、傷ついた気持ちを慰めてほしい時があるのが本音なのかもしれません。 男性はプライドが高い生き物ですので、対面したハグよりも、自分の落ち込んだ表情を見られないバックハグの方が安心できるケースもあるでしょう。 どこか落ち込んだ様子の彼に気付いた時には、バックハグで優しく慰めてあげると良いかと思います。 「俺のパートナーは、やっぱりお前しかいない!」と男性心理も働きますので、よりラブラブなカップルになれるはずですよ。 後ろから抱きしめる女性心理 自分を大事に守ってくれるようなバックハグに幸せを感じる女性心理がありますが、男らしさを感じるたくましい男性の背中を、後ろから抱きしめたくなるという女性心理もあるかと思います。 広くて大きな男性の背中にハグをすると、何故か落ち着いた気分になったり、セクシーな色気を感じたりすることもありますよね。 続いて、男性を後ろから抱きしめる女性心理について見ていきたいと思います。 大好きな男性に甘えたい いくらしっかり者の女性であっても、大好きな頼りがいのある男性に甘えたいというのが女性心理でしょう。 仕事に疲れた時や辛いことがあった時、男性の大きな背中に甘えて、精神的に癒やされたい心理が働くものとされています。 ですが、素直に甘えたい気持ちを表現できずに、我慢してしまうのも女性心理というものでしょう。 素直で可愛い女性でいたいと思っているのに、そんな時ほど上手に甘えられないことに悩む女性も多いのではないでしょうか。 重い女やワガママ過ぎる女性は嫌われてしまいますが、素直に甘えて欲しいのが男性心理ですので、背中ぐらいであればいつでも貸してくれるものですよ。 後ろから抱きしめたいと思った時には、彼の背中でたっぷり充電してみてはいかがでしょうか。 大好きな男性を守ってあげたい 大好きな男性を守ってあげたい、彼が成長できるように見守ってあげたいと思う女性心理によって、後ろから抱きしめたくなる感情が高まることもあるかとおもいます。 保護本能という男性心理とは似ているようで異なり、「自分無しでは生きていけないのね」などと母性本能をくすぐられることで守ってあげたい気持ちが強まるのでしょう。 女性とはお互いが評価を高め合い、成長し合える関係を重んじる傾向にあるとされています。 大好きな男性から与えられる愛を返してあげたい気持ちが、汗水流して一生懸命に頑張る男性を後ろから抱きしめてあげたくなる気持ちに変化していくのでしょうね。 大好きな男性を独り占めしたい 好きな人を独り占めしたいという独占欲は、男性だけではなく女性心理としてもあるものです。 男性心理との違いとしては、「男性から必要とされたい気持ち」が独占欲となることです。 好きな男性が他の女性と楽しそうに話をしていると、 「もう私のことは必要ではないの?」とどこかで感じてしまうことで、嫉妬心を覚えるようになるのでしょう。 また、男性がどこか遠くへ行ってしまうのではないかという不安が、独り占めしたい気持ちを強くさせるケースもあります。 必要とされようと考えすぎずに、「彼は何をしたら喜んでくれるかな?」と彼の気持ちと向き合いながら、バックハグで愛情表現をしてみると良いかもしれませんね。 男性が本命の女性に見せる態度はたくさんありますので、コチラの記事も参考にして頂ければと思います。 男性は外敵から身を守るために皮膚が厚くなっていますが、女性は皮膚が薄い傾向にあるため、男性よりも神経が敏感であるとされており、その差は約10倍もあるようです。 彼の気持ちが伝わってくると感じるのは、女性ならではのものかもしれませんね。 最後に、後ろから抱きしめられたい女性心理について見ていきたいと思います。 背後をガードしてくれる安心感 背中は視野に入らないので、死角となる部分です。 死角となる背中をガードしてくれるようなバックハグだからこそ、安心感を得られるのでしょう。 生物学観点からすると、女性は男性の遺伝子を授かり、自分の子を育てていく役割があります。 ですので、ハグやキスの仕方、普段の言動をチェックしながら、一緒に子供を育ててくれるか、自分を一生守ってくれるかを見極めながら、男性と付き合おうとします。 自分が子育てに集中できるよう、外敵から背後を守ってくれる安心感が得られるので、後ろから抱きしめられたい心理が働くのでしょう。 男性がどの女性にでも後ろから抱きしめたいと思うものではないように、女性もどの男性からでも後ろから抱きしめられたいとは思いませんよね。 お互いの信頼関係が確かめ合えるバックハグなので、女性は幸せを感じられるのでしょう。 愛されていることを実感したい 男性が本能的なキッカケで後ろから抱きしめるのに対し、女性は精神的欲求を満たしたい気持ちが後ろから抱きしめられたい気持ちを強くさせます。 「私は彼から愛されている」 「私は彼から必要とされている」 などと精神的に満たされたい女性心理によって、後ろから抱きしめられたいと思うようになるものです。 先程もご紹介した通り、女性は男性に比べ神経や感覚が敏感であるとされています。 バックハグは、男性の匂い(フェロモン)や優しい温もり、相性の良さを感じる息遣いや鼓動が全体的に伝わってくるので、愛されていることを実感できるのでしょう。 バックハグは男も女も憧れるシチュエーション 言葉では伝えられない愛情表現をする男性心理のバックハグと、守られている愛を感じられるバックハグを求める女性心理がありますので、バックハグは男女がキュンキュンしてしまうシチュエーションですよね。 好意や心理といったお互いの気持ちを分かち合えるバックハグだからこそ、二人が笑顔になれるのかもしれません。 ドラマや映画のバックハグシーンにドキドキして、妄想するのも楽しいものかと思います。 いつでもバックハグされても良いように、頭皮のニオイはケアしておきたいところ。

次の

身長差のあるカップルが上手く付き合っていく構図は?キスやハグ、夜のセックスの不安

ハグ 構図

包むように抱きしめよう ハグする時に、気になるのが腕の回し方や腕の位置。 長い付き合いのカップルなら、どのようにハグするとフィットするのか自然とわかるようになると思いますが、まだ付き合って間もなかったり、久しぶりで感覚忘れちゃった(汗)ということもあると思います。 確認の意味も含めて「ハグする時の腕の回し方」にフォーカスしてみましょう。 理想の抱きしめられ方 人によって様々ですが、共通していることが一つ。 「やさしくハグしてほしい」ということです。 力の強弱や腕の回し方を考える前に大切な気持ち「相手への愛情表現であること」。 この想いを大切にして、腕を回しましょう。 腰の位置までスライドするように注意深く下ろし、ウエストの位置に置きます。 その後、腰の辺りに移動。 この場合、女性は彼の肩に乗せている場合が多いです。 そのままベッドインの流れになることもありますね。 より密着度が高まるハグの仕方でもあります。 そして態勢がかなりキツくもなります。 (特に見上げる女性側) かなりの身長差があって彼女が辛そうにしていたら、少し工夫も必要です。 例えば身長差20cmほどのカップル。 彼女を抱きしめるときの手の位置をどこに置くかと迷うこともありますよね。 知恵袋で思わずニヤけてしまう抱きしめ方がありました(笑) 左手は彼女の右肩から包みこむように左肩に回してそっと抱く。 腕の形としてはあなたの左肘がちょうど彼女の右肩あたりで曲がるはずですからL字で肩を抱く形ですね。 右手で彼女の右側頭部を優しく撫でるようにするといいでしょう。 腕の形はあなたの右肘が彼女の左肩あたりでV字になる形ですね。 あとはあなたの左頬を彼女の頭頂部に優しく乗せると完了です。 女性だけでなく、男性も大好きなハグの一つです。 手の位置は腰あたり。 基本は、彼女のおなかのあたりに優しく両手を巻きつける感じが良い感じです。 ただし、女性にする場合おなかを気にする人もいるので、バックハグをするかは状況別で判断しましょう。 まとめ ハグで一番大切なのは「心」です。 なので形やテクニックにこだわることはありません。 シンプルで誰にでもできる愛情表現は、相手との関係が円満になる秘訣でもあります。 相手への大切な想いを大切に込めてハグしてみてくださいね^^.

次の