スクフェス 配置。 スクフェスのユニットのキャラの配置ってスコアなどに関係したりす...

ラブライブ!スクフェスのユニット組み方のコツは?

スクフェス 配置

ユニットの編成次第でハイスコアは変わる? スクフェスの楽しみ方のひとつがハイスコアを出す事!今日より明日、明日より明後日と毎日練習する事で上手くなり気がついたらハイスコアを更新なんて事もあるのでは!? そのスコアを今ある手札でどうすれば強くなれるのか?更に高いスコアを出せる様になるのか?それらをこちらでまとめていきたいと思います。 ユニットの編成 スクフェスをプレイする上には部室の部員から9人の部員を選びユニットを編成します。 編成には異なる属性、特技が同じキャラでの編成も可能です。 自身の手持ちの部員からセンターにするURを中心にユニットの編成をしましょう。 センタースキルはR以上の部員が持つ固有スキルになります。 基本的にはUR部員をセンターに置くことになります。 センターに配置する部員のレアリティが高い部員であるほど補正値が大きく変わります。 SSR、URの部員には属性の補正値とは別にメンバーのTypeを合わせた補正値が追加効果がかかります。 この場合、各キャラクターのTypeから2年生のスマイルメンバーを配置する事でライブ終了後のスコアが変わってきます。 なのでこの中ですと穂乃果、海未、ことりちゃんを中心とした編成に組み替える方がスコアは伸びます。 またライブを開始する際には楽曲に対応した編成を意識しましょう。 楽曲に合わせた編成をする事でリズムアイコンタップ時のメンバーによる1. 1倍の補正のかかる編成が作れます。 次に配置する部員の特技を考えます。 現環境において、高レアリティのURその中でもスコアアップが一番の戦力である事は変わりません。 しかし、どんなに強い特技のスコアアップURで固めていてもGOODを連発してコンボが続かなかったり、BADやMISSをしてしまえばスコアは伸びません。 スクフェスをプレイする上でプレイヤースキルも考慮した上での編成も重要になります。 こればかりは個人差もある為、何度も練習するしかありません。 ラブライブ!の物語における彼女達と同じ様に何度も練習して、楽曲のどこがミスをしやすい苦手な場所なのかを知りましょう。 楽曲の選択画面の左下の青いアイコンを選択するとうでまえチェックの画面が表示されます。 このうでまえチェックから記録された日のリプレイを見ることができます。 LPを使わずに練習をしたい方は特にリプレイ画面でイメージトレーニングをして、リズムアイコンの位置を覚える様にしましょう。 リプレイ機能のおかげで普段のプレイでは、気がつかなかったところを築く事ができるのでお勧めです。 どうしてもコンボが安定しない!難しい!って方は判定強化を入れる事も考えましょう。 ユニット全て判定強化にするとライブ中の8割近く判定強化が発動するような事もできるので、コンボは安定するかもしれません。 ですがそれではスコアは大きく伸びません。 オール判定強化のユニットは、部員の絆ポイントを上げる時や楽曲目標のフルコンボが目的である場合のみにしましょう。 判定強化はコンボ維持の補助の役割として考えましょう。 判定強化を入れ過ぎたユニットを使い続けていると判定に頼ったリズムになってしまうので気をつけましょう。 回復の特技に関してはSISによるスコアアップ化は外せません。 ユニットのステータスUP機能も追加されたのでスコアアップ部員ほどではありませんが使いようによっては化ける事もあるのかもしれません。 回復の特技を持つ部員を多く編成する事で、ステータスUPゲージの上昇を見込めますが、楽曲の長さに左右されてしまう事もあるので回復系の扱いは難しい点が多いです。 MISSやBADを出さない。 フルコンボができる事が前提。 と考えると回復特技の部員をスコア要員として考えるのは難しいところです。 現環境での理想のユニット編成 各属性の編成における理想のユニット編成は、スコアアップ7〜8枚 と判定強化1〜2枚程度の編成がバランス良いのでは無いかと思います。 まず、判定強化要員を1〜2枚入れる目的はコンボ数の維持です。 コンボが途切れてはスコアが伸びません。 なので判定強化は2枚までが理想です。 また判定強化をユニットに組む際はユニットの全部員にトリックのSISを付けましょう。 トリックの主な効果は判定強化が発動中装着した部員の属性Pが1. 33倍になります。 これは判定強化ではない部員にも装着可能ですので付ける様にしましょう。 次にスコアアップ部員ですがこれは所持しているUR部員の中で、強いと思うUR部員を編成していただければと思います。 詳しくは各属性の強さランキングを作ってありますので参照してみて頂ければと思います。 スコアアップ系のUR部員には通常のスコアアップとは異なる特技を持つ限定UR部員が存在します。 この限定UR部員の特技がもつ特技のコンボフィーバー、パーフェクトスコアアップ。 条件が異なりますが、発動している時間の間全てパーフェクトが取れるかといった点も含めて考えた場合コンボフィーバーの方が扱いやすさも上になります。 しかしコンボフィーバーには同時発動中における上限がある為、コンボフィーバーを多く入れれば強くなる事はありません。 残りの枠にパーフェクトスコアアップや通常のスコアアップを入れた編成にする方がより高いスコアを狙う事ができます。 現段階で理想的な編成は コンボフィーバー2枚+判定強化1枚(特技Lv等によっては2枚)+スコアアップ6枚程度が理想的であると思います。 スコアアップ、判定強化以外の特技に関しては試行錯誤で編成してみると良いかもしれません。 特技リピートや特技発動率UP、特技ブーストなど面白い特技がありますので組み合わせ次第では異なった結果を見つけられるかもしれません。 スクフェスの特技性能としては現状スコアアップ>判定強化>体力回復といった感じになってしまう事には変わりません。 回復も強くはなりましたが回復1枚入れる事にメリットがないので、スコアアップ系統が最強な事は変わりませんね。 特技上げ 特技上げには、同じ部員を使って上げるか、特技上げ用のサポートメンバーが必要です。 特にURの特技上げとなると最大特技レベル8にするまでに29900の経験値が必要になります。 仮に同じURを1枚使っても1000経験値なので1枚のURを特技レベル8にするのも相当な時間とラブカストーンが必要になります。 1枚交換するにはRシール15枚必要になりますが、R部員(Rシール)は友情Ptを使った一般勧誘やライブでも比較的入手しやすくなっています。 また、特技上げ用のサポートメンバーは勧誘する事もできます。 この勧誘には1回につき補助チケット1枚(SRシール2枚、Rシール30枚分)が必要になります。 この勧誘結果によっては、Rだと10経験値しかもらえない為、得した気持ちは少ないかと思いますが、塵も積もれば山となるという様に「0」ではないのでURが出ることを祈って勧誘してみましょう。 運よくURが出ると特技経験値1000のサポートメンバーが入手できるので大幅な戦力強化を見込めます。 属性固定サポートのものと全属性サポートのものがある為使用時には注意してください。 あとがき スクフェス内でスコアを狙う場合はユニットの編成はもちろん各部員の特技Lvやスロットの解放状況SISが重要になってきます。 自身の部室をみてどの組み合わせが最も強い編成になるのか?どの部員をの強化を優先すべきか等試行錯誤を繰り返す事が重要です。

次の

ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル

スクフェス 配置

概要 [ ] オールメディアプロジェクト「」の一端を担う作品。 同シリーズの『』の主人公グループ・(ミューズ)と、同じく『』の主人公グループ・(アクア)に協力することがゲームの目的である。 劇中での「ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル」とは、スクールアイドルを対象としたフェス形式のコンサートイベントを指す。 『無印』テレビアニメ第1期終了直後に配信開始した本作品は好調な出だしを遂げた。 開発者であるKLabはこのヒットが一因となって2013年5月度単月で営業利益(速報値)が黒字化しており 、本作品は2013年における同社の主力商品となった。 『』のプロデューサー・岩野弘明は2013年9月公表のインタビューにおいて、エンターテインメントコンテンツではキャラクター性の強さが最も重要な要素だと語っており、その点で本作品は『』と並んで「輝いている」と評してライバル視した。 顧客満足度ランキングによると、スマートフォン向けソーシャルゲーム部門で、2年連続で 男女共に総合満足度1位を獲得し、世界的に席巻した『』をも上回った。 2015年秋のオリコン顧客満足度ランキング発表時には、1位の当ゲームに加え、7位の『』や、9位の『』と共に、「アプリもアイドル戦国時代」と評された。 やの一部キャストは、本ゲームをプレイしたことから『ラブライブ! (シリーズ)』を知ったという。 また、本作および本作の派生作品は、『ラブライブ! シリーズ』に含まれているが、一方で『無印』『サンシャイン!! 』と違い、『』が制作に関わっていないため、同誌のオリジナル作品としては扱われていない。 派生作品 [ ] ラブライブ! スクールアイドルコレクション トレーディングカードゲーム。 2016年3月18日より発売。 アーケードゲーム。 2016年12月6日から2018年12月5日まで稼働。 ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ~after school ACTIVITY~ Next Stage 上記アーケードゲームにAqoursの要素を追加した後継版。 2018年12月6日から稼働。 スマートフォン向けアプリケーションゲーム。 2019年9月26日より配信。 歴史 [ ]• 2013年• 4月15日、iOS版が配信開始。 5月3日、初のアイコンコレクション(通称:マカロンイベント)が開催。 6月8日、Android 4. 0以降に対応。 6月、ユーザー数50万人突破。 7月5日、Android 2. 3以降の一部端末に対応。 9月24日、ユーザー数100万人突破。 10月、100万人突破記念大型アップデート。 メインストーリーのキャラクターイラストを刷新。 高坂雪穂と絢瀬亜里沙の登場。 新イベント「スコアマッチ」導入。 クリスマスカードに登場するキャラクターを決める投票イベント実施。 12月13 - 14日、「ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル ハイスコアチャレンジ in 秋葉原」開催。 2014年• 1月24日、ブースターパック『ラブライブ! feat. スクールアイドルフェスティバル』発売。 1月29日、本作品向けオリジナル楽曲を収録したCD「」発売。 2月24日、ユーザー数200万人突破。 5月12日、英語版を日本・中国・台湾・香港・マカオ・韓国以外の全世界へリリース。 5月15日、投票イベント「サマーガール決定戦」「転入生総選挙」集計結果発表。 5月23日、香港・マカオ・台湾向けに繁体字版のAndroid版をリリース。 ユーザー数300万人突破。 6月5日、繁体字版のiOS版をリリース。 6月12日、簡体字版のiOS版をリリース。 6月26日、韓国語版のAndroid版をリリース。 7月3日、韓国語版のiOS版をリリース。 7月31日、300万人突破記念大型アップデート第1弾。 補助チケットを必要とする勧誘、特技アップサポートメンバーを追加。 8月8日、国内ユーザー数400万人突破。 10月5日、国内ユーザー数500万人突破。 12月4日、国内ユーザー数600万人突破。 12月5日、新イベント「メドレーフェスティバル」導入。 12月8日、全世界のユーザー数1000万人突破。 2015年• 1月19日、国内ユーザー数700万人突破。 2月25日、国内ユーザー数800万人突破。 4月22日、国内ユーザー数900万人突破。 5月30日、全世界のユーザー数1500万人突破。 6月2日、国内ユーザー数1000万人突破。 6月6・7日、初の単独リアルイベント「スクフェス感謝祭2015」をのにて開催。 7月13日、国内ユーザー数1100万人突破。 8月4日、大型アップデート実施。 ホーム画面の変更• 新システム「課題」の追加。 これまでも覚醒済の部員を一定数集めると報酬がもらえるなどの機能があったが、それを発展させた形となる。 新システム「称号」の追加。 プロフィールの要素として、称号を設定できるようになった。 新システム「背景変更」の追加。 ホーム画面の変更に伴い、ホームの背景画像を複数パターン(ストーリーで背景にしようしているものなど)に変更することができる。 新システム「シールSHOP」の追加。 R以上の部員を転部させたり練習相手にして消滅させるとシールが入手でき、部員やアイテムに引き換えられる。 9月6日、国内ユーザー数1200万人突破。 9月14日、全世界ユーザー数2000万人突破。 11月1日、国内ユーザー数1300万人突破。 2016年• 1月18日、国内ユーザー数1400万人突破。 3月5日、新イベント「チャレンジフェスティバル」導入。 3月9日、全世界ユーザー数2500万人突破。 3月18日、トレーディングカードゲーム化作品「ラブライブ! スクールアイドルコレクション」が発売• 3月19日、国内ユーザー数1500万人突破。 5月17日、国内ユーザー数1600万人突破。 5月21・22日、リアルイベント「スクフェス感謝祭2016」を東京池袋のサンシャインシティにて開催。 7月5日、大型アップデート実施。 新レアリティSSR登場、またレアリティデザイン一新。 EXPERT楽曲を通常楽曲に移行し、代わりの特別楽曲として、上位難易度のMASTERを新設。 なお、1曲を除き「超難関」を冠していた日替わりEXPERT楽曲において「超難関」の称号が無くなり、ジャケ画周囲の辛口マークもなくなっている(レベル11のランダムも同様)。 新機能「スクールアイドルスキル」の追加。 部員のステータスや特技を強化することができるようになった。 一定枚数のシールを利用しての覚醒が可能になった。 なお、この大型アップデートが、iOSセールスランキングで初めて1位を獲得し、ユーザーアクセス数が過去最高を記録し、大成功・大好評となったことを記念して、ラブカストーンが各ユーザーへ50個配布された。 7月27日、国内ユーザー数1700万人突破。 9月10日、全世界ユーザー数3000万人突破。 9月30日、国内ユーザー数1800万人突破。 12月6日、アーケードゲーム化作品『』稼働開始• 12月25日、国内ユーザー数1900万人突破。 2017年• 3月20日、国内ユーザー数2000万人突破。 3月30日、4周年記念プロジェクト「PERFECT DREAM PROJECT」のティザーサイトがオープン。 4月5日、新イベント「おさんぽラリー」導入。 6月8日、国内ユーザー数2100万人突破。 6月10・11日、リアルイベント「スクフェス感謝祭2017」を前年と同じく東京池袋のサンシャインシティにて開催。 7月19日、バージョン5. 1へのアップデート実施。 これを以て対応環境がiOS7. 0以降からiOS8. 0以降に変更。 7月20日、新イベント「なかよしマッチ」導入。 9月4日、「スクフェスID」導入。 9月12日、全世界ユーザー数4000万人突破。 10月3日、「通算ログインボーナス」導入。 11月16日、国内ユーザー数2200万人突破。 2018年• 11月28 - 30日、虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会による、電撃オンライン・ファミ通App・スクフェス公式サイトにおける媒体活動(漫画連載を含む)を休止。 2019年• 6月15日、Aqoursのメインストーリー最終話を実装。 9月9日、国内ユーザー数2500万人突破 ゲーム内容 [ ] 基本無料の制。 ゲームの内容は、ライブ・ストーリー・部員・練習・勧誘の5つに大別される。 リズムアクションを楽しむライブパートをクリアするごとに、ストーリーパートで読めるシナリオが開放されていく。 また、ストーリーが進むとライブで遊べる曲が追加されていく。 プレイヤーのステータスは以下の通り。 Rank. プレイヤーのランク。 EXPをためることで上昇し、その度にLPが全回復する。 EXP ライブを行うことで加算されていく経験値。 曲の難度が高いほど多くの経験値が得られる。 LP ライブを行うときに消費するポイント。 曲の難度が高いほど、多くのLPが必要となる。 時間の経過とともに回復する。 若しくはラブカストーンを1個使う、ランクを上げる、LP回復アイテムを使用して回復することもできる。 G 部員の練習、特別練習、メドレーフェスティバルのアレンジを行うときに消費するポイント。 ライブの成功やストーリーの読了時に入手できる。 メドレーフェスティバルのアレンジによっては大量に消費することもある。 ラブカストーン 本作品における課金アイテム。 イベントの報酬などでも入手できる。 LPの全回復、失敗したライブのコンティニュー、特待生の勧誘に使用する。 友情pt 一般生勧誘を行うときに消費するポイント。 ゲストを招いてライブを行うと5pt、その相手が友達だった場合は10pt入手できる。 1人のゲストで得られる友情ptは1日1回のみ。 友達 協力関係にある他のプレイヤーのこと。 登録した相手はライブのゲストに招きやすくなるほか、プレイ状況が報告されるようになる。 ゲーム内でプレイヤー同士が通信できるメールのやり取りを行う場合は、友達登録は必須ではない。 ただし友達は情報を閲覧することが容易なため、メールを送りやすく、メリットがある。 ライブ [ ] 本作品のメインモードとなるリズムゲームパート。 楽曲が開始するとリズムアイコンが流れだし、部員アイコンへと移動していく。 2つのアイコンが重なった瞬間に画面をタッチすれば成功となり、タイミングのよさ(PERFECT, GREAT, GOOD, BAD, MISSの5段階)に応じてスコアが上昇する。 BAD以下の場合は体力が減少し、これが尽きるとゲームオーバー。 スターアイコンだと、GOODでも体力が減り、BAD以下の体力減少が倍となる。 PERFECTまたはGREATの判定を連続で出し続けていればコンボがカウントされていき、最終的にGOOD以下の判定を一度も出さなければフルコンボとなる。 また、全てPERFECTを出せば、リザルト画面のうでまえチェックにて「ALL PERFECT」と表示される。 各楽曲にはスマイル・ピュア・クールの3属性があり、ユニットに参加している部員の属性と合致していればスコアが上昇しやすい。 プレイできる楽曲はいずれも『ラブライブ! 』の企画を通じて発表されてきたものであり、ストーリーを読み進めることで追加されていく。 また、ストーリーの進行には特定の楽曲をプレイしておく必要がある。 プレイ時には他プレイヤーを1人ゲストに招くことができ、相手のユニットのセンタースキルを使用できる。 友達に登録されたプレイヤーはゲスト選択リストに登場しやすくなる。 通常のライブのほかに、プレイヤー同士で獲得ポイント数や楽曲スコアを競い合うイベントがたびたび開催される。 おさんぽラリー 2017年4月に初回が開催された。 オリジナルストーリーが展開される。 なかよしマッチ 2017年7月に初回が開催された。 4人で協力して楽曲ミッションを達成していくイベント。 楽曲ミッションの達成度・貢献度に応じて獲得ポイントが変動する。 イベント期間中は日ごとに「今日の目標」が設定され、目標達成に応じて達成報酬が貰える。 チャレンジフェスティバル 最大5曲まで連続してプレイし、1曲クリアごとに報酬が出る。 失敗すると報酬が無駄になってしまうため、より良い報酬を目指すか、諦めてその時点の報酬を得るか、引き際が重要となるイベント。 LPが足りなくなった場合は、休憩するか、ラブカストーンを使ってLPを回復し、プレイを続けることもできる。 スコアマッチ 4人でスコアを競う。 プレイ難易度・順位・クリアランクによって獲得ポイントが変動する。 アイコンコレクション 通常ライブで指定アイコンを得て、課題曲をプレイしてポイントを稼ぐイベント。 難易度・最大コンボ数・クリアランクによって獲得ポイントが変動する。 イベント終盤になると、獲得G倍増ライブを実施できる。 かつては消費アイコン・獲得ポイント4倍曲がプレイできるようになっていたが、消費LP倍増機能が実装されたため、廃止された。 「マカロンイベント」の通称もあるが、これは第1回アイコンコレクションのアイコンがマカロンだったことに由来する。 メドレーフェスティバル ランダムで選ばれた1 - 3曲をプレイして、ポイントを稼ぐイベント。 Gを消費してアレンジを選ぶことができる。 曲をプレイする際、ランダムで応援に駆けつけてくれることもある。 ライブクリア後、金・銀報酬だとレアアイテムが出現する可能性がある。 ストーリー [ ] 本作品オリジナルの物語が展開するアドベンチャーパート。 章単位で展開し、進行するためにはランクを上げたり特定の楽曲をクリアするといった条件を充たす必要がある。 サイドストーリーでは、各部員個人の物語が見られる。 特別練習で覚醒した部員をライブに参加させ、絆が最大値になることで解禁される。 読了するとラブカストーンを1つ入手できる。 なお、転入生にもサイドストーリーが用意されているが、ボイスは収録されていない。 このほか、小説『School idol diary』とのコラボレーションによるイベント限定ストーリーも存在する。 部員・練習 [ ] 本作品では、デジタルカードで表現されたキャラクターのことを「部員」と呼称する。 ステータスは以下の通り。 属性 - スマイル・ピュア・クールの3種があり、最も高い能力を表している。 レベル - 経験値が一定に達すると上昇し、能力が向上する。 レアリティが高いほどレベルの上限も上がる。 絆 - ライブの成功で上昇する。 覚醒済みの状態で最大値になると、サイドストーリーが解禁される。 能力 - 体力・スマイル・ピュア・クールの4種があり、各部員の総和がユニットの能力となる。 特技 - 条件に応じてライブ中に発動するスキル。 スコアアップ、体力回復、判定強化といった効果がある。 N部員は所持していない。 センタースキル - 部員をユニットのセンターに配置したときに発動する、スコアアップ効果のあるスキル。 効果はレアリティに依存し、N部員は所持していない。 スクールアイドルスキル - 部員に装備することでライブ時に効果を発揮する。 効果は属性値の無条件上昇、判定強化発動中の属性値上昇、スコアアップ値の強化、体力回復をスコアアップに変換するものなど様々な種類がある。 装備には各部員に備わるスロットを消費するが、そのスロット数はレアリティ・特別練習の有無などで異なるうえ、スキルの種類によっては複数のスロットが必要になるため、両者の都合上装備できるスキルには制約が生じる。 部員パートでは以下の行動ができる。 ユニット編成 9人の部員を集めて、ライブに参加するためのユニットを形成する。 練習 ベースとなる部員に素材となる部員を合成することで経験値を得る。 ベースと素材の特技が同じ場合、特技レベルの経験値が向上する。 素材となったカードは消滅する。 素材となった部員のレアリティがR以上なら、シールを獲得できる。 なお、ベースとなる部員と素材となる部員の属性が同じであれば獲得できる経験値は1. 2倍になる。 特別練習 ベースとなる部員に同じ部員を合成することで「覚醒」させる。 各カード1回のみ可能。 覚醒した部員はイラストが変化し、レベルと絆をより高く上げられるようになる。 素材となったカードは消滅する。 また、シールを使っての覚醒も可能。 転部 部員カードを手放し、代わりにGを得る。 部員のレアリティがR以上なら、シールを獲得できる。 勧誘 [ ] ライブ以外で部員を増やす方法。 友情ポイントを消費する 一般生勧誘と、ラブカストーンを消費する 特待生勧誘がある。 その他、排出される部員が特定の法則で限定され、期間限定で実施されるものもあり、消費アイテムは友情ポイント、ラブカストーンの他、補助チケット、Gを消費するものもある。 シールショップ [ ] キャンペーンやシリアルで獲得した部員を除き、練習や転部でレアリティがR以上の部員を手放した場合、シールを獲得できる。 ある程度貯まれば、過去のシリアルレア部員、UR部員、補助チケットと交換できる。 なお、UR部員は月ごとに入れ替わる。 いつも笑顔で、行動力に満ちている。 絢瀬 絵里(あやせ えり) 生徒会長。 才色兼備のロシア系クォーター。 南 ことり(みなみ ことり) 穂乃果の幼なじみ。 おっとりした性格。 園田 海未(そのだ うみ) 穂乃果の幼なじみ。 文武両道の大和撫子。 星空 凛(ほしぞら りん) 明るく活発で、体を動かすのが好きな少女。 西木野 真姫(にしきの まき) 医者の娘で、歌やピアノが得意なお嬢様。 東條 希(とうじょう のぞみ) 生徒会副会長。 関西弁でしゃべるスピリチュアル好きの少女。 小泉 花陽(こいずみ はなよ) 凛の幼なじみ。 内気でおとなしいが、アイドルに憧れを抱いている。 矢澤 にこ(やざわ にこ) 「にっこにっこにー」を合言葉に、キャラ造りを欠かさないアイドル志望者。 Aqours [ ] 詳細は「」を参照 『サンシャイン!! 』の主人公である、静岡・浦の星女学院のスクールアイドル。 高海 千歌(たかみ ちか) Aqoursの発起人。 負けず嫌い。 桜内 梨子(さくらうち りこ) 音ノ木坂学院から転入してきた。 インドア派。 松浦 果南(まつうら かなん) どこかクールで、ダイビングが得意。 黒澤 ダイヤ(くろさわ ダイヤ) 生徒会長で、ルビィの姉。 完璧主義者。 渡辺 曜(わたなべ よう) 千歌のクラスメイト。 高飛込みの選手。 津島 善子(つしま よしこ) 自らを「堕天使ヨハネ」と称する。 国木田 花丸(くにきだ はなまる) 地元で代々続く寺院の娘。 読書好きな文学少女。 小原 鞠莉(おはら まり) イタリア系アメリカ人の父を持つ、明るくて活発なハーフ。 黒澤 ルビィ(くろさわ ルビィ) ダイヤの妹で、花丸の親友。 かなりの人見知り。 転入生 [ ] 音ノ木坂学院・浦の星女学院に転入してきたという設定の、本作品オリジナルのキャラクター。 元の学校の制服を着用しており、また出身校が同じ生徒はステージ衣装も共通しているため、外見からグループ分けが可能である。 原則として音声は実装されていないが、『スクスタ』関連で担当声優が付いたキャラクターについては、そのあとに追加されたカードにのみ音声がついている。 青藍高校(せいらんこうこう) [ ] 文化系の部活が充実しているらしい。 制服は、紺色のセーラー服に赤いスカーフを着用。 アイドル衣装もセーラー服風で、青系の色を基調としている。 一之瀬 マリカ(いちのせ マリカ) 飽きっぽい性格で、スクールアイドルにもノリで志願した。 永山 みなみ(ながやま みなみ) 母親が経営する保育所を手伝っていることから「みんなのお姉ちゃん」を自称する。 杉崎 亜矢(すぎさき あや) 書道部所属。 内気だが、作品だけでなく自分自身も見てもらうためにアイドル活動に参加した。 鳥居 歩美(とりい あゆみ) お菓子作りが趣味で、「あんたのためじゃない」と言いつつクッキーを渡してくる。 九条 聖来(くじょう せいら) 特技はバイオリン。 以前からスクールアイドルに興味があり、悠弓の助けで実際に参加することになった。 田中 さち子(たなか さちこ) 深淵の魔術師(ウィザード オフ ジ アビス)を自称するの少女。 篠宮 あきる(しのみや あきる) フィギュアスケート選手。 「人を見る目には自信がある」と語る。 藤城 悠弓(ふじしろ ゆみ) フルート奏者。 聖来との付き合いでアイドル活動に参加している。 千歳橋高校(ちとせばしこうこう) [ ] 制服は、緑色のブレザーに赤いリボンを着用。 アイドル衣装は飲食店のウェイトレス風。 逢沢 遊宇(あいざわ ゆう) 無口な女の子。 星を見るのが好き。 西村 文絵(にしむら ふみえ) アニメ好きの女の子。 スクールアイドルはアニメに通じるものがあると語る。 菊池 朱美(きくち あけみ) 写真好きで、スクールアイドルを撮影していたが、なぜか自身も舞台に上がってしまった。 須田 いるか(すだ いるか) 幼いころから水泳に打ち込んできた女の子。 自分がアイドル活動に参加していることをよくわかっていない。 佐伯 麗音(さえき れいね) ダンスが得意な自信家の女の子。 森嶋 ななか(もりしま ななか) 校内新聞の取材の一環でアイドル活動に参加している。 下園 咲(しもぞの さき) 明るく元気なチアリーダー。 多々良 るう(たたら るう) 引っ込み思案な女の子。 少しは前向きになろうとアイドル活動に参加した。 白木 凪(しらき なぎ) 絵描きが得意なのんびり屋の女の子。 東雲学院(しののめがくいん) [ ] 制服は、えんじ色のブレザーに黄色のネクタイを着用。 アイドル衣装も黒と白のブレザー服風で、ピンクのネクタイを着用する。 宮下 ココ(みやした ココ) ツインテールの少女。 少しでも人のためになりたいという奉仕精神からスクールアイドルになった。 結城 紗菜(ゆうき さな) 気位の高い女の子。 「頼まれたから仕方なく」という体裁でアイドル活動に参加している。 クリスティーナ Christina の出身の。 アイドル活動を通じて人々に癒しを与えることも聖職者の使命と考えている。 御堂 優理(みどう ゆり) ぶっきらぼうな女の子。 ひらひらした衣装は好みではないが、ココとの付き合いで仕方なくスクールアイドルとなった。 神谷 理華(かみや りか) スクールアイドルが人心を盛り上げる作用を研究対象とする科学者。 近江 遥(このえ はるか) 声 - (スクスタ) 彼方の妹。 学級委員を務めており、変人ぞろいのスクールアイドルを仕切ろうと志してはいるが、くじけつつある。 『スクスタ』の近江彼方のキャラストーリー14話で声が実装された。 支倉 かさね(はせくら かさね) 衣装作りが好きだが、服を着る側になるという新境地開拓のためにスクールアイドルとなった。 2014年5月15日発表の転入生総選挙で第1位となった。 吉川 瑞希(きっかわ みずき) バスケットボール選手。 バスケがうまくなると聞かされてスクールアイドルを始めたが、後であまり関係ないことに気づいた。 藤黄学園(とうおうがくえん) [ ] 上流社会風の趣味を持つ子が集まっている。 アイドル衣装は黄色を基調としており、帽子を着用する。 黒崎 隼(くろさき しゅん) 馬好きの女の子。 愛馬の名前は「太郎」。 門田 剣(かどた つるぎ) 常に竹刀を携行している。 無理矢理アイドル活動に引き込まれた。 実家は神社。 設楽 ふみ(したら ふみ) ビン底眼鏡をかけた女の子。 カメレオンの「ギョロちゃん」を連れており、時おり会話ごっこをしている。 桐原 優香(きりはら ゆうか) 放送部所属で、お昼の校内放送を担当している。 斉木 風(さいき ふう) 走ることが好きな女の子。 紫藤 美咲(しどう みさき) ビリヤード好きの女の子。 綾小路 姫乃(あやのこうじ ひめの) 華道部との掛け持ちでアイドル活動をしている。 写真撮影が好き。 白瀬 小雪(しらせ こゆき) 通称「雪」または「白雪」。 バレエダンサーで、涼とともにアイドル活動に参加した。 相川 涼(あいかわ りょう) 舞台俳優。 「ステージに立つために生まれた人間」を自称し、演劇のみならずスクールアイドルの世界にも進出する。 紫苑女学院(しおんじょがくいん) [ ] 多彩で自由な趣味を持つ子が集まっている。 坂巻 千鶴子(さかまき ちづこ) 風紀委員の1人。 豊満な肉体の持ち主。 「風紀は愛によって守られるべき」が持論で、出会い頭に生徒を抱きしめて回っている。 志賀 仁美(しが ひとみ) 風紀委員の1人。 通称「ジン」または「」。 「風紀は力によって守られるべき」が持論で、出会い頭に生徒に殴りかかって回っている。 福原 命(ふくはら みこと) 風紀委員の1人。 子供のような見た目をしている。 同じ委員の千鶴子と仁美が率先して風紀を乱しているため、頭を痛めている。 鬼崎 アキラ(きざき アキラ) 自転車屋の娘。 月島 結架(つきしま ゆか) 世界的ダンサーを目指し、各種のの練習をしている。 兵藤 さゆり(ひょうどう さゆり) 第123歩兵部隊の軍曹を自称する、サバイバルゲーム好きの女の子。 黒羽 咲良(くろばね さくら) ドール好きの女の子。 スクールアイドルになったのも、ドールに言われたからと語る。 黒羽 咲夜(くろばね さくや) 咲良の姉。 中二病気質で、謎の「機関」と戦っていると述べる。 高天原 睦月(たかまがはら むつき) 一人称は「吾輩」。 謎の「高天原研究所」でせんべいを作ったりしており、今はスクールアイドルに秘められた可能性に目をつけている。 国際学園(ワイ・ジーこくさいがくえん) [ ] 世界各国から留学生が集まるインターナショナルスクール。 アイドル衣装はサイバー風のデザイン。 蘭花(ランファ) で話す女の子。 ラクシャータ Rakshata インド出身。 日本の甘口カレーが好き。 レベッカ Rebecca 通称「ベッキー」。 の写真に魅せられ、の心を会得するために来日した。 イザベラ Isabella 堅い口調でしゃべる女の子。 軍服のような装束を着ている。 当初は「エマ」と苗字はなかったが、虹ヶ咲学園スクールアイドル同好会の参入に伴い「ヴェルデ」の苗字を与えられた。 ジェニファー Jennifer 好きな言葉は「正義」。 さまざまな国から集まった生徒たちが一丸となって取り組めるものとして、スクールアイドルを捉えている。 マリア Maria 部を作ろうとしたが、ジェニファーに捕まってアイドル活動に参加することになった。 レオ Leo 森の中で暮らしていた野生児。 孤独に耐えかねて外の世界に出てきた。 自動車のことを敵だと思っている。 早乙女 紫(さおとめ ゆかり) 国際色豊かな生徒たちに手を焼きつつ、歌の力で皆の心をまとめようとしている。 その他のプレイアブルキャラクター [ ] シール交換やログインボーナスなど特殊な方法でのみカードを入手できるキャラクター。 A-RISE [ ] 詳細は「」および「」を参照 『スクスタ』で登場する、・虹ヶ咲学園のスクールアイドル。 UR以外のカードと楽曲も収録されている。 しずく、彼方、エマの3人はとしての彼女たちとは別人として設定されている。 上原 歩夢(うえはら あゆむ) 高校2年生。 中須 かすみ(なかす かすみ) 高校1年生。 普通科に所属。 桜坂 しずく(おうさか しずく) 青藍高校からの転校生。 高校1年生。 国際交流学科に所属。 朝香 果林(あさか かりん) 高校3年生。 ライフデザイン学科に所属。 宮下 愛(みやした あい) 高校2年生。 ダジャレが得意。 近江 彼方(このえ かなた) 東雲学院からの転校生。 高校3年生。 ライフデザイン学科に所属。 優木 せつ菜(ゆうき せつな) 高校2年生。 普通科に所属。 エマ・ヴェルデ Emma Verde Y. 国際学園からの転校生で、からの留学生。 高校3年生。 国際交流学科に所属。 天王寺 璃奈(てんのうじ りな) 高校1年生。 情報処理学科に所属。 練習相手 [ ] 広義では部員として扱われるが、ライブには参加させられないキャラクター。 主に練習時の素材にする役割を持つ。 転部をすると大量のGを得られる。 いずれもテレビアニメ版に準拠した設定。 『無印』(練習) [ ] (白) 音ノ木坂学院で飼育されている動物。 こちらは白いオスのアルパカ。 属性はスマイルでレアリティはR。 練習に使うと通常は2,000の経験値を得られるが、同じ属性に使うと2,400の経験値を得ることができる。 転部すると30,000Gを得ることができる。 アルパカ(学園祭) アニメ1期11話に登場していたおめかししたアルパカ。 レアリティはSR。 転部すると150,000Gを得られる。 『サンシャイン!! 』(練習) [ ] うちっちー のマスコットキャラクター。 属性はクールでレアリティはR。 素材にした場合の経験値や、転部で得られるGはアルパカ(白)と同じ。 しいたけ 『サンシャイン!! 』に登場する千歌が飼っている犬。 属性はピュアでレアリティはR。 素材にした場合の経験値や、転部で得られるGはアルパカ(白)と同じ。 しいたけ(サイリウム装着) 『サンシャイン!! 』アニメ1期最終話にて、ライブで頭にサイリウムを装着したしいたけ。 レアリティはSR。 素材にした場合の経験値や、転部で得られるGはアルパカ(学園祭)と同じだが、ボーナスはAqoursのメンバーに付く。 わたあめ 『サンシャイン!! 』に登場する菓子店「松月」の看板犬。 属性はスマイルでレアリティはN。 練習に使うと通常は400の経験値を得られるが、同じ属性に使うと480経験値を得られ、転部すると6,000Gを得られる。 本作オリジナル(練習) [ ] 深山 聡子(みやま さとこ) スタイルのよい女性教師。 属性はスマイルでレアリティはR。 練習に使うと通常は5,000の経験値を得られるが、同じ属性に使うと6,000の経験値を得られる。 転部すると2,000Gを得ることができる。 山内 奈々子(やまうち ななこ) 眼鏡をかけた女性教師。 属性はピュアでレアリティはR。 素材にした場合の経験値や、転部で得られるGは聡子と同じ。 笹原 京子(ささはら きょうこ) スレンダーな女性教師。 属性はクールでレアリティはR。 素材にした場合の経験値や、転部で得られるGは聡子と同じ。 特技アップサポートメンバー [ ] 広義では部員として扱われるが、ライブには参加させられないキャラクター。 練習時の素材に選択すると、特技レベルが上がる。 いずれもテレビアニメ版に準拠した設定。 真姫の母 真姫の母親。 にこの母 にこの母親。 山田 博子(やまだ ひろこ) 音ノ木坂学院の教師。 テレビアニメ版では「先生」とクレジット表記されていたが、本作品で名前が明らかになった。 のんびりとした性格で口数が少ない。 アルパカ(茶) 学院で飼育されている動物。 こちらは茶色いメスのアルパカ。 ログインボーナスで配布されている。 『サンシャイン!! 』(サポート) [ ] 高海 美渡(たかみ みと) 高海家の長女。 高海 志満(たかみ しま) 高海家の次女。 千歌をからかったり、トラブルを起こした際にはよく注意をする。 千歌の母 千歌の母親。 梨子の母 梨子の母親。 佐藤 洋子(さとう ようこ) 浦の星女学院の教師。 よしみ、いつき、むつ 千歌の同級生である友人達。 その他の人物 [ ] ストーリーのみの登場で、カードは存在していない。 高坂 雪穂(こうさか ゆきほ) 『無印』で登場した穂乃果の妹。 姉とは違い、現実的なしっかり者。 絢瀬 亜里沙(あやせ ありさ) 『無印』で登場した絵里の妹。 アーケード版 [ ] ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル ~after school ACTIVITY~ ジャンル 対応機種 開発元 発売元 スクウェア・エニックス 人数 1~3人 稼働時期 2016年12月6日 この節のが望まれています。 『 ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ~after school ACTIVITY~』のタイトルで、ゲームセンター等でプレイ可能なアーケード版。 の子会社であるが運営するに対応する。 NESiCA対応の音楽ゲームは(タイトー)、に続き3作品目となる。 筐体は、ゲームをプレイできる「サテライト」とカードが排出される「センター」の2種類に大別される。 アーケード版独自の要素として、3人協力プレイやプロフィールカードを使用したプレイヤー間の交流、アニメや現実の声優ライブでダンスが披露されていない楽曲を含めた、を生かしたフルCGのダンス映像がある。 現在、Aqoursの楽曲および新要素を追加した最新作『 ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ~after school ACTIVITY~ Next Stage』が稼働中。 2019年9月5日に「Saint Snowモード」が実装された。 歴史(アーケード版) [ ] 2015年11月27日、制作が発表された。 2016年2月18日、タイトルと、との共同開発となることが発表。 3月に先行体験会、5月13日から29日および8月19日から28日にロケテストが行われ、12月6日に正式稼働となった。 2017年10月20日の「ラブライブ!サンシャイン!! Aqours浦の星女学院生放送」で、Aqoursの追加が発表。 2017年12月6日から2018年1月8日まで、Aqoursの先行体験版を期間限定で実装した。 6月22日から24日および29日から7月1日まで『Next Stage』のロケテストが行われた。 11月18日に行われた『Aqours 4th LoveLive! ~Sailing to the Sunshine~ day. 2』において『Next Stage』の稼動が2018年12月6日となる事が発表された(同ライブの物販では販売されたグッズと同デザインのTシャツを着たAqoursメンバーをゲームにて使用可能となるシリアルコードも配布された)。 予定通りの期日に『Next Stage』は稼動開始したが、キャラクターの服が表示されない不具合が生じ、翌7日までの稼働停止を余儀なくされた。 2019年5月30日に行われた「ラブライブ!スペシャル生放送 ラブライブ!シリーズ9周年発表会」にてSaint Snowの鹿角聖良・鹿角理亞の参加決定が発表された。 ライブ(アーケード版) [ ] サテライト筐体のメインモードとなるリズムゲームパート。 1人プレイは2曲、協力プレイは3曲プレイ可能。 アプリ版と違い体力ゲージがない為、ゲームオーバーとなることはない。 GOOD以下の判定を一度も出さなかった場合はFULLCOMBOとなり、全てPERFECTの判定を出せばALLPERFECTとなる。 また星型のマークの入ったフィナーレリズムアイコンが有り、全て取得することで楽曲のフィナーレモードに突入する。 協力ライブは他プレイヤーと共にライブをプレイすることが可能。 発動されるスキルなどはプレイヤー全員で共有する為、1人プレイ時よりも高いスコアを獲得することが出来る。 アプリ版と違い、各楽曲に属性は存在しない。 またこれとは別に月に新曲が1~2曲配信(2019年6月現在)されている。 誰でもプレイすることの出来る通常楽曲の他にNESiCAを使用した上で条件を満たしてプレイできるEXTRA楽曲の2種類が存在する。 2020年1月~からは、Aqoursメンバーの誕生日当日にソロ曲が追加されている。 イベント(アーケード版) [ ] ゲームでは通常のプレイと並行してイベントが開催されている。 開催されるイベントは、2020年1月時点では以下の3通り。 無印時代では対象キャラクターを選択し課題曲を一定回数プレイすることで、限定スキルを手に入れることが出来た。 2019年12月からは限定スキルが廃止された代わりにメンバーのMRが手に入る様になった。 ゴールする度にバッジの他にMR、プロフィールカードフレーム、ネームプレートのいずれかが入手でき、マップを3周する事で全ての報酬を獲得する事が出来る。 主にメンバーの誕生日当日1週間前から2週間の期間、開催している。 また、イベント期間中は筐体に告知画面が表示されているが誕生日当日はこれが特別な物となっている。 また、メンバーの誕生日から1週間限定で1度だけ該当のメンバーのみが出現し、さらに現在排出されている衣装の中から「HRの好きな衣装」を1つ選んで封入できる特別なガチャを引くことが出来る。 スキルカードイベント 2017年2月に初回が開催された。 ゲームで課題曲をプレイして特定のポイントを貯めることで、限定スキルを手に入れることが出来る。 Next Stageにおいては2020年1月現在開催されていない。 スコアランキングバトル 2017年2月に初回が開催された。 対象楽曲をプレイすることでスコアランキングにエントリーすることが出来る。 イベント期間終了後に集計されたランキングによって特別な称号が付与される。 Next Stageにおいては2020年1月現在開催されていない。 MRマップイベント 2019年4月に初回が開催された。 Step Up! プラチナガチャチケットGetキャンペーン 2019年7月に初回が開催された。 ノルマのクリアやカード印刷などを行い、ポイントを貯めてレッスンガチャチケットを獲得する。 スタンプカード 9クレジット消費すればランダムでHRを獲得することができる。 新衣装が実装された場合は、初回に限り新衣装のHRが確定する。 エールランク・Aqoursエールランク [ ] 各メンバーで、そのメンバーに関わる行動をとることによってエールポイントが得られ、メンバー毎に「エールランク」が上昇していくシステム。 エールランクは「エンブレム」としてゲーム中の画面やプロフィールカード等に表示される。 また、エールランクを上昇させる事でプロフィールカードフレームやメンバーカード、エールガシャチケット等を獲得する事が出来る。 エールランクは、メンバーを選択してライブを行ったりカードの印刷を行うことによってポイントを獲得し、そのポイントが規定値に達するごとに上昇していく。 マスに停まることで報酬を獲得する事が出来、メンバー同士の会話も楽しむ事が出来る。 また、旅のしおり上で他のメンバーと出会うとツーショットを撮ることが出来る。 携帯サイト『カスタマイズサイト』 [ ] いわゆる。 各種に対応している。 スクエニIDを取得することで登録できる。 作画は藤丸。 全54話。 毎週金曜日に1話づつ更新されていた。 転入生54人を毎回一人づつフィーチャーする4コマ漫画。 初期はセリフがないサイレント形式だったが、中盤からはセリフのある通常の4コマ漫画になった。 1コマ漫画 [ ] スクフェスTwitter公式アカウントおよびスクフェス公式サイトにて、2018年5月26日から連載。 作画は石田彩。 スクフェス組の日常を描く4コマ漫画だが、毎回1コマずつ公開され、およそ1か月で全編公開という形式をとっている。 脚注 [ ]• 『電撃スマホアプリ』Vol. 2、p. 2014年4月20日閲覧。 『会社四季報業界地図 2014年版』東洋経済新報社、2013年9月、p. 『ファミ通App NO. 009 Android』p. 108• 4Gamer. net 2015年10月29日• 『電撃G's magazine』2017年12月号, p. 『電撃G's magazine』2018年2月号「G'sガールズミュージアム」。 2014年4月20日閲覧。 274. 275. 2014年8月14日閲覧。 2014年10月8日閲覧。 2017年6月15日閲覧。 2017年6月16日閲覧。 2017年7月現在• 2017年9月21日閲覧。 2017年11月18日閲覧。 , p. , p. , p. 278. 279. 『ファミ通App NO. 016 iPhone』p. 280. , p. 281. ブシロード. 2015年11月27日. 2015年3月21日閲覧。 2018年10月27日閲覧。 2019年1月5日閲覧。 2019年1月5日閲覧。 2019年6月6日閲覧。 2018年11月30日閲覧。 注釈 [ ]• 2017年11月からはソロ曲が無いAqoursの9人に対しても期間限定楽曲であるデュオトリオコレクションの楽曲にて、個人の推しの称号を入手することができるようになった。 また、同様にユニットメンバー別ならびに音ノ木坂学院の学年別のクリアで入手できる称号もある(浦の星女学院の学年別称号は条件達成クリアでなはく、期間限定のログインボーナス配布)。 著名イラストレーターが描いた転入生はSSR扱いとなる。 参考文献 [ ]• 『ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル 公式ガイドブック』、2013年7月30日。 『ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル official illustration book』アスキー・メディアワークス、2014年7月19日。。 『ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル official fan book』KADOKAWA 、2014年7月19日。 『ファミ通App』KADOKAWA エンターブレイン〈enterbrain mook〉• 『NO. 009 Android』2013年9月。。 『NO. 016 iPhone』2014年7月。。 『電撃スマホアプリ』Vol. 2(電撃PlayStation 増刊)、KADOKAWA アスキー・メディアワークス、2013年10月。 関連項目 [ ]• - 2015年1月より始動したが企画するメディアミックスプロジェクト。 「ラブライブ! スクールアイドルフェスティバル」の成功が企画立ち上げに繋がる。 - 上記メディアミックスプロジェクトの音楽ゲーム。 - Klabが開発したの音楽ゲーム。 2015年9月8日よりサービスが開始されたが、2016年5月31日を以ってサービス終了。 - より2018年7月に稼働した音楽ゲーム。 ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ~after school ACTIVITY~と同様トレーディングカード機能が搭載され、カードを別筐体で購入するといったシステムが似ているが、オリジナル曲以外にも多彩な楽曲が収録されている音楽ゲームとしてはこちらが初搭載となる。 外部リンク [ ]•

次の

PC上でキーボード操作でデレステ/スクフェスをプレイする方法。27インチiMacでプレイしてみた!

スクフェス 配置

スクフェスで重要な役割をしてくれるURがでると、早速育てたくなりますよね。 しかしURという最高ランクだけあって経験値数が多く、 なかなかレベルが上がりません。 実は、レベル上げに重要なのは、育てたい部員の属性と、 練習につかう部員の"属性"を同じにすることなのです。 では実際にURを無課金で育てるには、 どのくらいの部員が必要なのか紹介していきます。 スクフェス 未覚醒の場合に必要な経験値 実際に育てた未覚醒URの国木田花丸ちゃんです。 未覚醒だと、レベルMAXは80です。 レベル80にしようとするには、経験値は59408必要です。 スクフェス 覚醒URの場合に必要な経験値 実際に育て終わった覚醒URの国木田花陽ちゃんです。 覚醒URは、レベルMAXは100です。 レベル100にしようとするには、経験値は79700必要です。 では、経験値をかせごうとするには、どうすればよいのでしょうか。 それは、部員を集めて、部員とひたすら練習(合成)させるのみです。 スクフェスで部員を集める 部員を集める方法は、• 一般性勧誘をする レベル1の部員しか出ません• ライブをする レベル1以上の部員も出ます この2つです。 集めた部員と練習する 部員が集まったらいよいよ練習です。 その前に、ここで注意してほしいのが属性です。 このピュア属性のURことりちゃんと、 スマイル属性のN(ノーマル)クリスティーナを練習させると、 水色で囲ってあるところ見ると獲得経験値は100です。 URことりちゃんと同じピュア属性であるN神谷理華と練習させると、 獲得経験値は120です。 このように、同じ属性同士と練習させたほうが、1. 2倍も経験値が多く獲得できます。 また、N部員ではなく、 N部員のワンランク上のR部員と練習するともう少し多く獲得できます。 同じ属性のR部員と練習すると、720の経験値が獲得できます。 SR部員、SSR部員、UR部員というようにランクが高い部員と練習すればするほど、たくさんの経験値が獲得できます。 しかし、無課金の人にとっては特待生勧誘する機会が少ないため、 ランクが高い部員ほど練習相手にしづらくなります。 そのためここでは省きます。 無課金で育成するために必要な部員数 1. 未覚醒UR部員の場合 必要な経験値は59408でしたね。 育てたいUR部員と同じ属性の勧誘したN部員の場合なら、 約496人必要です。 覚醒UR部員の場合 必要な経験値は79700でした。 育てたいUR部員と同じ属性の勧誘したN部員の場合なら、 約665人必要です。 スクフェス 無課金でURを育てるには まとめ スクフェスでURを無課金で育てる方法について紹介してきました。 ポイントをまとめると、• まずは勧誘やライブをして部員を集める• 練習をするときは、育てたい部員と同じ属性の部員にする こうすることによって、無課金でも効率よく育てることができますよ。 これから育成しようとしている人や育成中の人は是非参考にしてください。

次の