ジバコイル 対策。 【ポケモンGO】ジバコイルの種族値と覚える技

【ポケモンGO】アルロの対策ポケモンとバトルに勝つコツ

ジバコイル 対策

技構成は基本的にはDPSが高いものが強いことになりますが、タイプ相性などにより、技構成によって得意とする相手が変わります。 すべてのポケモンとすべての技構成の組み合わせでバトルをシミュレーションした結果から、ジバコイルなりの最適な技構成と、最も得意とする相手ポケモンを順番に掲載しています 上位10匹。 なお、最適な相手の例にCPの低いポケモンを掲載してもジム戦では実用性がないため、CP上位のポケモンのみに限定しています。 「範囲」は、その技構成がよく効く相手の多さと重要性を示していますが、最適な技構成は相手のポケモンごとに異なるので参考程度にご確認ください。 技構成 最適な相手の例 範囲 [DPS] 100. 0 [29. 83] 4. 2 [24. 59] 2つ目のスペシャルアタックは、相手への範囲を考えて1つ目とは別のタイプの技を選ぶと良いでしょう。 レベル40・個体値15を前提として、すべてのポケモンとすべての技の組み合わせで バトルをシミュレーションした結果から表示しています。 相手の技については、すべての組み合わせを検討した上で相手が優位なものを採用しています。 「おすすめ度」は、 短い時間で倒せることと、 撃破した時の残存HP率の高いことを基準に使いやすさの目安として表示しています。 詳細は、「時間」「残HP」の項目を参照してください。 同じポケモンは上位2通りの技構成だけ表示しています。 なお、相手の技は3回に1度の割合で避けるシミュレーションとなっていますので、例えばすべての技を避けられるのであれば、「時間」が早い 値が小さい ものを選ぶと良いでしょう。 ジム・レイド戦でオススメの対策ポケモン ポケモン 技構成 おすすめ度 [偏差値] 時間 [残HP] 100. 0 [143. 2] 8. 8 [143. 0] 8. 2 [139. 2] 9. 8 [137. 7] 9. 9 [130. 4] 9. 4 [125. 7] 9. 2 [121. 2] 11. 0 [121. 1] 11. 9 [113. 6] 12. 7 [113. 3] 12. 3 [110. 8] 12. 8 [110. 2] 12. 5 [110. 0] 12. 6 [107. 9] 10. 5 [106. 8] 11. 7 [106. 0] 13. 0 [103. 1] 13. 5 [102. 6] 12. 2 [101. 2] 12. 5 [100. 4] 10. 相手のHPを削るスピードは速いものの、相手から受けるダメージも大きいです。

次の

『ジバコイル』のおすすめ技や弱点・対策【ポケモンGO】|ポケモン徹底攻略

ジバコイル 対策

5 3000 3 相手のパーティを確認して対策する アルロに負けても使用してくるポケモンは変わらない。 1回目でクリアできなかった場合は、相手が使ってきたポケモンに対抗できるポケモンをパーティに入れよう。 相手のシールドを早く使わせる アルロはこちらのゲージ技をシールドで防いでくる。 ただし、こちらがゲージ技を使うと シールドを必ず使用してくる。 これを利用して、ゲージ量が少ないゲージ技を覚えたポケモンを使って、相手のシールドを全て使わせよう。 アルロ1体目の対策方法 クヌギダマの突破方法 通常技 ゲージ技 ディアルガが安定して戦える カイリューはドラゴンタイプなので、ドラゴンタイプ技でも弱点を突ける。 こちらもドラゴンだと弱点を突かれるが、はがねを持っているディアルガであれば、ドラゴン技を等倍にできる。 一方的に弱点を突けるので、安定して戦える。 2重弱点を突けるこおりタイプで対策するといい。 ロックオンで素早くゲージを貯められるレジアイスや、技とステータスが強いマンムーがおすすめ。 はがねのつばさでこおりの弱点を突かれる カイリューは通常技ではがねのつばさを使うことがある。 はがねタイプの技なので、こおりタイプは弱点を突かれるため、すぐにやられてしまう。 はがねのつばさの場合は、こおりタイプ以外で対策しよう。 対策に使えるポケモン.

次の

『ジバコイル』のおすすめ技や弱点・対策【ポケモンGO】|ポケモン徹底攻略

ジバコイル 対策

同複合はのみ。 弱点3・耐性11・無効1という非常に優秀な補完を誇り、流し性能が非常に高い。 C130から放たれる一致技は強力で、の存在から安易な受け出しを許さず、ボルトチェンジにより有利サイクルを展開しやすい。 ただしメジャーなが4倍弱点であることに注意。 がある程度の保険にはなるが、無理をせずサイクルに持ち込むのが得策となる。 サブウェポンに乏しく、一致技半減の電気やなども苦手なため、後続でカバーしたい。 鎧の孤島での復帰にあたり、新たに「てっていこうせん」「ボディプレス」「ライジングボルト」などを習得した。 C特化こだわりメガネジバコイルが放つアナライズ込みてっていこうせんの火力指数は81900に及び、 半減相手でさえ無振り・無振りが確定1、無振りも高乱数1で落ちるという凄まじいまでの破壊力。 フィールドがある状態のライジングボルトならばそれ以上の火力が出せるなど、瞬間火力の高さは今までにもまして磨きがかかっている。 一方でチャージビーム・だいばくはつ・じゅうりょく・どくどく・リサイクルが過去作限定に、 めざめるパワー・シグナルビーム・バリアーに至っては技そのものが消えてしまった。 狭い技範囲を補ってくれていためざめるパワーの喪失は致命的であり、苦手な電気吸収特性持ちやじめんタイプ相手に辛くなる場面が増えている。 特性考察 特性は3つとも有用で、採用率は環境によって絶えず変動している。 ただし、どれでもよいということではなく、特性によって役割や運用方法が異なる。 何の目的でジバコイルを採用するのかをよく考え、特性を選択する必要がある。 じりょく 、を逃がさずに狩れる。 受けループ戦法に強い。 ボディプレス1発くらいは耐えられるだけの耐久があるので、鉄壁を積まれる前に拘束してしまいたい。 めざめるパワー廃止が非常に痛くやに対してはボディプレスくらいしか有効打を持たないので注意。 ゴースト複合のや、のようなとんぼがえり・ボルトチェンジ等の交代技持ちは拘束できない。 相手にされると逆に自分が拘束されるが、ボルトチェンジを持っていれば逃げられる。 がんじょう 耐性が多いとはいえ弱点を突かれやすいのであると安心。 一撃必殺技も無効化し、タイマンにも強くなるため安定性では一番。 ミラーコートやピンチ系きのみ、じゃくてんほけんと合わせた戦術も考えられる。 ふうせんを持たせる場合はふうせん潰しの攻撃でがんじょうも潰れてしまうため、他の特性の方が使いやすい。 には貫通されるため注意。 今作ではダイマックス技も1発耐えられるために有用性が上がった。 アナライズ 隠れ特性。 相手の交代時にも発動するため、耐性によって相手を流しやすくボルトチェンジを覚えるジバコイルとは相性がよい。 受けに出てきた相手に大きなダメージを与え、サイクル戦を有利に運べる。 「耐えて返り討ちにする」のではなく、「流して出てきた相手を崩す」ための特性である。 雨下での使用やダイサンダーにも。 飛行タイプや浮遊持ちには威力アップなし。 性能安定。 攻撃しつつ麻痺撒き。 ボルトチェンジ 電 70 105 100 自分交代 タイプ一致技。 攻撃しつつ撤退可能。 有利対面作りに。 今作で空振り保険とのコンボやダイサンダー化というオプションができた。 サポート技。 じりょくで拘束した相手を起点化可能。 てっていこうせん 鋼 140 210 95 最大HPの半分減少 タイプ一致技。 火力重視や退場用。 デメリットが痛いのでダイマックス前提も。 性能安定。 電気技とあわせて電気以外の17タイプに等倍以上。 はかいこうせん 無 150 90 次ターン行動不可 技不足に対する苦肉の策。 ダイアタック前提でも。 電気技とあわせて全タイプに等倍以上。 ダイマックスでは使いやすい。 ミラーコート 超 - 100 優先度-5 特殊技を倍返し。 がんじょうとあわせて。 弱点・空振り保険前提やトリパで。 アイアンローラー 鋼 130 195 100 フィールド破壊 タイプ一致技。 エレキフィールドやグラスフィールドの解除はデメリット。 ボディプレス 闘 80 100 自身の防御で計算 対鋼。 鉄壁とあわせて。 だいばくはつ 無 250 100 自爆技 じゃくてんほけん前提。 過去作限定 変化技 タイプ 命中 備考 でんじは 電 90 鈍足と相性がよいが、アナライズとの相性は悪い。 電気や地面に注意。 きんぞくおん 鋼 85 特殊受けを弱体化。 みがわり貫通。 ボディプレスの威力強化にも。 でんじふゆう 電 - 地面技対策。 耐性向上に。 リフレクター 超 - サポート用。 味方の物理耐久を強化。 ひかりのかべ 超 - サポート用。 味方の特殊耐久を強化。 こらえる 無 - ダイマックス枯らしや擬似頑丈に。 がんじょうにより確実に耐えられるので、素早さに振るのもあり。 最速で準速70族を抜ける。 ダイマックスを使う前提ならボディプレスではなくトライアタックも選択肢になる。 鋼タイプで使用率トップのはゴーストタイプの特性で束縛されないのでじりょくで捕まえることができない。 火力重視でひかえめにした場合、先手でボディプレスを撃たれないように最低でも4振りエアームドを抜けるように素早さを振っておきたい。 S92振りで4振りに先手が取れる。 ただし側も今作でボディプレスを習得しているので迅速に処理したい。 B特化エアームドのボディプレスでH252ジバコイルが確2。 頑丈持ちによりSで負けていれば労せず突破されるのでS調整は必須。 同タイプのも意識しておきたい。 S132振りなら4振り(4振り75族)を抜ける。 てっぺき+ボディプレスのコンボも可能である。 最速で最速115族抜き、準速で最速100族抜き。 こだわりながら柔軟に動けるボルトチェンジの優先度が高い。 アナライズ読みの裏をかけるものの、火力は雲泥の差。 レアコイルの方が素早さが高く、火力も明確に確定数が変わるような相手は多くないため、純粋にスカーフの強味を生かすならレアコイルに軍配が上がる。 しかし、ジバコイルは耐久に振った型が多く、スカーフ警戒がなされやすいレアコイルに比べて奇襲が成功しやすいため、十分にこちらも採用価値が認められる。 対ジバコイル 注意すべき点 高い特攻と、豊富な耐性による流し性能。 そのどちらとも相性のよい特性。 タイマン性能が高い型、鋼タイプをピンポイントで狩る型も存在し、型が読みにくい。 相性補完に優れるなどと組み、ボルトチェンジで無償降臨される恐れも。 対策方法 4倍弱点の地面で一撃だががんじょうやふうせんもある。 ねこだましや特性「」があれば確実。 電気タイプに対してはあまり有効打がないので、一致弱点を突ける、等なら撃ち負けない。 レアコイル No. 3倍になる) 体重 :60. ジバコイルよりもSが10高く、Cも120とアタッカーとして十分な数値。 S70という数値は絶妙であり、上を取れる範囲が大きく変わることで進化後とは違った強みが見いだせる。 特性により行動回数が確保されているため、高いSを最大限活かせるこだわりスカーフとの相性が非常によい。 ジバコイルと違い素でを抜いていること、と同速なのが強み。 他の利点としては体重が下がることでけたぐりのダメージが減ること、しんかのきせきを持たせられることなどがあるが、 たべのこしなどの定数回復込みの耐久だとジバコイルときせきレアコイルとでは、メジャーどころからの確定数がそう変わらない。 しんかのきせき型の場合も単純な耐久数値だけではなく、やはり素早さの違いを活かした運用が重要といえる。 Sが上がる性質上との相性が悪くなるため、基本の特性はorとなる。 なお、ジバコイルが習得可能な「ボディプレス」は習得できない為、技範囲はジバコイルより更に狭い。 ジバコイルと違い120族付近の、は勿論、最速まで抜けることが魅力。 特攻も120とより高く、最低限の火力はあると言えるが、やはりアナライズ発動時のジバコイルなどと比べると火力には大きな差が出る。 うまく耐性を活かして繰り出し回数を増やしたり、先制ボルトチェンジでのサイクル回しを利用したい。 めざめるパワー廃止で4枠目の技が少々悩ましいところである。 トリックを覚えないので、 てっていこうせん・トライアタックから選択となる。 、と同速以上であり、輝石もあってそれらの縛りはジバコイル以上にしやすい。 こちらはボディプレスを覚えないため相手はジバコイル以上に厳しい。 対レアコイル 注意すべき点 ジバコイルに勝る素早さと、負けず劣らずの特攻。 他の進化前ポケモンと違い、きせき以外にスカーフやZクリスタル持ちも多く、 はたきおとすやスカーフトリックで機能停止しにくい。 対策方法 ジバコイルより少し硬いか、少し素早い程度で、攻撃範囲や技構成はほぼ同じ。 アナライズ型は少なく、火力は落ちるので、電気や鋼に耐性があれば受けるのは容易。 でがんじょうを貫通して倒すのもよい。 技 威力 命中 タイプ 分類 PP 備考 技06 どくどく - 90 どく 変化 10 技10 めざめるパワー 60 100 ノーマル 特殊 15 技11 にほんばれ - - ほのお 変化 5 技15 はかいこうせん 150 90 ノーマル 特殊 5 技16 ひかりのかべ - - エスパー 変化 30 技17 まもる - - ノーマル 変化 10 技18 あまごい - - みず 変化 5 技21 やつあたり - 100 ノーマル 物理 20 技24 10まんボルト 90 100 でんき 特殊 15 技25 かみなり 110 70 でんき 特殊 10 技27 おんがえし - 100 ノーマル 物理 20 技32 かげぶんしん - - ノーマル 変化 15 技33 リフレクター - - エスパー 変化 20 技42 からげんき 70 100 ノーマル 物理 20 技44 ねむる - - エスパー 変化 10 技48 りんしょう 60 100 ノーマル 特殊 15 技57 チャージビーム 50 90 でんき 特殊 10 技64 だいばくはつ 250 100 ノーマル 物理 5 技68 ギガインパクト 150 90 ノーマル 物理 5 技72 ボルトチェンジ 70 100 でんき 特殊 20 技73 でんじは - 90 でんき 変化 20 技74 ジャイロボール - 100 はがね 物理 5 技77 じこあんじ - - ノーマル 変化 10 技87 いばる - 85 ノーマル 変化 15 技88 ねごと - - ノーマル 変化 10 技90 みがわり - - ノーマル 変化 10 技91 ラスターカノン 80 100 はがね 特殊 10 技93 ワイルドボルト 90 100 でんき 物理 15 技100 ないしょばなし - - ノーマル 変化 20 過去作技マシン No.

次の