非 接触 型 体温計。 非接触体温計とは?仕組みや原理と精度

粗悪な「体温計」がコロナ禍で蔓延し始めた事情 非接触型に注意!「海外発送品問題」が再燃

非 接触 型 体温計

身体の温度を測るのに便利な「体温計」は、脇の下に挟んだり、口にくわえたりして測るのが一般的だ。 でも、対象が乳幼児では体温を測るのも一苦労。 そこで、最近人気なのが「おでこ」で測る体温計だ。 これは、一体どうやって測るのか? そもそも、正しく測れるのか? この記事では、そんな疑問の多い「おでこで測る体温計」を紹介する。 簡単すぎる、おでこで測る体温計の使い方 一般的なおでこで測る体温計は、おでこに何秒も押し当てるのではなく、少し離して計測できる。 【参考】 体温計は、おでこで測るほうが負担は少ない 小さな子供や赤ん坊の場合、脇に体温計を挟んで、測り終わるまでじっとさせておくのは難しい。 ただでさえ体調が悪い時は、ぐずってしまって体温計を使うのも一苦労だ。 正しく測れずに何度も繰り返すと、乳幼児の負担も増えてしまう。 しかし、おでこで接触させずに測れるなら、寝ている時でも使えるし、すぐに済むので親の負担も少ない。 おでこで測る体温計の正確性 便利なことがわかったところで、肝心の「正確性」はどうだろうか? 外気に接触するため、この手の体温計の正確性は万全とはいえない。 とはいえ、脇に挟むタイプも種類によっては誤差がある。 どの体温計にも共通することだが、その機種の体温計で測った平熱を知っておくことが重要となる。 赤ちゃんの体温をおでこ体温計で正確に測るには この手の非接触タイプは、測る位置がメーカーごとに決められている。 おでこの場合、前髪がない場所やこめかみなどだ。 寝ていても動きがちな赤ちゃんの体温を測る時は、正確な位置での計測を心がけよう。 おでこで熱を測るってどういうこと? 当たり前のように「おでこに触れずに熱が測れる」というが、肌に接触せずにどうやって熱を測っているのだろうか? おでこで測る体温計の仕組み 身体に触れずに測る体温計は「赤外線体温計」といい、人体から出ている赤外線をセンサーが感知して体温を計測している。 【参考】 体温計の計測値はおでこと脇と耳で温度差がある? 非接触型のおでこ体温計と、脇に挟んで測る接触型の体温計と、耳の中に入れて計測する非接触型の体温計では、全く同じ数値が出るわけではなく、多少の温度差が出てしまう。 これはフジサンケイグループの調査研究機関・株式会社エフシージー総合研究所によって証明されている。 【参照】 おでこと耳、体温計で正確なのはどっち? 鼓膜の温度は、身体の中で最も安定した体温を保つ深部体温(脳や心臓など身体中枢の体温)と近いといわれている。 つまりおでこと耳では、耳のほうがより正確な体温を測れるが、体温計の向きや体毛、外気に左右されて、計測値が変動することもある。 また、運動をしたあと、起きたあと、食事のあと、入浴後などは高い数値が出やすい。 従って、その時間帯に計測すると正確な数値が測れない可能性がある。 病院では、おでこ体温計の申告は必須!? おでこは、特に外気の影響を受けやすい。 おでこで体温を測ったのであれば、病院での診察時には必ずそれを伝えよう。 体温計の選び方 体温計を選ぶ基準は3つだ。 1つ目は「測定方式」。 体温計は主に「実測式」と「予測式」の2種類に分けられる。 実測式は脇などに挟んで10分ほど待つ、実際の体温を計測する体温計だ。 一方で予測式は、現在の体温を計測し、数分後の体温を予測する体温計。 予測系は瞬時に計測できるため、じっとしているのが難しい子供に使うのが向いている。 2つ目は「機能性」。 今時の体温計は高性能なものが多く、スマホのアプリと連動したり、体温を体温計本体の中に数百日以上記録できるものなどがある。 発熱時だけでなく、日々の体調管理のために体温が記録できる体温計を常備しておいても良いだろう。 最後の基準は価格。 価格については次の項目から解説していく。 人気の体温計の相場は? 体温計は400円程度のものから、様々な機能が搭載された数万円のものまで幅広くある。 人気があるのは、どれくらいの値段のものだろうか? 2019年5月末現在、Amazonの売れ筋ランキング1位~3位は1500円前後~2000円強。 comの売れ筋順1位~3位は1500円~1800円。 ドラッグストア「マツモトキヨシ」のオンラインストアで、体温計をおすすめ順で検索すると1500円前後~2000円弱のものが表示される。 なお、この検索結果からは、「婦人用の基礎体温計」は除外している。 【参考】 おでこで測れる非接触型体温計は? おでこや耳で測る非接触体温計の相場は、2000円台後半から6000円以上だ。 おでこで測る体温計のおすすめは? では、おでこで測る体温計は、ズバリどんな製品が人気なのだろうか? 口コミや雑誌でも人気の、おでこで測る体温計を紹介する。 ピジョンのおでこで測る体温計の口コミ ピジョン「おでこで測る体温計 チビオンTouch(タッチ)15030」 参考価格:6400円 ピジョンのおでこで測る体温計チビオンTouchは、たった1秒で体温が測れる予測型の体温計。 その手軽さから高い評価を得ている。 【参考】 ドリテックの赤外線体温計の口コミ dretec(ドリテック)「体温計 赤外線 TO-300BLDI」 参考価格:2650円 ドリテックの体温計はおでこでも耳でも使える。 非接触タイプなので、赤ちゃんのミルクやお風呂の表面温度も測れる優れモノ。 2秒で計測できて触れる必要がない手軽さが好評だ。 【参考】 LERVINGの赤外線体温計も人気が高い LERVING「非接触型 赤外線体温計」 オンラインストア販売価格:3099円 LERVINGの赤外線体温計は、非接触型なので赤ちゃんでも衛生的に使え、計測も1秒でできる。 また哺乳瓶、お風呂の水温、離乳食などの温度を計測することも可能だ。 【参照】 おでこで測る体温計は、室温や季節に左右されることもある。 便利だからと、おでこで測るタイプばかり使うのではなく、脇で測るタイプのオーソドックスなものも用意しておこう。 日々の熱を測る時は手軽な「おでこで測る」タイプ、風邪をひいていそうな時は正確性のある「脇で測るタイプ」と、使い分けることが大切だ。 文/ねこリセット.

次の

非接触体温計比較サイト

非 接触 型 体温計

中でも急速に問題化し始めているのが非接触型体温計だ。 直接触れることなく体温を計測できる非接触型体温計は、病院などでも診察に活用されているが、コロナ禍で需要が急増し品切れが続出。 これに目をつけた輸入業者、あるいは海外拠点のEC出品者が、中国の生産拠点で流通する非接触型体温計を調達、販売し始めている。 しかし、これらの商品には「発熱しているのに平熱と表示される」「計測ごとの誤差が大きい」といった品質問題が指摘される商品が混入している疑いが強いだけではない。 「非接触型体温計」は「医療機器」にあたるため、法令に基づく手続きを経なければ販売することができないが、法令を守っているかどうか疑わしいケースも散見される。 また海外拠点の出品者、あるいは日本の住所を登録しながらも実際には海外発送といった出品者が、規制クリアをうたいつつも、実際には商品の販売認可を受けていないといったことが他ジャンルでは頻発していたこともある 電気用品安全法の基準PSEをクリアしていない商品をPSEマーク付きで販売するなど。 コロナ禍でワイヤレスイヤホンやモバイルバッテリーなどから、急速にコロナ対策関連商品へと消費者の目が変わる中、過去に粗悪な玩具、バッテリー、ワイヤレスイヤホンなどを販売した業者が、販売品目を急速に変えていることが背景にある。 需要急増で違法状態の医療機器販売が増加 アマゾン、楽天、ヤフーショッピングといった大手ECサイトは昨今、商品の多様性を高め、流通量を増やしていくため、クロスボーダー取引を加速させる動きを見せてきた。 以前にも、アマゾンに登録する海外セラーの問題をコラムの中で指摘したが 「Amazonやらせレビュー」中国企業の呆れた手口、2020年2月4日付 、かつてデジタルガジェットを扱っていた業者が、非接触型体温計を急に扱い始めるようになった。 これらの業者すべてが粗悪な製品を販売しているかは確認できない。 しかしながら、「医薬品、医療機器等の品質、有効性及び安全性の確保等に関する法律 薬機法 」違反が明らかな出品が見受けられる。 大量の疑わしい出品が確認されていたAmazon. jpは、何らかの条件に該当する出品を一斉削除した。 しかし毎日のように、新しい違法出品が繰り返されている。 また楽天、ヤフーショッピングなど、海外からの出店審査がより厳しいと考えられるECサイトも同様の出品が極めて多い。 またAmazon. jpとは異なり執筆時点で削除が大量に行われた形跡は見られていない。 商品の品質に関する問題を脇に置くとしても、そもそも薬機法の問題をクリアしていない出品もあるので注意したい。 国内で販売できる医療機器は「製造販売承認・認証」を受けたものだけだ。 これには企業としての責任体制の審査や外国製機器の場合は「外国製造業者登録」も含まれる。 そうした医療機器に付与される「医療機器認証番号」の表記もなく、製品の出自が確認できない状態のものが極めて多いのだ。 無論、販売規約としてはほとんどのECサイトも、日本での販売が認められていない製品はもちろん、販売に認可が必要な製品を無許可で販売することを禁止している。 しかしニーズ急増に合わせて大量に出品されるこうした商品の監視が追いついていない、というのが実情だろう。 海外出品者の「商品見極め方」とは? ではどのように商品を判別すべきだろうか? 粗悪バッテリーの蔓延などを考えるなら、今後、あの手この手で体温計などを販売する業者が登場する可能性もあるが、現時点では需要急増に伴って、デジタルガジェットを販売していた出品者が、突然、体温計などの機器を扱い始めている場合が多い。 これは製品の生産地が近く、同じコミュニティの中で商品を調達できるためだ。 まずは出品者が過去にどのような商品を出品しているかを確認したい。 また体温計ではなく、単なる放射型温度計のマークやパッケージだけを変えている場合もある。 需要急増に即座に対応できないためだ。 需要急増が日本だけではないことを考えれば、中国でも品質の高い製品は不足していると想像できる。 海外の、ましてや未知のブランド名を付けた製品は避けるべきだろう。 出品商品には、欧州のCE、米国FDAなどの承認マークがあることを品質根拠としている場合もある。 しかし、モバイルバッテリーの例ではPSE未承認の商品を「承認済み」と記載して販売していることは日常茶飯事だった。 そもそも「製造販売承認・認証」の発行を受けていない医療機器は販売できない。 医療機器認証番号の表記は義務ではないが、明記している製品を選ぶのが安心だろう。 今回は非接触型体温計について調べたが、当然ながらニーズの変化に応じて同様の販売を行う海外出品者 日本拠点としている場合でも発送が海外であることは少なくない は後を絶たないと考えられる。 いわゆる「コロナによる需要増」で品不足となっている商品に関しては、今後も引き続き注意が必要だ。 Amazon. jpが行ったように、条件を設定しての一斉削除は効果的ではある。 しかし、多くのECサイトの品質は出品者のモラルに少なからず依存している。 言うまでもないことだが、ECサイトがどんなに大手で信頼できる運営者であろうと、出品者の悪意をECサイトは保証してはくれない。 【2020年5月12日18時31分追記】初出時、医療機器の販売にかかわる手続きや条件について事実と異なる点がありましたので関連する記述について修正しました。

次の

粗悪な「体温計」がコロナ禍で蔓延し始めた事情 非接触型に注意!「海外発送品問題」が再燃

非 接触 型 体温計

非接触体温計. comへようこそ! 非接触体温計. comは、非接触体温計の比較サイト。 機能も価格も商品によって様々で、どの非接触体温計がいいのか分からない、という方のために、仕様・機能・価格から最適な機器が選べるよう、比較サイトを開設しました。 予算や使用目的に合わせて、最適な非接触体温計が見つかるお役に立てれば、幸いです。 comで取り扱い中の機器一覧 現在、当サイトで比較している機器は、下記の通りです。 日本製の赤外線非接触式体温計。 日本製。 発売元は、ユビックス。 機能もサポートも充実。 プロユースの非接触体温計。 スマホでデータ管理可能な非接触体温計。 日本製。 日本製。 発売元は、松吉医科器械株式会社。 測定距離センサーにより正確な測定が可能。 サーモフレーズ 日本精密測器株式会社 のOEM。 日本製。 発売元は、ケンツメディコ株式会社。 測定距離センサーにより正確な測定が可能。 サーモフレーズ 日本精密測器株式会社 のOEM。 大好評サーモファインダーPro FS-300の後継機種という位置づけです。 その名の通り、スマートな形に。 韓国製。 発売元は、原沢製薬工業株式会社。 十分な機能が備わっていて、価格がリーズナブル。 韓国製。 発売元は、株式会社MISORA。 精度が高く、サポート体制も充実。 医療機関向け。 イタリア製。 発売元は、株式会社日本テクニメッド。 多彩な機能が搭載された非接触体温計。 イタリア製。 発売元は、株式会社日本テクニメッド。 多彩な機能が搭載された非接触体温計。 サーモフォーカスプロの新機種。 台湾製。 発売元は、株式会社日シースター株式会社。 お子様向けの簡単で便利な体温計です。 計測器専門会社が作った非接触体温計。 お手ごろ価格の機器です。 デザインのかわいい非接触体温計。 「サーモファインダーPro FS-300」と同型の非接触体温計。 非接触体温計ママタッチDECOの後継機種。 非接触体温計ママタッチシリーズを販売するシースター株式会社の商品。 中国製。 パピっとサーモシリーズの小児向け非接触体温計。 パピっとサーモシリーズの前世代向け非接触体温計。 パピっとサーモシリーズの新感覚、投射型非接触式体温計。 額でも耳でも約2秒ではかれる赤外線体温計。 おでこにかざして約1秒で検温を行う非接触式の体温計。 距離センサー搭載で腋下換算方式の非接触体温計。 液窩温と舌下温、直腸温 体温は、液窩温(わきの下)(日本の標準測定法)、舌下温(世界の標準測定法)、直腸温(深部体温に最も近い温度)の3つの測定部位があります。 非接触体温計の多くは、おでこの温度を舌下補正値として表示します。 中には、3つの補正値を選択して表示することも出来ます。 非接触体温計の測定値は、個人差等により脇や舌下の平熱体温の値とは異なることがあります。 常に日頃から同じ部位で測定し、その箇所の平熱を知り比較することで正確な検温ができます。 3度の精確性となっていますが、非接触という性質上、機器と測定部の間の空気の影響を受けます。 そのため、低温または高温の室内では、実際の体温よりも低めまたは高めに測定されることがあります。 また、測定する角度などにより、測定値が安定しない場合もあります。 機器により推奨される使用環境や使い方が異なりますので、ご利用前には、説明書を熟読の上、正しくお使いください。

次の