進藤あまねアンチ。 「D4DJ Sound Only Live」Day2レポート

バンドリのモルフォニカでボーカルをやってる進藤あまねさんが嫌いです。...

進藤あまねアンチ

声優の中村悠一が片手間で歌手をやっている肩書声優を批判するような発言をラジオでしたようだ。 マフィア梶田「ラジオで喋りたいからたまに(専門学校に)来てるやつがいるんですよ。 」 中村悠一「あ、そうなんだ。 え?ライターの学校でしょ?」 梶田「ライターの学校です」 中村「ライターになるとラジオに出られると思ってるんだ」 梶田「その通り!」 中村「声優になると歌が歌えると思ってるやついるなあ」 梶田「そうそれ!腹立つでしょ?」 中村「もうね腹は立たなくなった。 そうなのかもなって最近思いだしてるから。 」 梶田「諦めちゃいましたか」 中村「昔はそうじゃないんだけどなと思ったけど。 」 その後、中村悠一がなんでも出来る人はマルチな仕事を結果的にすることになると発言する。 それに続けて 中村「ただやっぱ本業ができないんで、歌を歌うんだと歌手になった方がいいぜって思う。 」 梶田「それはそう」 中村「で一番思われたくないのは歌手になりたいけど本当の歌手の中で戦うのは難しいから声優という肩書きで歌手だったらちょっと温くても許されませんかねっていうさ」 梶田「いやー言いづらいことはっきりいますねー中村さん」 中村「いないと思うよそんな人!」 中村「いないと思うけど、いないと思うけど、もしいた場合は悲しいよね。 」 たしかに最近はちょっと売れている声優にはCDデビューの声がかかるように思う。 名前は出さないが、このレベルの声優でもCDをだせてしまうのかと思うような人が数多くCDデビューを果たしている。 つまり普通の歌手レベルの歌唱力を持たずとも、またTVに出るタレントになるほどの容姿を持たなくとも、声優としてある程度の知名度を得られれば、CDを出すことができるということである。 それを狙って声優の門戸を叩こうとする人を嫌うのは、声優として真剣にやっていこうと強い思いでその業界に足を踏み入れた者であれば仕方ないかもしれない。 ラジオを聴く限りでは中村悠一も昔はやはりそういう人を嫌っていたが、最近は声優としての実力が確立されていて、かつ歌唱力もあると認められるのであればもう歌うことが目的で声優を目指してもかまわないと思っているらしい。

次の

【BanG Dream!】Morfonica(モルフォニカ) ☆1【バンドリ】

進藤あまねアンチ

進藤あまねの歌唱力は? お答えしますね。 下に続く。 — だいぼ。 WonderfulDaibo 進藤あまね擁護班は全部見当はずれな事言ってるわw 15歳やぞとかアンチの人は歌上手いのかとか15歳でもプロで金貰ってるなら最低限の仕事はしなきゃあかんしアンチとプロの歌唱力比べるとかバカすぎるw 比べるならプロと比較しなきゃでしょ。 比較対象をアンチにしてる時点でそのレベルってことやん — 【ななみん】 iloverondon 新人声優、進藤あまねって人初めて知ったけど凄いな。 中3で業界入りしたらしい。 自分よりも若いっていうね。 歌唱力に文句言ってる人が目立つけど、そもそも声優であって歌手じゃないし、経験豊富な化物声優と比べちゃダメだと思う。 ストーリーの中の楽曲なので、今後どんどんうまくなっていくのではないでしょう。 下手という演出をしていると信じたい!笑 一部であまねすが歌下手みたいに叩かれてたけど、実はそういう「設定」なんだよね。 もしそれを「演じている」のだとしたら、進藤あまね…恐ろしい子! — おすしぃ picosushiya ましろの声優の進藤 あまね?の歌に対してみんな辛辣だなあ。 なぜこのようなキーワードが出てくるのでしょうか? 自分なりに考えてみました。 コスプレイヤーとして見られ慣れている過去• あまり実力が伴っていないという世論• アイドルのようなSNS活動(他の先輩方もやられていますが…笑)• いま競争が激しい声優業界なのに15歳で声優事務所に正式所属&デビュー などでしょうか。 でも、所属された響という事務所は評判いいですし 仮にこんなことで未成年を声優さんにしたとなれば犯罪以外の何物でもありません笑 何というか思考が凝り固まってしまっている方々が 好き勝手に騒いでいるだけでありますね。 確かに演技も歌もハッキリ言って下手だから、何で今更バンドリに起用したのかは疑問だけど。 まあ運営 というか事務所? が売り出したいんだろうなとは思う。 [仮] PoAfPaRoHhRsMn とりあえず、なんの恨みなのか知らんけど、15歳の女の子捕まえて枕だのなんだの言うのは品性を疑うのよさ。 その人の魅力を認めないのは自由だけれど、自分が理解できないからって不当な手段を使ってるんでしょと嘲笑うのは、とてもみっともない。 それこそ完璧に誹謗中傷よね。 犯罪だよ。 進藤あまねは元コスプレイヤー? 進藤あまねと検索すると、コスプレというキーワードが出てきます。 進藤あまねの歌唱力は発展途上?• 進藤あまねはギターが趣味!• 進藤あまねは元コスプレイヤー 最後まで読んで頂いてありがとうございました!.

次の

「D4DJ Sound Only Live」Day2レポート

進藤あまねアンチ

声優の中村悠一が片手間で歌手をやっている肩書声優を批判するような発言をラジオでしたようだ。 マフィア梶田「ラジオで喋りたいからたまに(専門学校に)来てるやつがいるんですよ。 」 中村悠一「あ、そうなんだ。 え?ライターの学校でしょ?」 梶田「ライターの学校です」 中村「ライターになるとラジオに出られると思ってるんだ」 梶田「その通り!」 中村「声優になると歌が歌えると思ってるやついるなあ」 梶田「そうそれ!腹立つでしょ?」 中村「もうね腹は立たなくなった。 そうなのかもなって最近思いだしてるから。 」 梶田「諦めちゃいましたか」 中村「昔はそうじゃないんだけどなと思ったけど。 」 その後、中村悠一がなんでも出来る人はマルチな仕事を結果的にすることになると発言する。 それに続けて 中村「ただやっぱ本業ができないんで、歌を歌うんだと歌手になった方がいいぜって思う。 」 梶田「それはそう」 中村「で一番思われたくないのは歌手になりたいけど本当の歌手の中で戦うのは難しいから声優という肩書きで歌手だったらちょっと温くても許されませんかねっていうさ」 梶田「いやー言いづらいことはっきりいますねー中村さん」 中村「いないと思うよそんな人!」 中村「いないと思うけど、いないと思うけど、もしいた場合は悲しいよね。 」 たしかに最近はちょっと売れている声優にはCDデビューの声がかかるように思う。 名前は出さないが、このレベルの声優でもCDをだせてしまうのかと思うような人が数多くCDデビューを果たしている。 つまり普通の歌手レベルの歌唱力を持たずとも、またTVに出るタレントになるほどの容姿を持たなくとも、声優としてある程度の知名度を得られれば、CDを出すことができるということである。 それを狙って声優の門戸を叩こうとする人を嫌うのは、声優として真剣にやっていこうと強い思いでその業界に足を踏み入れた者であれば仕方ないかもしれない。 ラジオを聴く限りでは中村悠一も昔はやはりそういう人を嫌っていたが、最近は声優としての実力が確立されていて、かつ歌唱力もあると認められるのであればもう歌うことが目的で声優を目指してもかまわないと思っているらしい。

次の