泥水 コーヒー。 泥水、コーヒーの汚れも弾く白トップスはママの強い味方

コーヒーはフィルタひとつで劇的に変化する!数円の差で泥水を飲むか、極上の珈琲を飲むかを決めるのはお前だ!

泥水 コーヒー

ヤカンで煮出して飲むコーヒー 「フィーカ」という言葉を聞いたことがあるでしょうか。 これは北欧スウェーデンのコーヒー文化で、主には家族や友人・同僚などと(休憩時間に)コーヒーを飲む時間を意味するそうです。 また、このとき、シナモンロールやサンドイッチなど、甘いものと一緒にコーヒーを飲むのだとか。 国民一人あたり年間で800杯近くコーヒーを飲むという北欧の国々では、コーヒーは生活の中でとても大事なポジションにいるようです。 そんなスウェーデンから、アウトドアにぴったりのコーヒーが日本にやってきました。 それが「レンメルコーヒー」です。 このコーヒーは、ヤカンで煮出して飲むスタイルが推奨されています。 コーヒーはさまざまな淹れ方がありますが、ヤカンにそのまま粉を入れて煮出して飲む方法は原始的な方法。 1960年代にドリップコーヒーが誕生するまでは、水を入れたヤカンにローストして粗挽きしたコーヒー豆をそのまま入れて、煮出して飲んでいたそうです。 猟師などの野外で仕事をする人の間で「フィールドコーヒー」と呼ばれ親しまれていたこのスタイルを、現代に復活させたのがこのレンメルコーヒーというわけです。 キャンプ・焚き火と相性のいいコーヒー キャンプのベストシーズンは秋冬と信じて疑わないソトレシピ編集部では、焚き火とともにレンメルコーヒーを楽しむのがマイブームになっております。 もう焚き火に限らず家でも煮出して飲んでいる始末。 なぜ焚き火と相性がいいのか。 それは、煮出している間、焚き火とヤカンから目が離せなくなるところにあるのかもしれません。 電気やガスと違って、焚き火の火はそれほど安定しません。 コーヒーが煮出されるまでの間、その火力をコントロールしながら出来上がりを楽しむ。 この間の所作を含めたところに魅力を感じているのかもしれません。 パーコレーターもエスプレッソマシーンも、そしてコーヒーミルで豆を挽いてと、あの手この手でキャンプでのコーヒーを楽しんできましたが、煮出して飲むこのスタイルは、原始的なのに実に新鮮なものでした。 また、継ぎ足し継ぎ足しで二番煎じ、三番煎じと延々と楽しめるのもまた魅力。 ちなみに、淹れたコーヒーを飲み干そうとするときは慎重に。 口の中に粒状の粉が入ってくることがあります。 しっかり煮出して飲みましょう。 アイテムの所有欲もかきたてる! レンメルコーヒーのオリジナルケトルとそのレザーケースも意匠が凝らされていて、所有欲をそそるアイテムです。 焚き火で使い込んでいくと、唯一無二のアイテムに育てていく感覚も味わえます。 商品の詳細はで確認してみてください。 ソトレシピマガジンでも紹介した、UPIの鎌倉店でも大々的に扱われております。 ソトレシピで見つけた料理をつくって食事を楽しんだら、食後にゆっくり焚き火とともにレンメルコーヒーを楽しむ。 そんなキャンプをしてみてはいかがでしょうか?.

次の

コーヒーはフィルタひとつで劇的に変化する!数円の差で泥水を飲むか、極上の珈琲を飲むかを決めるのはお前だ!

泥水 コーヒー

コーヒーが好きな人たちの間で一度は言われるであろう「インスタントコーヒーはまずい」というセリフ。 はたして本当なのでしょうか? たしかに喫茶店やカフェなどの豆からいれるレギュラーコーヒーにくらべ、風味が落ちるのは事実です。 これはしょうがないですね。 ただ、 まずいと言うほどかというと、かならずしもそうではなく、いれかたなどが理由のことがあります。 とすれば、一度インスタントコーヒーをおいしくいれる方法を研究するのもよさそうです。 また、どうやってもダメ、まずいとしか感じられないなら本格的なレギュラーコーヒーを考えるのもいいですね。 コーヒーは基本的に嗜好品ですから、おいしくないとか面倒とかストレスを感じながら飲むのはもったいないです。 ちょっとした知識と手間で、けっこう味をよくすることができるので、自分にあったいれかたを見つけるといいでしょう。 インスタントコーヒーがまずいと感じる理由 コーヒーをインスタントでいれたとき、味に不満を感じる理由はつぎのものがあります。 ・いれかたがよくない ・選んでいる製品がよくない ・やはりどうやってもインスタントコーヒーでは満足できない まあ中には「インスタントはまずい!」をけなしておけば、なんとなくツウっぽく見えるかもしれないという理由で言っている人もいるかもしれません。 しかしそうでなければ、まず上のどれかに当てはまるでしょう。 これらによって対策も変わりますので、順に説明していきます。 いれ方の問題 「いれ方と言ってもお湯に溶かすだけじゃないの?」と思われるかもしれませんが、じつはそうでもないです。 ちょっとした手間をかけると、かなり味がよくなります。 まあ簡単なのが取り柄のインスタントコーヒーであんまり手間をかけると、それはそれで存在意義が疑われることになるのですが、それでも 次の点に気をつけるだけでもけっこう変わります。 いれる粉の量 意外と重要な点です。 インスタントコーヒーのビンにはたいてい「ティースプーン1杯 2グラム にお湯140cc」みたいに書いてあります。 てきとうに入れたりせずに、ちゃんとその通りにしたほうがいいです。 濃さが変わるだけでかなり印象がかわるので、ひょっとしたらそれだけで好みの味になるかもしれません。 それでもまずいと感じるなら、次へ。 お湯の温度 ぬるすぎるのはもちろん、熱すぎてもダメです。 熱湯のようなのを「熱くないよ?」と無理矢理飲むのがツウというのは、少なくともコーヒーにおいてはまちがいということになります。 コーヒーは熱すぎると味が分からなくなります。 適温は80度ぐらいです。 いれる過程で自動的に温度が下がるレギュラーコーヒーと違い、インスタントコーヒーはお湯をいれるだけですから、熱湯でいれたら当然のことながら熱湯とほぼ同じ温度のコーヒーができあがります。 したがって、意図的に温度を調整する必要があります。 ただこれも「インスタントごときにいちいち温度計なんて・・・」となるかもしれません。 その場合 沸かしたお湯をつめたいままのカップに入れる(できればそこからさらに別の冷えたカップに移しかえる)などで調整するのが簡単です。 ちょっとだけの水でとく これはウソのように効果があるのでやってみるといいです。 お湯を入れる前にカップの底に少しだけ水を入れ、そこにインスタントコーヒーの粉をいれて溶きます。 こうすることによって、 インスタントがまずくなる理由である独特の粉っぽさがなくなります。 粉っぽさがなくなると、味がだいぶ深く感じられておいしくなります。 これはなかなかいいですよ。 理由は粉にふくまれるデンプン質は熱湯だとダマになる性質があるからで、そういえば小学校の理科の実験でにたことをした気がしますね。 ひとりで自分のためだけにいれるインスタントコーヒーのために粉をシャカシャカしていると、ちょっとさびしさを感じるこもともあるかもしれませんが、それでもやる価値はあります。 それにさっきの温度調整にもなってくれそうですね。 そのほかに、粉をフライパンでちょっとだけ炒めて香りを出す、塩を入れるなど、本格的なレギュラーコーヒーでやろうものなら 「豆職人にたいする冒涜だ、けしからん!」なんて言われそうなことが平気できるのも、インスタントコーヒーのメリットと言えます。 いろいろ試してみるといいでしょう。 それでもダメだったら、つぎの段階です。 スポンサーリンク 買う製品を変える いろいろやってもまずいものしか出来上がらなかったら、 買っているインスタントコーヒーを疑ってみる必要があります。 とはいえ、世の中には山ほど製品が売られているので、いちいち買って試すのは大変です。 そこで、最低限知っておきいこととして、インスタントコーヒーには ・フリーズドライ ・スプレードライ の2種類あることを覚えておくといいです。 これは作り方の違いでして、 フリーズドライは粉といっても粒がゴマぐらいの大きさのある、小さなジャリみたいな感じのもの。 こういうのですね。 スプレードライはもっとこまかくて粒が見えないくらい小さい、砂みたいにさらっとしたものです。 これがスプレードライ。 これらのうち、風味がよいのはフリーズドライ(ジャリ状のもの)です。 スプレードライ(砂状のもの)は安くて冷たい水にも溶けやすいのでアイスコーヒーを作りやすいのがメリットですが、風味の点では劣ります。 まあインスタントコーヒーも年々進化しているので、最近ではスプレードライだからといってまずいとはかぎりませんが、やはり製法の点でフリーズドライが有利なのには違いありません。 これらの違いは見て分かるので、選んでみるときの基準にするといいでしょう。 インスタントコーヒーでは満足できない それでもどうやってもまずいと感じる場合、残念ながら これはもうインスタントでは満足できないということでしょう。 残念というか、それだけ味が分かるようになったということですから、これはむしろ喜ばしいことですね。 とくに「カフェや喫茶店で飲むコーヒーがおいしかったから、家でも再現したい」という場合、インスタントではまずきびしいです。 その場合、レギュラーコーヒーのほうがいいです。 レギュラーコーヒーというのは、コーヒーを豆からいれる本格的なやり方で、カフェや喫茶店でいれるコーヒーも基本的にはこれです。 知らない人にとってはハードルが高く感じるかもしれませんが、慣れればなんてことないです。 そして果てしないくらい奥深い楽しみ方があるので、おいしいコーヒーを求めていくなら断然こちらがおすすめです。 レギュラーコーヒーはどうやっていれるのか? とはいえ、インスタントしたいれたことのない人が、いきなりスーパーでコーヒー豆や粉を見ると 「いったいこれがどうやって、いつも飲んでるあのコーヒーになるんだ?」と思われるかもしれません。 僕もそうでした。 コーヒーを豆からいれる方法はいろいろありますが、大きく分けると ・手作業(ハンドドリップ)でいれる ・コーヒーマシンを使う このふたつです。 ハンドドリップは器具代が安く、それでいてどこまでもおいしいコーヒーをいれられるのですが、手作業なのである程度なれがいります。 一方の コーヒーマシンは誰でも安定した味をだせるのがメリットです。 機械でいれるので、超高級マシンでもないかぎり飛びぬけておいしい味にはならないかわりに、 失敗する心配も少ないので、手軽に始めたいならコーヒーマシンから試すといいでしょう。 飛びぬけておいしくはならないといっても、プロがいれる味にはおよばないということで、基本的にはインスタントに比べると風味豊かなコーヒーをいれることができます。 コーヒーマシンの価格はさまざまで、高いものは100万円以上で「車かよ」なんてのもありますが、 安いものだと数千円ぐらいであるので、まずはこういったものを使うといいです。 さらに気軽なものとしてはマシンの無料レンタルサービスをやっているものもあります。 意外と簡単にちょっとしたカフェレベルのレギュラーコーヒーが自分でもできるようになるので、インスタントコーヒーがどうしてもまずいというなら試してみるといいです。 まとめ 長くなりましたのでまとめますと、インスタントコーヒーがおいしくない理由としては、ほとんどの場合 ・いれ方がよくない ・まずい製品を買っている ・レギュラーコーヒーでないと満足できない の3つということです。 いれ方と製品えらびは簡単にできるので、とりあえず試すことができます。 レギュラーコーヒーにするのは少し手間がいるものの、大幅に風味がアップするので、これはこれでいい方法ですね。 いろいろ試してインスタントコーヒーで満足できるようなら手間がかからずにすみますし、レギュラーコーヒーをいれてみてその味に感動するなら、それもまた素晴らしい体験です。 どちらにもメリットがありますので、自分に合った方法を選ぶといいでしょう。

次の

おしっこ(尿)の色が濃い、茶色っぽいについて|泌尿器科|五本木クリニック

泥水 コーヒー

一口含むと口いっぱいに広がる華やかな香り。 かすかな甘味と深い苦みにあふれた芳醇なコク。 そんなコーヒーで一日をはじめられたら・・・ つい先日、ずっと使っていたコーヒーメーカーが壊れてしまい買い換えました。 その際、付属のコーヒーフィルタを使ってみたところ・・・ 苦味・甘み・コクの力強さが圧倒的に違う!! こんなにも違うのかと驚きました。 コーヒーフィルタなんて100均で十分!コスト削減効果のほうが大きいと思っていましたが、バカなことをしていました。 美味しいコーヒーは、ただそれだけで暮らしを彩ります。 コーヒーフィルタを100均のものにしても削減できるコストは1杯につきたったの2円! それであの香りとコクを失うなんて、人生の損失です。 メリタ付属のフィルタには小さな穴が無数にあいています。 この穴が安価なフィルタだとフィルターに引っかかって残ってしまう味・香り成分を下に落としてくれているのでしょう。 100均が悪とは言いません。 僕だって100均でいいものは100均で済ませます。 でも・・・コーヒーメーカーのフィルタだけはケチっちゃいけなかった! コスト削減が至上命題のこの貧乏くさくなってしまった日本の空気にさらされすぎて、目が腐っていたようです。 変わり続ける世の中において、どれだけ時代が変わっても。 削っちゃいけないもの、変えちゃいけないもの、なくしちゃいけないもの、守り続けなくちゃいけないものは、確実に存在する。 コーヒーをこすだけの紙切れ一枚に、人生の真理を見ました(笑)。 メリタのコーヒーフィルタには最上位「グルメ」を使ったところ・・・チェーンのコーヒーショップにいく意味がわからなくなった。 このコーヒーメーカーについていたのはメリタで扱っているフィルタの中でも最も標準的な 「メリタアロマジック ナチュラルホワイト」。 それだけでも100均フィルタとの違いに驚かされたのですが・・・ なんとメリタのフィルタには、さらにその上があるようです。 その名はグルメ! なんでもフィルタの上部・中部・下部でそれぞれアロマホールの数を変えて、最高の味と香りを引き出すフィルタなのだとか。 さらにコーヒーアロマを含む「コーヒーオイル」の抽出量を2倍にする「アロマプラス」なる構造を持っているのだとか。 どうしても試したくて買っちゃいましたwww 確かに表面には無数の小さなS字状の突起があります。 フィルタの上・中・下のそれぞれに境界線が引かれています。 では、早速頂いてみましょう。 さあ、見せてもらおうかメリタ製最高級コーヒーフィルタ「グルメ」の性能とやらを・・・ うまー! クソやかましくてろくに掃除が行き届いていない、横柄な態度のバイトがいるチェーンのコーヒーショップで気分悪くするくらいなら、ちょっといいコーヒー豆買ってきて、自宅で淹れて飲んだほうが100倍優雅な癒やし時間を過ごせます。 お金も時間も節約できて、誰にも邪魔されずに、コーヒーの香り漂う自宅で、お気に入りの文庫本を片手にゆっくりとした時間の流れに身を任せる。 この時間の価値は、コーヒー好きにしかわかりません。 まとめ ひとつ補足です。 いいコーヒーフィルタを使うと、安い豆は、安っぽい香りと安っぽい味が強調されます。 ただ苦いだけのコーヒーができてしまうので、オススメしません。 ミルクなんて入れた日には、さらにまずさが増幅されて絶望的です。 ブルマンとはいいませんが、それなりの豆を用意してください。 ちなみにメリタのフィルタはAmazonだと、最下位の「エコブラウン」と「アロマ」で240円ほど違うようです。 1枚あたりにすると3円程度。 3円ケチってこの味と香りを捨てるとか、アホだろ、絶対。 以上です。

次の