ピアノ 楽譜 おすすめ。 ピアノで簡単に弾けるおすすめボカロ楽譜3選【ドレミが分かればOK】

ピアノ初心者におすすめの楽譜人気ランキング10選【クラシック・アニソンも!】

ピアノ 楽譜 おすすめ

Contents• 保育士がピアノの楽譜を選ぶときのポイント 保育士向けのピアノの楽譜は、さまざまな種類が展開されています。 自分に合ったものを選ぶときには「楽譜を利用する目的」を明確にすることが大切です。 例えば「とにかく保育の現場で役に立つテキストがほしい」と考えるのであれば、保育士向けに展開されているピアノの楽譜を選びましょう。 また、レトミックなど子どもたちも参加することが前提なのであれば、ピアノの先生向けの楽譜をおすすめします。 さらに 曲数やどのような曲が収録されているかも重要な判断基準となります。 「できるだけ曲数が多い方がいい」、「最新のJ-POPなども入っている方がいい」など、希望に合わせて内容にも注目しながら選びましょう。 そして音楽にも、子どもたちとの相性が存在します。 「いまいち子どもたちの反応がよくない」と感じられるのであれば、別の楽譜を用意する柔軟な姿勢も大切です。 とにかく定番曲を知りたいときにおすすめのピアノ楽譜 まずは、はじめてピアノの楽譜を用意する人や、とにかく定番曲をおさえたい人におすすめのピアノ楽譜をご紹介しましょう。 保育士がまず覚えるべき楽曲を押さえたいのであれば、おすすめなのが 「ピアノでうたおう!」シリーズです。 「ピアノでうたおう!保育園・幼稚園の人気ソング」、「ピアノでうたおう!定番こどもベストソング100」のように、定番の楽曲を一通りチェックできます。 1歳児クラスを受け持ったとき、5歳児クラスを受け持ったときのように子どもの年齢に合わせたピアノ曲が知りたいときには「年齢別12か月こどものうた154 カンタンに弾けてゴージャスに聴こえるピアノ伴奏譜」もおすすめです。 さらに、定番曲をできるだけ多く押さえたいときには「たのしい こどものうた600選」のように、収録楽曲数に注目して楽譜を選ぶのもいいでしょう。 保育士向けのおすすめピアノ楽譜 これから保育士を目指したいと考えている人には「保育者・教師をめざす人、集まれ~!みんなピアノだい好き!」、「楽譜 保育士・先生が弾く こどもの心をはぐくむうた やさしいピアノ・ソロ/初級 」、「保育士・幼稚園教諭のための弾き歌い伴奏集」などがおすすめです。 これらのピアノ楽譜は、 保育士が使うことを前提に作られているため、より実践的な目線から知識を身につけることができます。 また「誰でもスグに弾ける こどものあそびうた100」は、比較的難易度の高くない楽曲が集められています。 これから保育士を目指す人、すでに保育士としてのキャリアがある人でも、ピアノのスキルに自信がないのであればかなり参考になるはずです。 また、保育施設で行われる行事に向けて準備をしているときには「忙しい保育士のためのやさしいピアノ季節・行事のうた名曲集」のように、行事関連の楽曲を集めた一冊をおすすめします。 ピアノの先生向けのおすすめピアノ楽譜 保育施設において、子どもたちに保育の一環としてピアノを教える機会があれば、ピアノの先生向けの楽譜も活用しましょう。 特におすすめなのは 「ピアノ・ソロ」シリーズです。 「ピアノ・ソロ ピアノの先生が子供のために弾きたい人気ソング・コレクション」、「ピアノ・ソロ ピアノの先生が薦めたい発表会の定番曲あつめました。 」などが展開されています。 子どもと楽しい時間を過ごすのに最適な楽曲が多数収録されているため、子どもに喜ばれる楽曲を弾けるようになるでしょう。 行事やおゆうぎ会の中で子どもにピアノを演奏してもらうときにも、参考になるピアノ楽譜です。 旬の曲やアニメソングも知りたいときにおすすめピアノ楽譜 定番曲が多く収録されているピアノ楽譜には「子どもたちの関心を集める、今どきの曲も知りたい」と感じることもあるでしょう。 テレビを見ていて一度は聴いたことのある曲に、子どもたちのリアクションも大きくなるかもしれません。 さらに「ピアノソロ ディズニー・オン・クラシック 〜まほうの夜の音楽会2018 ピアノ・セレクション」、「ピアノ曲集/ピアノ・ソロ 宮崎 駿 & スタジオジブリ 人気曲ベスト」など、特定のジャンルに特化した楽譜もあわせてチェックしましょう。 ディズニーやジブリが好きな子どもにとって、楽しい時間となるはずです。 まとめ お歌の時間や音楽レッスンは、楽しみながら子どもたちの感性を伸ばしていける大切な時間です。 今回ご紹介したピアノ楽譜を参考にしながら、レパートリーを増やしてみませんか?.

次の

ポピュラーピアノとは!?初心者におすすめの名曲・楽譜

ピアノ 楽譜 おすすめ

もくじ• この楽譜は移調してハ長調で書かれています。 左手の伴奏が単音で、しかも全て二分音符。 すごくシンプルなので、メロディーの細かな動きさえ頑張れば形になるはず! 指番号も細かく書かれていて、わかりやすく使いやすい譜面です。 全2ページ。 print-gakufu. 上に挙げた楽譜より、左手の伴奏に動きがあります。 全2ページ。 print-gakufu. 一つ目。 全部カノンなんですけどね。 かっちりしていて、華やかさというより重厚さを感じます。 弾きやすさとか、耳ざわりの良さとか、そういうことに重きを置いていません。 媚を売ってないかんじです。 好き嫌いがあると思うし、きっちり弾かないと様にならないので本番で使うにはリスクが高いと思います。 でも、他にはない厚みがあって、すごくおすすめです。 全6ページ。 そして二つ目。 とてもバランスが良いアレンジで、発表会やコンサート、結婚式など、どんな場面でも使えると思います。 全6ページ。 print-gakufu. ・いろいろな場面で使えるのは、 中級の曲集か 上級のぷりんと楽譜。

次の

【全音・おすすめ】ハノンとは?楽譜・値段【ピアノ教本】

ピアノ 楽譜 おすすめ

ピアノの練習曲として、クラシックを弾きたいという方は多いです。 誰でも知っているような憧れのクラシック曲を弾けるようになったら、誰かに聞かせてあげたくなります。 練習とはいえ、知らない曲を弾けるようになっても何も面白くありませんからね。 今回は初心者の方でも弾ける、 クラシックの有名曲を簡単アレンジした楽譜を紹介します。 非常に有名な曲ばかりですので、もし知らない方がいればこの機会に覚えましょう。 特にYouTube等にオーケストラのものが数多くありますので、調べてみてください。 今回も例によって難易度順に5つ紹介していきます。 楽譜の 画像をクリックすると掲載しているサイトに飛びますので、画質が荒れて見にくい方はリンク先を参照してください。 もちろんすべて無料です。 頻繁にTV CMなどで使われているため、聞いたことがない人というのはほとんどいないのではないでしょうか。 日本人はモーツァルトの曲が好きな方が多いようです。 明るい曲が多く、聞いていて気分が高まったりリラックスできるため気持ちはすごくわかります。 ちなみにアイネ・クライネ・ナハトムジークは「小夜曲(小さな夜の曲)」という意味のドイツ語です。 「アイネ・クライネ・ナハトムジーク」は本来ト長調の曲ですが、こちらはハ長調にアレンジしています。 左手も簡単に仕上げられており、 まず最初に練習するクラシックとしては申し分ない難易度と知名度だと思います。 曲の終盤にはリピート記号が使われていますので、間違えないように注意しましょう。 小節の上に記載しているアルファベットはコードを意味しますが、気にしなくて大丈夫です。 曲が作られた年代としてはクラシックの古典派になりますが、次に来るロマン派の音楽に近い曲になっています。 そのため曲名は「幻想曲風ソナタ」という名前になっています。 テンポも遅く、シンプルな音楽のため簡単な楽譜です。 もともとの楽譜は嬰ハ短調ですが、こちらはホ長調にアレンジされています。 全体を通して暗い曲ですので、個人的にはあまり好きな曲ではありません・・・。 ですが、クラシックの中でも有名で練習にちょうどよい曲ですので紹介させていただきました。 後半は左手をよく動かす必要があり、初心者の方はこの 規則正しいテンポを崩さないようにメトロノームを使って練習することをおすすめします。 ダンパーペダルを踏んだほうが曲の味が出てきますが、最初は踏まないで練習しましょう。 正式名称は「3つのヴァイオリンと通奏低音のためのカノンとジーグ ニ長調」の第一曲です。 クラシック音楽の入門用として、市販の楽譜ではよく紹介されています。 クラシックの中でも古いバロック派の音楽です。 バロックとはそもそも「いびつな真珠」という意味であり、メロディー以外がぐちゃぐちゃとしていることが多いことからこう呼ばれていたらしいです。 曲自体はそのバロック音楽らしい複雑な装飾が奏でられています、 そのためここだけの話、初心者用かつ無料、ある程度メロディーを捉えている楽譜を探すのに苦労しました。 このアレンジされた楽譜は難易度を適度に落としてアレンジされているため、初心者向けに仕上がっていると感じています。 左手も4分音符がおおいですが、休符も多いです。 最初のうちは、休み休み指や鍵盤をしっかりと確認しながら演奏しましょう。 原曲が長い(区切るタイミングが難しい)ため仕方がないですが、 今回紹介するクラシックの楽譜の中で最も楽譜が長いです。 最後まで練習するのに一苦労するかと思います。 しかし、この曲を演奏できるようになったら、人に一度演奏してみたくなることは間違いありません。 名前だけ聴くとものすごく中二心がくすぶられる曲名です。 (笑) ただし、【戦場】ではなく【線上】です。 「G線上」とは、「バイオリンの4本の弦の名前「E・A・D・G」のうち、「G」の弦の上」という意味です。 「アリア」とは、クラシック音楽用語で、オペラのクライマックスなどのように、感情を込めて歌い上げる曲(独唱曲)のことを言います。 つまり「G線上のアリア」とは「バイオリンのG線の独唱曲」という意味なのです。 雑学ですが、バッハ作曲のこの音楽は正しい名前・曲は別にあり、今日親しまれている名前・メロディーは編曲されたものです。 編曲した方がG線だけで演奏できるようにしたため、こう名付けられたようです。 前置きが長くなりましたが、楽譜の説明をします。 まずはじめに、 右手・左手どちらも「ヘ音記号」です。 「右手はト音記号」というイメージで入ってしまうとぐちゃぐちゃの曲になりますので注意してください。 さらには、臨時記号も多く初見で演奏するにはかなり時間がかかるかもしれません。 また、左手にも8分音符が記載されているためある程度の速さが求められます。 総じて、 初心者向けの中では難易度は高めになります。 ここから始めて苦戦される方は、ここまで紹介した曲に戻って練習してみてください。

次の