布団 クリーナー アイリス オーヤマ。 【アイリスオーヤマ布団掃除機を使ってみた結果】ダニ対策の効果的な方法も紹介|リノベと暮らしとインテリア

コスパ最高でおすすめのふとんクリーナーアイリスオーヤマ「IC

布団 クリーナー アイリス オーヤマ

布団クリーナーとは 布団クリーナーとは一言でいえば布団専用の掃除機のことで、ダニやハウスダスト対策として誕生しました。 普通の掃除機とは違い布団専用なので、振動して布団たたきの効果のあるもの、ダニ対策としてUV照射の機能が付いたもの、布団に使いやすいようにローラーが付いているものなどさまざまです。 仕事が忙しくて布団が干せない、せっかくの休みなのに雨。 近年では花粉症や黄砂、PM2. 5などの飛散によるアレルギーが懸念され布団を干せない状況になりつつあります。 また、高齢化の深刻な日本ではお年寄りが布団を干すのは困難な重労働です。 そんな様々な状況で活躍してくれるのが布団クリーナーです。 布団クリーナーと言えば「干すよりキレイ」で有名な韓国のレイコップの登場が印象的ですが、掃除機で有名なダイソンもいろんな商品を出しています。 パナソニック、シャープ、日立、アイリスオオヤマなど各大手メーカーもいろんな機能を搭載したモデルを生み出しています。 布団クリーナーの使用頻度は、布団を干す頻度よりも多めが望ましいですが、毎日布団クリーナーを使用すると布団にダメージを与えてしまいます。 布団クリーナーのメリット・デメリット メリット 天気に左右されずいつでも布団に掃除機をかけられます。 寝るための布団を普通の掃除機と一緒にしたくない方には清潔感が高まるので衛生面でのメリットは大きいといえるでしょう。 ダニやハウスダストを吸い取るのでアレルギーがなくなった、布団に入った時の気持ちいい感が増すなどのメリットもあります。 デメリット 布団専用なので他の場所では使えません。 ハンドクリーナーとして車などで使ったあとヘッド部分が汚れてしまったり、静電気を発してダニやハウスダストを集める布団に付着させたりする恐れがあります。 機種によっては重い、扱いにくい、手入れが面倒などのデメリットもあります。 布団クリーナーの選び方のポイント コードの有無 コードレスタイプは持ち運びしやすい、扱いやすいなどのメリットがありますが、充電しなければ使うことができませんし、コード付きのものと比較して吸引力が不安定です。 コード付きは高い吸引力を維持しながら連続して使用できます。 コードが届く範囲でしか掃除できないこと、移動する時に手間がかかるなどのデメリットがあります。 集塵方法 集塵方法は「フィルター式」「紙パック式」「サイクロン式」の3種類に分けられます。 フィルター式はフィルターを通してダストカップにゴミを吸引するのでお手入れが簡単ですが、ごみが目詰まりしたり、溜まったりすると吸引力が弱まります。 専用の紙パックの購入にコストがかかりますが、微細なゴミも飛び散ることなく安心して紙パックのまま捨てることができます。 サイクロン式はダストカップに溜まったゴミをそのまま捨てるだけなのでお手軽かつ経済的ですが、ゴミを捨てる時に舞い散りやすいという難点があります。 その他の機能・価格 布団たたき機能によってダニをかき出す、温風機能でダニの繁殖を防ぐ、高い吸引力、プラズマクラスターで消臭、UV照射によるダニ対策、運転モードの切り替え、ノズルの長さ、センサー機能、音、価格など求める機能は人それぞれなのでよく検討しましょう。 おすすめの布団クリーナー10選 機能性で選ぶなら…ダイソン V7 Mattress.

次の

布団クリーナー アイリスオーヤマ 花粉 掃除機 布団 ハイパワー IC

布団 クリーナー アイリス オーヤマ

高感度ダニちりセンサーが ハウスダストの量を感知して、ランプでお知らせしてくれます。 キレイを実感できるので嬉しい機能です。 温風乾燥 温風乾燥でふとんをふっくら乾燥してくれます。 それにより、ダニが繁殖しにくい状態にできるので、安心して眠れます。 コードレスふとんクリーナーと比べてもパワフルに吸い取ってくれるので、 長い時間使っても吸引力の心配もありません。 軽量&簡単操作 本体の重さは約2. 2kg。 操作しやすく、自分に合った角度でふとんクリーナーを使えます。 お手入れかんたん ダストカップやフィルターは水洗い可能ですので、サッと洗えていつも清潔に保てます。 さいごに 新発売アイリスオーヤマふとんクリーナーハイパワーの口コミや評判は?.

次の

布団クリーナー アイリスオーヤマ 花粉 掃除機 布団 ハイパワー IC

布団 クリーナー アイリス オーヤマ

お布団のお掃除は【 熱】【乾燥】(=布団乾燥機)をし、その後【吸引】(=布団クリーナー)することが重要、と聞いたことがあり、 布団乾燥後、(当時発売されて間もなく購入した)レイコップにて吸引を試みていたのですが、 7、8年前に購入したレイコップ このレイコップが重くて、結局あまり使わずにきてしまいました。。。 そう、当時は何も考えず布団掃除ができるなんて!と、 物珍しさで食いついて購入してしまいましたが、 私の場合、 掃除グッズであれ、服であれ、バッグであれ、食品容器であれ… 重いと使用頻度が一気に下がる…(!) それに気づいてからは、 何よりまずは 【軽さ】を一番の条件というくらい重視して買い物をするようになりました。 そんな中、アイリスオーヤマで最軽量の布団クリーナーが販売されていることを知り、気になっていた私。 重さは1. 6㎏ レイコップの重さが2. 3kgだったので、3割くらい重さが軽減。 マキタの掃除機(約1㎏)との間くらいの重さといった印象です。 コードレスもあり、どちらにしようか迷ったのですが、 コードレスだと、重くなってしまう(2. 購入前はあってもなくてもいいけど…と思っていましたが、 いやいや!あった方が断然いいです 笑 !! というのも、 早速ベッドで使ってると、ほとんどオレンジにもならず、ちゃんと感知しているのかな??とちょっと心配になりましたが、 もう10年近く使っている絨毯に当ててみると… 早速、センサーがオレンジ~赤に…!!!汗 しかも、 かなりの部分でオレンジや赤になるなる…! コロコロクリーナーや掃除機はかけているのですが、 やはり絨毯にはかなりのダニちりが入り込んでいるんだ…とまざまざと思い知った瞬間です。。 汗 このセンサーのお陰で、絨毯のお掃除に本気がでました 笑 その後のほこり・・・ 汚い画像ですが・・・・ こんな感じです・・・・・!!!! ぎゃーーーー!です 笑 こんなにホコリがあったの!?という衝撃。。 汗 でも、こんなにホコリがついても、 フィルターが丸洗いできるのが嬉しいポイント。 使用後は廊下の納戸の一番下に収納。

次の