水泳 選手 入江。 入江陵介は兄弟も水泳選手?肩甲骨がすごい噂やピアノ動画も

入江陵介、スタート器具不具合に困惑「改善して」

水泳 選手 入江

獲得メダル 銀 男子200m背泳ぎ 銀 男子400mメドレーリレー 銅 男子100m背泳ぎ 金 男子100m背泳ぎ 金 男子200m背泳ぎ 金 男子400mメドレーリレー 金 男子50m背泳ぎ 金 男子200m背泳ぎ 金 男子400mメドレーリレー 銀 男子200m背泳ぎ 銀 男子200m背泳ぎ 銅 男子100m背泳ぎ 銅 男子400mメドレーリレー 銅 男子100m背泳ぎ 金 男子200m背泳ぎ 金 男子100m背泳ぎ 金 男子100m背泳ぎ 銀 男子100m背泳ぎ 銀 男子200m背泳ぎ 銀 男子200m背泳ぎ 銀 男子400mメドレーリレー 銀 男子400mメドレーリレー 銀 混合400mメドレーリレー 銅 男子200m背泳ぎ 金 男子100m背泳ぎ 金 男子100m背泳ぎ 金 男子200m背泳ぎ 金 男子200m背泳ぎ 金 男子200m背泳ぎ 金 男子400mメドレーリレー 銀 男子50m背泳ぎ 銀 男子50m背泳ぎ 銀 男子50m背泳ぎ 銀 男子100m背泳ぎ 銀 男子200m背泳ぎ 銀 男子400mメドレーリレー 銀 男子400mメドレーリレー 銀 男子400m混合メドレーリレー 金 男子50m背泳ぎ 金 男子100m背泳ぎ 金 男子200m背泳ぎ 金 男子400mメドレーリレー 目次• 来歴 [ ]• 0歳のベビースイミングから水泳を始める。 小学2年生から兄・が通う玉出校に通い始め、中学に入ってから本格的に背泳ぎに転向。 中学卒業直前に100メートルと200メートルの 2種目で日本中学記録(当時)を樹立。 高校1年での200メートル背泳ぎで優勝。 日本選手権で、200メートル背泳ぎで日本高校新記録(当時)を樹立。 2006年 のビクトリアで行われたパンパシ水泳で、200メートル背泳ぎを4位で泳いだ。 2006年 で行われたアジア大会で、男子200メートル背泳ぎで優勝。 で開催された「 OPEN 2007」で、男子200メートル背泳ぎで日本高校新記録(当時)を樹立。 2007年 日本選手権で、200メートル背泳ぎを高校新記録(当時)で初優勝。 2007年 イトマン招待で、400メートルメドレーリレー第一泳者として男子100メートル背泳ぎの高校新記録(当時)を樹立。 兵庫県で開催された、「KONAMI OPEN 2008」で、男子200メートル背泳ぎで自身初のアジア・日本新記録(当時)を樹立。 2008年 男子200メートル背泳ぎで派遣標準記録を突破して優勝した為、への出場が内定。 2008年 ジャパンオープン男子200メートル背泳ぎで「KONAMI OPEN 2008」で樹立したアジア・日本新記録(当時)を更新。 2008年 男子200メートル背泳ぎで5位入賞。 2008年 短水路ワールドカップ200メートル背泳ぎで3連勝し、全てのレースで日本記録を更新。 2009年 兵庫県で開催された、「KONAMI OPEN 2009」で、男子200メートル背泳ぎで二年連続のアジア・日本新記録(当時)を樹立。 2009年 ジャパンオープン男子200メートル背泳ぎの短水路日本新記録(当時)を樹立。 2009年4月、日本選手権50メートル・100メートル背泳ぎで苦手な短距離での持っていた日本記録をともに破ったが、同じレースを泳いだに上を行かれ、いずれも2位に終わった。 得意の200メートル背泳ぎでは自身の持つ日本新記録(当時)を樹立し、この種目3連覇、の持つ世界記録(当時)まであと0. 08秒と迫った。 そして三種目ともに派遣標準記録を突破したため世界選手権の代表権を獲得した。 2009年5月、競泳の日豪対抗で、には100メートル背泳ぎで日本記録(当時)を樹立し、の持つ世界記録にあと0. 02秒まで迫った。 には200メートル背泳ぎでロクテの持っていた世界記録より1秒以上速いタイムを記録した。 しかし、着用していた社製の水着が、「水着に空気をためる効果を発揮する構造を作ってはいけない」という規定に触れたとしてに認可されなかったため、世界新記録に公認されなかった。 は入江の記録を日本新記録として公認しており、日本記録が世界記録を上回ることになった。 2009年7月、の200メートル背泳ぎで日豪対抗の記録を上回る日本新記録を樹立し銀メダルを獲得。 ピアソルが世界新記録で優勝。 2010年8月パンパシフィック選手権の200メートル背泳ぎで銅メダルを獲得。 2010年11月アジア競技大会の50メートル背泳ぎで銀メダル、100・200メートル背泳ぎと400メートルメドレーリレーで金メダルを獲得。 2011年7月、の100メートル背泳ぎで銅メダルを獲得。 200メートル背泳ぎで銀メダルを獲得。 2012年4月、株式会社に入社。 2012年4月、、男子100メートル・200メートル背泳ぎで五輪出場決定。 2012年7・8月、ロンドンオリンピック、男子100メートル背泳ぎで銅メダル、男子200メートル背泳ぎで銀メダルを獲得。 400メートルメドレーリレーでも銀メダルを獲得。 2013年7・8月、世界選手権に出場。 個人種目では全て4位に終わるも400メートルメドレーリレーで銅メダルを獲得。 2014年8月、パンパシフィック選手権では100メートル背泳ぎで金メダルを獲得、200メートル背泳ぎ・400メートルメドレーリレーで銀メダルを獲得。 2014年9月、アジア競技大会の50メートル背泳ぎと400メートルメドレーリレーで銀メダル、100・200メートル背泳ぎで金メダルを獲得。 2014年12月、世界短水路選手権の100メートル背泳ぎで銅メダルを獲得。 200メートル背泳ぎでは4位(短水路日本新)、400メートルメドレーリレーで7位(短水路日本新)、50メートル背泳ぎでは15位という結果だった。 2016年8月、リオ五輪に出場。 2017年、米ノースカロライナ州に活動拠点を移す。 2018年8月、パンパシフィック選手権では100m背泳ぎ・200m背泳ぎ・400mメドレーリレー・混合400mメドレーリレーで4つの銀メダルを獲得。 人物 [ ]• 、、、を経て、2008年4月法学部に入学。 時代の成績は常にトップクラスであったため、そのルックスとともに文武両道を立派にこなすエリートとしてマスメディアで報じられることが多い。 高校時代の成績は3年間オール5だった。 をおでこに乗せ、背泳ぎを出来ることからの中継ではバランス王子と呼ばれることもある。 も得意で、相当の腕前である。 高校進学時は水泳を選んで競泳選手になるか、ピアノを選んで音楽家になるかで迷ったという。 母親からは「音楽家に育てたい」と言われたが、結果として水泳を選択した。 とはプライベートで親交があり、ロンドンオリンピックの自身の公式の応援歌として、『』(『』収録 を採用している。 入江はこの他にとのファンであり、オフの日にはよくライブに行っている。 将来の夢は・スポーツキャスターになることである。 これまでは背泳ぎ専門だったが、2014年6月に開催された2014に200mにも出場した。 らは不在だったとはいえ、優勝を飾った。 自己ベスト [ ] 泳法 距離 水路 記録 樹立日 大会名 備考 背泳ぎ 50m 長水路 24秒79 2009年8月1日 第13回世界水泳選手権 背泳ぎ 100m 長水路 52秒24 2009年9月5日 第85回日本学生選手権水泳競技大会 日本記録 背泳ぎ 200m 長水路 1分52秒51 2009年7月31日 第13回世界水泳選手権 日本記録 背泳ぎ 50m 短水路 23秒40 2017年11月19日 ワールドカップシンガポール大会2017 背泳ぎ 100m 短水路 49秒88 2017年11月18日 ワールドカップシンガポール大会2017 背泳ぎ 200m 短水路 1分48秒77 2014年12月7日 第12回世界短水路選手権 元日本記録 出典 [ ]• 日本語. 2008年11月29日. 2008年11月29日閲覧。 2009年4月19日. 2009年4月20日閲覧。 2009年5月10日. 2009年5月13日閲覧。 朝日新聞. 2009年6月22日. 2009年6月23日閲覧。 (2009年8月6日記事)• 2012年8月17日放送分の『』内で語った。 その際、は「各局の人事部が動き始めました」と言った。 競泳リザルト速報サービス (2016年8月12日確認)• スポニチアネックス. 2014年7月16日閲覧。 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 - 英語• - Olympic results 英語• - 英語• - SwimRankings. net 英語• - SwimSwam 英語.

次の

入江陵介「正直心が二転三転して…」日本選手権中止

水泳 選手 入江

2009年7月、世界選手権200mで、世界新で優勝したピアソルに次いで銀メダルを獲得 写真提供:アフロスポーツ 競泳の会場は、連日、観客がスタンドを埋め尽くした。 各国の選手や応援団の歓声がこだまする。 「すごく不思議な感じでしたね。 観客席に親がいるのが見えたり、冷静ではありましたが、どこか夢見心地な感じでした。 落ち着いていたつもりだったけれど、どこか自分が消えていた、地に足踏んでいないような」。 どこかふわっとした感覚の中、それでも入江はメダルを強く意識して200mのレースに臨んだ。 「僕のレースまでに、康介さんや中村礼子さん、松田丈志さんがメダルを獲られて、自分も獲らなければ、という気持ちが強かったですね」 自身の気持ちとともに、世界ランク3位ということから来る周囲の声も、影響していた。 「大会前からメダルも期待されていたので、メダルを獲るために泳がないといけないみたいに思っているところもありました。 そもそも自分自身は、オリンピック出るだけでもすごい事ですし、予選、準決勝、決勝と3本泳げるだけでも光栄だと思っていました。 周りからのメダルへの期待と自分自身とは、ギャップというか、葛藤がありましたね」。 そんな心境で入江は200mに臨む。 予選は全体の7位、準決勝は全体の4位で決勝に進んだ。 そして決勝。 入江は好スタートを決める。 前半、積極的なレース展開を見せる。 だが本来の後半の強さが見られない。 ライアン・ロクテ、アーロン・ピアソルらに遅れ、5位にとどまった。 「力みもあったし、それまで自分より速い選手と泳ぐ機会もあまりなかったこともあります。 ペースがみんなばらばらで、波もすごくて、自分のレースができませんでした」 北京から帰国した入江は、「外に出たくない」と思った。 人と顔を合わせたくなかったからだ。 「おめでとうじゃなくて、残念だったね、という声のほうが多かったんですね。 自分自身それを理解しているから、それを言われるのはしんどかったです」 しかし振り返るのが苦しいほど、4年後への闘志は高まった。 「ロンドンオリンピックではメダルを獲ってやる。 オリンピックの借りはオリンピックでしか返せない」。 学生選手権などの大会を経て、入江は気持ちを徐々に切り替え、前へ進もうと強く意識した。 明けて09年4月の日本選手権200mでは、自身の持つ日本記録を更新し、北京オリンピック金メダルのロクテが持つ世界記録にあと0. 08秒に迫る好タイムをたたき出す。 5月には、日豪対抗の100mで日本記録を樹立し、ピアソルの世界記録にあと0. 02秒に迫る。 そして200mでついに、世界記録を1秒以上上回る1分52秒86の新記録を打ち立てた。 水着の問題から公認されなかったが、まぎれもなく世界のトップに位置するスイマーになった証明であった。 「(記録が認められなかった)悔しさがあったし、とにかく世界選手権でメダルを獲りたいと、結果を残さないといけないと思っていました」 2009年7月、ローマで世界選手権が開幕する。 入江は最初の種目の100mは4位。 「メダルは正直狙っていたので残念だったけど、いちばん狙っていたのは200mだったので、しっかりメダルを獲って帰らないといけないと思っていましたし、まわりの選手から『200mもあるから』と声をかけてもらって気持ちを切り替えて集中できました」。 その200mで念願の銀メダルを獲得する。 オリンピック、世界選手権を通じて初めてのメダルであった。 2009年7月、世界選手権200m、ゴール直後に電光掲示板を振り返る 写真提供:アフロスポーツ.

次の

第56回 水泳・競泳 入江陵介選手 (2/3)

水泳 選手 入江

入江陵介さんのインスタグラムにはたくさんの写真が投稿されていますが、その中でも食べ物の投稿が多いです。 試合で様々な国に行き、様々な料理を食べていることが分かりますね。 また、その食べ物の撮りかたも素人とは思えないほど上手で、ファンからも飯テロだと騒がれています。 食事を美味しそうに撮り、写真を見る人に食べたいと思わせるテロリストという意味から作られた言葉です。 入江陵介さんが美味しいと食べ物の写真を投稿する度に、インスタグラムをみているファンは空腹感に苛まれているでしょう。 その他、たくさんの食事風景がインスタグラムに投稿されていることから、入江陵介さんがグルメなことが分かります。 どの写真も、非常に美味しそうです。 入江陵介さんはAAAの大ファン! 入江陵介さんはファンや水泳関係者からも愛されていますが、仲間からの人気度も高いのです。 インスタグラムには仲間や、お世話になった人、友人、先輩など多くの人との写真が投稿されています。 水泳での活躍ぶりや練習へのストイックさ、整ったルックス以外にも 人を大切に考える姿勢が、ファン以外の人の心までも動かすのでしょう。 この写真は朝練習後のクライミング前に撮影されたもの。 日本でなくても、周囲に溶け込んでいる様子が伺えます。 入江陵介さんは、水泳能力だけではなくコミュニケーション能力も高いのです。 どこの国に行っても、楽しそうな笑顔を見せる入江陵介さん。 インスタグラムを見ている私たちまで、楽しくなるような投稿が多いのです。 仲間とchoo choo train風写真? 入江陵介さんのお洒落な写真はますます上達しています。 風景中心の写真も投稿するようになり、サッカーで訪れる様々な国の様子を随時アップしています。 入江陵介さんがインスタグラムを始めた頃は日記のような使い方だったのですが、今ではインスタグラムを利用する全ての人に、自分を知ってほしいという心が表れるような使い方をしていますね。 インスタ映えする写真の数々を撮影し、ファンに共有してくれる、その心遣いにファン以外の人でも感激です。 一緒に現地にいるような感覚になり、さらに応援したくなりますね。 まとめ いかがだったでしょうか?水泳選手である入江陵介さんは自分の投稿ばかりではなく、ファンに向けた投稿もしてくれるのです。 普段、テレビや記事などで素顔が明かされることが少ないスポーツ選手。 あまりスポーツに興味ない人でも、こんな選手の一面を知ることで興味が湧いてくることもあるでしょう。 水泳から、仲間のこと、食事、風景、私服、プライベートなどファンサービスを欠かさず自分も楽しむという入江陵介さんのキャラクターが、誰にでも愛されている1番の秘訣なのかもしれません。 これからも入江陵介さんのインスタグラムをチェックして、入江陵介さんのことや水泳界のことを学んでいきましょう。 更なる活躍に期待できそうです!.

次の