天ぷら ポルトガル 語。 日本語になったポルトガル語の単語

天ぷら発祥の地はどこ?【天ぷらの起源や歴史をわかりやすく解説】

天ぷら ポルトガル 語

天ぷらの由来や起源は? 天ぷらはポルトガルから来た西洋料理! 天ぷらは、野菜や魚などに小麦粉と卵・水などを混ぜた「衣」をつけて油で揚げる料理です。 食べるときは天つゆをつけたり、塩をひとふりしていただきます。 天ぷらは日本人にはお馴染みですが、家でも食べられる料理の一方で、高級料亭や専門店でも出される料理ですね。 そんな日本料理として有名な天ぷらですが、 実は室町時代に、南蛮料理としてポルトガルから伝わった料理なんです。 ヨーロッパには 「フリッター」という、味のついた衣を使った揚げ物料理があります。 フリッターは野菜や魚に味のついた衣をつけて揚げる料理で、これが天ぷらに変化したと言われています。 また室町時代から江戸時代にかけて、ポルトガル料理から変化した 「長崎天ぷら」も誕生しています。 名前の通り長崎で誕生した料理で、こちらは衣に砂糖や塩で味をつけてラードで揚げた料理です。 長崎天ぷらは、衣に味がついている点ではフリッターに近い料理と言えますね。 日本で天ぷらが広まったのはいつ? 江戸時代にファストフードとして 室町時代に伝わった天ぷらは、当初は高級料理という扱いでした。 というのも揚げ物油が貴重だったため、油を使う天ぷらは庶民には食べられない料理だったからです。 この状況が変わるのは、 江戸時代になってから。 戦国時代が終わって江戸時代になると、なたね油の生産量が増えていきました。 そして長崎から関西へと伝わっていた天ぷらも、やがて江戸に伝わります。 当時の江戸は独身男性のとても多い街で、すぐ食べられる料理がとても重宝されていました。 その中で 「屋台で揚げたてを食べられる」天ぷらは、今で言うファストフードとして広まったんですね。 【関連記事】 江戸時代当時の食べ方は串揚げに近く、揚げたての天ぷらを串にさし「タレ」につけて食べていました。 江戸のタレはかなり塩辛く、つけてからご飯に乗せたものが「天丼」として発展していったんです。 一方の関西では薄味の「つゆ」をつける食べ方が広まり、これが現在の「天つゆ」となったんですよ。 天ぷらの名前の由来は? 「天ぷら」という名前には、様々な 由来があります。 ポルトガル語で「テンペーロ」 天ぷらの名前の由来として有力視されているのが、ポルトガル語で「調理・調味料」という意味の 「tempero(テンペーロ)」です。 ポルトガルから伝わった料理ですので、料理名ではなく調理そのものが名前になるのも納得ですね。 ポルトガル語で「テンポーラ」 もう一つ、ポルトガル語からくる名前の由来として、 「temporas(テンポーラ)」があります。 テンポーラとは「四季に行う斎日」という意味で、カトリック教会では断食・祈祷を行います(ポルトガルはカトリック)。 そして肉食の代わりに、小麦粉の衣をつけた野菜や魚の揚げ料理を食べていたと言われています。 油の名前が「テンプラ」 変わった由来としては、天ぷらに使う油を「 天麩羅(てんぷら)」と読んでいたからと言う説があります。 天麩羅(あぶら)を音読みすると「てん・ふ・ら」となり、油で揚げる料理なので「てんぷら」となったんですよ。 「テンプラ」の看板説 更には江戸時代後期の劇作家「山東京伝(さんとうきょうでん:1761年〜1816年)」が、 「天麩羅」の看板を作ったという説もあります。 「天麩羅」の看板説では、それぞれの漢字に次の意味が込められています。 天…放浪者の意味がある「天竺浪人」から。 看板を作った相手が駆け落ちして江戸へ来た男だったから。 麩…小麦粉のこと。 羅…薄着や薄い衣のこと。 江戸特有のしゃれの効いた由来は、他の説とは違った面白さがありますね。 天ぷらの日とは? 日本には毎日のように記念日がありますが、天ぷらにも記念日があるんですよ。 一番暑い日に天ぷらを食べて元気に! 天ぷらの日は 7月23日です。 7月23日は「 大暑(たいしょ)」という暦の上で一番暑くなるとされる日です。 一年で一番暑い時期とされる「大暑」は、同時に夏バテで体力が落ちやすい時期。 そこで天ぷらを食べて元気に過ごそうと呼びかけるために、天ぷらの日が制定されました。 また 毎月23日も「天ぷらの日」で、この日に天ぷらを特売するスーパーも見かけます。 7月23日も、毎月23日も、「天ぷらの日」を制定した団体は不明ですが、天ぷらの香ばしい香りは食欲が湧いてきますし、野菜の天ぷらなら食べやすそうです。 夏バテ対策には食べることも大切なので、美味しそうな天ぷらから活力をもらいたいですね。 【関連記事】 からりと美味しい天ぷらを食べよう! 【関連記事】• 天ぷらは日本を代表する料理の一つで、使う素材や揚げる人の腕前でガラリと味が変わります。 家で食べる天ぷらも美味しいのですが、お店で食べる天ぷらは格別ですよね。 天ぷらは室町時代に日本に伝わり、江戸時代に広まった料理です。 名前の由来もポルトガル語の「調理」という説が有力ですが、油の呼び名から来た…など複数の説があります。 7月23日と毎月23日は天ぷらの日なので、特にこの日は、とびきり美味しい天ぷらをお腹いっぱい食べませんか?.

次の

ブラジル人もびっくり!日本語になったポルトガル語17の外来語

天ぷら ポルトガル 語

フライ・天ぷらの意味と違いとは 「フライ」や「天ぷら」といった料理は、食卓ではおなじみのものです。 しかし、この2つの違いを説明しようとすると、意外に困ってしまう人も多いのではないでしょうか。 一体これらの言葉は、具体的にどういう意味を指すのでしょう。 今回は、「フライ」と「天ぷら」の意味と違い、使い分け方などについて解説したいと思います。 「フライ」とは 「フライ」とは料理の一種で、魚介類や野菜などの食材に卵白やパン粉をまぶし、食用油で揚げたものを言います。 もしくは、そうした調理法を指します。 「油で揚げる」を意味する英語の「fry」から来た言葉です。 主な「フライ」には、「白身魚のフライ」「イカフライ」「イカリングフライ」「カキフライ」「エビフライ」などがあります。 「フライ」で使用する調理器具は、家庭や小料理店の場合は中華鍋やフライパンが主で、スーパーマーケットやコンビニエンスストアでは、専用のフライヤーが使われます。 「フライ」の調理においては、高温の油で熱された卵白やパン粉が衣となり、きつね色に変化して香ばしい香りを放ちます。 また、食材の水分が蒸発して旨味が凝縮されるとともに、独特のさっくりした食感が出るのも特徴です。 「天ぷら」との違いや使い分け方については、以下で見てみましょう。 「天ぷら」とは 「天ぷら」も料理の一種で、魚介類や野菜等の食材を小麦粉などで包み、油で揚げて調理したものを言います。 主な「天ぷら」の種類には、「海老の天ぷら」「野菜(なす、れんこん、さつまいもなど)の天ぷら」「鶏肉の天ぷら」「魚(キス、メヒカリなど)の天ぷら」「イカの天ぷら」などがあります。 「天ぷら」の語源は定かではありませんが、ポルトガル語で「調味料を加える」を意味する「temperar」に由来するなどの説があります。 「フライ」との違いは、調理の仕方にあります。 「フライ」が卵とパン粉(小麦粉を加える場合も)をつけて揚げるのに対し、「天ぷら」は卵と小麦粉をつけて揚げるようになっています。 この違いを踏まえると、使い分けに便利でしょう。

次の

天ぷらの由来や歴史、語源とは?かき揚げとの違いとは?

天ぷら ポルトガル 語

日本を初めて訪れたヨーロッパ人は1543年に種子島に漂着したポルトガル人であると言われています。 その後、1540年代から一世紀に渡って南蛮貿易が行われ、ヨーロッパやアジアの産品が日本に持ち込まれました。 この時に、ポルトガル商人によって持ち込まれた商品には、日本人が目にしたことの無いものも多く、ポルトガル語の単語がそのまま日本語として取り入れられることになりました。 司馬遼太郎は、『』で次のように書いています。 南蛮の痕跡は私どもの日常語のなかに、わずかにとどめている。 多くは、ポルトガル語である。 食べるパンはポルトガル語のpaoからの転訛だといわれる。 ただしスペイン語ではそのままpanだからそのほうかとも思われるが、歴史的状況としてはポルトガル語源説が妥当である。 テンプラは、ポルトガル語のtemperoから出たといわれ、遊戯のカルタの場合、ポルトガル語でもスペイン語でも、cartaである。 日本で初めてワインを飲んだ男、織田信長 日本で初めてワインを飲んだのは、織田信長であるとする説があります。 フランシスコ・ザビエルがポルトガルから持ち込んだワインを信長に献上したと言われています。 ポルトガル語では、赤ワインのことを「 ヴィーニョ・チント(vinho tinto)」と呼ぶことから、当時は赤ワインのことを 珍陀酒(ちんたしゅ)と呼んでいたそうです。 日本語になったポルトガル語一覧 以下は日本語になったポルトガル語の一覧表です。 分かりにくい日本語には意味を追加しました。 このテンペーロという単語はブラジルでも日常的に使われている単語で、「 調味料」という意味があります。 しかし、「調味料」という単語が天麩羅の語源だと言われてもしっくりきません。 天麩羅の語源に関しては、もっとしっくりと来る説があります。 南蛮貿易時代の宣教師は、三ヵ月に1回、3日間の肉の断食を行っていました。 宣教師たちは、この期間には野菜と魚をおろしたものを揚げて食べていたといいます。 キリスト教徒になった日本人も宣教師同様に野菜と魚を揚げたものをテンポラスの時期に食べていたと言います。 こちらの説の方が無理が無い気がします。

次の