マッチングアプリ メッセージ 本名。 マッチングアプリのメッセージの呼び方をスムーズに決める手順【距離感を大切に】

ペアーズ1通目のメッセージ内容は?男女どっちから送る?【かりん】

マッチングアプリ メッセージ 本名

もくじ• マッチングアプリで名前を聞かれたら? マッチングアプリで女性とやりとりをしているとき、名前を聞かれることが多いです。 私についても、マッチング直後に名前を聞かれたことがあります。 以下は恋活アプリのPairs(ペアーズ)で出会った女性とのメッセージの一部になります。 マッチングアプリの経験が少ない男性は「本名を教えても良いのか?」「偽名だとどうか?」と悩んでしまうかもしれませんが、ここで本名を教える必要はありません。 この場合、呼び方を聞いているケースがほとんどだからです。 そのため、このように名前を聞かれたら 「下の名前」を平仮名で答えるようにしましょう。 そうすればスムーズに会話を進めることができます。 例えば、以下のようになります。 なお、「下の名前」をひらがなで教えるという方法以外だとマッチングアプリを利用する上でデメリットが発生します。 それについて解説します。 マッチングアプリで本名を教える危険性 もし、恋活アプリでマッチングした女性に本名(フルネーム)を教えてしまった場合、個人情報がバレてしまうリスクが伴います。 今はインターネットに情報が溢(あふ)れているため、名前を検索すれば様々な個人情報がヒットします。 例えば、私の本名をインターネットで検索すると、なぜか中学時代に参加した卓球大会の対戦表(リーグ表)がヒットしてしまいます。 これにより、私が通っていた中学校がバレてしまいます。 それと同時に、住所についても中学校区内であると推測されてしまいます。 マッチングアプリには美人からメンヘラまで様々な女性が登録しており、一方的にあなたに想いを寄せる女性に遭遇するリスクもゼロではありません。 そのような女性と縁を切ったつもりでも、あなたの個人情報から住所を特定してストーカーになる可能性があります。 そのため、 付き合う前の女性に対してはできるだけ個人情報を出さないようにするようにしましょう。 また、事前に自分の名前をネットで検索して、どのような情報がヒットするか確認しておくことも身バレの予防対策になります。 なお、苗字などの本名をしつこく聞いてくる女性は「危ない女性」である可能性が高いのですぐにブロックするようにしましょう。 ただし、個人情報を隠しすぎると「怪しさ」が出てしまい、女性からモテないという本末転倒なことになっていまいます。 これを図示すると以下のようになります。 そこで、個人情報を適度に隠しつつ、怪しさが出ないようにするには、「下の名前」を平仮名で教える方法が最適です。 ただし、「ゆきのじょう」など珍しい名前の男性の場合は、平仮名で名前を教えたとしても特定される可能性があるため、「ゆき」など短縮形やあだ名を教えると良いです。 なお、これについてはニックネームを決めるときにも役立ちます。 マッチングアプリで偽名を教えるデメリット また、名前を聞かれたときに偽名を使うことも良くありません。 例えば、本名が「たける」にも関わらず、「まさき」など別人の名前を使うようなパターンになります。 マッチングアプリで出会った女性と仲良くなり、交際に至る場合、どこかのタイミングで本名を伝えることになります。 そのとき、 あなたが偽名を使っていることに気づくと大きなショックを受けるはずです。 そのときの女性の気持ちとして、「自分は騙されていた」「他にも嘘があるかもしれない」と疑心暗鬼になっていまします。 このように、偽名を使うとせっかく仲良くなった女性との関係が悪くなってしまう可能性があるのです。 これを防ぐために、絶対に偽名は使わないようにしましょう。 LINE交換するときの名前の設定に注意 マッチングアプリではメッセージで仲良くなるとLINEでのメッセージに移行するのが普通です。 LINEを使ったほうが「既読が分かる」「通話ができる」などメリットが大きいからです。 ただ、LINEの名前を本名にしている場合はLINEを交換したとき、意図せず本名がバレることがあります。 当然ながら、偽名を使っている場合は、ここで矛盾(むじゅん)が発生するため、怪しまれてしまいます。 そこで、マッチングアプリの女性とLINEをする場合、事前にLINEの名前も「下の名前」に変更しておきましょう。 LINEとマッチングアプリの名前は同じにする なお、マッチングアプリ(恋活アプリ)のニックネームとLINEの名前は全く同じ表記にしておきましょう。 例えば、マッチングアプリのニックネームが「あきら」ならLINEの名前も「あきら」にしましょう。 このようにする目的は、女性が混乱してしまうのを防ぐことにあります。 基本的にマッチングアプリでは女性会員が少なく、男性会員が多いです。 この関係を図に示すと以下のようになります。 そのため、あなたは他の男性と同時進行されていることが多いです。 このとき、複数の男性とメッセージのやりとりをしている女性はLINEを交換するタイミングで名前が変わってしまうと訳が分からなくなってしまい、フェードアウトの原因となることがあります。 例えば、以下のLINEは私が以前にマッチングアプリで知り合った美女のLINE画面になります。 このように、マッチングアプリ(恋活アプリ)でLINEを交換した男性と同時進行で連絡を取り合っているため、誰か分からなくなることがあると言っていました。 その結果、画面整理のためにブロックされてしまう運命になります。 これでは女性から嫌われていないのに、女性との連絡が途絶えてしまいます。 このような失敗を防ぐために、マッチングアプリとLINEの名前は同じにして女性を混乱させないよう気をつけましょう。 本名はいつ教えればいい? ただマッチングアプリで出会った女性と付き合う場合、最終的には本名を教えることになります。 そこで、どのタイミングで本名を教えるのがベストなのでしょうか。 これについては「デート後、女性から聞かれたとき」になります。 デートをしていない段階で本名を教えるのは「身バレ」などのデメリットがあるため控えましょう。 つまり、「マッチングが成立したとき」「LINEを交換したとき」では、本名を教えないメリットが大きいです。 しかしデートで実際に対面し、あなたが「付き合いたい」と思う場合は本名を教えると良いです。 ただし、相手から聞かれていないにも関わらず、名前を名乗るのはかなり不自然であるため、女性から聞かれるまで待つようにしましょう。 本名を教えたくない事情がある場合 なお、「前科がある」「既婚者である」など、本名を教えたくない事情がある男性もいることでしょう。 マッチングアプリでは真剣な恋愛を希望する女性が多いため、このような怪しい男性は嫌われてしまいます。 たとえ偽名を使って女性を騙して交際に発展したとしても、バレるのは時間の問題です。 本名を隠さなければいけない事情を持った男性は、事情を受け入れてくれる女性を探さなければいけませんが、マッチングアプリにはそのような女性が少ないのが現状です。 マッチングアプリで恋活をしてもトラブルの原因となるため、注意しなければいけません。 まとめ マッチングアプリ(恋活アプリ)で彼女探しをしていると、名前(本名)を質問されることがあります。 しかし、すぐに本名を教えることには危険性やデメリットがあります。 そこで、本名を相手に教えるタイミングは「デート後、女性から聞かれたとき」と考えると良いです。 そうすることで、個人情報の流出を抑えなることができます。 なお、偽名を伝えることもデメリットになります。 女性を騙(だま)していたことがバレてしまうと、信用が落ちてしまい、振られてしまう可能性があるからです。 これらを理解したうえで、マッチングアプリで女性とやりとりすれば、円滑なコミュニケーションができるため、「あなたと付き合いたい」と思ってくれる女性を増やすことができます。 マッチングアプリを使えばすぐに彼女を作れる 彼女を作るとき、女性との出会いを増やすことが最初のステップになります。 しかし、合コンに参加したとしても2〜3人へのアプローチで終わってしまうため、モテない男性の場合は1回の合コンで彼女を作れる可能性は低いです。 一方で、 恋活アプリ(マッチングアプリ)を利用すれば、同時並行で複数の女性にアプローチできるだけでなく、自分の好みの女性を絞り込んでデートに誘うことができるため効率的です。 また恋活アプリでの彼女探しなら、職場や学校でバレるリスクはほとんどありません。 そのため、こっそりと彼女探しをしたい男性にとって必須のアプリとなります。 ただ、恋活アプリによって「会員数が多い」「20代前半の女性が多い」「バツイチでもOK」など特徴が異なります。 また、 ブサメンなど彼女作りにハンデを背負った男性の場合は、より効率的に出会いを増やすために、複数の恋活アプリを同時に利用する必要があります。 以下のページで恋活アプリ(マッチングアプリ)の特徴を解説しているため、それぞれの特徴を理解した上で利用する恋活アプリを決めれば、圧倒的に彼女を作りやすくなります。

次の

ペアーズ1通目のメッセージ内容は?男女どっちから送る?【かりん】

マッチングアプリ メッセージ 本名

初回メッセージを送るタイミングは? マッチングしたら、可能な限り 即レスしましょう。 マッチングしたということは、必ず承認のため、アプリを見ていることとなります。 そうすれば、ファーストメッセージ後の 返信が来る可能性が高くなります。 初回メッセージの内容は? 他のライバルのメッセージに埋もれず、 私はあなたに興味がありますよ、 というところが、しっかり読み取れる内容にしていくと良いです。 具体的には以下の通りです。 自分は名乗る 自分がイニシャルで登録していた場合、下の名前かニックネームを名乗るといいです。 メリットはいくつかあります。 ・ こちらから名乗るとお相手も名乗りやすい。 ・ これからその名前で呼びやすい。 やりとりの最中、何度かに1回、お相手の名前を呼びかけると良いです。 よろしくお願いします! このまま使ってもらっても良いですし、自分なりにアレンジして見てもおもしろいです。 適度に簡単な顔文字を入れています。 実際の自分のキャラにあった言葉遣いなどにした方が、あとあとギャップもなくイメージ通りのファーストコンタクトを迎えることができます。 まとめ 今回はマッチング後最初のメッセージについてお伝えしました。 私も初めてメッセージを送ってやり取りをした時は、緊張したのを覚えています。 やり始めた時に例文があったら悩まずに済んだなあと思い、今回は例文をご紹介しました。 初めの印象をよくして会うまでのやりとりをしていきましょう! 初回メッセージを送ったら次はこれ! マッチング後出会うまでの黄金パターンはこちら。

次の

ペアーズなどのマッチングアプリで本名は教えるべき?教えるタイミングやリスクなどまとめ

マッチングアプリ メッセージ 本名

相手の男性から「LINEのID教えて」とメッセージが送られてきた。 本当に良い人かどうかも分からないからまだ交換したくない。 こんな悩みを持った経験のある女性は多いのではないでしょうか。 私自身も、マッチングアプリで出会った男性と何度かメッセージ交換しましたが、大半の男性が会う前にまずLINEを教えて欲しいと言ってくることに戸惑っていました。 万が一、相手が嫌な奴だった場合に困るし、そもそもアプリ内でメッセージのやり取りが出来るのにLINEを教えるメリットなんてあるの? と、悩む要素はいくつも出てきますよね。 今回は、そんな女性必見!実は、LINE交換することにはメリットがあったのです。 では、どんなメリットなのか?これから詳しく説明していきたいと思います。 LINEを知りたい理由• メッセージ機能だけでは仲良くなれる気がしない。 利用しているマッチングアプリで課金したくない。 男性の中でLINEという存在はそれほど重要なものなのかと不思議ですが、メッセージ機能だけの会話では仲良くなれる気がしないという意見を頂きました。 『気軽にメッセージを送りたいからLINE教えて欲しいだけ!』 と、とても単純でひねりの無い意見でしたが男性は女性ほど安全性を気にしていないということが分かりますね。 課金に関しての理由は確かに納得はいきます。 婚活サイトや婚活アプリは、女性に比べると全体的に男性の方が出費が多い印象です。 『余分な課金はせずとも出会いたい!』 という男性の切実な願いなのでしょう。 マッチングアプリで女性がLINE交換をしたくない理由とは 女性は、LINE交換をそう簡単にはしたくないと思っている人が多いという調査結果があるようです。 LINEのIDをメールアドレスや電話番号にしている人も多いのがこの結果に繋がっているのでしょう。 また、ネームの変更は出来てもIDの変更は出来ないため悪用されたら困る。 という危機感から教えるのをためらってしまうようです。 本名がバレる 本名なんて何故にバレるの!?と私が驚きでしたが、これは twitterのIDやFacebookのURLなどをLINEのIDにしてしまっている女性が案外多いのが原因だとか。 ネットでLINEのIDを調べた時に、(いちいち調べてくる男性が怖いw)その女性のFacebookのアカウントに繋がってしまったら本名がバレてしまう可能性大です。 後々面倒臭いことになったら嫌なので、男性の性格をある程度把握した上で『この人なら教えても良いかな』と自分が判断してからしか教えたくないという女性の気持ちは良く分かります。 安全性の問題 マッチングした男性とLINE交換したことによって被害にあった。 という女性は今のところ私の周りにはいません。 ですが、 LINEの仕組みを完全に理解していないが故に不安になる女性は多いように思います。 (私もそうでした…) 具体的に何をどう気を付ければ良いのか理解出来れば、この不安感は取り除くことが出来るかもしれないですね。 という女性が多い中、あえてオススメするのには当然メリットがあるからです。 そのメリットとは下記の4つです。 会う前にLINE交換をするメリット• マッチングアプリ内で連絡を取り合うよりも仲良くなれる• 電話で直接話すことにより相手の性格を把握出来る• 電話が盛り上がればそのままデートのお誘いをされることも• 実際に会う時、無駄に緊張せずに済む マッチングアプリのメッセージ機能だけでは分からなかった 「男性の本質」を見抜くことが出来たり、スムーズに仲良くなるキッカケが生まれたりと、意外にもLINE交換は必須とも言えるかもしれないのです。 一つずつ順番に解説していきますね! マッチングアプリ内で連絡を取り合うよりも仲良くなれる 連絡を取り合う分にはLINEもアプリも変わらないようにも思えますが、実際LINEを交換するとそれだけで今までよりも連絡を取りやすくなったと感じる男性は多いようです。 LINEのプロフィール画面から相手の好きなもの、興味があるものが想像出来るのでそこから話を広げることも可能だし、絵文字やスタンプで可愛く気持ちを表現出来るためお互いに親近感が沸き、自然に仲良くなっていくのでしょう。 また、 LINEで友だち追加をすることによって特別感が生まれる。 という効果もあるようなので、LINE交換を求めてきた男性に少しでも気があるなら断る理由は無いですね。 相手はLINEを聞けたという自信から、どんどんあなたにアプローチしてくるはずです。 電話で直接話すことにより相手の性格を把握出来る メッセージのやり取りだけでは、相手の人柄は判断しにくいですよね。 男性は女性と違い、文章での感情表現が得意では無い人の方が圧倒的に多い傾向にあります。 句読点だけが並ぶ絵文字も顔文字も何も使われていない無機質な文章は、女性から見たらとても不愛想でそっけない態度の男性だと判断されがち。 実際は優しい真面目な男性なのに、文章が淡々としているだけで『冷たい人』だと誤解してしまうパターンも少なくないのです。 LINEはメッセージだけでなく通話も無料で出来ますよね。 電話で相手の声を聞き、直接会話をすることによって文章だけでは分からなかった相手の性格や雰囲気を把握することが出来ます。 LINEで何回かメッセージのやり取りをした結果、相手に興味を持ったら実際に合う前に一度電話してみることを提案しましょう。 話してみた結果、もし『自分とは合わなさそうかな』と感じてしまった場合はデートする必要はありません。 LINEにはブロック機能があるので、ブロックしてしまえば相手がどんなにしつこくメッセージを送ってきてもこちらには何の通知も来ないので非常に便利です。 そのうち相手の男性も諦めてあなたをブロックするでしょう。 電話が盛り上がればそのままデートのお誘いをされることも 電話で思いの外会話が盛り上がり、早速デートのお誘いをされた!という女性も少なくはありません。 メッセージだけで『いつ空いてますか?』『会うならどこが都合良いですか?』と聞くよりも効率よく、またスムーズに日程も決められるので出来るだけ早く彼氏を作りたいという人にもうってつけです。 この場合は相手もあなたに好印象を抱いているに違いないので、 ドタキャンされる可能性も低いと言えるでしょう。 実際に会う時、無駄に緊張せずに済む デート当日というのは誰でも心臓バクバク…緊張して当然です。 ただ、電話で直接話したことがあるのと無いのとではその緊張感は随分違うもので、『会話が弾まなかったらどうしよう』とか『何から話せば良いんだろう』とか 会話そのものに不安になることはないでしょう。 お互いに、「電話で話して楽しかったからデートが決まった」という意識がある中で会う訳ですから、無駄にドキドキして何も話せない。 という最悪の事態は避けられると思います。 程よい緊張感の中でお互いの声の印象だとか、実際会ってみての印象なんかをお話すれば自然と会話も弾むのではないでしょうか? 初対面の人とのデートは「いつもの自分」が発揮出来なくても仕方のないことですが、 一度でも電話をしたことがある相手ならゼロからのスタートよりは普段の自分が出せるかもしれませんよ。 安全にLINE交換する方法とは LINE交換することにはメリットがあるとは言え、出来る限り安全な方法で交換したいですよね。 そのためには、 LINEのIDを教えないことが大前提です。 『LINEしよう』と言われた時に、率先して自分のIDを相手に教えることだけは避けてください。 男性のIDを聞きましょう! 相手のIDで「友だち追加」をした場合は、あなたのIDが相手にバレることはまず有り得ません。 そのため、相手に何か検索される心配が無いので安心です。 また、LINEアカウントの名前を本名にすることもオススメ出来ません。 「相手に自分だと分かってもらいやすいから。 」という気遣いよりも、安全性を最優先しましょう。 LINEのIDを教えたことによって予想される事態 LINEのIDを教えてしまうと、そのIDをネットで検索するという迷惑な男性も存在するようです。 ID検索で出てきたFacebook、Twitterなどを見まくり様々な情報を得ようとする。 トラブルがあった際にLINEのIDをネットに書き込み、誹謗中傷する。 LINEのIDは、設定画面からも変更することは不可能です。 そのため、FacebookやTwitterにも使用しているワードでIDを登録してしまっている場合は特に気を付ければいけません。 芋づる式にアカウントが出てきてしまう危険性もあるので、何回も言いますがバレたくないならLINEのIDを男性に教えるのは控えた方が良いでしょう。 「例えLINEのIDを検索したところで何も出てこないわ。 」 と自信を持っている女性には、もう一つ注意してほしいことがあります。 それは、 SNSを利用した悪意ある書き込みです。 LINE交換したことで仲良くなり、デートも重ねてその男性とお付き合いすることになったと仮定します… その男性と、何らかの原因で別れた場合に• あなたのLINEのIDをネットにばら撒き、誹謗中傷をされる。 IDが公表されたことにより、知らない人からメッセージが大量に来る。 逆恨みから、こんなひどいことをしてくる男性も少なからずいるということをお忘れなく。 LINEのIDはあとから変更が出来ないので、このような事態に陥った場合は最終手段である『アカウント削除』をせざるを得ないですね。 まとめ 「会う前にLINE交換をしておく必要は無い」 と常々思っていた私でしたが、マッチングアプリで知り合った男性のほとんどがLINEを聞いてくる事実に疑問を抱き、調べてみた結果を見てみると案外女性にとってもメリットがあることが分かりました。 LINEを教えたあと何日かメッセージのやり取りをして、特別印象が悪くなければ電話も有りですね。 確かに、 気が合わないかどうかは電話である程度判断出来そうですし、電話をしてみての印象も良い相手ならデートも楽しめそうですよね。 何より、先に電話で会話をしているなら実際に会った時無駄に緊張せずに済むのが有難いと思いませんか? また、マッチングアプリでは様々な男性と出会うことが出来ますよね。 それこそ、一人一人とデートをして価値観や雰囲気が自分に合うかどうかを見極めようとするといくら時間があっても足りません。 彼氏にしても良いと思えるほど気が合う男性なら、電話の時点でそう思えるはずです。 逆を言えば、合わない相手も電話だけで分かるでしょう。 時間を有効活用して効率よく婚活をするためにも、LINE交換はしても良いかもしれませんね!.

次の