前田 ニールセン。 カール・ニールセン

前田VSニールセン

前田 ニールセン

色んな説はあるようですが・・ ・新日本側は前田勝利で終わると双方に伝え、一応の了解は得た。 ・前田及びUWF側はそれを信じず、試合中に仕掛けられる事を覚悟していた。 ・ガチ説の主要な根拠とされるニールセンの左ストレート。 その意図は不明。 本気で仕掛けるつもりだったのか。 たまたま入ってしまったのか。 一発カマしたかっただけなのか。 ・前田当人はある程度覚悟していたので試合は続行。 以下、個人的意見。 新日本側は多分前田を潰す意図はなかったんじゃないかなと思います。 寧ろ異種格闘技やらせる事でガス抜きさせるつもりだったんじゃないかなあ。 ニールセンは、どうでしょうね。 やけに相手が緊張してるんで、つられて緊張しちゃったか。 生意気なプロレスラーをちょっと驚かせてやろうと思ったか。 まあ、何が何でも勝とうとは思っていなかったんじゃ・・・ 前田御当人は完全にガチだと思ったでしょうね。 少なくとも1Rの左ストレート直後は。 まあ決め技が決め技なんで、あんなもんガチで使うかと意見はあるようですが。 ウダウダ長く書いてきましたが結論としてはよう分からんという事です。 前田御当人やファンはガチだと思っているでしょうし、プロレス 異種格闘技戦含め にガチなど存在しないと思ってる人達にはそう見えるのでしょうし。 だから永田は俺のミルコ戦とアンタの試合は違うと主張するんでしょう 笑.

次の

ドン・中矢・ニールセンが死去! 死因が現在報じられているが壮絶・・・前田だけではなく佐竹とも戦っていた!

前田 ニールセン

元プロレスラーの前田日明がサップ西成という半グレに迫られ、「嫌だ!怖い、怖い」とビビっていたことをエンセン井上が暴露してしまいました。 サップ西成は地下格闘技大会に出場経験を持つ大阪の半グレで、強者というグループに所属していました。 サップ西成は2013年9月、大阪で前田日明が主催するアマチュア格闘技大会「ジ・アウトサイダー」に乱入し、「調子のんなよ、コラ」と前田の胸ぐらをつかむ事件を起こしていました。 エンセン井上が書籍「証言UWF 完全崩壊の真実」で語ったところによると、サップ西成の乱入で大会は一時中断、前田は控室に引っ込みますが、そのときの前田はパニックになっていたということです。 不良とのコネクションを持つエンセン井上がサップ西成と会話をし、前田にサップ西成と直接話すよう促しますが、そのとき前田は「嫌だ、怖い!怖い!」と拒否。 つまり、格闘王を名乗っていた前田日明は半グレのアマチュア格闘家にビビっていたわけです。 その後、エンセン井上が前田に「絶対に殴らせないから」と約束をし、ようやく両者が会談をしますが、その席で前田はサップ西成に「許して下さい」と頭を下げていたことも明かしています。 サップ西成は、大阪で地下格闘技大会を主催していた関係で、「ジ・アウトサイダー」がサップへの挨拶なしで興行を打ったことに激怒し、乱入したと言われています。 エンセン井上はこのとき前田と「警察には届け出ない」ことを約束しますが、前田が裏切り、数日後に警察へ届け出たため、前田のことをいまも許していないことも明かしていました。 これはエンセン井上が警察に届け出ないことを条件にサップ西成との話をまとめたのに、前田が警察に届けて事件化したため、サップを裏切った格好になってしまい、メンツを潰されたからだと思われます。 前田日明とサップ西成のやりとり 詳細 「証言UWF 完全崩壊の真実」でエンセン井上がこの件について暴露しています。 エンセン井上は会場でセキュリティを担当しており、また乱入したサップ西成とも交渉した立場なので、この事件のすべてを知っていると言っても過言ではない人物です。 エンセン井上が書籍で語った証言は以下のとおりです。 それまで関西では『強者(つわもの)』っていうグループがずっと地下格闘技の大会をやってたのね。 その関西でアウトサイダーが大会を開くっていうのは、法律では問題ないんだけど、やっぱり興行の世界だと礼儀として一言挨拶が必要になる。 でも、アウトサイダーは挨拶なしに、関西での大会を発表してしまった。 そしたら強者の人間がアウトサイダーの会場に乗り込んで、大会をやめさせようとしてるって話が俺の耳にも入ったから、俺が強者に電話したんですよ。 「サップたちが前田さんにアタックしてきた時、俺は仕事だから止めたんですよ。 それで前田さんをバックステージに逃がしたんだけど、 前田さんは『どうしよう、どうしよう。 大会が進行できないよ』ってパニックになってるんですよ。 それで俺がサップに話をして、『お前どうする?この大会を潰すつもり?』って聞いたら、『もちろん!』って言うから、『前田さんが悪くても、大会潰したら選手がかわいそうじゃない』って説得して、前田さんと『直接話がしたい』ってことになったんですよ それで今度は俺がバックステージに行って、 前田さんにそのことを伝えたら、『嫌だ!怖い、怖い』って前田さんは超ビビッてた。 でも俺は『前田さん、直接話さないと進まないよ。 向こうと話をする時、俺もその場にいて、絶対に手を出させないようにしますから』って説得して。 そしたら前田さんは『村上と和田(良覚)さんにも来てほしい』って言うから、『わかった、それでいいよ。 絶対に殴らせないから』って言ってサップを連れてきたんです。 それでテーブルを挟んで、向こうに前田さんと村上さん、こっちに俺とサップ。 真ん中に和田さんがいて、5人で話をした。 そこでサップが『挨拶なしって、どういうことですか?』って聞いたのよ。 そしたら前田さんが『どうやって筋を通したらいいかわからなかった』って言うから、俺が『これからはエンセン通してでもいいから、大阪でやる時は連絡しましょう』って言って。 前田さんも『わかった。 今度からそうします。 今回はすみませんでした。 許してください』って謝ったんだよ。 そうやって前田さんが頭を下げたから、サップも『それだったらわかりました。 今日はこれで帰ります』って、一応それで解決したはずだったんですよ」 ところが、事態はそれで終わらなかった。 「大会終了後、前田さんに呼ばれて控え室に行ったら、『警察に行って、被害届をださなきゃいけない』って言うんですよ。 だから俺言ったんです。 『ちょっと待って。 さっき謝って手打ちしたのに、警察行ったら裏切ることになるでしょ?前田さんだけじゃなく、間に入った俺も裏切ったことになるんですよ、わかってます?』って。 で、結局その日は警察には行かなかったんだけど、2日後にまた電話がかかってきて、『やっぱり警察に行くことにした』って。 結局警察沙汰にして、向こうはみんな捕まったんですよ。 その後彼らは俺になにもしてこなかったけど、俺が恨まれてもしょうがないでしょ? そうやって助けた人間を平気で裏切って、約束を守らないから、もう協力するのはやめたんですよ」.

次の

前田日明対ドン・ナカヤ・ニールセン。

前田 ニールセン

色んな説はあるようですが・・ ・新日本側は前田勝利で終わると双方に伝え、一応の了解は得た。 ・前田及びUWF側はそれを信じず、試合中に仕掛けられる事を覚悟していた。 ・ガチ説の主要な根拠とされるニールセンの左ストレート。 その意図は不明。 本気で仕掛けるつもりだったのか。 たまたま入ってしまったのか。 一発カマしたかっただけなのか。 ・前田当人はある程度覚悟していたので試合は続行。 以下、個人的意見。 新日本側は多分前田を潰す意図はなかったんじゃないかなと思います。 寧ろ異種格闘技やらせる事でガス抜きさせるつもりだったんじゃないかなあ。 ニールセンは、どうでしょうね。 やけに相手が緊張してるんで、つられて緊張しちゃったか。 生意気なプロレスラーをちょっと驚かせてやろうと思ったか。 まあ、何が何でも勝とうとは思っていなかったんじゃ・・・ 前田御当人は完全にガチだと思ったでしょうね。 少なくとも1Rの左ストレート直後は。 まあ決め技が決め技なんで、あんなもんガチで使うかと意見はあるようですが。 ウダウダ長く書いてきましたが結論としてはよう分からんという事です。 前田御当人やファンはガチだと思っているでしょうし、プロレス 異種格闘技戦含め にガチなど存在しないと思ってる人達にはそう見えるのでしょうし。 だから永田は俺のミルコ戦とアンタの試合は違うと主張するんでしょう 笑.

次の