養豚場 タムワース。 国内豚

豚の最高の肉の品種

養豚場 タムワース

飼育されている豚() 養豚が始まった時期ははっきりしない。 これはとして見つかる豚のが捕獲された野生種のものか、種のものかを判別するのが難しいからである。 一方、地域的な分布は分かりやすい。 最も古い骨は現在の南部から見つかった8000年頃のものである。 ついでの紀元前4000年、の紀元前3000年ごろの骨が古い。 における養豚の歴史も古く、においても紀元前4000年の骨が見つかっている。 東部、、南部にも養豚が広がった。 これ以外の地域では養豚の証拠が見つかっていない。 例えばではエジプト以外の地域には養豚が普及しなかった。 中国ではの開始とほぼ同時期に養豚が始まったと考えられているが、メソポタミアでは農耕開始後、5000年もの時間差がある。 では(4年)から2年間ほど、全国で養豚が流行した。 これは一種の現象となり、者も多く出るほどになった。 しかし(明治6年)に人口密集地における豚の飼育を禁止する法律ができ、獣肉にはがいるという風評も相まって養豚業は一気に衰えた。 生産 FAO が発表した統計資料 FAO Production Yearbook 2002 によると、2002年時点の全世界における豚の飼育頭数は9億4102万頭であり、そのうち半数がで飼育されている。 中国は頭数の伸びも著しく、2002年までの10年間に1億頭も増加した。 中国 4億6470万頭 49. 5907万頭 6. 3000万頭 3. 2596万頭 2. 2386万頭 2. では豚肉食が()に抵触する。 このため、の確保など畜産に向いた自然環境で、潜在的な・であるが多い地域であっても、イスラム教圏では養豚がほとんど行われていない。 豚肉の生産量 豚皮も有用ではあるが、豚はほぼすべて食肉生産のために飼育されていると言える。 FAOの統計資料によると、2002年の全世界における(ポーク)の生産量は9419万トンである。 飼育頭数と同様、経済発展に伴い豚肉の需要が増した中国が半数を占める。 中国 4460万トン 47. アメリカ 894万トン 9. ドイツ 412万トン 4. スペイン 299万トン 3. 235万トン 2. 以上の上位10カ国で全世界の豚肉の生産量のうちやはり4分の3を占める。 頭数と生産量を比較すると、生豚のの影響が読み取れる��すなわち、ブラジルは国、フランスは輸入国である。 他の食肉との比較 世界的に有力な食肉源は、、、山羊を含むである。 2002年時点では、牛肉の5788万トン、羊肉の1155万トンを豚肉の生産量が大きく引き離している。 食肉の約6割が豚肉ということになる。 生産地の偏りにも違いがある。 牛肉、羊肉、豚肉の順に偏りが大きくなっていく。 牛肉はアフリカ州とオセアニア州を除くすべての州でほぼ均等(各州で2割から2割強のシェア)に生産されている。 羊肉はアジア州(4割)、アフリカ州(2割強)が有力だが、残りのp州ではほぼ均等に生産されている。 一方、豚肉はアジア州(約6割)に大きく偏り、ヨーロッパ州(約2割)以外の生産量は少ない。 日本国内の生産と消費 飼育される豚は、主に食肉用として用いられる。 飼育期間は6ヶ月程、体重110kg程度で出荷される。 およびの影響もあり、の消費は拡大している。 一方で国内の生産高は減少傾向にあり、度には88. 4万トンであった。 豚肉は増加傾向で、度には86. 2万トンと国内生産にほぼ並んだ。 品種 養豚に用いられる品種は日本国内においては6品種である。 養豚で重視される性質は産肉能力、強健性、繁殖能力の3つ。 養豚では、食肉用の子豚は、繁殖能力が高い品種と強健性の高い品種を掛け合わせ、さらに産肉能力の高い品種と合わせるなどの交配操作を行うことによって得られている。 (W)の雄と(L)の雌の間に出来た雑種の雌豚(LW)に(D)の雄を掛け合わせて得られる「LWD」が一般的である。 - 6品種中もっとも歴史の古い品種。 ランドレースについで繁殖能力に優れる。 体色は白。 デュロック、ランドレースと並ぶ大型種であり、生後1年で180 kg前後、成豚では380 kgに達する。 アルファベットによる略称は「W」。 - 最も産肉能力の高い品種。 強健性と繁殖能力も高い。 体色は赤褐色。 デュロックとランドレースは耳が寝ている。 略称は「D」。 別名赤豚。 - 最も繁殖能力が高い品種。 胴体が長い分産肉能力も高い。 日本国内では最も頭数が多い。 体色は白。 略称は「L」• - 体色は黒。 腹部は小豆色。 頭や四肢の先に白い部分があるので見分けやすい。 ハンプシャー、ヨークシャーと並び比較的小型の品種。 生後1年で150 kg、成豚では250 kgから300 kgである。 は、バークシャー同士の交配の純粋種である。 略称は「B」。 - デュロックについで産肉能力が高い。 体色は黒だが、肩から前足にかけては帯状に白い。 略称は「H」。 現在は希少種。 - 大ヨークシャーに対して「中ヨークシャー」とも呼ばれる。 他の品種とは異なり、顔が平面的である。 体色は白。 略称は「Y」。 現在は希少種。 その他の品種• - 全身黒色毛。 希少種。 ブリティッシュ・サドルバック - ハンプシャーに似るが耳が垂れている。 希少種。 タムワース - 茶色毛。 希少種。 ラージブラック - 全身黒色毛。 希少種。 - 中国原産。 腹部が地面に着く程に垂れている。 極めて多子多産である。 希少種。 金華豚 - 中国原産の希少種で、の原料となる。 この他にの、のなど、様々な品種が存在する。 経営の集中化 現代の舎飼い養豚 日本において、かつては部やの地帯に「豚小屋」と呼ばれる小規模な養豚場が点在していたが、最近ではめっきり見られなくなった。 で立ち退きを余儀なくされただけではなく、国内養豚家そのものが減少しつつあるためだ。 その最大の要因は等の環境問題と後継者難である。 度の4万戸から度には6千戸にまで減少した。 一方、飼育されている豚の頭数は2割減にとどまっており、大規模な養豚業者への集中を見てとれる。 大規模業者の多くは種豚の生産を自前で行うだけでなく、専属のをして、やも自前で行うことが多い。 種豚の生産を専門とする養豚場は種豚場と呼ばれる。 なお、こうして地帯と養豚場が地理的に切り離されることにより、の罹患者数が激減したことは特記すべきであろう。 日本脳炎は、水田を繁殖地とするコガタアカイエカが媒介する。 コガタアカイエカが好んでする動物は豚であり、さらに日本脳炎のは豚に感受性が高く、不顕性により発病せずにウイルスが豚でよく増殖する。 かつては都市近郊に水田と養豚場が共存したことが、日本脳炎の流行が繰り返された大きな要因であった。 飼料 養豚にどのような飼料を用いるかは、その地の文化と密接な関係がある。 例えば現代日本の養豚ではを主体とした飼料を用いている。 古代以来、伝統的には養豚に用いられる飼料は、では人、ではが主体であり、これにが補助的に用いられた。 ではその後の広まりによってほとんどの地域で養豚が廃絶したため、古代の養豚飼料がいかなるものであったかは不明な点が多い。 東アジアの伝統的な養豚 東アジアではにあるように、人間の生活圏から発生する生ゴミや人糞をそのまま養豚に用いることが伝統的な養豚法であった。 「」および「」も参照 豚を不潔な動物とする見方は、この点によるのかもしれない。 しかし、を行うのは豚に限らない。 またヒトは雑食動物であるが、に見るように・によってをエネルギー源に転換するとしての性質を持っている。 大腸に常在する多数のが、小腸までで消化吸収されなかったやなどのを発酵させて、エネルギー源となるやといった短鎖を生産している。 こうした発酵の場は牛や羊などのをする動物ではの直前に位置しており、短鎖脂肪酸を吸収するだけでなく増殖した細菌や原生動物を胃に流し込んで・吸収。 などを回収している。 ところがヒトやウマといった盲腸・大腸発酵を行う動物の消化器官は増殖したの菌体を消化吸収できず、糞として捨てざるを得ない。 従って、人糞は細菌の菌体が主成分であり、この形で蛋白質などの栄養素を豊富に含んでいる。 東アジアでの養豚はこうした蛋白質に富んだ人糞を豚に食わせ、それによって集落の衛生を保つと共に生きた豚の形で蛋白質やをストックし、必要に応じて、人間の食料として回収するシステムとして発達した。 日本の、、及びその周辺島嶼ではまで、不殺生戒があるの影響で食用家畜を飼育する文化が衰退した。 このため人糞は発酵させて農地のとして利用する文化が発達し、こうした人糞を飼料とする養豚は行われなかった(或いは行われなくなった)。 一方、中国文化の影響が強く、九州以北と文化的差異が大きいの支配下にあったでは、こうした東アジア一帯に普遍的に見られる人糞養豚が行われ、豚肉食文化が発達した。 人糞養豚は上記のように優れたシステムではあるが、危険なであるの感染サイクルを形成してしまうという問題点もあった。 南西諸島では戦後、このリスクの危険視や、を受けた人々が中国由来の不潔な奇習であるとの偏見を持ったことによる人糞養豚廃絶運動が行われ、での人糞養豚は姿を消した。 その過程では、でこの運動の先頭に立った高等教育を受けた女性の家の中に、嫌がらせとして人糞がぶちまけられるなどの激しい軋轢が生じたことが記録されている。 ヨーロッパの伝統的な養豚 農業生産性に乏しく、人糞養豚の文化を持たない北西ヨーロッパでは、一年を通して豚の畜群を維持するだけの飼料(にとどまらず人間の食用としての農作物)を確保することが難しかった。 夏に産まれた子豚を、秋にの森に放してドングリを食べさせて十分成長させて肥育。 来年の繁殖用の親豚に使う個体のみを残して、冬の初めにまとめて屠畜し、塩漬け肉や、、、といった保存食品に加工して次の年の秋の終わりまで食いつなぐ(農作物が収穫できる春までは豚肉のみで食いつなぐ)という養豚システムが行われていた。 しかしに、アメリカからやといった寒冷な痩せた土地でも大きな収穫が得られる作物が導入されるようになった。 これらが次第に普及していくと、人間が食用にする以上の余剰収穫が確保できるようになり、これが豚の飼料に当てられ、一年中生きた豚の形で動物性の蛋白質や脂肪をストックできるようになった。 こうして「ジャガイモとソーセージ」に象徴されるに代表されるような、新大陸産の新来作物と豚肉加工食品の組み合わせによる近代以降の北西ヨーロッパの食文化が成立したのである。 現代養豚の課題 現代の養豚の例(分娩ストール、自動給餌器付き)。 現代の養豚ではを主体とし、カスやを加えたを用いている。 これらの多くはに頼っており、上の問題になっている。 更に、輸入された飼料の蛋白質、に由来する化合物はその一部が豚のの、またその他の一部は畜産物を食べた人間の糞尿や生ごみの形で、土壌に過剰蓄積されるリスクがある。 これらは陸上に対して、また降水による水循環やを通じたや沿岸海域に過剰供給されて、河川生態系や生態系に対して重大な影響を与えている。 つまり、などの飼料作物生産国の工業的によって生成した窒素化合物が、飼料輸入国である日本などの国土や周辺海域に一方的に蓄積していき、富栄養化という形で生態系の異常を引き起こすという物質循環の異常を引き起こしている。 同様のことはなどの化合物に関しても言える。 また、国土内での物質循環を完結させて、国土の過剰な富栄養化とそれによる生態系の破壊を防ぐためには生ごみなどの食品廃棄物を飼料として活用することが解決法の一つとなるが(1970年代まで小規模な場合には残飯を餌として与えていたことが多かった)、としてのを飼料に用いる場合は、感染()が問題になる。 近年、生ゴミや食品の残渣を飼料の原料にする研究がなされ、現代社会に要求される安全性を確保した上で、飼料の向上と還元型社会への再接近を図っている。 このほかにも養豚副産物の減量・活用に向けた研究は進められている。 は豚の尿にを混ぜてさせ、用を効率的に発生させる技術を開発した。 動物の扱いの問題 日本国内では昭和35年に養豚農家一戸当たり2頭であった飼養頭数は、平成29年には2001頭に増加した。 畜産の集約化は欧州では産業革命からはじまっており、動物を一か所に大量に収容する工場型の畜産が拡大するにつれ、欧州を中心にの問題が取りざたされるようになっている。 養豚業においては母豚を妊娠期間中に拘束する施設「」や、子豚に実施される尾・歯の無麻酔切断、麻酔なしでの去勢などが動物福祉の問題として議論されている。 監禁されているため負傷や発病しやすくこれを防ぐために抗生物質等を適宜飼料に加える。 豚は屠殺時に8割以上肺炎に罹っているといわれる。 妊娠ストール 妊娠中の母豚を管理しやすいように使用されるは母豚の行動を著しく制限し、異常行動の発現につながる。 アメリカではフロリダ、メイン、ロードアイランド、オレゴン、アリゾナ、カリフォルニア、コロラド、ミシガンが妊娠ストールの廃止を決定した。 詳細は「」を参照 日本ではの使用に規制はなく2014年時点で使用率88. 6%である。 尾と歯の無麻酔切断 尾と歯の麻酔なしの切断は、過密飼育によるストレスから豚同士が傷つけ合うことを防ぐために生後1週間以内に実施されているが、苦痛を伴うものであることから、デンマーク、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、リトアニアでは麻酔なしでの尾の切断を禁止あるいは規制しており、カナダでは2016年7月1日から、年齢にかかわらず痛みを制御する鎮痛剤を用いて行われなければならないとされている。 歯の切断については、では日常的に行うことを禁止しており、デンマーク、ノルウェーでは歯の切断自体を禁止している。 日本では尾と歯の切断に規制はなく2014年時点で尾の切断率81. 5%、歯の切断率63. 6%である。 麻酔なしでの去勢 雄臭を防ぐために雄豚は生後1週間以内に去勢される。 去勢は鋭利なカミソリでふぐり(陰嚢)を切開し睾丸を取り出し、引き抜き、切り取る、という方法で行われるが、麻酔なしで実施され処理中・処理後も痛みを伴うため問題視されており、では、2018年からは、自主的に外科的去勢を「原則」終了することとしている。 カナダでは2016年以降麻酔なしでの豚の去勢は禁止、 ドイツでは2019年1月から国内外の子豚の無麻酔去勢が禁止される。 また去勢をほとんど行っていない国もある(去勢率:イギリス2%、ポルトガル12. 5%、スペイン15%、オランダ20%)。 日本では麻酔なしの去勢に法的な規制はなく、2014年時点で94. 6%のブタに麻酔なしでの去勢が実施されている。 その他• 畜舎を管理している養豚家が、何らかの事情で畜舎内で倒れ、そのまま豚に食べられてしまうという事故は、世界各地で何例か報告されている。 脚注 [] 関連項目• 外部リンク•

次の

国内豚

養豚場 タムワース

飼育されている豚() 養豚が始まった時期ははっきりしない。 これはとして見つかる豚のが捕獲された野生種のものか、種のものかを判別するのが難しいからである。 一方、地域的な分布は分かりやすい。 最も古い骨は現在の南部から見つかった8000年頃のものである。 ついでの紀元前4000年、の紀元前3000年ごろの骨が古い。 における養豚の歴史も古く、においても紀元前4000年の骨が見つかっている。 東部、、南部にも養豚が広がった。 これ以外の地域では養豚の証拠が見つかっていない。 例えばではエジプト以外の地域には養豚が普及しなかった。 中国ではの開始とほぼ同時期に養豚が始まったと考えられているが、メソポタミアでは農耕開始後、5000年もの時間差がある。 では(4年)から2年間ほど、全国で養豚が流行した。 これは一種の現象となり、者も多く出るほどになった。 しかし(明治6年)に人口密集地における豚の飼育を禁止する法律ができ、獣肉にはがいるという風評も相まって養豚業は一気に衰えた。 生産 [編集 ] FAO が発表した統計資料 FAO Production Yearbook 2002 によると、2002年時点の全世界における豚の飼育頭数は9億4102万頭であり、そのうち半数がで飼育されている。 中国は頭数の伸びも著しく、2002年までの10年間に1億頭も増加した。 中国 4億6470万頭 49. 5907万頭 6. 3000万頭 3. 2596万頭 2. 2386万頭 2. では豚肉食が()に抵触する。 このため、の確保など畜産に向いた自然環境で、潜在的な・であるが多い地域であっても、イスラム教圏では養豚がほとんど行われていない。 豚肉の生産量 [編集 ] 豚皮も有用ではあるが、豚はほぼすべて食肉生産のために飼育されていると言える。 FAOの統計資料によると、2002年の全世界における(ポーク)の生産量は9419万トンである。 飼育頭数と同様、経済発展に伴い豚肉の需要が増した中国が半数を占める。 中国 4460万トン 47. アメリカ 894万トン 9. ドイツ 412万トン 4. スペイン 299万トン 3. 235万トン 2. 以上の上位10カ国で全世界の豚肉の生産量のうちやはり4分の3を占める。 頭数と生産量を比較すると、生豚のの影響が読み取れる。 すなわち、ブラジルは国、フランスは輸入国である。 他の食肉との比較 [編集 ] 世界的に有力な食肉源は、、、山羊を含むである。 2002年時点では、牛肉の5788万トン、羊肉の1155万トンを豚肉の生産量が大きく引き離している。 食肉の約6割が豚肉ということになる。 生産地の偏りにも違いがある。 牛肉、羊肉、豚肉の順に偏りが大きくなっていく。 牛肉はアフリカ州とオセアニア州を除くすべての州でほぼ均等(各州で2割から2割強のシェア)に生産されている。 羊肉はアジア州(4割)、アフリカ州(2割強)が有力だが、残りのp州ではほぼ均等に生産されている。 一方、豚肉はアジア州(約6割)に大きく偏り、ヨーロッパ州(約2割)以外の生産量は少ない。 日本国内の生産と消費 [編集 ] 飼育される豚は、主に食肉用として用いられる。 飼育期間は6ヶ月程、体重110kg程度で出荷される。 およびの影響もあり、の消費は拡大している。 一方で国内の生産高は減少傾向にあり、度には88. 4万トンであった。 豚肉は増加傾向で、度には86. 2万トンと国内生産にほぼ並んだ。 品種 [編集 ] 養豚に用いられる品種は日本国内においては6品種である。 養豚で重視される性質は産肉能力、強健性、繁殖能力の3つ。 養豚では、食肉用の子豚は、繁殖能力が高い品種と強健性の高い品種を掛け合わせ、さらに産肉能力の高い品種と合わせるなどの交配操作を行うことによって得られている。 (W)の雄と(L)の雌の間に出来た雑種の雌豚(LW)に(D)の雄を掛け合わせて得られる「LWD」が一般的である。 - 6品種中もっとも歴史の古い品種。 ランドレースについで繁殖能力に優れる。 体色は白。 デュロック、ランドレースと並ぶ大型種であり、生後1年で180 kg前後、成豚では380 kgに達する。 アルファベットによる略称は「W」。 - 最も産肉能力の高い品種。 強健性と繁殖能力も高い。 体色は赤褐色。 デュロックとランドレースは耳が寝ている。 略称は「D」。 別名赤豚。 - 最も繁殖能力が高い品種。 胴体が長い分産肉能力も高い。 日本国内では最も頭数が多い。 体色は白。 略称は「L」• - 体色は黒。 腹部は小豆色。 頭や四肢の先に白い部分があるので見分けやすい。 ハンプシャー、ヨークシャーと並び比較的小型の品種。 生後1年で150 kg、成豚では250 kgから300 kgである。 は、バークシャー同士の交配の純粋種である。 略称は「B」。 - デュロックについで産肉能力が高い。 体色は黒だが、肩から前足にかけては帯状に白い。 略称は「H」。 現在は希少種。 - 大ヨークシャーに対して「中ヨークシャー」とも呼ばれる。 他の品種とは異なり、顔が平面的である。 体色は白。 略称は「Y」。 現在は希少種。 その他の品種 [編集 ]• - 全身黒色毛。 希少種。 ブリティッシュ・サドルバック - ハンプシャーに似るが耳が垂れている。 希少種。 タムワース - 茶色毛。 希少種。 ラージブラック - 全身黒色毛。 希少種。 - 中国原産。 腹部が地面に着く程に垂れている。 極めて多子多産である。 希少種。 金華豚 - 中国原産の希少種で、の原料となる。 この他にの、のなど、様々な品種が存在する。 経営の集中化 [編集 ] 現代の舎飼い養豚 日本において、かつては部やの地帯に「豚小屋」と呼ばれる小規模な養豚場が点在していたが、最近ではめっきり見られなくなった。 で立ち退きを余儀なくされただけではなく、国内養豚家そのものが減少しつつあるためだ。 その最大の要因は等の環境問題と後継者難である。 度の4万戸から度には6千戸にまで減少した。 一方、飼育されている豚の頭数は2割減にとどまっており、大規模な養豚業者への集中を見てとれる。 大規模業者の多くは種豚の生産を自前で行うだけでなく、専属のをして、やも自前で行うことが多い。 種豚の生産を専門とする養豚場は種豚場と呼ばれる。 なお、こうして地帯と養豚場が地理的に切り離されることにより、の罹患者数が激減したことは特記すべきであろう。 日本脳炎は、水田を繁殖地とするコガタアカイエカが媒介する。 コガタアカイエカが好んでする動物は豚であり、さらに日本脳炎のは豚に感受性が高く、不顕性により発病せずにウイルスが豚でよく増殖する。 かつては都市近郊に水田と養豚場が共存したことが、日本脳炎の流行が繰り返された大きな要因であった。 飼料 [編集 ] 養豚にどのような飼料を用いるかは、その地の文化と密接な関係がある。 例えば現代日本の養豚ではを主体とした飼料を用いている。 古代以来、伝統的には養豚に用いられる飼料は、では人、ではが主体であり、これにが補助的に用いられた。 ではその後の広まりによってほとんどの地域で養豚が廃絶したため、古代の養豚飼料がいかなるものであったかは不明な点が多い。 東アジアの伝統的な養豚 [編集 ] 東アジアではにあるように、人間の生活圏から発生する生ゴミや人糞をそのまま養豚に用いることが伝統的な養豚法であった。 「」および「」も参照 豚を不潔な動物とする見方は、この点によるのかもしれない。 しかし、を行うのは豚に限らない。 またヒトは雑食動物であるが、に見るように・によってをエネルギー源に転換するとしての性質を持っている。 大腸に常在する多数のが、小腸までで消化吸収されなかったやなどのを発酵させて、エネルギー源となるやといった短鎖を生産している。 こうした発酵の場は牛や羊などのをする動物ではの直前に位置しており、短鎖脂肪酸を吸収するだけでなく増殖した細菌や原生動物を胃に流し込んで・吸収。 などを回収している。 ところがヒトやウマといった盲腸・大腸発酵を行う動物の消化器官は増殖したの菌体を消化吸収できず、糞として捨てざるを得ない。 従って、人糞は細菌の菌体が主成分であり、この形で蛋白質などの栄養素を豊富に含んでいる。 東アジアでの養豚はこうした蛋白質に富んだ人糞を豚に食わせ、それによって集落の衛生を保つと共に生きた豚の形で蛋白質やをストックし、必要に応じて、人間の食料として回収するシステムとして発達した。 日本の、、及びその周辺島嶼ではまで、不殺生戒があるの影響で食用家畜を飼育する文化が衰退した。 このため人糞は発酵させて農地のとして利用する文化が発達し、こうした人糞を飼料とする養豚は行われなかった(或いは行われなくなった)。 一方、中国文化の影響が強く、九州以北と文化的差異が大きいの支配下にあったでは、こうした東アジア一帯に普遍的に見られる人糞養豚が行われ、豚肉食文化が発達した。 人糞養豚は上記のように優れたシステムではあるが、危険なであるの感染サイクルを形成してしまうという問題点もあった。 南西諸島では戦後、このリスクの危険視や、を受けた人々が中国由来の不潔な奇習であるとの偏見を持ったことによる人糞養豚廃絶運動が行われ、での人糞養豚は姿を消した。 その過程では、でこの運動の先頭に立った高等教育を受けた女性の家の中に、嫌がらせとして人糞がぶちまけられるなどの激しい軋轢が生じたことが記録されている。 ヨーロッパの伝統的な養豚 [編集 ] 農業生産性に乏しく、人糞養豚の文化を持たない北西ヨーロッパでは、一年を通して豚の畜群を維持するだけの飼料(にとどまらず人間の食用としての農作物)を確保することが難しかった。 夏に産まれた子豚を、秋にの森に放してドングリを食べさせて十分成長させて肥育。 来年の繁殖用の親豚に使う個体のみを残して、冬の初めにまとめて屠畜し、塩漬け肉や、、、といった保存食品に加工して次の年の秋の終わりまで食いつなぐ(農作物が収穫できる春までは豚肉のみで食いつなぐ)という養豚システムが行われていた。 しかしに、アメリカからやといった寒冷な痩せた土地でも大きな収穫が得られる作物が導入されるようになった。 これらが次第に普及していくと、人間が食用にする以上の余剰収穫が確保できるようになり、これが豚の飼料に当てられ、一年中生きた豚の形で動物性の蛋白質や脂肪をストックできるようになった。 こうして「ジャガイモとソーセージ」に象徴されるに代表されるような、新大陸産の新来作物と豚肉加工食品の組み合わせによる近代以降の北西ヨーロッパの食文化が成立したのである。 現代養豚の課題 [編集 ] 現代の養豚の例(分娩ストール、自動給餌器付き)。 現代の養豚ではを主体とし、カスやを加えたを用いている。 これらの多くはに頼っており、上の問題になっている。 更に、輸入された飼料の蛋白質、に由来する化合物はその一部が豚のの、またその他の一部は畜産物を食べた人間の糞尿や生ごみの形で、土壌に過剰蓄積されるリスクがある。 これらは陸上に対して、また降水による水循環やを通じたや沿岸海域に過剰供給されて、河川生態系や生態系に対して重大な影響を与えている。 つまり、などの飼料作物生産国の工業的によって生成した窒素化合物が、飼料輸入国である日本などの国土や周辺海域に一方的に蓄積していき、富栄養化という形で生態系の異常を引き起こすという物質循環の異常を引き起こしている。 同様のことはなどの化合物に関しても言える。 また、国土内での物質循環を完結させて、国土の過剰な富栄養化とそれによる生態系の破壊を防ぐためには生ごみなどの食品廃棄物を飼料として活用することが解決法の一つとなるが(1970年代まで小規模な場合には残飯を餌として与えていたことが多かった)、としてのを飼料に用いる場合は、感染()が問題になる。 近年、生ゴミや食品の残渣を飼料の原料にする研究がなされ、現代社会に要求される安全性を確保した上で、飼料の向上と還元型社会への再接近を図っている。 このほかにも養豚副産物の減量・活用に向けた研究は進められている。 は豚の尿にを混ぜてさせ、用を効率的に発生させる技術を開発した。 動物の扱いの問題 [編集 ] 日本国内では昭和35年に養豚農家一戸当たり2頭であった飼養頭数は、平成29年には2001頭に増加した。 畜産の集約化は欧州では産業革命からはじまっており、動物を一か所に大量に収容する工場型の畜産が拡大するにつれ、欧州を中心にの問題が取りざたされるようになっている。 養豚業においては母豚を妊娠期間中に拘束する施設「」や、子豚に実施される尾・歯の無麻酔切断、麻酔なしでの去勢などが動物福祉の問題として議論されている。 監禁されているため負傷や発病しやすくこれを防ぐために抗生物質等を適宜飼料に加える。 豚は屠殺時に8割以上肺炎に罹っているといわれる。 妊娠ストール [編集 ] 妊娠中の母豚を管理しやすいように使用されるは母豚の行動を著しく制限し、異常行動の発現につながる。 アメリカではフロリダ、メイン、ロードアイランド、オレゴン、アリゾナ、カリフォルニア、コロラド、ミシガンが妊娠ストールの廃止を決定した。 詳細は「」を参照 日本ではの使用に規制はなく2014年時点で使用率88. 6% である。 尾と歯の無麻酔切断 [編集 ] 尾と歯の麻酔なしの切断は、過密飼育によるストレスから豚同士が傷つけ合うことを防ぐために生後1週間以内に実施されているが、苦痛を伴うものであることから、デンマーク、スウェーデン、ノルウェー、フィンランド、リトアニアでは麻酔なしでの尾の切断を禁止あるいは規制 しており、カナダでは2016年7月1日から、年齢にかかわらず痛みを制御する鎮痛剤を用いて行われなければならない とされている。 歯の切断については、では日常的に行うことを禁止しており、デンマーク、ノルウェーでは歯の切断自体を禁止している。 日本では尾と歯の切断に規制はなく2014年時点で尾の切断率81. 5%、歯の切断率63. 6% である。 麻酔なしでの去勢 [編集 ] 雄臭を防ぐために雄豚は生後1週間以内に去勢される。 去勢は鋭利なカミソリでふぐり(陰嚢)を切開し睾丸を取り出し、引き抜き、切り取る、という方法で行われるが、麻酔なしで実施され処理中・処理後も痛みを伴うため問題視されており、では、2018年からは、自主的に外科的去勢を「原則」終了することとしている。 カナダでは2016年以降麻酔なしでの豚の去勢は禁止 、 ドイツでは2019年1月から国内外の子豚の無麻酔去勢が禁止される。 また去勢をほとんど行っていない国もある(去勢率:イギリス2%、ポルトガル12. 5%、スペイン15%、オランダ20% )。 日本では麻酔なしの去勢に法的な規制はなく、2014年時点で94. 6%のブタに麻酔なしでの去勢が実施 されている。 その他 [編集 ]• 畜舎を管理している養豚家が、何らかの事情で畜舎内で倒れ、そのまま豚に食べられてしまうという事故は、世界各地で何例か報告されている。 脚注 [編集 ] []• 村上要信『』平野師応・刊、1888年(明治21年)8-9頁。 日本経済新聞 電子版. 2017年8月27日. 2019年8月8日閲覧。 農林水産省累年統計表• ゲイリー・L・フランシオン『動物の権利入門』緑風出版、2018年、65頁。 Lindsay Patton, One Green Planet, 2015-01-27. EFSA Journal 5 12 : 611. 2007. Canadian Pork Council, National Farm Animal Care Council, ISBN 978-0-9936189-3-2. , and, Norwegian Agricultural Economics Research Institute, 2007. (2014-2、Grobal Meat)• , The Pig Site, 19 May 2014. 雑誌「養豚情報」2017年7月号参照• 『畜産の情報』2017年8月号• クーリエ・ジャポン 2020年2月2日. 2020年2月2日閲覧。 関連項目 [編集 ]• 外部リンク [編集 ]•

次の

国内豚

養豚場 タムワース

ブタはほとんど雑食性であるため、家でブタを飼育しても飼育や飼育に問題は生じません。 時間が経つにつれて、若い農家は、さまざまな種類や形態の動物を適切に世話し、給餌し、繁殖し、さらには交配することを学びます。 このおかげで、数十種類の人気のある豚と約100種類の豚がいます。 動物の各形態は、異なる注意と異なる種類のケアを必要とします。 たとえば、イノシシは、あらゆる種類の食物や住居のレベルにまったく気を遣いません。 彼らは十分な広々とした庭と冬のための温暖化を持っています。 注意してください!• そのようなブタは容易に生き残り、飼育下で繁殖することを忘れないでください。 それは彼らに強い子孫の機会を与えました。 しかし、わいせつな国内のブタやミニブタは、反対に、絶え間ない監督、高品質の給餌、そして高価な予防接種を必要とします。 そのような個体は絶滅段階にあるため、十分な注意が必要です。 現時点では、人間の友人として、小人のブタをアパートに飼うことが流行しています。 脂っこい肉質の豚 飼いならされたイノシシや雌豚は、特別な家畜の保育園だけでなく、私有地でもよく生きます。 2〜3種類の子豚の交配に成功したおかげで、農場は購入した豚の品質に常に依存できます。 現時点では、2種類のうなり声を上げる動物があります:肉と脂っこいです。 飼いブタの写真は常にインターネットで見つけることができます。 これにより、庭に適した個体を選択できます。 肉、または別の名前-ベーコンは、低脂肪含量の赤身の食物を受け取るために飼育されました。 脂っこいタイプの豚は、必要なサイズに大きく給餌され、その後、農家は大量の脂肪を受け取ります。 ロシア連邦で最も人気のある個人は、デュロックとランドレースです。 しかし、肉や肉のboもあります。 市場では、このような豚は前の2よりもはるかに高価です。 種の名前:ラトビアの白、ムロム。 特徴 全体像を明確にするために、先祖の歴史についてもう少し詳しく説明します。 イノシシは、細長い体と鋭いかかとによって常に区別されてきました。 彼らは食べ物を求めて地球を掘ることができます。 飼いならされたブタは祖先からそれほど遠くないが、いくつかは特別な輪郭の多くを失った。 動物は指の形をしたひづめのある短い脚を持ち、獣の皮膚は小さな生え際で覆われています。 時々、ハゲまたは非常に毛深いブタの品種があり、それがその起源と生息地を説明しています。 色合いも非常に異なります:ピンク、白、黒、茶色。 飼いブタの体重は、その長さと身長に依存し、平均して大人、田舎のイノシシは140キログラムに達し、一部は340キログラムにも達します。 原則として、オスは妊娠した状態であっても雌豚よりもはるかに重いです。 子豚の体重は700〜900グラムで、まれに1300グラムに達します。 育種 雌豚と雄はすでに4〜5ヶ月から受精の準備ができていますが、経験は動物の最初の妊娠-人生の1年からの異なる数字を示しています。 この時まで、豚を適切な体重まで適切に給餌する必要がありますが、過剰給餌することはできません。 そうしないと、子豚は弱体化して生まれます。 推奨体重:男性-最大170 kg、女性-最大130 kg。 受精能力は6〜7年間持続します。 ベアリングは約3〜4か月または116日かかります。 特定のリスクがある場合にのみ、出産中に母親を支援する必要はありません。 子豚はすぐに出てきて、1回の出産で10〜15個ほど出ます。 風邪や感染を防ぐために、それらは完全に乾かして拭いてください。 次の交配の試みは、すべての外部および内部器官が完全に回復するまで、1-2か月後にのみ行うことができます。 豚の飼育と繁殖は単純ですが、病気の問題には非常に注意する価値があります。 1匹のイノシシが感染すると、他のイノシシが確実に拾われます。 避けてください:寄生虫、インフルエンザ、ビタミン欠乏症、関節炎、サルモネラ、回虫。 飼いならされた野生のブタは、特定のタイプの風邪に免疫があるため、風邪の影響を受けにくい。 しかし、これは住宅の断熱と保護を必要としないという意味ではありません。 何を食べる 飼いブタは、食に対して絶対にうるさい雑食性の動物であり、家畜の使用に特に魅力的です。 彼の「子豚」の助けを借りて、豚は土をゆるめ、見つけたものをすべて食べます。 配布 ユーラシアとアフリカはブタの自然の生息地と考えられていますが、人間の経済活動により、南極を除くすべての大陸に広がり、あらゆる場所で野生の個体群が形成されました。 世界の豚の分布 一般的な種 世界には約100種類の豚がいます。 ユーラシアの領土で最も一般的で有名なのは、大きな白、デュロック、リトアニアの白、ランドラス、ミルゴロド、ウルツム、ラトビアの白、エストニアのベーコン、北白人、ベラルーシの黒と白、カリーニン、ラプシンスキー、リビア、ブライトです。 黒豚と雑多な豚 男性と女性:主な違い 豚の性的二型はしばしば大きさで現れ、オス(イノシシ)は通常メスよりも大きくなります。 野生のブタは、私たちの時代の前に中東で家畜化し始めました。 最初は半野生の状態で飼育されていたが、ヨーロッパから連れて来たのはアジアからだった。 一般に、この種は高い順応性と雑食性によって特徴付けられるため、家畜化プロセスは非常に迅速に進みました。 豚は主に肉用に飼育されましたが、皮(盾用)、骨(道具と武器用)、毛(ブラシ用)も使用されました。 スペインの開拓者はヨーロッパから豚を北米に連れてきました。 彼らはしばしば逃げ出し、野生のライフスタイルをリードし始め、アボリジニの経済に損害を与えました。 野生の家畜豚は、一般的に害の源であり、環境への脅威をもたらし、農地を傷つけます。 これは南アメリカで特に一般的です。 飼育ブタを正しく飼育して飼育すると、6-7ヶ月で体重が100から110 kgになり、屠体の重量は73-75 kgになります。 2,000から6,000の女王の家畜を飼っている最高の養豚場では、それぞれが年間15から20セントの豚肉を受け取っています。 用途 ブタの高い繁殖力と早熟度は、幼い頃に子孫を与える能力とともに、毎年の初めにあった動物の100-150%を無痛で販売することを可能にします。 豚の繁殖における豚の同じ生物学的特性は、群れの急速な改善の幅広い機会を生み出し、それにより生産性の低い個体を生産性の高い個体に置き換えます。 屠殺量は、飼いブタの品種、年齢、性別、動物の肥満度、および枝肉を切るときの損失の大きさによって決まります。 90から100キログラムの豚の屠殺中は、平均で72から75%の範囲であり、120から140 kgの体重で殺された動物では約75から77%であり、十分に給餌された成豚では80から85%に達します。 偶蹄目の一般的な特徴 豚は、体が細長い、銃口が長く、鼻パッチが動く、かなり大きな動物です。 品種によっては、偶蹄目はまばらな毛またはかなり太い毛で覆われています。 豚の体重は45〜50 kg〜400 kgです。 足は短く、丈夫で、4本の指で終わります。 短い尾はかぎ針編みであり、一種のプレッツェルでクループに横たわっています。 動物の耳は大きく、目は非常に小さいです。 自然はブタに急性の聴覚と嗅覚を与えたが、視力は非常に悪かった。 ステレオタイプに反して、動物は決して汚くない。 沼地でうなるの愛は、豚の極度の清潔さによって説明されます。 したがって、偶蹄目は、乾燥した泥片とともに落ちる皮膚寄生虫を取り除きます。 さらに、このようなバスタブは暑い季節にはとても便利です。 国産豚の品種 畜産における豚の繁殖は、人間のニーズを考慮に入れました。 したがって、哺乳類の品種には、肉、普遍的、皮脂の3つの主要なグループがありました。 肉(ベーコン)種には、長い体、浅い胸、巨大な背中、軽量の前部を持つ動物が含まれます。 そのようなブタは筋肉を急速に構築する傾向があり、皮脂層が事実上ありません。 若い肉の品種は急速に成長しており、生後6ヶ月で体重が約100 kgになります。 最も有名な肉種は次のとおりです。 Pietrainはベルギーで飼育された豚です。 ロシアンホワイト。 デンマークの品種デュロック。 ランドラス。 英語の豚タムワース。 エストニアの白。 肉の品種は体重のためだけに飼育されます。 家庭で普遍的な豚の種類-肉と皮脂の品種の品質の組み合わせ。 普遍的な子豚は十分に速く成長し、1頭の豚で屠殺した後、約55%の肉と30%の脂肪を得ることができます。 次の品種は、このタイプの家畜豚に起因する可能性があります。 オリョール地方で飼育された活豚。 ヨークシャーまたは大きな白(イングリッシュホワイト)。 シベリア北部の品種。 ウクライナの草原の白。 肉と脂っこい品種は、肉だけでなく、優れた味のラードも提供します。 皮脂の品種は、大量の脂肪と最小限の筋肉の充満によって区別されます。 ブタの前部は重く、胸は大きくて深いです。 特別な食事のおかげで、生後6ヶ月の子豚では筋肉の成長が阻害され、代謝が促進されます。 結果として、皮脂層がカーカスに堆積し始めます。 次の品種は、このタイプの豚に属します。 舞山は中国で飼育された豚です。 ハンガリーのマンガリッツァ。 大きな黒い英語。 バークシャー。 ミルゴロツカヤ。 豚舎を装備する方法 ホーム養豚場を作成するときは、偶蹄類の家の改善の一般的なルールに従ってください。 本館(豚舎)の天井は2〜2. 5 m以下である必要があります。 床を鉄筋コンクリートスクリード(層厚-8〜10 cm)で埋めることをお勧めします。 最上部の床はボードで覆われており、隙間ができないようにしています。 床には一定の傾斜が必要で、その底部には廃棄物シュートが設置されています。 照明のレベルは非常に低く、約30〜40ルクスでなければなりません。 養豚場に加えて、養豚場は、納屋(穀倉)、牛を歩くためのペン、糞尿のための穴で構成する必要があります。 豚小屋は特別なゾーン(機械)に分割でき、そのサイズは「入植者」に依存します。

次の