バンドリ メリッサ 炎上。 【悲報】ブシロード「バンドリ運営」、声優が下手くそとの批判にブチギレ

【悲報】このすばのソシャゲ、低スペ端末の方がランキングコンテンツで有利と判明して炎上

バンドリ メリッサ 炎上

バンドリの男版が炎上しているのは何故ですか? ファンの方にとってはデリケートな問題だとは思うのですが、どうしても気になってしまって… 私がまだバンドリを初めて日が浅い、且つ女だからかも知れませんが、個人的に男版はとても楽しみです。 私の兄もバンドリのファンですが、男版が発表された時「マジか!」と言っただけで、批判するようなことは一切言っていませんでした。 バンドリの男版に抵抗のある方は、主にどのような人なのでしょうか? また、男版のどのような点に不満があるのでしょうか? また、アイマスにも「SideM」なる男版があったと思うのですが、SideMが発表された際も同じような騒動になったのでしょうか? 男性版はあくまでも別もので世界観は異なる、と社長から説明されてますがその情報が行き届いてないんじゃないかなぁという印象を受けます。 その結果キャラ同士の絡みを想像してしまって炎上気味かな、と 極論言えば同じことが女性向け男アイドル作品で起きても炎上すると思います。 例えばうたプリで想像すれば分かりやすいかと。 (うたプリの場合は元は乙女ゲーなのでまた別の方向に荒れそうですが) ちなみにSideMに関してはまた流れが別です。 もともと本家アイマスの新作(アイマス2)発表の場で、 これまでプロデュースできていた一部アイドルがプロデュース不可と発表。 追い打ちをかけるようにJupiterという男性アイドルがライバルキャラとして登場(プロデュースはできないが何かと優遇)という二段仕込みで炎上というか葬式気味でした。 既存アイドルのリストラがなければ、あれほどまでに荒れることはなかったんじゃないかなーとも思います。 その数年後に完全に男性アイドルだけを集めたSideMが登場。 アイマス2以降宙ぶらりん状態だったJupiterも移籍という形でようやく居場所ができたわけです。 なのでSideM自体は別に炎上してません。 5次元でやるからには大事にされるのが「異性キャラの一切の遮断と隔離」ならびに「異性声優と同事務所の異性声優の一切の遮断と隔離」それがあってこそ、いやそれやらないと成り立たない喧しい時代になった。 5次元って二次元と三次元のハイブリッドだから、異性交際 本家バンドリの香澄とりみりんの声優さんと男バンドリに出る同事務所の男声優との交際 に勝手に結びつけて騒ぐ連中 事実だとしても極めてアホらしい が増えて炎上した。 てか今騒いでる連中、ジュピターの一件に便乗してるだけで大抵は詳細知らないだろ。 越境の危険性が有るからでは?ライブとかだと合同になる可能性高いし。 でも炎上というか、一部がぶつくさ文句言ってるだけのような・・・ SideMが発表の時は、ああやっとこれで騒動が終息すると安心しましたよ。 その前にアイドルマスター2にジュピターという男アイドルグループを出しその中に女たらしと言うキャラまでいました。 アイマスは当時、出てくるキャラは完全に女性だけでした。 男キャラは黒塗りか青塗りと徹底してました。 そんな百合系作品だったので、超大炎上しました。 まとめサイトは記事乱発し 掲示板は非難で埋め尽くされすぎて機能しないレベルでした。 運営が声優に対して批判するなとか完全に的外れなこと言ったり、男嫌いの女性キャラがいきなり男好きとか言い出して、さらに油を注いだ) SideMでジュピターがSideM世界に飛ばされ、やっと事態が終息しました それに比べれば、バンドリの件は炎上と言うか、線香花火のような感じに見えますね・・・ 別に自分は批判するとかではないですけど、バンドリはガールズバンドだったはずなのに、そこに男版は必要ないですよね。 作っちゃダメということではなく、何故バンドリという同じ名前にしたのか。 そこが一番問題なんだと思います。 全く別とのことらしいですが、それなら余計になんでバンドリという名前にしたのか、おかしいですよね。 バンドリの派生でできた他の物語ならよかったんでしょうが、名前が同じということが大きな原因ではないかなと思いますよ。 批判するわけではないですけど、率直な感想、「いらないな」「なんでバンドリって名前にしたの?」って思いました。 これが違う名前なら「男版もできるんだ」ってなったと思います。 まぁ自分はバンドリに限らず女性ボーカルの方が好きなので、余計かなと思いますけどね。 男性ボーカルバンドが好きな人にとっては面白いかもしれませんね。 でも全く別物って言っても結局、楽曲とかはカバーしそうですよね。

次の

バンドリ今井リサに弟がいたことが発覚。その後公式によって抹消される

バンドリ メリッサ 炎上

Morfonica モルフォニカ とはどんなグループ? 「ガルパ」シーズン2の中で、名門のお嬢様学校の月ノ森女子学園の1年生達が結成したガールズバンドが Morfonica モルフォニカ です。 Morfonica モルフォニカ のグループ名の由来は『モルフォ蝶』から付けられています。 他のバンドとの違いとしてバイオリンのメンバーが在籍しているのが特徴で、「幻想的な世界観を奏でる、バイオリンロックバンド」と呼ばれています。 2020年3月の実装に先駆けて、2019年3月から順次公開されていた「バンドストーリー2章」にましろが物語のキーパーソンとして登場しており、透子も登場しています。 Morfonica モルフォニカ のメンバーやキャスト声優のプロフィールまとめ Morfonica モルフォニカ のメンバーやそのキャスト声優のプロフィールなどをお伝えします! 倉田 ましろ(くらた ましろ)役:進藤あまね 画像引用元:Morfonica Morfonica モルフォニカ ではボーカルと作詞を担当しています。 何事に対しても弱気で控えめになってしまう大人しい性格で、元々は一般の中学校に通っていたが、憧れから名門校である月ノ森女子学園に入学しました。 しかし、周囲の才能溢れる生徒に圧倒され落ち込む毎日を送っていた。 想像力が豊かであり空想にふける癖がある。 一度は「バンドを組んでみたい」と話していましたが、メンバー募集のチラシを剥がし、「バンドはもっと楽しいものと思っていた」と告げて、香澄たちの前から去っていったのです。 しかし、香澄たちの説得もあり透子と共に「第2回ガールズバンドパーティー」を訪れ演奏を聞いたましろはライブ終了後に香澄にバンドを再び再開することを告げたのです。 普通に憧れているがどこかズレた発言、行動をしてしまうこともあるが、本人はそのことを気にしていて、周囲に溶け込むために本当の自分を隠してバンド活動をしている。 楽器は初心者なのにもかかわらず、「普通の青春」を送るためという理由で、バンドに加入にしたのです。 クラスの学級委員長もしており、自称「しっかり者」の頑張り屋で、常に自信満々に行動するがドジでちょっと抜けているところもあり、しっかり者で頼りになる人を目指して奮闘しています。 て月ノ森の名に恥じないバンドにするためにバンドではリーダーとして、メンバーをまとめているのです。 何事でも常にトップを目指しており、学業でも学年トップの成績をキープする才媛でもあります。 過去に、音楽を無意味なものと捨てた経験があるのです。

次の

バンドリ!モルフォニカの声優は下手?メンバーや年齢などをまとめ

バンドリ メリッサ 炎上

Morfonica モルフォニカ が炎上? Morfonica モルフォニカ を検索すると、上位に出てくる言葉は「炎上」です。 実際にMorfonica モルフォニカ は、どういった経緯で炎上することになったのでしょうか? 炎上した原因となっていることは、2つありました。 アンチのような人の意見が否定的な意見を言っているということで、擁護する声も同じくらいあります。 それぞれについてお伝えしていきましょう。 倉田ましろ役・進藤あまねの歌が下手すぎる? いま色々と議論されてるけど 進藤あまね、普通に歌下手だと思うよ。 というのも普通に聞いてて違和感を感じる人もいるでしょ。 デイライト、サビはまだ許せるけどAメロBメロがあそこまでパッとしないオリジナル曲は初めて聞いた。 ということで、Morfonica モルフォニカ の曲を聞いてみましょう。 確かに上手いと感じる人は多くないでしょう。 しかし、この声はどう考えてもアニメのキャラを演じていますよね。 キャラ設定的なものや、制作陣があえてそう歌うように指示したのではないかと思われます。 実際に下手だと感じる人もいると思いますが、それをレコーディングの際にスタッフがスルーするというのは考えにくく、狙いがあってのことでしょう。 Twitterなどでも同じような意見はたくさん見られました。 一部であまねすが歌下手みたいに叩かれてたけど、実はそういう「設定」なんだよね。 歌が下手だという前提になっていることは、ここではスルーします汗 原作の物語があるので、それに合わせてこれから変わっていくのかも知れませんね。 後、RASより先に、新バンド追加っていうのも受け入れられなかった人が少し居るみたいですね。 私は良いと思いますけどね。 Morfonica。 — こきつば kokitsuba バンドにバイオリンいらないって言ってるアニメキッズくんがおるらしくて視界が狭すぎてまさにアニメくんって感じしておっちゃんは好きだよ。 実際にMorfonica モルフォニカ が良いのかどうかではなく、バイオリンがいるメンバーはダメだという、若干頭ごなしのような意見だったということになります。 なので、Ayasaさんのバイオリンが良いか悪いかでなく、バイオリンそのものに抵抗感を感じた人がいたということですね。 まとめ 実際に炎上したと言えばしていたという感じで、決してMorfonica モルフォニカ のメンバーが何かをやってしまったということではなさそうです。 他にも、Morfonica モルフォニカ はポルノグラフィティのカバーを聞いたポルノグラフィティファンの人達からの批判というものもありました。 それも、やはりこれもアレルギー反応的な感じなのではないかなと言う感じですね。 何かやらかしたわけではないのですし、これまでの炎上は注目度が高いということの裏返しだとも言えます。

次の