アク ティベーション ロック 解除 できない。 Apple Watch オークション販売後にアクティベーションロックを強制解除したてん末

【2020年最新】iPhone のアク ティベーション ロックを解除する裏 ワザ

アク ティベーション ロック 解除 できない

iPhoneと言えば今や世界でもっとも売れているスマートフォンシリーズのうちの一つですが、その高額な値段から購入をためらっている方も多いと思います。 そんな方にとって中古のiPhoneを購入するというのは賢い選択として知られています。 しかし、中古のiPhoneを購入した際に困る問題の一つがアクティベーションロックの解除です。 今回の記事では中古で購入したiPhoneのアクティベーションロックを解除する方法をご紹介します。 中古iPhoneのアクティベーションロックがかかっている時の対策• 1、元の持ち主の助け 中古のiPhoneのアクティベーションロックを解除する方法でもっとも簡単な方法が元の持ち主の協力を得る方法です。 以前の持ち主に直接会える場合は、Apple IDとパスワードを入力することで解除できます。 以前の持ち主が近くにいない場合はにサインインしてもらい、iPhoneを探すからデバイスを削除してもらう必要があります。 あ iPhoneと言えば今や世界でもっとも売れているスマートフォンシリーズのうちの一つですが、その高額な値段から購入をためらっている方も多いと思います。 そんな方にとって中古のiPhoneを購入するというのは賢い選択として知られています。 しかし、中古のiPhoneを購入した際に困る問題の一つがアクティベーションロックの解除です。 今回の記事では中古で購入したiPhoneのアクティベーションロックを解除する方法をご紹介します。 中古iPhoneのアクティベーションロックがかかっている時の対策 方法 1、元の持ち主の助け 中古のiPhoneのアクティベーションロックを解除する方法でもっとも簡単な方法が元の持ち主の協力を得る方法です。 以前の持ち主に直接会える場合は、Apple IDとパスワードを入力することで解除できます。 以前の持ち主が近くにいない場合はにサインインしてもらい、iPhoneを探すからデバイスを削除してもらう必要があります。 方法 2、Apple側のサポートに連絡 元の持ち主がわからないなどの事情がある場合はAppleのサポートに連絡することでもロックを解除することができます。 こちらはAppleのお問い合わせページから問い合わせ可能ですが、ロック解除まで数週間ほど時間がかかるためその点を理解しておく必要があります。 方法 3、アクティベーションロック解除ツール 上記の方法が全て試せないという場合は最終手段として4MeKeyというツールを活用することをおすすめします。 4MeKeyはiPhoneのロックを強制的に解除するツールで「探す」がオフになる時など様々な状況で利用することができます。 」でアクティベーションロックを解除するには以下のステップを踏みます。 ステップ1:アクティベーションロック解除ツールをパソコンにインストールして起動して、iPhoneとパソコンを接続します。 ステップ2:iPhoneを認識されたら、次のステップに入ります。 アクティベーションロックを解除するには、デバイスを脱獄する必要があるので、脱獄ツールをダウンロードします。 少し時間がかかりますので、しばらくお待ちください。 ステップ3:脱獄ツールをダウンロード完了したら、「脱獄解除」をクリックします。 脱獄ツールのポップアップが出てくるので、その指示に従って簡単に脱獄してください。 ステップ4:脱獄を完成したら、ポップアップを閉じて、「次へ」をクリックしてください。 ステップ5:デバイスの情報を確認して「解除開始」をクリックします。 ステップ6:しばらくすると、アクティベーションロックの解除が完了です。 アクティベーション画面がバイパスして、直接的にiPhoneを利用できます。 ご注意:4MeKeyを使ってアクティベーションロックを解除するには、デバイスを脱獄する必要があります。 アクティベーションロックを解除した後、設定のiCloudからアップル IDのログインとSIMカード機能ができなくなります。 その他の機能は正常に使えます。 今回の記事では中古で購入したiPhoneのアクティベーションロックを解除する方法についてご紹介しました。 もし中古で購入したiPhoneにアクティベーションロックがかかっていたとしても焦る必要はありません。 まずは、以前の持ち主に協力を要請できないか聞いて見たり、Appleサポートに連絡してみましょう。 それでも問題が解決できない場合はアクティベーションロック解除ツールを活用することをおすすめします。 はアップル IDのパスワードが分からない場合でもアクティベーションロックを解除できます。 2、Apple側のサポートに連絡 元の持ち主がわからないなどの事情がある場合はAppleのサポートに連絡することでもロックを解除することができます。 こちらはAppleのお問い合わせページから問い合わせ可能ですが、ロック解除まで数週間ほど時間がかかるためその点を理解しておく必要があります。 3、アクティベーション ロック解除ツール 上記の方法がどれも試せないという場合にはアクティベーションロック解除ツールを活用する方法があります。 おすすめなツールはやの二つです。 これらのサイトではiPhoneのモデルとIMEIという製造番号を入力することでアクティベーションロックを解除することが可能です。 4、アクティベーション ロックを解除する方法 上記の方法が全て試せないという場合は最終手段として4uKeyというツールを活用することをおすすめします。 4uKeyはiPhoneのロックを強制的に解除するツールで「探す」がオフになる時など様々な状況で利用することができます。 」でアクティベーションロックを解除するには以下のステップを踏みます。 ステップ 1:4uKeyをパソコンにインストールし起動させます。 ステップ 2:iPhoneとパソコンを接続します。 ステップ 3:ファームウェアのダウンロード画面で、デバイス情報を確認し、問題がなければ「ダウンロード」を選択します。 ステップ 4:ダウンロード完了後、「今すぐ解除」をクリックして、Apple IDが削除されるまで待機してください。 今回の記事では中古で購入したiPhoneのアクティベーションロックを解除する方法についてご紹介しました。 もし中古で購入したiPhoneにアクティベーションロックがかかっていたとしても焦る必要はありません。 まずは、以前の持ち主に協力を要請できないか聞いて見たり、Appleサポートに連絡してみましょう。 それでも問題が解決できない場合はアクティベーションロック解除ツールを活用することをおすすめします。 すごく便利なツールです。

次の

4mekey

アク ティベーション ロック 解除 できない

アクティベーションロックにかかってしまうと、 AppleIDとAppleパスワードを入力して解除をしないとiPhoneが使えない状態になります。 iCloudの設定にある「iPhoneを探す」「iPadを探す」をオンにしておく事でこのアクティベーションロックが発動し、第三者が再度使うことができず文鎮化することに成功します。 これは現在のiOS12などもそうですが、iCloudを設定した最初からこの「iPhoneを探す」機能はオンになっており、最初からアクティベーションロックの機能が発動する状態になっています。 そもそも紛失や盗難に遭っていないiPhoneであればこの機能すら知らないといったユーザーもいらっしゃるのではないかと思います。 実はこのアクティベーションロックはiOS7から導入され、紛失は盗難に遭ったiPhoneが第三者により再度使用できなくなるという多大なメリットがあり大変重宝されている機能です。 iPhoneユーザーはiPhoneを紛失した際に、遠隔操作でロックがかかったデバイスにメッセージを送ったり、リセットしたり、また紛失・盗難届を出すことで端末をブラックリスト入りさせることも出来ます。 例えばこのアクティベーションロックをオフにしている状態でiPhoneを紛失や盗難されてしまうと第三者がiPhoneを初期化し通常通り使えるようになり、そのままiPhoneの販売することも出来てしまいます。 その為「iPhoneを探す」はオンにしたままがベストな状態です。 」やデータの初期化をしたiPhoneはアクティベーションロックとなってしまうケースがあります。 アクティベーションロックが発動したiPhoneは下記の画面になってしまいます。 AppleIDとパスワードを入力しないと第三者や本人が使えない状況です。 解除が出来れば再度使うことが出来ますが、解除が出来なければ文鎮iPhoneの出来上がりです。 これは紛失や盗難に遭ってしまったiPhoneを初期化した際になる画面となり、パスワード忘れからiPhoneが使用できない状態での初期化はまた違う画面となります。 com にリンクされています。 」という表記になることが多いのでアドレスの予想がしやすいですが、この時にAppleIDがどれなのか分からないと深刻です。 キャリアアドレスは変更した方が良い理由 AppleIDに登録されているIDで多いのが各キャリアのアドレスです。 「@ezweb. jp」「@docomo. jp」「@i. softbank. jp」がある場合はキャリアアドレスとなります。 多くの方がキャリアアドレスで登録されていると思いますが、キャリアアドレスですと 「アドレスが変更した場合」に厄介です。 AppleIDのパスワードが分からない場合は登録をされているアドレスにメールが届き、パスワードを初期化して新しいパスワードに変更をして認証が出来るようになります。 アドレス変更をしてしまっている状況ではこのリセットメールが届くことがないので再設定が出来ません! 私の友人にもキャリアアドレスで登録をしていて「パスワードが分からないからリセットをしたいけどメールが届かない」という状況になっていました。 このような状態になってしまうと解除が出来ずiPhoneが文鎮化してしまうので、iCloudIDやAppleIDを登録される時には 【フリーメール】で登録しましょう。 フリーメールとはプロバイダーやポータルサイトが無料配布しているメールアドレスのことを指します。 一般的に知られているものであれば「@yahoo. jp」「 gmail. com」が有名なのではないでしょうか。 これは簡単に取得でき、なおかつアドレスを変更されるケースも少ないかと思います。 他には「 icloud. com」等も良いでしょう。 同じアドレスでずっと使われているのであれば問題はないですが、アドレス変更をされてAppleIDのパスワードがわからないとアクティベーションロックになってしまったiPhone文鎮化待ったなし!となりますので十分にご注意ください。 「iPhoneを探す」機能はどこで確認が出来るのか この「iPhoneを探す」機能はiCloudの設定から確認することが出来ます。 iPhoneを探すがオンになっていれば「iPhoneが使用できません」の時にアクティベーションロックがかかるようになっています。 初期設定時にはにオンになっていますが、何らかの理由でオフにして、そのままの状態になってしまうケースもありますのでご注意ください。 例えば、iTunesを使ってiPhoneのデータ移行をした時やApple公式で修理をする際に「iPhoneを探す」をオフにしなければといけない時があり、そのままになってしまっていたというケースが考えられます。 これがオンになっているのかなっていないのかでは紛失や盗難に遭って際に大きく変わってきます。 Appleの正規店で修理に出した時、iTunesを使ってデータ移行をした時には今一度確認されるのが良いでしょう。 iPhoneを探すのボタンが緑色になっているとオンの状態、白色になっているとオフの状態です。 オンの時には最後の位置情報を送信の選択画面があり、オフの時にはその選択画面がないので見ればすぐに分かると思います。 第三者がアクティベーションロックを外す事は可能か? 第三者がロックのかかったiPhoneを解除する事が出来るのか? 答えは NOです。 必ず、登録してあるAppleIDで認証しないといけません。 個人の端末情報を守るセキュリティですし、他人に使わせない様にする為の機能ですから、第三者が簡単に外せる様では全く意味がありません。 もしも白ロムショップなどでアクティベーションロックのかかったアイフォンを購入をした場合には、お店に対応を聞くしかありません。 優良店の場合は 返金や 同等品交換といった形で対応してくれると思います。 しかし、最近ではメルカリなどのオークションを使い、スマートフォン端末を個人間で購入をするケースが増えています。 その時に気を付けたいのがアクティベーションロックにかかっているのかどうかという点です。 iPhoneの画面やフレームだけを写真で撮り、傷などの状態を説明しているだけで実はアクティベーションロックや起動に問題があるという場合があります。 送られてきたらアクティベーションロックにかかっていて出品者と連絡が取れないとなると使えないiPhoneにお金を払ったという結果になります。 オークションを使い、個人間でやり取りをする場合【ノークレーム・ノーリターン】が多く、せっかく買ったiPhoneが使えないとなると憤慨の気持ちだけしか残りませんね。 出品者の方と連絡が取れた場合でも元の持ち主が解除を出来るかどうかという部分もありますが、 iPhoneの契約者本人がパスワードを忘れた等の理由でアクティベーションが解除できない状態であれば、Appleサポートに電話して解除する事が可能です。 最初に設定した「秘密の質問」に対して答えが正しければパスワードをリセットしてもらえるハズです。 ただ、そういった手間をすべて無しにして安心して購入する方が簡単です。 白ロムを取り扱っているショップで購入されるのが良いでしょう。

次の

iphoneアクティベーションロック解除方法

アク ティベーション ロック 解除 できない

こんにちは! アマ転学院の きよ です。 に気をつけよう! という記事で少し触れましたが、 数日前に パスワードが分からないiPhoneの アクティベーションロックの解除をしました。 今回はその時のエピソードについて説明を交えながら記載します。 1、Touch ID を搭載したデバイス であること (ios11サポート終了端末は対象外) 2、登録したAppleIDと 過去に使用したことのあるパスコード番号がわかること 3、が登録済みで 端末が保護されていること この3つです。 アクティベーションロックは iPhone以外にもiPadやiPod、 Apple Watchなどでもかかりますが、 Touch IDを搭載しているデバイスとなるので この方法でiPodやApple Watchの アクティベーションロックの解除はできません。 私の場合はiPhone6だったのですが、 メルカリで購入した iPhoneが届いて起動したときは 画面ロックはOFFでホーム画面に入れる状態で iCloudを見ると前の持ち主の情報が そのまま残っていました。 情報がそのまま残っているので AppleIDは表示されていて パスワードだけわからない状態でした。 通常は パスワードがわかれば自分で 『 iPhoneを探す』をオフにして 『すべてのコンテンツと設定を消去』 で初期化できます。 この時に初心者によくありがちなのは 正しい パスワードなのに操作時にWi-Fiが 『オン』になっていなくてエラー になるという場合もあります。 今回はちゃんとWi-Fiも『オン』 の状態で出品者から聞いた5つ の パスワードは全てエラーでした。 今までの常識ではこのまま パスワードがわからない限り iCloudからサインアウトできません。 という表示がでました。 因みにこの時に検品中のiPhoneは 画面ロック パスコードは『オフ』で パスコードは掛かっていませんでした。 前例がなかったので Appleサポートに問い合わせたところ スペシャルアドバイザーからの回答が 前記にあげた条件で アクティベーションロックは本人じゃなくても解除できる という返答でした。 Apple公式の回答で 他人が解除可能と言われたことに 驚きが半分、恐ろしさ半分 といった感じでしたが、 仕入れたiPhoneはiosバージョンが最新 ではなかったのですべての条件を満たすため 早速、から復元を開始! ・・・待つこと数分後。 iPhoneが復元され『こんにちは!』の画面になりました。 前回の記事、 にも書きましたが、 iCloudからサインアウトしてない状態で初期化 しても完全に初期化されていません。 この画面で行き詰るのです。 ですが、 ここから パスコードの入力を求められる画面 に移行し過去に使用していた パスコード を入力すると何事もなかったかのように 新しいiPhoneとして設定できてしまったんです。 ところで先日、とある裏技を使って iPhone8の新品を3台買ってきました。 普通のどにでもある ドコモショップからです。 あなたの近所にもありますか? 価格は 1台216円 216円 3台で648円でした。 本当ですよ。 ドコモが公式に認めている方法なので あなたも216円で買えます。 未成年不可 ですが、さすがに記事で公開しちゃうとヤバイので書けません。 LINEでのみお伝えする事にしました。 あまり沢山の方には教えられませんので 多くなったら止めます。 今すぐ友達追加する事をオススメします。

次の