インフォコム 株価。 インフォコム(株)【4348】:掲示板

前場コメント No.11 チムニー、インフォコム、アスクル、日ユニシス

インフォコム 株価

ジャスダック市場に上場するインフォコムの株価急騰が市場関係者の注目を集めている。 インフォコムは旧日商岩井の情報システム部門を発祥に、帝人のシステム部門を合併して2002年に株式公開を果たした企業。 新興市場における存在感が高くない企業だったが、ここにきてビジネスの将来性が脚光を浴びている。 インフォコムの株価は3月18日に突如人気化。 値幅制限いっぱいまで買われるストップ高となり、出来高も前営業日の14倍まで膨らんだ。 材料不明の株価急騰は小型株市場でよくある風景だが、インフォコム株の特筆すべき動きはここから。 翌3月19日も値幅制限いっぱいまで買われ、出来高はさらに倍。 結局、3連休を挟んだ23日も買い人気が衰えず、3営業日連続のストップ高となった。 24日は2万9373株の出来高をこなしており、急騰直前の3月17日との比較では実に65倍。 株価も4営業日で約2倍に化けており、一躍新興市場の人気株となった。 手掛かり材料は電子書籍関連ビジネスの将来性。 インフォコムはシステム開発や文書管理、特許管理などを手掛けるソリューションビジネスとともに、サービスビジネスとしてデータセンターやコンテンツ配信なども手掛ける。 そのコンテンツ配信で着メロやゲーム、電子書籍を手掛けている。 電子書籍はKindleやiPadなどの端末が相次いで発表されており、株式市場でも今後の拡大が期待される分野のひとつ。 ここではその将来性が注目を集めた格好だ。 電子書籍関連ビジネスを手掛ける企業はほかにも多く、株式市場にとってもテーマとしては目新しいものではない。 このタイミングでインフォコムが急騰した背景には、ここまで市場に植え付けられていた銘柄イメージがある。 前述のとおり、インフォコムは旧日商岩井と帝人のシステム部門が独立、合併した企業。 ソリューションビジネスでは帝人グループを中心とした安定した大口顧客を有しており、業績面の安定感がある。 2010年3月期は連結売上高こそ前期比2. 5%減の350億円を計画するものの、経常利益は同18. 9%増の21億円、純利益は2. 2倍の11億円と増益を計画している。 株式市場でシステム開発やソフト開発を手掛ける会社の評価は高くない。 業績面の安定感に対し、取引先企業のIT投資の動向に大きな影響を受けるため、独自の成長性が乏しいと見られがちだからだ。 インフォコムも同様に地味なシステム会社と見られており、株価急騰前の株価収益率(PER)はわずか8倍。 コンテンツ配信各社の平均PERを下回るほか、製造業などすべてを含めたジャスダック市場全体の平均PERも大きく下回る評価しか受けていなかった。 これまでの低評価が足元でも爆発的な株価上昇の背景にある。 小型株は一度火が付くと、相場の勢いに乗じて売買される習性がある。 出来高の急増は、株価上昇を材料に参戦してきた投資家の多さを示すもの。 東証1部市場の復調、第一生命保険の株式公開などで新興市場の話題性は乏しくなっており、インフォコムのような目先資金による銘柄発掘の動きは今後も活発になりそうだ。 The Japanese edition of 'CNET' is published under license from CBS Interactive, Inc. , San Francisco, CA, USA. Editorial items appearing in 'CNET Japan' that were originally published in the US Edition of 'CNET', 'ZDNet', 'TechRepublic', 'GameSpot' and 'CNET News. com' are the copyright properties of CBS Interactive, Inc. or its suppliers. Copyright c CBS Interactive, Inc. All Rights Reserved. 'CNET', 'ZDNet' 'GameSpot' and 'CNET News. com' are trademarks of CBS Interactive, Inc.

次の

インフォコムの株価の今後はどうなる?チャートや業績から予想してみた

インフォコム 株価

3 132. 6 2. 0 131. 0 2. 3 181. 2 3. 6 212. 1 4. 6 236. 1 3. 25 情報提供 株価予想 業績予想.

次の

インフォコム(株)【4348】:企業情報・会社概要・決算情報

インフォコム 株価

2002年3月19日上場 本社所在地 〒150-0001 二丁目34番17号 設立 (58年) (日商岩井コンピュータシステムズ株式会社) 事業内容 情報システムの企画・開発・コンサルテーション 代表者 竹原教博(代表取締役社長CEO) 資本金 15億9000万円 発行済株式総数 28,800千株 売上高 連結:517億28百万円 単独:220億38百万円 (2019年3月期 ) 営業利益 連結:68億89百万円 単独:20億8百万円 (2019年3月期) 経常利益 連結:68億75百万円 単独:33億61百万円 (2019年3月期) 純利益 連結:47億83百万円 単独:26億9百万円 (2019年3月期) 純資産 連結:327億7百万円 単独:222億25百万円 (2019年3月期) 総資産 連結:436億49百万円 単独:358億65百万円 (2019年3月期) 従業員数 連結:1082人 単独:632人 (2019年3月末現在) 決算期 主要株主 58. 107704 2. 概説 [ ] (13年)に、系システムインテグレータ「 インフォコム株式会社」と、系システムインテグレータ「 株式会社帝人システムテクノロジー」が合併し新会社としてスタート。 翌年、2002年3月にへと株式上場を行う。 現在は帝人株式会社()が株式の55. 近年ではコンタクトセンター事業にも力を入れており、関連システムの開発及びコールセンター構築にも高い実績がある。 その他事業では特に医療系システムで業界内の高いシェアを誇る。 主な事業 [ ] 携帯電話事業者、一般消費者、官公庁、教育研究機関、医薬医療関係の機関・企業、その他一般企業の顧客に対して情報システムの企画・開発・コンサルテーションなどの各種ITソリューションの提供 携帯電話などへのコンテンツ提供、情報通信システムの運用・管理などの各種サービスの提供 沿革 [ ]• 2月 - 東京都港区赤坂に日商岩井株式会社の100%子会社として 日商岩井コンピュータシステムズ株式会社として発足。 6月 - 日商岩井インフォコムシステムズ株式会社に社名変更。 4月 - 日商岩井インフォコム株式会社に社名変更。 インフォコムサービス株式会社(現 株式会社インフォコム東日本)を設立。 4月 - インフォコム株式会社に社名変更。 3月 - 本社を東京都千代田区神田駿河台に移転。 2001年4月 - 帝人株式会社の100%子会社株式会社帝人システムテクノロジーと合併。 2001年6月 - 米国法人 Infocom America, Inc. を設立。 2001年10月 - 連結子会社の株式会社ティーエスティーソフトウェアを株式会社インフォコム西日本に社名変更。 3月 - 日本証券業協会に店頭登録銘柄として株式を登録。 2002年9月 - スイスGeneBio社と「SIB Swiss Institute of Bioinformatics データベース」の代理店契約を締結。 1月 - ADME領域の事業拡大を目的に、米国Absorption社と米国法人Lighthouse Data Solutions,LLCを設立。 2003年2月 - 英国LabLogic社から薬物動態試験情報管理システム ADME LIMS の国内独占販売権を取得。 2003年3月 - 、と合弁会社株式会社を設立。 2003年6月 - カナダBioinformatics Solutions社、カナダPharmaAlgorithms社、米国OmniViz社と新たに販売代理店契約を締結し、バイオサイエンス事業を増強。 2003年10月 - インフォベック株式会社(現・GRANDIT株式会社)を設立• 7月 - 米国SYSCOM USA Inc. をグループ会社化。 2004年10月 - インテック・ウェブ・アンド・ゲノム・インフォマティクスとバイオサイエンス事業で包括的業務提携。 2004年10月 - との共同開発による遺伝子ネットワーク推定システム「Auto Net Finder」の販売開始。 2004年11月 - 米国クリアキューブ社と販売契約締結。 ブレードPCソリューション展開。 2004年12月 - 日本証券業協会への店頭登録を取消しジャスダック証券取引所に株式を上場。 米国イージェネラ社と販売代理店契約締結。 次世代ブレードサーバ販売開始。 3月 - 株式会社イメージパートナーを子会社化。 2005年3月 - NRIサイバーパテントと知的財産権業務ソリューションで協業開始。 2005年6月 - コンピュータシティをグループ会社化。 2005年12月 - 株式取得によりログイット株式会社を子会社化• 2006年3月 - 横浜市のデータセンターを自社保有• 2006年10月 - 株式取得により株式会社ドゥマンを関連会社化• 7月 - 株式会社とコールセンター事業における事業提携。 1月 - 株式会社イー・ビー・エスをグループ会社化。 2008年7月 - 本社を東京都渋谷区(原宿)へ移転。 4月 - 大阪証券取引所JASDAQ市場に株式を上場• 10月 - 大阪証券取引所JASDAQ市場(スタンダード)に株式を上場。 3月 - から、とSix Apartブランドに関する権利譲渡を受け、日本法人であるシックス・アパート株式会社を完全子会社化。 4月 - ネットビジネス設立準備株式会社(現 株式会社)を設立。 AJS株式会社より放射線部門システム事業を譲受け。 7月 - 東京証券取引所JASDAQ市場(スタンダード)に株式を上場。 宮城県岩沼市に岩沼「みんなの家」を開設。 2013年9月 - 株式会社ミュートスと合弁会社インフォミュートス株式会社を設立。 2013年10月 - アムタスが事業を開始• 2013年11月 - 電子書籍ストア「ekubostore」を開始。 3月 - 株式会社ドゥマンを連結子会社化• 5月 - 共同出資によりEverySense, Inc. を設立。 2014年8月 - 米国にFenox Infocom Venture Company V, L. を設立。 11月 - 株式会社ソラストとの業務・資本提携により地域包括ケア領域に進出。 1月 - 株式会社Bevyを関連会社化。 2016年6月 - シックス・アパート株式会社の全株式をシックス・アパート・ホールディングス株式会社に譲渡。 8月 - 横浜市のデータセンターを売却。 2017年10月 - インドネシアにPT. GnB Accelerator Asiaの設立。 11月 - 第一部へ市場変更。 4月 - インフォミュートス株式会社を吸収合併。 2019年5月 - 韓国Peanutoon, Inc. を連結子会社化• 2019年5月 - 株式取得により株式会社スタッフプラスを子会社化。 関係会社 [ ] 連結子会社 [ ]• 株式会社 - 電子コミック配信サービス• 株式会社ドゥマン - 食品のeコマース• Peanutoon, Inc. - 韓国での電子コミック配信サービスの提供• 株式会社インフォコム東日本 - 情報処理サービス、ソフトウェアの開発• 株式会社インフォコム西日本 - ソフトウェアの開発• GRANDIT株式会社 - 完全Web-ERPの開発・販売• ログイット株式会社 - 音声及び画像記録システム等の開発・販売• Infocom America Inc. (アメリカ合衆国カリフォルニア州) - 北米地域における市場調査及び情報収集• - 介護業界に特化した転職支援サービスの提供• Fenox Infocom Venture Company V, L. (99. GnB Accelerator Asia 持分法適用会社 [ ]• 株式会社Bevy(44. 3月 43. 1歳 14. 2年 789. 6万円• 3月 42. 3歳 13. 2年 779. 4万円• 3月 41. 4歳 12. 8年 782. 1万円• 3月 40. 6歳 11. 7年 779. 0万円• 3月 39. 9歳 12. 6年 756. 0万円• 3月 39. 3歳 11. 9年 755. 4万円• 3月 38. 5歳 11. 1年 734. 2万円• 3月 37. 8歳 10. 2年 733. 8万円• 3月 37. 1歳 10. 5年 687. 2万円• 3月 36. 7歳 8. 9年 731. 4万円• 3月 36. 3歳 8. 7年 723. 4万円• 3月 36. 9歳 8. 6年 729. 8万円• 3月 35. 8歳 8. 0年 764. 7万円• 3月 35. 6歳 7. 5年 779. 9万円 その他の情報 [ ] 社内に専用のマッサージ師が常駐し、無料でマッサージを受けられる。 脚注 [ ] [].

次の