ウォッカ レモン。 ウマい「レモンサワー」10缶! 定番の缶チューハイをプロが飲み比べ

ウォッカ

ウォッカ レモン

分類:ショートカクテル 製法:シェイク 度数:約30度前後 材料:ウォッカ、ホワイト・キュラソー、レモンジュース 日本での人気はさておき、ウォッカを使用した代表的なカクテルとしてあげられるのがバラライカです。 このレシピは、カクテルでよく用いられるレシピで、ウォッカをジンに変えればホワイト・レディに、ラムに変えればXYZに、ブランデーに変えればサイドカーになります。 とてもサッパリした飲み口のカクテルで、甘さと酸味が入り混じるバランスの良い味わいです。 ちなみにこのカクテルの名は、ロシアの伝統弦楽器バラライカにちなんでいます。 ソルティードッグ By — 投稿者自身による作品, , 分類:ロングカクテル 製法:ビルド 度数:約15度前後 材料:ウォッカ、グレープフルーツジュース、塩 ソルティードッグは、グラスの縁を塩や砂糖で装飾するスノースタイルでつくられる有名なカクテルです。 グレープフルーツジュースの甘ずっぱさと塩けが絶妙にマッチしていてとても飲みやすいカクテルです。 スノースタイルを用いない場合 塩を使用しない場合 、ブルドッグというカクテルに変わります。 ジントニック、ウーロンハイなど 3. ブラック・ルシアン By Will Shenton — , , 分類:ロングカクテル 製法:シェイク 度数:約20度前後 材料:ウォッカ、フランボワーズリキュール、メロンリキュール、パイナップルジュース、クランベリージュース セックス・オン・ザ・ビーチは代表的なトロピカルカクテルの一つで、トムクルーズ主演の映画「カクテル」で一気に有名になったカクテルです。 大胆なネーミングとは裏腹に、とても飲みやすい味わいで、甘くフルーティーながら少しサッパリもしています。 しかしレシピが定まっていないカクテルで、メロンリキュールの代わりにピーチリキュールを使用したり、オレンジジュースを使用したりするお店もあります。 シーブリーズ By from Minneapolis, MN — , ,.

次の

ウォッカ

ウォッカ レモン

4大スピリッツの一つと言えるウォッカ。 基本的なカクテルのベースとなることも多く、世界中で愛されています。 その歴史は古く、12世紀には既に誕生していたと言う説もあります。 寒冷地であるロシア生まれのウォッカは、その度数もさることながら、氷のように澄んだクセの無い味はカクテルのベースとして最適で、数々の有名なカクテルを生み出しました。 そんなウォッカをベースにした、有名なカクテルをご紹介していきます。 ウォッカで作れるカクテルの種類 1. ウォッカトニック ウォッカをトニックウォーターで割っただけの簡単かつシンプルなカクテルです。 シンプルな分、ウォッカ本来の味を楽しむことが出来るので、良質のウォッカが手に入ったらぜひ試してみたいカクテルです。 スクリュードライバー ウォッカをオレンジジュースで割ったカクテルです。 名前の由来は、油田作業員が工具のスクリュードライバーでカクテルをステアしたことから付いたと言われています。 そんな豪快な名前の由来とは裏腹に、味はとても飲みやすいです。 度数が強いのに、ジュースのようにゴクゴク飲めてしまうことから「レディー・キラー」カクテルとしても有名です。 女性の皆様、男性がスクリュードライバーをすすめてきたら要注意ですよ。 ソルティードッグ ウォッカをグレープフルーツジュースで割り、グラスの縁に塩をつけるスノウスタイルと言われる技法を使用したカクテルです。 名前の由来は、「甲板員」を意味するイギリスのスラングからきています。 塩を用いないで作ると、「ブルドッグ」「レールレス・ドッグ」と呼ばれます。 ブラッディ・メアリー 16世紀半ば、カトリック復興のために多くのプロテスタントを迫害したイギリスの女王、メアリー1世が名前の由来となった、ウォッカをトマトジュースで割ったカクテルです。 タバスコやウスターソース、塩、コショウを入れて飲むスタイルも。 その恐ろしい名前とは裏腹に、口当たりの良い飲みやすさです。 モスコ・ミュール ウォッカをライムジュースとジンジャーエールで割った、ウォッカベースで代表的なカクテルです。 名前は「モスクワのラバ」。 ラバに強烈なキックを喰らったように効いてくることから、この名がつけられたと言われています。 さっぱりと飲みやすいことから、こちらもレディーキラーカクテルとして有名です。 バラライカ ウォッカとホワイトキュラソー、レモンジュースをシェーカーでシェイクした「ショートカクテル」と呼ばれるタイプのカクテルです。 ホワイトキュラソー、レモンジュースの組み合わせはサイドカーと呼ばれることから、ウォッカ・サイドカーと呼ばれることも。 アルコール度数が強いカクテルです。 カミカゼ バラライカのレモンジュースを、ライムジュースに変えたものがカミカゼです。 鋭い飲み口が、当時アメリカを震撼させていた「神風特攻隊」を連想させるからこの名前がついたと言われています。 チチ 南国リゾートを彷彿とさせる、トロピカルカクテルの代表格と言われるのがこのカクテルです。 トロピカルグラスにウォッカとパイナップルジュース、ココナッツミルクを入れて、パイナップルや食用化を飾った華やかな見た目は、まさに南国気分。 甘口のカクテルです。 スレッジ・ハンマー ウォッカとライムジュースをシェイクしたショートカクテルで、その名の通りガツンとくるパンチの効いた味です。 ジンベースの有名なカクテル「ギムレット」と作り方は同じですが、より辛口に仕上げた、ハードボイルドな一品です。 セックス・オン・ザ・ビーチ トム・クルーズ主演の映画「カクテル」にも登場したカクテル。 ウォッカにメロンリキュール、クレーム・ド・フランボワーズ(木いちごのリキュール)、パイナップルジュースで割ったものです。 その刺激的な名前の通り、大人の女性に似合うカクテルと言えるでしょう。 バーでさらりとこれを注文できる女性は最高にクールです。 最後に クセや少なく、どんなスタイルでも馴染むウォッカは古くから愛されるスピリッツです。 コンビニで売っているスミノフ・アイスなども、ウォッカベースのカクテルです。 自宅でも簡単に作れるので、好きなおつまみと共に、キンキンに冷やしたウォッカトニックなどいかがですか?日本のおつまみも、ロシアのキャビアも何にでも合いますよ。 カクテル用だけではなく、そのまま飲むのも美味しいです。 筆者は冷凍庫でキンキンに冷やしたスカイウォッカを、ショットグラスでぐっと流し込むスタイルがお気に入りです。 アルコール度数が高いため、飲みすぎには注意しましょうね。 あなた専用のウォッカカクテルをバーテンダーに作ってもらう ご自宅で自分用に、自宅に人を招くパーティーやバーベキューなどで、カクテルを楽しみませんか?ウォッカは無限にカクテルを作れる!といっても過言ではないバリエーションを持っています。 プロのバーテンダーなら普段はなかなか飲めないようなカクテルも作ってくれるかもしれません! 本格的なドリンクを作るのは材料も手間もかかりますが、Zehitomo でバーテンダーを呼びましょう。 本格的なカクテルで場もさらに盛り上がりますよ。 あなた専用の、あなたのパーティー専用のバーテンダーが、あなたとあなたの大切なゲストのためにお酒を振舞います!Zehitomoでバーテンダーの依頼を出すと、5名以内のバーテンダーからすぐに見積もりを取ることができます。 ぜひ気軽に見積もり依頼を出して見てくださいね。

次の

ウォッカ カクテルレシピ|カクテルベース

ウォッカ レモン

4大スピリッツの一つと言えるウォッカ。 基本的なカクテルのベースとなることも多く、世界中で愛されています。 その歴史は古く、12世紀には既に誕生していたと言う説もあります。 寒冷地であるロシア生まれのウォッカは、その度数もさることながら、氷のように澄んだクセの無い味はカクテルのベースとして最適で、数々の有名なカクテルを生み出しました。 そんなウォッカをベースにした、有名なカクテルをご紹介していきます。 ウォッカで作れるカクテルの種類 1. ウォッカトニック ウォッカをトニックウォーターで割っただけの簡単かつシンプルなカクテルです。 シンプルな分、ウォッカ本来の味を楽しむことが出来るので、良質のウォッカが手に入ったらぜひ試してみたいカクテルです。 スクリュードライバー ウォッカをオレンジジュースで割ったカクテルです。 名前の由来は、油田作業員が工具のスクリュードライバーでカクテルをステアしたことから付いたと言われています。 そんな豪快な名前の由来とは裏腹に、味はとても飲みやすいです。 度数が強いのに、ジュースのようにゴクゴク飲めてしまうことから「レディー・キラー」カクテルとしても有名です。 女性の皆様、男性がスクリュードライバーをすすめてきたら要注意ですよ。 ソルティードッグ ウォッカをグレープフルーツジュースで割り、グラスの縁に塩をつけるスノウスタイルと言われる技法を使用したカクテルです。 名前の由来は、「甲板員」を意味するイギリスのスラングからきています。 塩を用いないで作ると、「ブルドッグ」「レールレス・ドッグ」と呼ばれます。 ブラッディ・メアリー 16世紀半ば、カトリック復興のために多くのプロテスタントを迫害したイギリスの女王、メアリー1世が名前の由来となった、ウォッカをトマトジュースで割ったカクテルです。 タバスコやウスターソース、塩、コショウを入れて飲むスタイルも。 その恐ろしい名前とは裏腹に、口当たりの良い飲みやすさです。 モスコ・ミュール ウォッカをライムジュースとジンジャーエールで割った、ウォッカベースで代表的なカクテルです。 名前は「モスクワのラバ」。 ラバに強烈なキックを喰らったように効いてくることから、この名がつけられたと言われています。 さっぱりと飲みやすいことから、こちらもレディーキラーカクテルとして有名です。 バラライカ ウォッカとホワイトキュラソー、レモンジュースをシェーカーでシェイクした「ショートカクテル」と呼ばれるタイプのカクテルです。 ホワイトキュラソー、レモンジュースの組み合わせはサイドカーと呼ばれることから、ウォッカ・サイドカーと呼ばれることも。 アルコール度数が強いカクテルです。 カミカゼ バラライカのレモンジュースを、ライムジュースに変えたものがカミカゼです。 鋭い飲み口が、当時アメリカを震撼させていた「神風特攻隊」を連想させるからこの名前がついたと言われています。 チチ 南国リゾートを彷彿とさせる、トロピカルカクテルの代表格と言われるのがこのカクテルです。 トロピカルグラスにウォッカとパイナップルジュース、ココナッツミルクを入れて、パイナップルや食用化を飾った華やかな見た目は、まさに南国気分。 甘口のカクテルです。 スレッジ・ハンマー ウォッカとライムジュースをシェイクしたショートカクテルで、その名の通りガツンとくるパンチの効いた味です。 ジンベースの有名なカクテル「ギムレット」と作り方は同じですが、より辛口に仕上げた、ハードボイルドな一品です。 セックス・オン・ザ・ビーチ トム・クルーズ主演の映画「カクテル」にも登場したカクテル。 ウォッカにメロンリキュール、クレーム・ド・フランボワーズ(木いちごのリキュール)、パイナップルジュースで割ったものです。 その刺激的な名前の通り、大人の女性に似合うカクテルと言えるでしょう。 バーでさらりとこれを注文できる女性は最高にクールです。 最後に クセや少なく、どんなスタイルでも馴染むウォッカは古くから愛されるスピリッツです。 コンビニで売っているスミノフ・アイスなども、ウォッカベースのカクテルです。 自宅でも簡単に作れるので、好きなおつまみと共に、キンキンに冷やしたウォッカトニックなどいかがですか?日本のおつまみも、ロシアのキャビアも何にでも合いますよ。 カクテル用だけではなく、そのまま飲むのも美味しいです。 筆者は冷凍庫でキンキンに冷やしたスカイウォッカを、ショットグラスでぐっと流し込むスタイルがお気に入りです。 アルコール度数が高いため、飲みすぎには注意しましょうね。 あなた専用のウォッカカクテルをバーテンダーに作ってもらう ご自宅で自分用に、自宅に人を招くパーティーやバーベキューなどで、カクテルを楽しみませんか?ウォッカは無限にカクテルを作れる!といっても過言ではないバリエーションを持っています。 プロのバーテンダーなら普段はなかなか飲めないようなカクテルも作ってくれるかもしれません! 本格的なドリンクを作るのは材料も手間もかかりますが、Zehitomo でバーテンダーを呼びましょう。 本格的なカクテルで場もさらに盛り上がりますよ。 あなた専用の、あなたのパーティー専用のバーテンダーが、あなたとあなたの大切なゲストのためにお酒を振舞います!Zehitomoでバーテンダーの依頼を出すと、5名以内のバーテンダーからすぐに見積もりを取ることができます。 ぜひ気軽に見積もり依頼を出して見てくださいね。

次の