か に 道楽 福岡。 札幌かに本家 福岡那の川店(福岡市南区/和食)<ネット予約可>

博多 ごっそう 道楽(地図/写真/中洲/居酒屋)

か に 道楽 福岡

この記事の目次• 再開発に伴い次々と新しい顔をのぞかせる六本松を、またしても魅力的にする飲食店が新たに登場!『道楽』は2017年12月にオープンした焼き鳥と日本酒のお店です。 店長を務める山口さんにお話をうかがいました。 「普段なかなか行けないようなリッチな雰囲気の店内で、高級志向の焼き鳥をお手頃な価格で愉しんでいただくというのがコンセプトなんです。 ステータスのあるお客さまが多いのではないですか? 「そうですね、お客さまは30代後半~60代、サラリーマンの方やご夫婦、ご家族連れが多いですね。 最近は2度3度と足を運んでくださる方が増えていて、ありがたいことにご予約も多いんです。 「うちでは朝引きの鶏を扱っているので、お刺身も食べられます。 昔からある焼き鳥は塩なら塩だけですけど、それだけでは面白くないですよね。 うちは串1本1本で味付けを変えているので、単調になりません。 食材それぞれの特徴を活かしつつ楽しめるような……お寿司の感覚に近いかもしれませんね。 でも鶏のお刺身が食べられるだけでもかなりその感覚に近い感じがします。 お刺身のオススメはどれですか? 「やっぱり全ての部位が味わえる、刺身5点盛りですね。 盛り合わせはもも、むね、肝、ずり、ささみ、はつの6種類から。 仕入れ状況によって変わり、なくなり次第終了します。 ささみやむねは、一度湯引きしてから昆布締めにするんです。 ほかではなかなか出すところがないと思います。 肝はゴマ油と塩で食べるのが一般的だと思いますが、うちはワサビと海苔と自家製のダシ醤油でお召し上がりいただきます。 福岡で焼きとりと言えば豚肉や牛肉のメニューも含みますが、ここでは本当に鶏だけなんですね。 おまかせ5本は肉が4本、野菜1本の盛り合わせで、かしわとむねは基本的に入っています。 あとは日によって変わりますね。 むねは塩と山椒、ささみは本わさびと手づくりの梅肉ソースを添えています。 せせりは特製のネギだれをつけて出すので、かなり珍しいと思います。 1日に15本くらいしか作れないんです。 これもなくなり次第終了になってしまいます。 中には何が入っていて、どんなふうに食べるんですか?卵をつけたりします? 「うちは塩ですね。 つくねの中身は……企業秘密で(笑)。 鶏肉は九州を中心にその時々で一番いいものを仕入れています。 野菜は糸島とか、あとは八百屋さんのおすすめ素材を用意してもらっているので、栗カボチャのような季節限定の野菜があったりします。 しろはまぐりと朝引きのもも肉からダシをとって、ネギとクレソンをしゃぶしゃぶして食べるんです。 福島のお酒なんですけど、飲みやすくておいしいです。 これからは新酒が出てくる時期なので、また新しいものを入れたいと思っています。 コースはお刺身や串など『道楽』のおすすめが一通り食べられて3,500円!その辺の居酒屋さんに行くんだったら断然ココですね! 「全国各地の銘柄鶏から厳選した朝引きの鶏肉を、繊細かつ卓越した技で仕上げています。 是非このおしゃれな空間で『道楽』こだわりの焼き鳥と日本酒を味わってください!」 【OPEN特典!!】 2名さま以上の来店で、注文の際に開店ポータルサイトを提示してくださったお客さまに、お会計1,000円OFFの特典をいただきました。 最近は席が埋まってしまうことも多いそうなので、ぜひご予約の上ご来店ください! 店舗名 道楽 住所 福岡県福岡市中央区六本松2-6-8 プラザ六本松 1F.

次の

道楽

か に 道楽 福岡

私たちが暮らしている地球には、多種多様の生物が共存し様々な文化があります。 その地球という惑星の中でも日本の国土はたったの 0. 28%しかないそうですが、訪日外国人は激増しているようです。 訪日後の観光地ランキング、又は訪日理由の上位を独占しているのが「古き良き日本」を見て感じたいからだそうです。 日本は国土の狭い為か、昔から小さい土地(庭)の中に宇宙を造りだすことに没頭してきました。 その成果の一つが日本庭園であり、日本人の植物との関わり方ではないかと思います。 日本人の植物との関わり方は、日本が世界に誇れる文化の一つではないかと私は自負しております。 日本人は古くから「八百万の神が宿る。 」と、木々を敬愛し、薬草にし、心のよりどころにして植物と共に生きてきました。 中でも江戸時代の日本人の花好きには当時日本を訪れた外国人は目を丸くして驚いたそうです。 花を敬愛し、植物を愛する。 そんな素晴らしい文化を継承している職業の一つが、我々植木屋です。 その植木屋という職業にしかできない仕事が造景です。 造景とは書いて字のごとく「景色を造る」こと。 樹木を切るにしても、ただ切るだけではなく、樹木を生かす切り方。 景色を造る切り方。 石を据えるにしても、積むにしても、植物を植えるにしても我々がしている事は景色を造ることなのです。 そのことを意識しながら仕事をしていると、こんなに面白い仕事は他にはないのではないかと良く思います。 温暖化が危惧されている現代、人はコンクリートから緑化へとシフトチェンジしつつあります。 屋上緑化に壁面緑化や室内緑化。 広いお庭に小さなお庭。 屋内外問わず空間さえあれば、そこに植物を用いて緑のある生活を提供する。 植物の可能性を広げ空間をデザインする。 庭道楽はそんなことを意識しながら仕事に精進してまいります。 庭の道を楽しむ。 仕事に精進しつつ庭道を楽しんで追及していきますのでその精神と技術をどうぞご堪能くださいませ。

次の

博多肉道楽(今泉/居酒屋)

か に 道楽 福岡

おすすめの特集• 一年を締めくくる忘年会から新年会まで年末年始のイベントにぴったりのお店、宴会会場を一挙ご紹介• こだわり料理や個室、貸切など条件にピッタリのお店をご紹介• ビアガーデンやテラス席でこだわりの美味しいビールが楽しめるお店をご紹介• 全国のレストラン・居酒屋などから厳選したお店をご紹介• 大切な人と行きたいレストラン、友達・仲間と盛り上がるお店まで、クリスマスにぴったりなお店をご紹介• 夜景のきれいなレストラン紹介やグルメ情報も充実• 大切な日のレストラン探しに必見 関連情報• 【ぐるなびグループ】お取り寄せグルメを探す• 【ぐるなびグループ】観光スポットを探す•

次の