オスマン 一世。 スレイマン1世

【RoK】オスマン1世の育成方法とおすすめの天賦【Rise of Kingdoms】

オスマン 一世

オスマンはの初代君主であるが、ほとんど伝承によって知られるのみで正確なことは判らない。 イスラーム教スンナ派を信奉する戦士集団( ガーディー)を率いての衰退による群雄割拠の中で台頭し、1266年に父の族長エルトゥルルの死によって族長となった。 彼は自分の名を部族名とし、他のトルコ系部族と連合しながら周辺のキリスト教国を征服し、1299年に小アジア()北西部のイェニシェヒールを陥落させて、小アジア西部の小君侯国として独立した。 オスマン=ベイのベイとは君侯の称号であり君侯国も意味する。 後にオスマン帝国に発展してからその始祖としてオスマン1世(在位1299ごろ~1326)と言われるようになった。 彼は、領のブルサ攻撃にとりかかり、勝利したが入城直前に病没した。 第2代 オルハン=ベイ 息子のオルハン=ベイ(オルハン1世 在位1326~62)が1326年にに入って新首都と定め、それまでの遊牧部族の部隊を正規軍団に編制し、初めて貨幣を発行するなど、オスマン国家としての形態を整えた。 オルハン=ベイは征服活動を再開し、キリスト教の聖地を攻略し、コンスタンティノープルと指呼の間に軍を進めた。 そのころビザンツ帝国は皇帝位を巡って二派が対立する内紛が起こっており、カンタグゼノス家のヨハネスはオルハンを味方につけようとして、1346年に娘テオドラと結婚させ、その後にビザンツ帝国皇帝ヨハネス6世となった。 オルハンの率いる軍団はビザンツ帝国に招き入れられる形でヨーロッパ側のに入り、1354年にの要所ガリポリ(トルコ語ではゲリボル)を獲得した。 これ以後、オスマン国家の勢力圏はバルカン半島に広がっていく。

次の

イブラヒム・パシャ:スレイマンに寵愛されて捨てられたオスマン帝国大宰相

オスマン 一世

のの繁栄を出現させた皇帝(在位1682~1725年)。 ピョートル大帝と言われる。 ロシアの専制君主政治であるの体制を完成させた。 またロシアの大国化路線は、18世紀後半のに継承された。 ピョートルのヨーロッパ歴訪 1696年から単独統治を行い、1697~98年、皇帝でありながらヨーロッパ各国の視察を自ら行う。 その旅行で刺激を受けて積極的なを推進、西欧の技術者を多数招聘し、産業の近代化を行った。 1697年、ロシアの西ヨーロッパ諸国への大使節団が編成された。 ピョートルは「ピョートル=ミハイロフ」という変名で、一随員として加わった。 まずのケーニヒスベルクで砲術を習った。 にはいるとピョートルは単独行動をとり、造船所で一職工として働きハンマーをふるって造船技術を習得した。 4ヶ月にわたるオランダ滞在で造船所に日参したほか、博物館、病院、裁判所を見学し、ライデン大学では解剖学の講義を聴いた。 更に造船学を学ぶために渡り、に歓迎され、造船所で技師見習いとして働き、砲弾工場なども見学した。 このピョートルのプロイセン、オランダ、イギリス歴訪は、ロシアの西欧化政策の契機となり、また北方戦争を勝ち抜く力となった。 ロシアの大国化 南下政策 南方ではとその属国であるハン国が領有する黒海沿岸に進出し、さらに黒海から地中海方面に勢力を拡大する、いわゆるの端緒をつくった。 1696年、黒海につながるアゾフ海に面したを攻撃して占領した。 この地は後の1711年、オスマン帝国の反撃をうけていったん放棄したが、ピョートル1世死後の1739年にロシア領と認められた。 バルト海進出 北方ではの覇権をめぐってのとのを戦った。 戦争はから21年までの長期にわたり、ピョートル1世は緒戦に敗れたが、それを機に軍備を整え、バルト海沿岸に面して新都のを建設して長期戦に備えた。 1708年の ポルタヴァの戦いに勝利した。 その後も戦闘は続いたが、ようやく、を締結した。 バルト海の制海権を得たロシアはに新都を建設して遷都し、西欧への窓口とした。 これによって、 バルトの覇者としての地歩を確保した。 軍備では特に海軍の育成に努め、ペテルブルクの近くのクロンシュタット要塞を拠点にバルチック艦隊を創設した。 東方進出 また東方では進出を推し進め、清のとの間でにを締結し、ロシアと清朝の間での最初の国境を画定した。 これは清(中国)がヨーロッパ諸国と結んだ最初の条約であった。 また1697~99年、コサックの隊長ウラジーミル=アトラーソフにカムチャツカ探検を命じ、日本との通商路を探った。 晩年にはを派遣してカムチャツカ、アラスカ方面を探検させ、ベーリングはにに到達した。 ピョートルの西欧化政策 ピョートル大帝(右。 ハサミをもっている)が臣下のひげを切っている当時の風刺画。 17世紀はじめ(1613年)に成立したロシア・ロマノフ朝は、スウェーデン王国、ポーランド王国に圧迫され、東ヨーロッパでは弱小勢力にすぎなかった。 国内には依然として農奴制を基盤とした有力貴族が存在し、産業も未熟であり、近代的な軍隊の創設が急がれていた。 そこでロマノフ朝のツァーリは、西ヨーロッパ諸国に習った国家の創出をめざし、制度・産業の西欧化を進めた。 特に急速に進めたのがピョートル1世(大帝)であった。 ピョートル1世の時代に、産業・軍事・税制・官僚制などで特にプロイセンを手本とした改革が行われた。 しかし、社会の根幹にある農奴制には基本的には手をつけず、「上からの改革」にとどまり、「ロシアの後進性」をぬぐい去ることはできなかった。 Episode ピョートル、貴族の髭を切る ピョートルは外遊から帰国すると、その服装も西欧風に改めた。 そして挨拶にきた貴族を捕まえては、そばに控えたこびとに羊毛用のハサミを持たせ、あごひげをちょん切ってしまった。 ロシアの貴族は昔からあごひげを蓄えるのが習慣であったが、ピョートルは「新しいロシア」にはそぐわないと、貴族たちのあごひげを切ってしまったのである。 右の絵は当時のピョートルの命令で貴族の髭を切るこびとを描いたもの。 ピョートルと日本の関わり 17世紀まで、ロシアでは日本についてほとんど知られていなかった。 ピョートルはヨーロッパ歴訪中、オランダに滞在したとき、アムステルダムの市長から日本の話を聞き、日本の地図も献じられた。 しかし当時はオランダ、清いずれの船も南から往来していたので、日本の北部がどうなっているかわからなかったため、サハリンと北海道は区別されず広大な「エゾ」とされていた。 日本が磁器や漆器を産出する高度な文明国であることを知ったピョートルは、ロシアと日本の北辺がどこで接近しているかさぐろうとした。 1689年、が締結されロシアはアムール河口から南下できなくなったので、カムチャツカからの接近を試みようとして、1697~99年、コサックの隊長ウラジーミル=アトラーソフに探検を命じた。 日本語教育を命じる カムチャツカを探検したアトラーソフは、現地で原住民の捕虜となっていた日本人に出会った。 デンベイ(伝兵衛)と言うこの日本人は、1695(元禄8)年、大坂から米、酒などを積んで江戸にむかう途中に難破し、6ヶ月も漂流してカムチャツカ南部にたどり着いたという。 アトラーソフは伝兵衛をモスクワに連れて行ってシベリア庁に報告した。 これを聞いたピョートルは、自ら伝兵衛に会い、日本の話を聞いてその文明の高さに興味を持ち、ロシア語の習得と日本語をロシアの青年に教えることを命じた。 1705年には勅令を出して数名の青年に伝兵衛について日本語を学ぶように命じ、同時に日本との通商を開くことも掲げた。 伝兵衛は帰国を望んだが許されなかった。 しかし伝兵衛が死んだら日本語教育ができなくなるので、日本の漂流民が発見されることをシベリア庁に命令を出したところ、1710年にサニマ(三右衛門?)と呼ばれた日本人がカムチャツカに漂着し、ペテルブルクに送られてきて、彼は伝兵衛の助手となった。 1729年には薩摩から大阪に向かう途中で遭難した若潮丸がカムチャツカに漂着した。 17人の乗組員はほとんどが現地のコサックに殺され、ソーザとゴンザの二人だけが生き残った。 この時はピョートルはすでに死んで女帝アンナの時代になっていたが、二人は女帝に謁見して洗礼を受けロシア名を名乗った。 女帝アンナ、日本語学校を開設 1735年、二人は日本語を教える命令を受け、翌年ペテルブルクの科学アカデミーに日本語学校が開設された。 ゴンザは日本語を習得した科学アカデミーのアンドレイ=ボグダーノフに協力して、露日辞典や日本語会話の本を編纂した。 世界で最初の露日辞典は、ゴンザの出身地である薩摩訛りで書かれていた。 ゴンザは間もなく21歳の若さで亡くなったが、二人のデスマスクは今もペテルブルクの人類学・民族学博物館に保存されている。 <外川継男『ロシアとソ連』講談社学術文庫 p. 145-149>.

次の

【オスマン帝国の歴史を学ぶ】壮麗王スレイマン1世と「女人の統治」

オスマン 一世

スレイマン 不明 早逝 アフメドあるいはオルハン 1552年死亡。 メフメド 1547-1553年。 ムスタファの死後に処刑。 シャー 1547-1577年。 ムスタファ(Mostafa)はイスラム教の預言者ムハンマドの別名。 イスラム圏ではよくある名前です。 「選ばれた者」「優先された者」という意味です。 いつの時代の人? 彼が生きた時代は9代セリム1世や10代スレイマン1世が領土を拡大して、オスマン帝国が最も栄えていたころです。 日本では戦国時代。 斎藤道三(1494-1556)や武田信玄(1521-1573)とほぼ同時代です。 ムスタファのおいたち 1515年。 オスマン帝国の都市・マニサで生まれました。 父はスレイマン。 当時のスレイマンはマニサで知事をしていました。 母はスレイマンの愛妾マヒデブラン。 スレイマンにとっては次男。 マヒデブランにとっては最初の男子になります。 1520年。 祖父の皇帝セリム1世が死去。 父のスレイマンが即位しました。 父や母とともにマニサからコンスタンティノープル(現在のイスタンブル)のトプカプ宮殿に移り住みました。 1522年にスレイマンの長男マフムードが10歳で病死したため、ムスタファが有力な後継者として育てられました。 母マヒデブランはスレイマンの寵愛を受けた愛妾でした。 スレイマンはトプカプ宮殿に新しく来た側女ヒュレムを寵愛します。 スレイマンとヒュレムとの間には4人の男の子が生まれました。 メフメド(Mehmed)、セリム(Selim)、バヤジッド(Bayezid)、ジハンギル(Cihangir)です。 とくにメフメド、セリム、バヤジッドは王位継承者のライバルになりました。 ジハンギルは若くて病弱だったのでライバルにはならなかったようです。 ヒュレムはスレイマンのお気に入りでした。 しかし宰相のイブラハムもムスタファを支持していました。 イブラヒムはムスタファを訓練して一人前の戦士に育てました。 王位を次ぐ者ににふさわしい教育を行いました。 1529年。 トルコ北部の町・カラマンの知事になりました。 オスマン帝国の皇子は経験を積むために知事になることがよくありました。 マニサの知事・事実上の皇太子に 1533年。 ムスタファはマニサの知事になりました。 マニサは首都コンスタンティノープルに近く有力な皇子が知事になることが多かったようです。 マニサに来たムスタファを見て町の人々は将来の皇帝がやってきたと歓迎しました。 各国の大使もムスタファを優れた皇子だと本国に伝えました。 しかしスレイマン1世がメフメドが後継者としてふさわしいのではないかと考え始めます。 皇帝妃になったヒュレムの影響があったのでしょう。 1533~34年の間にヒュレムがスレイマン1世と法的に結婚。 皇后になりました。 スレイマンには何人もの愛妾はいましたが正式な妻としての皇后はいませんでした。 ヒュレムが皇后になってしまったのです。 1536年。 大宰相のイブラハムが処刑されました。 ムスタファは有力な支援者を失ってしまいます。 マニサからアマスヤに異動 1541年。 ムスタファはアマスヤの知事になりました。 かわりにマニサの知事になったのはメフメドでした。 バヤジッドはキュタヒヤの知事になりました。 キュタヒヤとマニサはコンスタンティノープルからほぼ同じ距離にあります。 1543年。 メフメドが病死します。 王位継承者のライバルはいなくなったかのように思われました。 しかしヒュレムは息子を皇帝にしようとします。 1544年。 マニサの知事になったのはセリムでした。 1549年。 ムスタファはコンヤの知事になりました。 父スレイマン1世の命令で殺害される ペルシャとの戦争中にリュステム・パシャがムスタファに対してスレイマンの軍に合流するよう言いました。 スレイマン1世がムスタファを殺そうとしているという噂を聞いたマヒデブランは、ムスタファにスレイマン1世のもとには行かないように伝えましたが、ムスタファはスレイマン1世のもとへ行きます。 一方で、リュステム・パシャはムスタファが謀反を企んでいるとスレイマン1世に報告します。 リュステム・パシャはヒュレムの娘婿。 ヒュレムのおかげで出世したのでヒュレムの息子を王位につけようとしていました。 既に高齢のスレイマン1世は軍を率いて合流しようとやってきたムスタファを見て驚異になるに違いないと考えてしまいました。 ムスタファの処刑を命令します。 ムスタファは呼び出されてスレイマンのいるテントに向かいます。 しかしそこにはスレイマン1世はいませんでした。 そこにいたのは兵士たちで、一斉にムスタファに襲いかかってきました。 ムスタファも必死に反撃して戦いましたが、最後は弓矢で殺害されてしまいます。 享年38。 ムスタファには息子メフメドがいましたが、メフメドも処刑されました。 ムスタファの死の影響 ムスタファが死亡した数週間後に末弟のジハンギルが死亡しました。 ジハンギルはもともと病弱でしたがムスタファとは仲がよかったのです。 ジハンギルは自分の兄弟を殺そうとする母には反感をもっていたといいます。 ジハンギルの直接の死因は分かっていませんが、ムスタファの死が影響しているといわれます。 イエニチェリ(常設歩兵軍団)の兵たちはムスタファを慕っていました。 ムスタファの死を聞いた兵たちは反乱を起こします。 スレイマン1世を「狂った年寄り」と批判。 スレイマン1世を惑わせたとの処刑を主張しました。 しかし指導者を失ったイエニチェリは混乱して反乱は鎮圧されてしまいます。 それでもスレイマン1世は兵たちを鎮めるためリュステム・パシャを解任しました。 ムスタファは悲劇の王子として有名でヨーロッパでは様々な文学の題材になっています。

次の