ドニエル マレン。 ドニエル・マレン 【ウイイレアプリ2020】能力と評価

【ウイイレアプリ2020】ドニエル マレンのレべマ能力値&確定スカウト|PSVの若きエースストライカー|yasublog

ドニエル マレン

ドニエル・マレン 写真提供: Gettyimages アーセナルはPSVアイントホーフェンのオランダ代表FWドニエル・マレンの獲得に興味を示しているようだ。 9日、英紙『デイリーメール』が報じている。 アーセナルは現在、クラブ退団が有力視されるガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンの後釜を探している。 その中でエールディヴィジで活躍を見せる21歳をリストアップしているようだ。 マレンは今シーズン公式戦25試合に出場。 17ゴール9アシストと素晴らしい記録を残している。 また昨年の8月にはオランダ代表に初召集されている。 そんな同選手は2015年から2シーズンアーセナルの下部組織でプレー。 プレシーズンマッチではトップチームでもプレーした。 しかし、アーセナルはマレンを50万ポンド(約6000万円)で2017年にPSVへ売却した。 その後、オランダで開花した期待の若手に対してPSVは4800万ポンド(約65億円)の価格設定をしているようだ。 はたしてマレンは3年ぶりにアーセナルに復帰し、エースストライカーとして活躍することになるのだろうか。

次の

ドニエル・マレン 【ウイイレアプリ2020】能力と評価

ドニエル マレン

ドニエル・マレン 写真提供: Gettyimages アーセナルはPSVアイントホーフェンのオランダ代表FWドニエル・マレンの獲得に興味を示しているようだ。 9日、英紙『デイリーメール』が報じている。 アーセナルは現在、クラブ退団が有力視されるガボン代表FWピエール・エメリク・オーバメヤンの後釜を探している。 その中でエールディヴィジで活躍を見せる21歳をリストアップしているようだ。 マレンは今シーズン公式戦25試合に出場。 17ゴール9アシストと素晴らしい記録を残している。 また昨年の8月にはオランダ代表に初召集されている。 そんな同選手は2015年から2シーズンアーセナルの下部組織でプレー。 プレシーズンマッチではトップチームでもプレーした。 しかし、アーセナルはマレンを50万ポンド(約6000万円)で2017年にPSVへ売却した。 その後、オランダで開花した期待の若手に対してPSVは4800万ポンド(約65億円)の価格設定をしているようだ。 はたしてマレンは3年ぶりにアーセナルに復帰し、エースストライカーとして活躍することになるのだろうか。

次の

アーセナル、過去に6000万円で放出したオランダ代表FWを65億円で再獲得か…

ドニエル マレン

ーLe10Sport誌はがユース出身のドニエル・マレンの再獲得を検討していると報じた。 マレンは2017年の放出以前にのユース選手として非常に印象的な活躍をしていた。 21歳のマレンは母国オランダので成長し、昨季からレギュラーに定着している。 マレンは今季これまで14試合出場で11ゴールを決めている。 そして昨年にはオランダに初召集された。 にはピエール・オバメヤンの退団の噂が絶えない。 アルテタ監督の下で多少の改善はしたものの、は今季ので苦戦を強いられている。 戦でのEL敗退により退団の噂は一層加速しており、とは彼の獲得に興味を示している。 マレンは3トップのどこでもプレー可能で、驚異的なスピード、空中戦の強さ、高い決定力が魅力の選手だ。 しかしアルテタ監督が重視する守備での献身性に向上の余地が大いにあるのは事実ではある。 が今夏のマレンの移籍を許容した場合、移籍金は5,600万ユーロ前後になるだろう。 これまでの彼の成績を鑑みれば、決して高すぎる額ではないはずだ。 しかしマレンは膝の負傷のため12月から戦線離脱している。 マレンの今季中の戦線復帰は絶望的であり、この負傷が今夏の移籍の障害になる可能性がある。 も1月にマレンの獲得を検討していたが、を獲得することとなった。 が今年39歳になることを考えると、が再びマレンの獲得に動く可能性は大いにある。 がマレンの獲得を検討していることにより、彼を一度放出したことに疑問を投げかける人もいる。 しかしマレンはが放出された場合には良い代役となるだろう。 参照記事 jadfusoqa.

次の