難病 東大 生。 内藤佐和子の経歴!離婚と再婚で現在の夫は?徳島市長の高校や実家

起業した「難病東大生」内藤佐和子さん(26) 朝日新聞 : なんでも好奇心

難病 東大 生

来歴 [ ] 1958年生まれ。 1980年にを、同年に建設会社に就職。 2001年には建築不動産事業コンサルタント会社を設立し独立。 2006年春にを発症。 2007年に在宅療養を開始。 2009年にで支部運営委員を務め、同年に造設、・を装着した。 2010年に自身が取締役を務める訪問介護事業所ALサポート生成を設立。 2016年には日本ALS協会会長に就任した(2018年任期満了)。 2016年5月、衆院厚生労働委員会は、入院中の難病患者らに対するの付き添いを解禁するなどの改正案を巡り、岡部氏を参考人招致したが、によるに対して「質疑に時間がかかる」とし、一転して出席を拒否した。 2018年に認定NPO法人ディーピーアイ日本会議特別常任委員を務め、2019年4月には境を越えてを。 寄稿 [ ]• 『なんとなくは、生きられない。 』 2019 、「障害者のリアルに迫る」東大ゼミ 著 , 野澤 和弘 編集 、ぶどう社• 『ノーマライゼーション 障害者の福祉』 2017年5月号 、公益財団法人日本障害者リハビリテーション協会 論文掲載 [ ]• 「写真紹介 日本一外出が多いと紹介される事も」(『難病と在宅ケア23 10 』日本プランニングセンター、2018、2-4)• 「友だちの輪 第2回 ALSですけど、それが何か? --元会社代表のALS患者・岡部宏生さん」(『難病と在宅ケア14 7 』日本プランニングセンター、2018、64-66)• 「意思伝達装置の利用支援環境改善についての提案 音声 」(『電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報112 222 』一般社団法人電子情報通信学会、2012、45-49)• 「意思伝達装置の利用支援環境改善についての提案 福祉情報工学 」(『電子情報通信学会技術研究報告 : 信学技報112 223 』一般社団法人電子情報通信学会、2012、45-49)• 「座談会 療養者とともに築いていく難病ケア : 自由な活動や生活をささえるコミュニケーション 特集 日々の「快」をささえ、可能性を広げる難病ケア 」(『訪問看護と介護 21 9 』、2016、704-713)• 「障害者の外出の阻害要因について 特集 外出を阻害する要因 2 」(『福祉介護テクノプラス 12 4 』日本工業出版、2019、5-7)• 「ALS患者として生死の意思決定をみつめて : 人工呼吸器装着・尊厳死について 岡部宏生さんインタビュー 特集 意思ってなんだろう : つながりから生まれる経験知へ 」(『福祉労働 165 』現代書館、2020、50-57) 脚注 [ ].

次の

『難病東大生』(内藤佐和子)の感想(17レビュー)

難病 東大 生

任期満了に伴う徳島市長選(5日投開票)で当選を果たした無所属で新人の内藤佐和子氏(36)。 保守分裂選挙で自民党県議や県連幹部らの支持を受け、現職を破り歴代最年少女性市長の誕生となったが、難病を抱えながら、ビジネスから福祉まで多分野で活躍する異色の才女が注目されている。 「徳島市を前に進めるための決断をしてもらった。 県市協調で、わくわくする徳島につくり替えていきましょう」 まちづくり計画の再構築を主張し当選を果たした内藤氏は、こう意気込んだ。 現在、36歳0カ月。 これまでの女性最年少で、2012年に就任した越直美前大津市長の36歳6カ月を更新した。 内藤氏は、東大在学中に、神経を覆う髄鞘(ずいしょう)が壊れ、神経がむき出しになってしまう難治性疾患「多発性硬化症」を患う。 公式サイトなどによると、罹患(りかん)後もベンチャー企業の経営に参画するなどし、09年に課題解決型コンテスト「徳島活性化コンテスト」を県と共催したことをきっかけにまちづくり活動に参加。 同年に闘病体験をつづった自著『難病東大生 できないなんて、言わないで』を出版。 その後も地元の鉄工会社役員や県社会教育委員などを務め、徳島大工学部に再入学するなど病と闘いながらも幅広い分野で活躍している。 現在も定期的に薬を服用するという内藤氏。 公務に影響はないかと尋ねられ、「(選挙戦最終日の)4日は3時間しか寝られず、18回も演説をしたが全然大丈夫。 体力には自信がある」と決意を新たにした。

次の

東大法学部卒の難病の女性が史上最年少の36歳で徳島市長に当選

難病 東大 生

5日投開票された徳島市長選は、まちづくり団体代表の内藤佐和子氏(36)が約2千票差の接戦を制し、現職の遠藤彰良氏(64)の再選を阻んだ。 先月28日に誕生日を迎えたばかりで、史上最年少での女性市長になる。 支持者らに祝福されると、内藤氏は「徳島を前に進めるため、市民が決断して下さったんだと思います」と喜びを語った。 当選が決まると、内藤氏はピンクのジャンパーに白のジーンズ姿で事務所に現れた。 ジャンパーには選挙戦のキャッチフレーズ「みんなでいっしょに前へ」の文字。 支持者から花束を受け取った内藤氏は「街を二分する戦いになったと思いますが、徳島を愛する心は一つ。 ワンチームになってみんなで前に進んでいきたい。 コロナウイルスの影響で、世界中に閉塞(へいそく)感があるが、この徳島をワクワクする徳島に作り変えていきましょう」と呼びかけた。 県選出の自民の国会議員の支持が分かれ、保守分裂選になった。 かつて徳島で三木武夫元首相派と後藤田正晴元副総理派で自民同士で激しく争った時代を引き合いに「令和の阿波戦争」と呼ぶ陣営もあった。 内藤氏は、自民県連会長の山口俊一氏(衆院徳島2区)や福山守氏(比例四国ブロック)らの支援を受け、遠藤氏は後藤田正純氏(衆院徳島1区)や自民市議団が推した。 保守分裂の背景には昨年4月の知事選で、自民県連が飯泉嘉門知事を推薦したのに対し、後藤田氏が新顔の県議を推した経緯がある。 福山氏と後藤田氏は次期衆院選の徳島1区の公認を争っている。

次の