お声がけさせていただく。 お声がけの意味と使い方は?お気軽にお声掛けくださいは敬語?

「させていただきます」の使い方に注意!「いたします」との違いは?

お声がけさせていただく

敬語はとにかく丁寧であればいい、だからたくさん丁寧な要素を入れればいい。 そう考えているなら、おそらくあなたの敬語はだいたいが間違っています。 中でも代表的な間違いは「させていただく」「よろしかったでしょうか」「お帰りになられる(二重敬語)」でしょう。 本日司会を務め させていただきます、〇〇と申します。 お手元の資料について、ご説明 させていただきます。 添付の書類について、ご紹介 させていただきます。 追加させていただく資料などが発生いたしましたら、座席後方にて配布 させていただきますので、ぜひ、お声かけいただけますよう、ご案内申し上げさせていただきます。 聞いている私がハラハラしましたが、本人は全く気にしていない様子。 おそらく、「させていただく」と言っておくだけで、彼女なりに何かをクリアしている心境なのでしょう。 この「させていただく」について、文化庁の見解があります。 相手側、または第三者の許可を受けて行う場合• そのことで恩恵を受けるという事実や気持ちのある場合 この2つの条件がある場合だけ「させていただく」が適切だとしています。 文化庁 文化審議会答申より 「させていただく」が適切だとする例として、例えば、相手が持っている資料のコピーを取らせてほしいと、許可を求める場合です。 その資料、コピーを取ら せていただけますか? これはOKです。 これはしっかりと納得できますよね。 では冒頭に書いた、そしてみなさんが本当によく使うこの言い回しはどうでしょう?• 本日司会を務めさせていただきます、〇〇と申します。 あまりによく耳にするフレーズなので、聞き流してしまうほど。 しかし、この言い方、実はやや冗長な言い方なのです。 この言い方の場合 1 相手側、または第三者の許可を受けて行う場合 2 そのことで恩恵を受けるという事実や気持ちのある場合 の条件で考えると、1については、「あなたが司会を務めてよろしい」と誰かが許可を下したことを臭わせています。 確かに、立候補したのでなければ、当然、誰かが許可か推薦をしたのでしょう。 しかし、この司会業がどんなに大役でも、許可か申請をしたのは、所詮「身内」です。 そして2については、大役であればあるほど、それこそ「恩恵を受ける」のは司会をするあなたであり、そんなことは聞き手が知らなくても良い情報です。 ですから、このような場合は、 シンプルに 本日司会を務めます、〇〇と申します。 で十分なのです。 逆に、1と2の条件が分かるように、思い切り言葉で臭わせて、会場の同情を得るような、例えば、大物芸能人同士の結婚式の司会をする場合などは、この言い方でも良いかも知れませんね。 他にも「本日休業させていただきます」や「私は〇〇会社に勤めさせていただいております」もこのルールで「言い過ぎた敬語」であることが分かると思います。 「誰かが許可をした」ということを強調したい場合にだけ、適していると考えれば良いのですね。 この方向でまとめて、よろしかったでしょうか。 私どもの方でご用意する形でよろしかったでしょうか。 ご注文は、〇〇でよろしかったでしょうか。 この「よろしかったでしょうか」は、相手に配慮をし、自分の行動が正しいかどうか再確認する意味があります。 そして、適切に使えば「誤用」とは言えません。 ただし、いわゆる「バイト敬語」とされているきらいがあり、日常で敬語を使う機会もなく社会人になり、便利なので、そのままこのフレーズだけを型にはめて使っている人が多いようです。 「よろしかった」かどうか伺うということは、再確認の意味がありますので、あまりに多用すると 「聞いていなかったの?」 と思われても仕方がないのです。 このような場合は、思い切って言いきるのが良いでしょう。 この方向でまとめて、よろしいでしょうか。 私どもの方でご用意する形でよろしいでしょうか。 ご注文は、〇〇でよろしいでしょうか。 ちっとも、違和感がありませんよね。 むしろ、聞いている方の不安感が綺麗に消えます。 つまり、「よろしかった」という過去形の言い方を「よろしい」に直せば良いのです。 敬語表現をしたつもりが、不安になっては元も子もありませんよね。 ここでも シンプルが一番です。 ついついたくさん使いがちな「二重敬語」は整理して 次に、不安で不安で敬語を重ねてしまい、結果的におかしな言い方になっている例です。 〇〇様は、お帰りになられました。 〇〇様が、このようにおっしゃられています。 〇時に、伺わせていただきます。 これらのフレーズも、日常でよく耳にします。 「お~になる」+「~になられる」 「おっしゃる(言うの敬語)」+「られる」 「伺う(行くの敬語)」+「~いただく」 と、敬語表現が二重になっている為、文法的にも誤りとされている言い方です。 しかし、こちらの二重敬語では、あまりに使われすぎて、文法的には間違っているけれど、認められつつある言い方もあります。 お召し上がりになる もその一つです。 本来は「召し上がる」+「お~になる」という二重敬語なのです。 そうなると、どれが良くてどれが悪いのか、不安になると思いますが、ここでも シンプルイズベストのルールが適用されます。 〇〇様は、お帰りになりました。 〇〇様が、このようにおっしゃっています。 〇時に、伺います。 しっかりした日本語ですし、聞いていて潔い、自信にあふれた感じがしますよね。 心もとない言葉を何で補う? それでも、私の敬語は足りないのではないか?と不安に思う人もいるでしょう。 その場合は、敬語表現を付け足して「盛る」のではなく、尊敬の念を持った態度で話すと良いでしょう。 例に挙げた• 本日司会を務めます、〇〇と申します。 これで「敬意が足りているかどうか不安」なのであれば、言葉を付け足して盛るのではなく、しっかりした 相手を尊敬する態度を付け足せば良いのです。 皆さんのために、自分の役目を堂々と果たすつもりだと背筋を伸ばして、しっかり頭を下げて、堂々と挨拶をすれば、もう言葉は不要ですよね。

次の

「お声がけ」の敬語での例文・使い方・類語・お声かけとの違い

お声がけさせていただく

お電話でのお問い合わせ 現在、新型コロナウイルス感染症に関するお問合せや予約変更のお電話を非常に多数いただいており、電話が繋がりにくい状況となっております。 皆さまには大変ご迷惑をおかけしておりますが、ご理解の程よろしくお願い申し上げます。 代表電話:• 予約変更: をご確認ください。 受付時間• 【代表平日】8:45~16:53• 【代表土曜】8:45~14:45• 初めて受診される方• をご確認ください。 当院は紹介状がない初診患者様については、初診時選定療養費(11,000円)が実費で発生します。 詳しくはをご確認ください。 紹介状や予約が必須の診療科がございます。。 予約に関すること• をご確認ください。 文書(診断書・紹介状など)に関すること• 文書受付係 文書受付窓口、もしくは郵便でのご依頼となります。 作成する文書ごとに文書料が発生し、書類の作成には2週間程度が必要です。 (ただし内容等によってはそれ以上かかることもございます。 ) 詳しくは、文書受付係(TEL : )にお問い合わせください。 入退院に関するご相談• 入退院に関する様々なご相談を承っています。 詳しくはをご確認ください。 がんに関するご相談• がん患者様、ご家族様を対象に対面相談を承っています。 詳しくはをご確認ください。 治療に関するご相談• 具体的な治療内容等については診察しないとわからないこともございますので、電話やメールでは回答しておりません。 まずは受診をお願いします。 すでに他の医療機関にかかられていて治療について相談されたい方は、をご活用ください。 費用に関すること• 治療内容、治療方針等によって発生する費用が異なりますので、電話やメールでは回答しておりません。 紹介状がない初診患者様、 時間外にお越しの患者様、 当院から他の医療機関を紹介した後に患者様都合で当院にて再診される患者様については、選定療養費が診察費とは別で発生します。 詳しくはをご確認ください。 診察費、検査費等についてはクレジットカードでのお支払いに対応しています。 JCB、VISA、MasterCard、American Express、Diners Clubがご利用いただけます。 両替機はございません。 1階3番会計窓口にてお声がけください。 当院施設に関すること• 喫茶店、レストラン、コンビニ、理髪店など各種サービス施設についてはをご確認ください。 駐車場・駐輪場の利用可能時間、駐車料金、利用可能車両サイズ等に関してはをご確認ください。 各フロアの案内、外来フロアマップ等についてはをご確認ください。 ご確認ください。 その他のご質問についてはをご確認ください。 当院への取材のお申し込みはよりご連絡ください。 いずれにも該当しないお問い合わせについては、よりご連絡ください。

次の

「送ってください」の敬語とは?例文8選!メール/ご郵送/送付/丁寧語

お声がけさせていただく

もともとの「お声がけ」の意味から見ていきましょう。 まず声をかけるという言葉で成り立っているお声がけは、「呼びかける・話しかける・誘う」という意味があります。 「お声がけ」とは、声をかけて誘ってほしいという意味になるのです。 お声がけにはビジネスシーンのお声がけと、商品などを買ったときに言われるお声がけとあります。 まずビジネスシーンでのお声がけは、「用命・質問」としてのお声がけです。 そして、商品などを買ったときに言われるお声がけには「問い合わせ」の意味のお声がけがあります。 いずれも目上の人に使う敬語の一つとなっています。 敬語にはいろいろありますよね。 よく使う敬語について、次の関連記事をご参照いただければと思います。 「~いただき」や「お気になさらないでください」なんて敬語、恐らく利用されていますよね。 お声がけ(お声掛け)の類語表現は お声がけ(お声掛け)の類語表現としては、意味が似ているものと言葉が似ているものの2種類あります。 まずは意味が似ているものからご紹介します。 意味が似ている表現は「お呼び」「呼び立てる」「ご用命」「問い合わせ」「呼びかけ」「呼び立て」というのも意味合いが似ている類語表現となります。 次に、言葉自体が似ているけど意味が違うものをご紹介します。 意味が違うけど似ている言葉としては「お声がかり」です。 何が違うのか?と思われてしまいそうですが、お声がけは「用命・質問」だったのに対して、「お声がかり」は目上の人から抜擢されるという意味があります。 似ている言葉でも意味が違ったり、似てない言葉でも意味が一緒だったりすると戸惑いますよね。 でも知っているとかっこいいですね。 素敵な大人として、またビジネスマンとしてスマートにいろんな言葉を使い分けられるように日々勉学に励んでいただけたらと思います。 もともとは「声をかける」という言葉になります。 敬語の時は「お」を付けると相手を上にして自分の身分を下にするという表現にすることができます。 敬語に「お」がついているのが多いのもお分かりかと思いますが、「お」は敬語ではスタンダートな表現方法の一つだと覚えてくださいね。 「お」を付けることで一気に敬語らしくなりますね。 「お声がけいただき誠にありがとうございます」という感じでしょうか。 ただ「お」を何にでも付ければよいというわけでもないので、自分の中で練習をしてからおかしくないかな、と確認してから利用できるようになるといいですね。 「お声がけください」といえばきれいな敬語表現になりますね。 こうやって見ると難しくありませんよね。 敬語はなんとなく敬遠されがちですが、しっかりと基本を身に付ければすんなり口から出てくるようになります。 声をかけるときの立場で表現は変わってきますので注意が必要です。 自分が声をかけるときには「謙譲語」、目上の人から声をかけてくださるのであれば「敬語」としての使い分けが必要になってきます。 メールは顔が見えない分言葉使いには十分な配慮が必要になります。 どのような文面が良いのか例文をいくつかご紹介します。 ぜひご参考になさってくださいね。 「お声がけ」メール例文• ビジネスメールは色んな事に気を配らないといけないですよね。 会社の代表としてメールを出すわけですから、最低限のことは知っておきたいものです。 ぜひこちらの関連記事も参考になさってくださいね。 」 お客様に対して、また上司に対して、目請の人に対して何なりとお申し付けくださいという意味も含め「お気軽にお声掛けください。 」と利用されることがあります。 ショッピングセンターなどで「ご用命の方はお気軽にお声がけください」や「お呼びください」なんて書いているフレーズを見たり聞いたりしますよね。 ~くださいというのは敬語ではありますが、ください自体が命令語であるというところにも注意が必要です。 普通に話している分には感じないのですが、上司で気にされる方がいらっしゃるのも事実ですので、ここは「お気軽にお声掛けくださいませ」と丁寧に言えるようになると最高かと思います。 反対に相手に丁寧に言われた場合はどのように返事をするのが良いのか?と考える方もいらっしゃいますよね。 そんなときは「お声がけいただきありがとうございます」「お声がけいただき本当にありがとうございます。 」と返事ができると気持ちが良いですよね。 素敵なコミュニケーションが取れるようにしましょうね。 お声がけ(お声掛け)の使い方例文二つ目は「順番にお声がけします。 」がよく使われていると思います。 こちらは病院に多いかもしれませんね。 病院にいらっしゃる方もサービス業という観点からするとお客様です。 お待たせするときには丁寧なお声掛けが必要になりますね。 一言あるだけで待ち時間が気にならなくなりますよね。 さらに丁寧にお声をかけるならば、「順番にお声がけいたしますので、今しばらくお待ちください」が妥当ですね。 サービス業でお待たせするというのはやはり店側も相手側も気持ちよくいられる言葉がけ(配慮)が必要になりますよね。 この言葉を使った後はせめて15分に一回くらいはアナウンスが必要かと思います。 「お声がけくださり、ありがとうございます」です。 お断りでなくてもわざわざ声をかけていただいたときにはセットでお伝えするとより丁寧な対応になりますね。 感謝の気持ちをセットにしてくださいね。 お声がけという言葉は社交辞令で使われることもあります。 実際には参加の意志はなくても、飲み会の参加を断るときには「ぜひ次回はお声掛けください」という風になります。 また楽しい話を聞いたときは「楽しそうですね。 ぜひ次回は私にもお声掛けをよろしくお願いします」となるわけです。 「声をかけてもらってありがとう」という意味になってしまうからです。 やはりもう少し丁寧な敬語にしたいですよね。 「いただき」を入れることによってより丁寧な言い方に聞こえることもありますので、どうしようかな、と迷ったときには使ってみてはいかがでしょうか。 「お気軽にお声掛けいただければと存じます。 」のように後ろに存じますなどを入れると違和感なく利用できると思います。 全体のバランスを考えて利用できるといいですね。 そして誘っていただいたときにはさらに丁寧に「お声がけいただき、本当にありがとうございます。 」と最高のお礼をすることを忘れないでくださいね。 ビジネスにはコミュニケーションがどれだけ大切かを理解していただけると幸いです。 急には無理でも少しづつでよいので敬語を使うようにしていけば使えるので練習しましょう。 「お声がけ」をスムーズに言えるようにしましょう ビジネスに限らずいろんな場面で「お声掛け」というフレーズは使われていると思います。 いろんな敬語の言い回しがありますので、是非色々な場面を想定して練習をしていただけたらと思います。 自分が言われておかしくないかな、という立場で確認をしてみるのも良いと思います。 自分が上司であったら部下などにどのような声掛けをしてもらったらうれしいかな。 おかしくないかなという視点に立って考えてみるのもよいのではないでしょうか。 ただ形にはまっているだけでなく、立場を変えて自分を見てみるような余裕があるといいかもしれませんね。 ぜひ素敵なビジネスマン(ウーマン)になってください。 どうして敬語って難しいのでしょうか。 どうして敬語はあるのでしょう。 そしてどうして敬語が使えない人がいるのでしょうか。 後輩の心理を読みとけば意外な理由が見つかるかもしれません。 ぜひ勉強をして寛大な心を持てるようにしてみませんか。 きっと視点が変わってくるかもしれません。

次の