えきねっと 東海道 新幹線。 【えきねっと】東京駅改札内の指定席券売機、きっぷ売り場まとめ【スマートEX】

えきねっとで東海道新幹線を予約|東海道新幹線の予約ガイド

えきねっと 東海道 新幹線

えきねっとで新幹線を予約して新横浜から乗車する 新横浜駅、品川駅、東京駅などのJR東日本の在来線の駅から東海道新幹線に乗車する時でも、新幹線用の改札がありますが、基本的には同じ駅の構内を歩いて乗り換えができます。 そのためあまり意識しないこともあるのですが、JR東日本と東海道新幹線を運行するJR東海とは別の会社です。 それでも乗客の利便性を考えて、JR東日本の駅および「えきねっと」で東海道新幹線の乗車券を予約・購入することができます。 しかし、えきねっとで予約・購入した場合、チケットの受け取りはJR東日本の駅の指定席券売機・みどりの窓口・びゅうプラザでないとできません。 つまり、えきねっとで予約したチケットを、JR東海の指定席券売機や窓口では受け取れません。 これは新横浜駅、品川駅、東京駅において、ほとんどの場合は特に問題はありません。 唯一、少々困るのが新横浜駅に横浜市営地下鉄でアクセスする、その他のJR東日本の在来線以外の方法で、JR東海の改札側からアクセスする場合です。 要するにえきねっとで予約した東海道新幹線のチケットをJR東海の指定席券売機で受け取れるようにしてくれれば良いのですが、残念ながらそのような対応をしてくれません。 こんな瞬間に「やはり別の会社なんだ」と感じてしまいます。 えきねっとで予約した新幹線のチケットを新横浜で受け取る えきねっとで新横浜から乗車する新幹線を予約した場合、チケットはJR東日本の駅で受け取れます。 JR東日本管内の他の駅から横浜線等を使って新横浜駅にアクセスした場合は、最初に乗車するJR東日本の駅でチケットを受け取ることができます。 指定席券売機に「えきねっと」の表示がありますので、そこから操作すれば大丈夫です。 新横浜駅で受け取る場合は、篠原口(横浜線側)のJR東日本の指定席券売機で受け取らなければなりません。 JR東日本の横浜線で新横浜駅についてから新幹線のチケットを受け取る場合は、そのまま篠原口に行けば良いので問題ありません。 新横浜駅は、東海道新幹線の線路を挟んで新横浜プリンス、横浜アリーナ、日産スタジアムがある側は、開発が進んでいてオフィスビルや商業施設が高密度にあり、発展しているのですが、それに比べると反対側は開発が進んでなく、基本的には住宅街となっています。 そのため多くの人が直接新横浜駅にアクセスする際には開発が進んでいる側からということになるのですが、そちら側にはJR東海の新幹線改札があり、えきねっとの受け取りができる指定席券売機がありません。 面倒ですが、駅の反対側に回って篠原口まで行き、指定席券売機でチケットを受け取る必要があります。 その後にまた新幹線の改札まで戻ってきますので時間がかかりますね。 また篠原口の指定席券売機およびその周辺の通路が混んでいることもありますので、時間には余裕を持って新横浜駅に行ったほうが安全です。 スポンサードリンク 東海道新幹線に新横浜から乗車 スマートEXが便利 上の説明から分かるように、横浜市営地下鉄でアクセスしたり、その他の方法で開発が進んでいるJR東海の新幹線改札側からアクセスする場合は、えきねっとで予約したチケットの受け取りが面倒です。 一つの解決策は、JR東海の「スマートEX(スマートエクスプレス)」あるいは「EXPRESS予約(エクスプレス予約)」を利用することです。 私はいつも横浜市営地下鉄でアクセスし、年に数回程度東海道新幹線を利用しますので、「EXPRESS予約(エクスプレス予約)」の会員になりました。 いずれもスマホでインターネット経由で東海道新幹線の予約ができます。 予約は何度でも手数料無料でできます日、ICカードを使って直接改札に行って入構できるので、券売機に並ぶ必要もありません。 「EXPRESS予約(エクスプレス予約)」は年会費1080円を払ってクレジットカードを作らないといけないのですが、運賃が割引になり、新横浜駅から名古屋駅よりも遠いところを往復すればすぐに年会費分は取り戻せます。 利用回数が多くなるほど特になります。 特に新幹線で出かけた先から新横浜に帰ってくる時に、その時点で新幹線を予約しても「えきねっと」ではチケットを受け取れる場所が近くにありませんが、「スマートEX(スマートエクスプレス)」あるいは「EXPRESS予約(エクスプレス予約)」ならばチケットレスですので問題ありません。 出張では、相手先の都合で帰りの予定がずれることもありますが、何度も予約変更できるので心配要りません。 まとめ えきねっとで東海道新幹線のチケットを予約し、新横浜駅から乗車する場合のポイントについて紹介しました。 東海道新幹線を利用する機会が多いようでしたら、R東海の「スマートEX(スマートエクスプレス)」あるいは「EXPRESS予約(エクスプレス予約)」が便利です。 出張で東海道新幹線をお得に利用する方法については、こちらの記事「」をご覧ください。

次の

東京から広島 時刻表(JR東海道新幹線) / 新幹線チケット予約

えきねっと 東海道 新幹線

時間を絞り込む 時以降 06時• 当駅始発• 06:00 発 09:49 着• 229分• のぞみ1号• 博多行• 当駅始発• 06:15 発 10:01 着• 226分• のぞみ3号• 博多行• 当駅始発• 06:30 発 10:27 着• 237分• のぞみ5号• 博多行• 当駅始発• 06:51 発 10:48 着• 237分• のぞみ7号• 博多行• 07時• 当駅始発• 07:09 発 11:03 着• 234分• のぞみ9号• 博多行• 当駅始発• 07:30 発 11:23 着• 233分• のぞみ11号• 博多行• 当駅始発• 07:42 発 11:39 着• 237分• のぞみ81号• 広島行• 当駅始発• 07:51 発 11:44 着• 233分• のぞみ13号• 博多行• 08時• 当駅始発• 08:09 発 12:03 着• 234分• のぞみ15号• 博多行• 当駅始発• 08:30 発 12:23 着• 233分• のぞみ17号• 博多行• 当駅始発• 08:51 発 12:48 着• 237分• のぞみ83号• 広島行• 09時• 当駅始発• 09:09 発 13:03 着• 234分• のぞみ19号• 博多行• 当駅始発• 09:30 発 13:23 着• 233分• のぞみ21号• 博多行• 当駅始発• 09:51 発 13:48 着• 237分• のぞみ85号• 広島行• 10時• 当駅始発• 10:09 発 14:03 着• 234分• のぞみ23号• 博多行• 当駅始発• 10:30 発 14:23 着• 233分• のぞみ25号• 博多行• 当駅始発• 10:51 発 14:48 着• 237分• のぞみ87号• 広島行• 11時• 当駅始発• 11:09 発 15:03 着• 234分• のぞみ27号• 博多行• 当駅始発• 11:30 発 15:23 着• 233分• のぞみ29号• 博多行• 当駅始発• 11:51 発 15:48 着• 237分• のぞみ89号• 広島行• 12時• 当駅始発• 12:09 発 16:03 着• 234分• のぞみ31号• 博多行• 当駅始発• 12:30 発 16:23 着• 233分• のぞみ33号• 博多行• 当駅始発• 12:51 発 16:48 着• 237分• のぞみ91号• 広島行• 13時• 当駅始発• 13:09 発 17:03 着• 234分• のぞみ35号• 博多行• 当駅始発• 13:30 発 17:23 着• 233分• のぞみ37号• 博多行• 当駅始発• 13:51 発 17:48 着• 237分• のぞみ93号• 広島行• 14時• 当駅始発• 14:09 発 18:03 着• 234分• のぞみ39号• 博多行• 当駅始発• 14:30 発 18:23 着• 233分• のぞみ41号• 博多行• 当駅始発• 14:51 発 18:52 着• 241分• のぞみ95号• 広島行• 15時• 当駅始発• 15:09 発 18:58 着• 229分• のぞみ43号• 博多行• 当駅始発• 15:30 発 19:23 着• 233分• のぞみ45号• 博多行• 当駅始発• 15:51 発 19:52 着• 241分• のぞみ97号• 広島行• 16時• 当駅始発• 16:09 発 19:58 着• 229分• のぞみ47号• 博多行• 当駅始発• 16:30 発 20:23 着• 233分• のぞみ49号• 博多行• 当駅始発• 16:51 発 20:48 着• 237分• のぞみ51号• 博多行• 17時• 当駅始発• 17:03 発 22:19 着• 316分• ひかり521号• 広島行• 当駅始発• 17:09 発 21:03 着• 234分• のぞみ53号• 博多行• 当駅始発• 17:30 発 21:23 着• 233分• のぞみ55号• 博多行• 当駅始発• 17:51 発 21:52 着• 241分• のぞみ99号• 広島行• 18時• 当駅始発• 18:09 発 21:59 着• 230分• のぞみ57号• 博多行• 当駅始発• 18:30 発 22:31 着• 241分• のぞみ103号• 広島行• 当駅始発• 18:51 発 22:44 着• 233分• のぞみ59号• 博多行• 19時• 当駅始発• 19:09 発 23:07 着• 238分• のぞみ105号• 広島行• 当駅始発• 19:51 発 23:52 着• 241分• のぞみ109号• 広島行• おすすめ周辺スポットPR 東京都千代田区丸の内1-9-1 グランルーフ2F ご覧のページでおすすめのスポットです 営業時間 月-金 13:00-22:00 L. 最新の営業時間については店舗に直接お問い合わせください。 土・日・祝 11:00-19:00 L. 最新の営業時間については店舗に直接お問い合わせください。 11:00-23:00 L. 現在は上記の短縮営業時間で営業中です。 関連リンク•

次の

【東北/上越/北陸/東海道新幹線】えきねっとで路線をまたいだきっぷは購入可?

えきねっと 東海道 新幹線

東海道新幹線以外でも全国の新幹線をはじめ、特急列車や成田エクスプレス、など色々予約できるので、関東方面の鉄道利用には大変便利です。 ただし、受け取り場所など利用において制限があります。 それら制限について詳しくご紹介していきます。 下手に予約してしまうと予約だけして、切符が受け取れないことになります。 えきねっとで東海道新幹線を予約する場合の制約 受取場所が東日本地域に限定 えきねっとで予約した列車のきっぷは、JR東日本地域近辺でしかを受け取りができません。 受取可能地域 北は青森、南は新横浜、西は長野までのJR東日本地域に限り、受け取りが可能です。 受取不可 名古屋、新大阪、京都、博多、北海道、北陸地方では、みどりの窓口であろうと受取できません。 自動券売機、窓口の発券機がいずれも他社(JRが地域が違うと他社)なので扱えません。 2016年12月1日以降JR東日本の列車に限り、北海道でも受け取りが可能になりましたが、東海道新幹線のきっぷは今でも受け取りはできません。 北陸新幹線の開通により金沢でJR西日本の一部地域のきっぷが受取れるようになりましたが、やはり東海道新幹線はダメです。 受け取り場所が制限される理由 JRの仕組みが見直されない限り改善されません。 他のJRで発券すると、JRが会社間で手数料を支払う必要があり、お互いに発券を制限しています。 おかげでネット予約が乱立、制限ありまくりで利用者のことなんて二の次の状態が続いています。 サラッと流して先に進んでしまいそうですが…。 乗車駅では「えきねっと」の予約をお受取りいただけません。 お申込みいただいたきっぷは以下の駅でお受取りください。 ・JR東日本の駅 (出典:JR東日本えきねっと会員画面) JR東日本以外に住む人は使えない 受取ができない制約があるので、私みたいに関東以西だと利用は難しいです。 名古屋から東京の行きは、窓口で購入して帰りだけ「えきねっと」で予約するという使い方は可能ですが、果たしてそんな遠回しな使い方をされる方はいないと思います。 名古屋から東北出張がある時のために私は登録しています。 名古屋から東京はエクスプレス予約。 東京から東北地方へ行く列車の予約には「えきねっと」を利用するために私も一応は登録しています。 予約はできるので、窓口で直前に買うよりもはるかに便利です。 料金割引はありませんが、窓口に並ばなくても良いので直ぐ乗車できる上、空席の心配がいりません。 座席指定は大体の場所に制限 えきねっとで東海道新幹線の予約を行う際は、以下のとおり座席指定はおおざっぱにしかできません。 出典:えきねっと シートマップ 空席を見ながらピンポイントで予約できるメリットとしては、隣が空席の席を予約して、快適に乗車できる可能性が高くなる点です。 えきねっとで東海道新幹線を予約する場合は、ピンポイントで座席指定ができないため、この恩恵がありません。 きっぷの変更は1回だけ えきねっとで予約した東海道新幹線の乗車日や座席の変更は1回限りです。 2回目からは手数料がかかります。 この制度は、窓口で購入した場合と同じです。 えきねっとでJR東日本の新幹線を予約した場合は変更が何度でも無料ですが、会社が違う東海道新幹線は1回限りです。 2回目の変更が必要な場合は一度を支払い、払い戻しをしてから再予約します。 東京から名古屋を東海道新幹線でそれぞれ操作して予約します。 帰りの分も合わせて計4回の予約操作をします。 受け取り 仙台駅で券をすべて発券して切符を受け取っておきます。 帰りの券もすべてです。 名古屋駅はJR東海の管轄なので、えきねっとの発券ができないためです。 とにかくえきねっとで東海道新幹線を予約する場合、帰りの切符を受け取っておくのがポイントです。 万が一、帰りの列車時間を変更する場合は諦めて窓口に並びましょう。 往復乗車券で安くする 少々面倒になりますが、乗車券は仙台から名古屋まで通しで買いましょう。 えきねっとで予約時に、同じ区間の乗車券なら購入できますが、仙台から名古屋まで通しでは買えません。 窓口または、えきねっとの発券後に、同じ発券機で仙台〜名古屋の乗車券を購入しましょう。 仙台〜東京、東京〜名古屋と分けて購入した場合と比べて2,050円違います。 更に乗車券を往復で買えば、さらに1割安くなります。 往復乗車券は601km以上からの割引制度で、仙台から名古屋は718kmのため対象です。 えきねっとで東海道新幹線の割引がない分、ちょっとした手間で利用できる乗車券の割引を活用しましょう。 まとめ 繰り返しになりますが、 えきねっとで東海道新幹線を予約する場合は、とにかく受け取り場所に注意です。 えきねっとは、JR東日本でしか受け取れないため、JR東日本の管轄に住まない人は東海道新幹線を予約するメリットがありません。 JR東海のエクスプレス予約や、スマートEXに加入すれば少なくとも東海道新幹線の区間は快適に利用できます。 私は愛知県在住ですが、東海道新幹線用「エクスプレス予約」と、JR東日本を利用するために「えきねっと」の両方に会員登録しています。 名古屋から東京駅までは「エクスプレス予約」を使い、東京から「えきねっと」を利用しています。 今のJR各社(特にJR東海と、JR東日本)はサービスを一本化する気は無いようなので当面はこのスタイルが続きそうです。

次の