ホット クック 肉じゃが。 【みんなが作ってる】 ホットクック 肉じゃがのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

ホットクックでおいしい肉じゃが、ただし手動で 勝間和代オフィシャルサイト

ホット クック 肉じゃが

甘い味付けが苦手で、自分なりにレシピを模索してみました。 ホットクックで一番レシピの模索をした料理かもしれません。 ホクホクとしたじゃがいもの美味しさはホットクックの醍醐味と思えるレシピ。 【材料】 ・メークイン(これは絶対!!) 大なら4個、中なら5個 ・人参 1本 ・しらたき 1袋 ・豚肉(切り落としでもバラでもなんでも) 400g ・玉ねぎ 1個 ・茅乃舎のだし 1袋 ・醤油 大さじ3 ・酒 大さじ3 ・みりん 大さじ3 【作り方】 1. 煮崩れるので絶対にメークインで。 人参1本は皮をむいて乱切りに 3. しらたきは、下茹でめんどうならしなくても可。 水を切ってまな板の上で十字に包丁を入れる 4. ホットクックの内鍋に「しらたき」、「玉ねぎ」、「人参」、「じゃがいも」の順番で入れていく(この順番がポイント!!!) 6. 茅乃舎のだし一袋をパックから出してまんべんなくふりかける 7. 上に広げるように肉を乗せていく。 (ここもポイント) 8. 後はホットクック肉じゃがモードで完成を待つ 完成はこちら。 メークインで煮崩れなし! 入れる順番はしらたきに味が染みるようにと玉ねぎの甘さがよりでるため。 肉を広げていれないと、肉が固まった状態で出来上がるので要注意です! 茅乃舎のだしから塩分が出るので、公式レシピよりは醤油控えめです。

次の

鍋からホットクックにチェンジしたら、暮らしはこう変わる!

ホット クック 肉じゃが

レシピ番号1番!ホットクックのド定番「肉じゃが」 ホットクックの使い方としては、• 具材を準備• 鍋に具材をセット• ホットクックで作りたい料理を選択• スイッチオン! といった流れがあります。 ホットクックで作りたい料理を選択」の部分は、具材から選べたり、あらかじめ決められているレシピ番号を選択したりするのですが、この レシピ番号1番に設定されているのが「肉じゃが」なのです! きっと初めて作ったレシピが肉じゃがなのでしょうね。 前置きはこれくらいにして、実際の料理風景を紹介します! ホットクックを使う前に具材を準備する ホットクックの公式の具材は以下の通りです。 じゃがいも(5切り)・・・3個(450g)• 玉ねぎ(くし切り)・・・2個(400g)• 牛バラ薄切り肉・・・200g この通りに具材を切るだけですね。 こんな感じです。 今回はオリジナル要素としてスナップエンドウを追加しました。 醤油・・・大さじ4• 酒・・・大さじ3• 砂糖・・・大さじ3• みりん・・・大さじ2 水は入れないので注意です! レシピNo. 1を選択してホットクックのスイッチオン! ホットクックの鍋に具材を入れたら、あとはホットクック本体にセットしてスイッチオン! あとは30分ほど待つだけです。 出来上がりはこんな感じです。 さらに加熱する場合の案内もホットクックがしてくれますよ! ちなみに保温もできます。 ボタンを押すだけで本当になんでもできますね! ホットクックの肉じゃがの出来上がりの評価は? 簡単!手軽!とはいえ、 これで美味しくなければ意味がないですよね。 今回はほぼレシピ通り作ったのですが、• 美味しさ• 見た目• 簡単さ で、ざっくりと評価してみたいと思います。 さすがホットクックのレシピNo. 1!美味しさは間違いない レシピNo. 1の肉じゃがですが、さすがというか 完成された味といった感じでしょうか。 ジャガイモも人参もかなり柔らかくなっていて、味も染みています。 30分くらいで出来たとは思えないほどです。 ただ、私的にはもうちょっと甘みがあった方がいいかなぁといった印象です。 みりんを足すとお酒っぽさが味に出てしまうので、シンプルに砂糖を足せばちょうど良くなるかなぁといったところでしょうか。 見た目は普通の肉じゃがよりも色が濃い 一般的な肉じゃがのレシピには普通は水が含まれていると思います。 ただ、ホットクックのレシピには「水」という文字がありません。 なので、汁が少なく色が濃い感じに仕上がったと思います。 ホットクック料理の中でも簡単さは抜群! ホットクックには300以上のレシピがあるわけですが、中には面倒なレシピもあります。 しかし、この肉じゃがは具材を切って、調味料を入れてスイッチを押すだけでした。 簡単さは、ずば抜けていますね。 ホットクックが調理してくれている間が30分もあるというのもいいですよね。 私の場合はその間に娘とたわむれてましたw 一人暮らしで他の家事もやる必要がある方や、子育てでなかなか手が空く時間がない方にもオススメできますね。 次回はホットクック公式にオリジナル要素を加えて肉じゃがを作りたい! 今回はスナップエンドウを加えたこと以外は、公式のレシピ通りに作ってみました。 ですが、 肉じゃがといったら、しらたきを入れたいという方もいるのではないでしょうか? はい、うちの奥さんですw ただしらたきというのはなかなか強敵で、「しらたきは肉を堅くする」なんてよく聞きますよね。 ですので、その弱点を克服しながらしらたきも加えたホットクックの肉じゃがにチャレンジしたいと思います! その時はまたレシピを紹介しますね!.

次の

【ホットクック】肉じゃがが簡単においしくできた!【ホットクックは絶妙な火加減で素材のうまみを引き出す神家電】|あ、いいね!

ホット クック 肉じゃが

我が家でヘビーユーズしている、電気【ホットクック】。 ホットクックは無水調理ができる電気鍋。 食材から発生した水蒸気が内ぶたにある円錐状の突起「旨みドリップ加工」を伝い落ちて調理する。 材料を入れてスイッチを押すと、火加減から混ぜ具合までも計算して自動で調理してくれるとあって忙しい主婦の味方だ。 しかものおかげで美味しくできあがる。 今日は家族みんなが好きな肉じゃがを作ってみた。 我が家でいつもコンロで作る肉じゃがは、煮込みに計40分。 沸騰したら火を弱めたり、途中で混ぜたりもしている。 少し手間はかかるが、我が家では子供たちに鉄板の人気メニューだ。 それが、ホットクックではスイッチを押してから35分で出来上がるということではないか。 しかも、レシピ集の一番初めに書いてあるとあって、おそらく自信があるメニューなのであろう。 と期待。 それでは料理開始。 煮物メニュースイッチを選んでスタート。 これで、作業終了。 あとは待つだけ。 途中で見てみると、蓋の窓に水滴がついている。 とても静かだが、一応調理をしているようだ。 35分後。 アラームがなる。 蓋を開けてみる。 出来上がり。 はじめよりも、水分が増えている。 つゆだくだ。 見てわおり、じゃがいもが煮崩れていない。 それでいて、食べてみるととても柔らかく、ホクホクしている。 味はよくしみていて、一言でいうと美味しい。 いつも鍋で作る肉じゃがと違って、じゃがいもがねっとりしていて、じゃがいも本来の味を感じる。 これは無水調理ならではである。 夕食時に家族に出すと、いつもの肉じゃがと変わらず、がっついてよく食べてくれた。 いつもののほうがおいしいと言われたら、嬉しいような残念なような気持ちになるのだろうかと思っていたが。 良かった。 これからは肉じゃがもホットクックで楽をさせてもらえそうだ。 ホットクック1. 6Lタイプ 大容量ホットクック2. 4Lタイプ うちで使って使っているのは1. 6Lタイプです。

次の