薬用ボディソープ 代用品。 ハンドソープの代用にボディソープやシャンプーは使える?石鹸ってどうなの?

ハンドソープをボディソープで代用できる理由(違い)や注意点まとめ

薬用ボディソープ 代用品

こんな物は代用品として使えるの? ハンドソープには手指の汚れを落とすことと除菌・消臭する事が役割である事を説明しました。 汚れを落とすといった面では、生活用品の中で代わりに使える物があると思いませんか? そんな代用できそうなあれこれは本当に使って大丈夫なのかを検証していこうと思います! 固形石鹸 ハンドソープは品薄だけど、固形石鹸だけは売っている! なんて事はないでしょうか?私自身も、ハンドソープを購入しようとしてドラックストアに行ったけど、ハンドソープはなくて、固形石鹸は大量に売ってある。 といった経験があります。 やはり固形石鹸はハンドソープよりも手を洗うのに泡立てる手間がかかるのと、置き場所が汚れやすい。 といった欠点があるのであまり選ばれないのだと思います。 ボディソープ ボディソープは体を洗う目的で使われる物です。 手も体の一部なので、 一番ハンドソープの代用品として使えるのでは?と思っている方が多いのではないでしょうか。 ボディソープとハンドソープでは何が違うのか御存知でしょうか? ハンドソープとボディソープの違いを簡単に表にするとこのようになります。 衛生面 保湿面 ハンドソープ 強い 弱い ボディソープ ハンドソープに比べて弱い 強い ボディソープか体の様々な部分を洗う事から、保湿面を重視しています。 ですので、ハンドソープに比べると洗浄力が弱いです。 しかし、汚れを落とす面から考えると、 十分にハンドソープの代用として使う事が出来ます。 さらに、商品の裏面に イソプロピルメチルフェノール、サリチル酸の表記があると除菌効果を期待できるとされています。 逆にハンドソープはボディソープの代わりに使うには刺激が強いのでご注意ください。 ハンドソープ売ってなくて ボディソープで代用しようと 買ったけど… ハンドソープの方が少し殺菌 効果高いだけみたい? 食器用洗剤は油汚れを落とす事に特化している物だと言えます。 たとえ洗ったあとに肌に何も異常が洗われなくても、見えないところで肌の潤いをバリアする機能を破壊しています。 その結果、肌の免疫力が失われてしまう恐れがあります。 女性は特に家事で手荒れをしてしまう事が多いと思います。 そこに加えてさらに肌に攻撃を加えないよう、 食器用洗剤をハンドソープの代用に使うのはやめましょう。 そもそもハンドソープの役割って? 生活をしている上でハンドソープで手洗いをするのは当たり前の事に行っている事です。 何気なく行っている事ですが、ハンドソープはどんな役割を果たしているか御存知ですか?• イソプロピルメチルフェノール• サリチル酸 これらが入っている事によって除菌・抗菌効果が期待されます。 汚れを落とすだけではなく、除菌をしっかりと行いたい人はこの二つが入っているかを確認すると良いです。 ハンドソープと薬用ハンドソープ ドラックストアでハンドソープ売り場で「薬用」と書かれた物を見たことがあるのではないでしょうか? 「薬用」と書かれた物は、「医薬部外品」に当たります。 「医薬部外品」とは、厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されています。 [治療]というよりは[防止・衛生]を目的に作られています。 引用: 以上の事を考えると、「薬用」と書かれたハンドソープの方が洗浄力が強いのがわかりますね。 病院や医療関係では薬用ハンドソープが使われる事が多いみたいです。 Sponsored Link まとめ• ハンドソープには汚れを落とす他に除菌・抗菌をしてくれる効果がある。 界面活性剤と除菌効果どちらもある事が大切である。 ハンドソープの代用として一番有効なのは固形石鹸とボディソープ• シャンプーも水で洗うよりは洗浄力が期待できるが、界面活性剤が入っていない事もあるので注意が必要•

次の

ハンドソープとボディソープは同じもの?違いや代替品を調査!|サトミの話題調べ隊

薬用ボディソープ 代用品

ハンドソープの代用でボディソープは使える? ハンドソープの代用品として、ボディソープを使うことはできます。 ハンドソープが手に入らない時などは、ボディソープで手を洗っても大丈夫です。 ハンドソープもボディソープも、どちらも洗浄剤であり、主成分にそれほど大きな違いはありません。 とはいえ、ハンドソープとボディソープは全く同じものではありません。 ボディソープをハンドソープ替わりに使うなら、いつも以上にしっかりと手を洗う必要があるんです。 その理由について詳しくご説明していきますね。 ハンドソープの特徴は? ハンドソープは手をきれいに洗うための洗浄剤であり、 殺菌・除菌効果や強めな洗浄力が特徴です。 手についた汚れや菌などを洗うので、肌の保護や保湿よりも洗浄力をメインにしたものが多くなっています。 ボディソープの特徴は? 一方、ボディソープは体を洗うための洗浄剤ですが、全身のデリケートゾーンなどにも使えるように洗浄力は弱めになっています。 汚れを落とす成分に肌の保護、保湿成分をプラスしているのがボディソープの特徴です。 除菌、殺菌効果のある薬用ボディソープもありますが、ハンドソープよりは低刺激になっていますので、マイルドな洗いあがりになります。 ハンドソープの方が洗浄力がやや高い ハンドソープとボディソープを比べると、 ハンドソープの方がやや洗浄力が高いということですね。 ですので、ボディソープで手を洗う場合は、ハンドソープを使う時よりもしっかりと手を洗ったほうがいいということになります。 逆に、ハンドソープをボディソープ替わりにして体を洗うと刺激が強すぎることもありますので、あまりおすすめはできません。 ハンドソープとボディソープの違いはそこまで大きなものではありませんが、代用品として使う場合にはちょっと注意して使うと安心だと思います。 スポンサーリンク ハンドソープの代用でシャンプーは使える? シャンプーもハンドソープの代用に使うことができますが、ボディソープよりは手を洗うのに向いていません。 シャンプーもボディソープもハンドソープも、洗浄剤という意味ではほとんどおなじような成分でできています。 しかし、 シャンプーでは手を洗っても汚れが充分に落ちにくい可能性があるのです。 シャンプーの特徴 シャンプーは頭皮の皮脂やスタイリング剤を洗うためのものですから、ボディソープよりも洗浄力が強めです。 ところがシャンプーの特徴は、 洗う時に髪の毛が絡まないようにシリコンを始めとするコーティング成分が入っているものが多いことです。 シャンプーで手を洗う時はコーティング剤に注意 そのため、シャンプーで手を洗うとヌメリやべたつきが残ってしまうことが多く、 汚れをしっかり落とすことができない可能性があるんです。 コーティング剤の入っていないシャンプーでしたら、べたつかずにハンドソープ代わりに使うこともできるものもあると思いますが、洗浄力が強く手を荒れてしまうこともありますので、様子を見ながら試してみてください。 ハンドソープが売っていない! そんな時は石鹸がおすすめ ハンドソープの代用品としては、 ボディソープ>シャンプー といったところですが、ハンドソープ以外で手を洗うのに一番のおすすめは、やはり普通の 石鹸です。 でも、石鹸でちゃんと手がきれいになるのかがちょっと心配かもしれませんね・・・。 実は、手についた汚れや菌、ウイルスなどは、 石鹸をつかってごしごしこすり洗いし、流水でよく流すことでちゃんとやっつけることができるんです。 除菌・殺菌効果を売りにしているハンドソープを使った場合でも同じようにしっかり洗うことがポイントです。 薬用ハンドソープの泡を手に塗っただけではきれいになりません。

次の

薬用ボディソープの通販

薬用ボディソープ 代用品

ハンドソープが売り切れている原因は? まず、ハンドソープが売り切れている理由として、 ウイルスを撲滅するための「手洗い」「消毒」がかなり浸透しているからですね。 消毒液やエタノール、次亜塩素酸なども売り切れている中、何とか手洗いだけでも徹底しよう!と買いだめしたと思われます。 その中でも、例えば 『キレイキレイ』や『薬用せっけんミューズ』のような有名なものから先になくなり、 現在はプライベートブランド(トップバリュやライフオリジナル、ウェルシア等)のものもなくなっているという状態です。 確かに、消毒出来ないのなら、せめてこまめに洗おうと思ったり、 薬用せっけんであれば、パッケージに殺菌・消毒の文字があり、安心材料になりますよね。 ハンドソープの『殺菌』『消毒』成分って何? では、ここで気になるのが、 ハンドソープのどの成分が『殺菌』や『消毒』に効果があると紹介しているかですよね。 まず、 『薬用』ハンドソープの定義ですが、• 薬用ハンドソープとは、医薬部外品。 厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されているハンドソープを指します。 そして、先ほどから何度かお伝えしているキーワードである 『殺菌』『消毒』。 こちらのワードを記載できるのは、 医薬部外品のみとなっているのです。 そこで大手の石鹸2つを調べてみました。 そのキレイキレイですが、 有効成分は、 イソプロピルメチルフェノール(IPMP)というものです。 公式ホームページにも、このように明記されています。 5~2%溶液を用いる。 (50~67倍) 引用: ということで、 配合量などが厚生労働省によって厳格に決められている成分になります。 これが先ほどご紹介した 『厚生労働省が許可した効果・効能に有効な成分が、一定の濃度で配合されているハンドソープ』 という部分に当てはまるのですね。 このイソプロピルメチルフェノールは無味無臭のためいろいろな商品に混ぜやすい特徴があります。 『抗菌剤』にあたり、薬でいうと、 抗生物質のようなものになります。 繁殖を抑制したり殺菌したりする成分という感じです。 PG プロピレングリコールの事、保湿剤、固形石鹸を透明化したり、色素や香料の溶剤として使う ソルビット液 化粧品保湿効果があり水分を一定に保つことができるため、肌の乾燥を防ぎ潤いを保つ。 ラウリン酸 起泡・洗浄作用や泡質改善作用などに使われる 水酸化K(カリウム) ケン化または中和反応によるセッケン合成作用 中和反応による増粘作用 pH調整による緩衝に使われる 液体石けんを合成する目的で水酸化Kが用いられ、水に溶けやすく高い洗浄力を有する ヤシ油脂肪酸アシルグリシンK液 アミノ酸系の界面活性剤で、グリシンとヤシ油由来のヤシ脂肪酸から出来ており、 比較的低刺激なのに洗浄力が高く、泡立ちが良い成分で、洗浄剤、ヘアコンディショニングとして使用。 ミリスチン酸 ナトリウムセッケン合成による起泡・洗浄(固形石鹸の場合) カリウムセッケン合成による起泡・選択洗浄(液体せっけんの場合) ナトリウムセッケンの泡質改善作用(固形石鹸の場合) 乳化物の感触改良に使われる。 モノエタノールアミン 界面活性剤、乳化剤、磨き粉、医薬品原料、防食剤、化成品として使われる。 美容院の髪染めの薬にも入っている 香料 ポリオキシエチレントリデシルエーテル 界面活性剤、乳化剤、起泡材として配合される。 保湿効果がある。 塩化ジメチルジアリルアンモニウム・アクリルアミド共重合体液 帯電防止剤、界面活性剤、皮膜剤として配合され、刺激の緩和や毛質柔軟化などにも使われるので、 ヘアスタイリング剤にも使われることが多い。 着色料等 参考資料: 薬用せっけんミューズの場合 や も対策の一つですが 基本的な対策には、手洗い・うがい、 せきエチケットも忘れずに! / みんなで徹底しよう👏.。 オレンジ色の液体(または固体)でどこか懐かしい香りもします。 有効成分は、 サリチル酸です。 サリチル酸は、 角化した皮膚と一緒に角質層に多く存在する菌などを除去する薬で、 1. 通常サリチル酸として、50%の絆創膏を用い、2~5日目ごとに取りかえる。 次の濃度の軟膏剤又は液剤とし、1日1~2回塗布または散布する。 小児:サリチル酸として 0.1~3%、成人:サリチル酸として2~10% 引用: と厚生労働省のページにもきちんと明記されています。 こちらは、 『殺菌剤』です。 先ほどの イソプロピルメチルフェノールより強いイメージです。 雑菌類を滅菌する成分。 根絶やしみたいな強さがあります。 ラウリル硫酸アンモニウム 界面活性剤。 起泡・洗浄効果がある。 濃グリセリン 固形石鹸の透明化や角質層の柔軟化および水分量増加による保湿作用に使われる。 PG キレイキレイの項目参照ください。 ポリエチレングリコール(ポリエチレングリコール600・PEG-12) 水に不溶の物質を分散させる乳化補助剤・分散剤や増粘剤 吸湿性による保湿作用がある ヤシ油脂肪酸エタノールアミド ヤシ油由来の非イオン界面活性剤のひとつで、洗浄剤においては泡安定性、増粘性、起泡性、洗浄性を目的に使用される。 ラウリン酸 キレイキレイの項目参照ください。 クエン酸ナトリウム pH調整による緩衝(pHが変わると作用しない成分があるので、それを防ぐ) キレート作用(金属イオンによる化粧品成分の酸化と変臭や変色を防ぐ) 酸化防止 エデト酸塩 キレイキレイのEDTA(エデト酸二ナトリウム)の項目参照ください。 酸三、酸四もあるが、基本キレート作用。 ジブチルヒドロキシトルエン 製品自体の酸化防止 アクリル酸アルキル共重合体エマルション 皮膜形成 無水クエン酸 pH調整による緩衝 収れん作用(収れん作用を持つ物質には止血、鎮痛、防腐などの効果) 塩化トリメチルアンモニオヒドロキシプロピルヒドロキシエチルセルロース 別名ポリクオタニウム-10。 帯電防止 コアセルベート生成によるヘアコンディショニング作用(毛髪を柔らかくしてきしみを防ぐ) アルキルグルコシド 起泡・洗浄と乳化効果 ヒアルロン酸 皮表柔軟化および保護膜形成による保湿作用 香料 着色料等 正しいうがいのやり方を明記した記事も書きました。 よければこちらでW予防をしてください!! 薬用ハンドソープのまとめ 他にも調べましたが、 ビオレuも有効成分は 『イソプロピルメチルフェノール』でしたので、 基本的には、 『イソプロピルメチルフェノール』と 『サリチル酸』が薬用ハンドソープの有効成分としてはメインなイメージですね。 『薬用』と書いていないものはこの有効成分(殺菌剤や抗菌剤)が配合されていないものになります。 薬用ハンドソープが売っている場所 薬用ハンドソープが店頭から消えてしまった!と話題ですが、 実は、 オンラインショップではまだ購入が可能です。 しかし、 価格は高騰しており、通常500円以下の商品も、1000円や1500円で売っている場合もあります。 しかし、 消毒液よりは安価ですし、購入しやすい、とオンラインショップで買う人が急増しています。 他にも 『メルカリ』や『ラクマ』などでも多く出品されており、 マスクなどに比べたらまだ良心的な価格であることが多いです。 もし、切らしている場合は今のうちならまだ何とか手が届きますので、購入しましょう。 固形石鹸なら販売している場合も!? 実は薬局やドラッグストアに行くとわかるのですが、 実は 『固形石鹸』なら在庫がたっぷりある店舗も存在するんです!! もちろん、すでに売り切れの店舗もありますので、そこはご了承ください。 例えば、先ほどご紹介した 『薬用せっけんミューズ』等も固形石鹸なら在庫がある場合も。 もちろん 『薬用』と明記されていれば、固形でも液体でも成分はほぼ変わりません (もちろん固体にするための成分は配合されますが。 ) 液体せっけんのコーナーがなくてがっかりして帰るのではなく、 固形せっけんも覗いてみてください。 Amazonや楽天で珍しい固形石鹸を買おう! また、Amazonや楽天では、 店頭であまり見ないような薬用固形石鹸が結構販売されています。 こちらはシンプルイズベストな石鹸です。 イソプロピルメチルフェノール配合になります。 3個入りな上に泡立ちもよく、サイズも大きいと話題です。 お風呂で子供も安心して使えるとの声もありました。 大きめの割には割と安価なのも嬉しいですね! 最後に いかがだったでしょうか。 ハンドソープまで売り切れだと、困ってしまいますよね。 子供が泥んこで遊んで来たらどうしよう、等心配も多いと思います。 今まだ売っているうちに通販等を利用して、液体が高価なら、あえて珍しい固形石鹸にチャレンジしてみるのはいかがでしょうか? ちなみに私がお気に入りの固形石鹸はこちら。 すごくもっちりとしたいい泡が出来ておすすめです! また、今回いろいろな成分を調べるにあたってお世話になったサイトをご紹介します。 かなりためになりますので、良ければご参考までに。

次の