プライムミュージック ダウンロード。 アマゾンプライム会員なのですが、アマゾンミュージックで会員でも...

Amazon Musicでダウンロードした音楽をPCに保存する方法!

プライムミュージック ダウンロード

Amazon「プライムミュージック(Prime Music)」の使い方です。 どうせ無料で使えるのでそんなにすごくないんじゃないの?とあなどることなかれ。 プライムミュージックで聞ける音楽は100万曲以上でストリーミング再生だけじゃなく、スマホに音楽をダウンロードしてオフラインで再生したり、お気に入りのアルバムを作ったりもできます。 月額料金がかかる上位版『music unlimited』もアリ また、追加料金となりますが、新曲から名盤まで4,000万曲が聞き放題のというサービスも別で用意されています。 こちらは月額980円ですが、プライム会員であれば780円で利用可能となっています。 SpotifyやAppleMusicといった月額料金のかかるサービスと比較するのであれば、このmusic unlimitedの方になると思います。 後述しますが、音楽サービスとしてガッツリ楽曲を聴きたい場合は、music unlimitedの方をオススメします。 どちらのサービスも使い方自体は同じなので、プライムミュージック&music unlimitedの比較と使い方をスマホアプリ版を中心に紹介しています。 機能的には同じで楽曲数が圧倒的に違うパターンです。 どちらにも楽曲の間の広告は表示されません。 プライムミュージックもSpotifyの無料版よりは全然いい! 同様のサービスのSpotifyにも無料版があります。 こちらは曲のスキップに回数制限があったり、広告が表示されたりオフライン再生には対応していなかったりと機能制限は多い仕様になっています(その分、楽曲数はめっちゃ多いですが) 『無料版』だけで比較するとプライムミュージックの方に軍配が上がります。 unlimitedじゃないと基本的に再生できません。 プライムミュージックはプライム会員が体験できるサービス。 music unlimitedは音楽ストリーミングサービス 勝手にまとめるとプライムミュージックに関しては、このサービスを使いたいからAmazonプライム会員になるというよりは、 プライム会員なのでプライムミュージックが使えるという認識がいいと思います。 ただ、安室奈美恵さんのように基本的にストリーミングサービスでは楽曲を聞くことはできないアーティストさんもいます。 music unlimitedに入ればその楽曲が聞けるか?は後述しているアプリ内からの検索で確認することができます。 ちなみにAmazon music unlimitedにも30日間の無料期間があります。 リンク: ストリーミングでの再生は1アカウント1台まで が、ダウンロード済楽曲は同時再生も可能! この端末からの再生 Amazon Musicはお客様の会員資格で再生可能な端末数を超えて再生されております。 Amazon Music は一度に1つのデバイスでのみ再生可能となります。 このデバイスで再生する場合は、[続行] をクリックしてください。 ストリーミングでの音楽再生は1アカウントにつき1台までとなっています。 ただし、 スマホ側でダウンロード済の楽曲とPCブラウザでストリーミング再生など片方がダウンロード済であれば複数端末での再生も可能です。 仕様上当たり前かもですがこれは嬉しいかも。 AIスピーカー「Echo」にももちろん対応。 Amazonを使っている以上、何かしらは持っていると思います。 Amazonプライムミュージックアプリの使い方 ここからは実際にプライムミュージックを使う方法です。 ブラウザ版はもはや説明することがないくらいシンプルです。 この記事では、楽曲をダウンロードすることもできるスマホアプリ版(iPhone・Android)の使い方を中心に記事を書いています。 上位版の 「Amazon music unlimited」の方も基本操作は同じです。 iPhone・Androidで使う(アプリをインストール) iOS版(9. 0以上)、Android版(4. 4以上)はそれぞれのストアに用意されています。 もちろん全アプリ無料です。 アプリ名はプライムミュージックではなく「Amazon Music」となります。 初期設定&聞ける楽曲やランキング、プレイリストを表示 Amazonプライムアカウントでログイン アプリをインストールしたらプライム会員のAmazonアカウントでログインしておきます。 これがトップページ(ホーム)です。 人気のプレイリストやランキング、おすすめなどが表示されています。 基本的にここに表示されている楽曲は無料で再生&ダウンロード可能です。 楽曲のストリーミング再生とオススメ設定 【推奨】先にストリーミング再生時のデータ通信量を設定しておく ストリーミング再生を行う前に音質を設定しておくことをオススメします。 スマホの環境にもよりますが、モバイルネットワーク環境で高音質で音楽を流しまくっているとギガが減ってパケ死する可能性があります。 音質を設定します。 初期状態の「自動(推奨)」で問題ないとは思いますが、カリカリに削りたい人は「低」を選択しておくのもアリかもしれません。 音質は下がりますが。。 再生ボタンをタップするだけ 音楽をダウンロードせずにストリーミング再生する場合は、聞きたい楽曲をタップするだけでOKです。 プレイヤーがめっちゃ使いやすい! このAmazon Musicのプレイヤー、相当使い勝手がいいです。 スワイプでのジェスチャー操作にガッツリ対応しており、左右にスワイプで前後の曲に移動、上にスワイプでフルスクリーン、下にスワイプでメニュー起動など直感的に操作できます。 楽曲を検索する music unlimitedマークがある楽曲はプライムミュージックでは聞けない 楽曲やアーティストの検索は下部メニューの検索アイコンから行います。 サクッと検索してくれるのでかなり便利です。 検索に引っかからなかったらmusic unlimitedでも聞けない この検索で引っかかってこなかった楽曲はmusic unlimitedまで含めてAmazon Musicでは聞けない楽曲ということになります。 (同様の他の音楽サービスにもない可能性が高い) 安室奈美恵さんの楽曲などはほぼありませんでした。 プレイリストなどマイミュージックに楽曲やアーティスト、アルバムを登録する マイミュージックに追加(自動プレイリストに追加される) アーティストやアルバム、ランキングなどの楽曲がまとめられているものはワンタップでマイミュージックに追加できます。 プレイリストを新たに作成、または現在のプレイリストを指定して追加すればOKです。 オフラインでの再生もできるようになる楽曲のダウンロード手順とオススメ設定 【推奨】Wi-Fi時のみダウンロードができるように設定 楽曲をダウンロードする前にギガが減るのを防ぐために「Wi-Fi時のみダウンロード」を設定しておくことをオススメします。 設定の中にある「Wi-Fi接続時のみダウンロードする」をオンにしておけばOKです。 ダウンロードサイズの上限を設定しておく スマホのストレージ容量を確保だったり、逆にたくさんの楽曲をダウンロードしたりしたい場合はキャッシュサイズ上限を変更しておくといいと思います。 Androidの場合はSDカードでも移動できますが、iPhoneだと音楽をダウンロードしすぎてストレージ容量が圧迫されるかもしれませんのでご注意を。 プレイリストやアルバムの楽曲をまとめて一括ダウンロード プレイリストやアルバムに入っている楽曲をまるまる一括でダウンロードする場合は、ページトップのサムネイル画像の下にあるダウンロードボタンをタップすればOKです。 中に入っている全ての楽曲のダウンロードが開始されます。 環境にもよりますが、1曲のダウンロードであれば数秒で完了します。 オフラインモードを使えば圏外でも再生できる楽曲が一目でわかる ダウンロード済の楽曲の再生はオフラインモードに設定すれば一発で分かります。 OS別の機能などの紹介、詳細 AndroidだとSDカードに楽曲を保存できるなどOS別に若干違う仕様があったりもします。 この辺の細かい部分はAmazonの公式ページに詳細が書かれているのでチェックしてみてください。 ただプライム会員であれば無料でダウンロード機能まで使えますし、特に洋楽であれば有名どころはmusic unlimitedじゃなくても抑えてあります。 個人的な感想は、 無料で使える音楽サービスとしては十分満足できるサービスだと思います。 「音楽をガッツリ聞くストリーミングサービス」としてガッツリ利用したい場合はmusic unlimitedになります。 まぁ4,000万曲という楽曲をプライム会員の年会費だけで聞けると思う方がよくないのですが。。 まずはプライム無料期間中にプライムミュージックから初めてみては? Amazonプライムに入ろうか検討している人は、まずはプライムの無料期間中にプライムミュージックを試してみてはいかがでしょうか。 リンク:.

次の

Amazonミュージックの基本的な使い方

プライムミュージック ダウンロード

このページの目次• Prime Musicのダウンロードする方法 パソコンの画面でダウンロードしようとすると、アラートがでます。 デジタルミュージックストアで購入したMP3をダウンロードするためのもので、Prime musicがダウンロードとは異なります。 Prime musicがダウンロードできるのは、Amazon公式アプリ内のみに限定されているため、• android端末はGoogleストアにある「Amazon Music with Prime Music」• iPhoneやiPodはアプリストアにある「Amazon Music」 のアプリを使う必要があります。 CD単位でダウンロードする CD内に収録されている音楽を一括でダウンロードする方法です。 とても手軽にダウンロードできますが、容量が大きいため時間がかかります。 曲単位でダウンロードする CD内に収録されている特定の音楽をダウンロードする方法です。 ダウンロードした後、CD単位で追加ダウンロードすることもできます。 PCで追加した曲がスマホに反映されていない時 パソコンでライブラリに追加したけど…スマホのアプリに反映されていない…というときは、設定画面から、任意に取得することができます。 自動ダウンロードをONにしておくと、とても便利です。 Prime Musicのダウンロードのポイント 破格で利用できるPrime Musicですが、ストリーミング再生だけでなく、音楽をダウンロードして オフライン再生ができます。 気になるポイントをまとめました。 対象音楽の数や探し方 ダウンロードできる音楽の数 Amazonのデジタルミュージックストアでは2500万以上の曲の中で、約100万曲がプライム対象となっています。 (サービス開始時点)日本音楽は少ないですが、今後プライム対象が増えると思います。 (というかぼくも願ってます) ダウンロードできる音楽の見分け方 [primeマーク]が付いているものが対象となります。 ダウンロードに関する悩み スマホにアプリにダウンロードできる android端末はGoogleストアにあるAmazon Music with Prime Music(アプリ) Amazon Music(iOSアプリ) 最大4台の端末にダウンロードできる Prime Musicは、Amazonアカウントで認証された 最大4台の端末にダウンロードすることができます。 友だちと共有して使うことは難しいですが、家族内であればAmazonアカウントを共有することで家族でPrime Musicを使うことはでそうですね。 複数の端末で同時再生できる オフライン再生とストリーミング再生の組み合わせであれば、複数端末で同時再生することができます。 mp3形式でダウンロードする方法は? 音楽聴き放題のPrime Musicではmp3形式でダウンロードすることはできません。 デジタルミュージックストアでMP3を購入した場合は、ダウンロードすることができます。

次の

Amazon Music ダウンロード再生の方法。オフライン再生で通信量を節約

プライムミュージック ダウンロード

Amazonプライムミュージック最高!でも、注意しないといけない事もあります 本日から開始されたAmazonプライムミュージックですが、本当に便利だと感じています。 まだ数時間しか利用していませんが、かなり充実したラインアップになっています。 個人的には洋楽が多いのが嬉しいです。 一方、開始したばかりのサービスなので、利用する上で注意したほうが良い要素をまとめたサイトが少ないです。 なので、Amazonの利用規約などからいくつか気になる点をまとめてみました。 利用可能端末について これはそれ程、ユーザの制約にならないと思います。 現時点でAmazonが公式に発表している、利用可能なデバイスは以下の通りです。 ブラウザがインストールされているパソコン• Kindle Fireタブレット• Android端末• 例えば、私はiPod Touch第6世代を持っていますが、実際にこのデバイスで問題なくプライムミュージックを視聴できています。 最大ストリーミング可能端末数は1台のみ この辺から、多少話がややこしくなってきます。 ここでのストリーミングとは、デバイスそのものには音楽ファイルをダウンロードせずに、オンライン(ネットがつながる環境でリアルタイムに)音楽を楽しむ場合を指します。 Amazonの公式サイトによると、同時にストリーミングが可能な端末は「1台」です。 既に端末でPrime Musicをストリーミング再生しているときに、別の端末でPrime Musicのストリーミング再生を開始すると、元の端末の代わりに新しい端末でのストリーミング再生を続行するかどうかを確認する通知が表示されます。 実際に試してみました。 まず、自宅のWi-Fi環境で、あらかじめAppleミュージックアプリを導入したiPod Touchでミュージックをストリーミング再生しました。 で、その後にiPad Proにアプリを入れ、同じIDでログインし、別のミュージックをストリーミング再生したところ「Prime MusicはXXXX(氏名 の2nd iOS Device MP3 でストリーミング再生されています。 ストリーミング再生をこの端末に切り替えますか? 」という旨のメッセージが表示されました。 メッセージに「続ける」と答えたところ、iPod Touch側のミュージック再生が自動的に停止し、iPad Pro側のミュージックが再生されることが確認できました。 この動作ですが、例えば初めのデバイスで再生しているミュージックを一時停止しても同様になるようです。 つまり、iPod Touch側で再生している音楽を一時停止します。 そして、iPad Pro側で音楽を再生しようとしても同じメッセージが表示されました。 音楽の再生を選択した時点でアカウント上の何らかのフラグがロックされる仕組みだと考えられます。 まぁ、通常は同時に利用する事なんてないと思うので、それ程制約にはならないと思いますが、例えば家族で利用している時などは注意が必要ですね。 同時ダウンロード可能端末は最大で4台 Amazonプライムミュージックは、事前にネットがつながる環境でデバイスにダウンロードして、地下鉄などのネットがつながらない環境(オフライン環境)でも音楽を聴くことが出来ます!これは、単純なストリーミングサービスだと出来ない事です。 ただ、同時にダウンロードが可能な端末は最大で4台という制限があります。 家に複数のデバイスを持っていて、用途によって持ち運ぶデバイスを分けている方は留意しておいたほうが良いでしょう。 (4台くらいは最近の家庭に普通にあると思うので) ちなみに、5台めのデバイスでダウンロードを試みようとしたら、別の端末でダウンロードを無効化するように指示するメッセージが表示されます。 音楽ファイルのコピーは許されていない これは当たり前ですね。 (アプリの設定画面から確認できます) しかし、Amazonミュージックアプリはファイルのエキスポートの機能を備えていません。 ダウンロードした音楽ファイルをファイルマネージャなどでリスト表示することもできません。 結果的に、DropBoxなどの外部ストレージとも連携できないので、ファイルのコピーは不可能です。 Androidなど、Appleデバイス以外のOS対応アプリについては、ファイルをSDカードに保存できるデバイスもあるようですが、著作権の視点では、仮にコピーできても実施し内容がいいでしょう。 ダウンロード容量には気を付けた方がよさそう HuluやNetflixなどの動画配信サービスを利用している方は何度か痛い目にあってるのではないでしょうか(笑) 動画程ではありませんが、やはり音楽ファイルもかなりの容量です。 Amazonプライムミュージックの音楽ファイルは、基本的に256kbpsの可変ビットレートMP3ファイルのようです。 という事は、1ファイル3分くらいだったら5MB程度ですね。 調子に乗って100曲とかダウンロードすると、それだけで500MBになります。 最近のデバイスはストレージがかなり大きくなっているので、デバイスにダウンロードをすることによる容量不足はそれほど意識する必要はないでしょう。 気にしなければいけないのは、むしろネットワーク帯域です。 参考までに、1曲のファイルが5MBとした時の、複数ファイルをダウンロードしたケースの目安を考えてみました。 1曲 5MB 10曲 50MB 100曲 500MB 500曲 2. 5GB 1000曲 5GB こうやって見ると、1000曲なんて普通はダウンロードしないよ!と思われるかもしれません。 でも、実際にダウンロードするケースを考えてみると、1曲ずつではなくアルバム単位でダウンロードするケースがかなり多いはずです。 1つのアルバムに平均で15曲として再度計算してみます。 1アルバム 75MB 10アルバム 750MB 50アルバム 3. 75 100アルバム 7. 5GB 個人的には、サービス開始から数日間は、色んな音楽を再生するのが楽しすぎて、1日に50アルバムとか普通にダウンロードしそうです。 殆どのキャリアが7GB制限などの帯域制限をしているはずです。 全ての通信をキャリア回線でやってしまっていたら、2日で帯域制限がかけられてしまう計算になりますね・・・これだけは避けないと・・・ 実際にはプライムミュージックの通信以外も行っているはずなので(Safariのブラウジングやメールの受信など)、プライムミュージックに使用できる通信量は純粋に7GB全てではありませんので、さらに気を付ける必要がありますね。 複数のアルバムを一括でダウンロードしたいときは、基本的にwi-fi環境がある場所でサクッと行った方が良いでしょう。 まとめ 以上、Amazonプライムミュージックの規約などを読んでみて、特に気を付けた方がいい個所をピックアップしてみました。 原則完全無料なので、金額的に問題が出る注意点はほとんどなく、主に利用するシーンで気を付けた方がいい内容が大半です。 もちろん、大前提として、聞いてみたいコンテンツ(音楽)があるかの事前確認は必要です。 無料お試しキャンペーンは急に終了する可能性もあるので、早めに登録する事をオススメします。 無料期間がなくなった後だと、コストがかさんでしまうので・・ Amazon Prime Musicのお陰で、今日は何を聞こうかな!って毎日の楽しみが増えそうです!(Apple Musicには加入しないでもいいかなって思い始めてきました笑) 最近のコメント• に 匿名 より• に 匿名 より• アーカイブ•

次の