マネー ショート 映画。 【無料視聴】「マネー・ショート 華麗なる大逆転」の動画を見る方法!

現役投資家が解説する!どこよりも簡単な『マネー・ショート 華麗なる大逆転』

マネー ショート 映画

わたし: 今回、観ていただいた「マネー・ショート 華麗なる大逆転」は、個人的には、正直、専門用語がいっぱいで難しかったなぁ・・・、という感想でした。 このあたり、プロの投資家の方の目から見ると、いかがでしょうか? くぼっち: そうですね。 この映画は、簡単にいうと「リーマンショックという、世界的に大きな金融恐慌があった時に、世界が破滅する方に賭けて、億万長者になった人たちの話」なので、そのあたりの知識があるとより楽しめると思います。 たとえば、「リーマン・ショック」とはどういう事件だったのか。 「サブプライムローン」「CDS」「CDO」などの経済用語はどのような意味なのか・・・がわかっていたほうが楽しめることは間違いないでしょうね。 わたし: ほとんどの人は「リーマン・ショック」という単語は知っていても、実際に「何が理由で、経済破綻が起きたのか」については、きちんと理解できていないと思うんです。 特に、普通に暮らす人達にとっては「何か経済でとんでもないことがおきた」「不況の原因になった」という印象くらいで、起こった詳しい経緯などはあまり浸透していないイメージがあります。 これは、監督のインタビューを読んだ際にまったく同じことが書いてありました。 そういう意味では、あのとき起きたことを改めて知るのには、とても良い映画ですよね。 くぼっち: たしかに、2008年くらいの当時でも、テレビや雑誌でも、いろいろな解説はありましたよね。 たとえば、「サブプライムローンが原因だった」「低賃金の人に、住宅ローンをどんどん出していたから破綻したんだ」といったような説明です。 しかし、それらを読んでも、それがなぜ、世界的な恐慌にまで発展したか、まで理解している人は少ないかもしれません。 わたし: この映画を見る上で、これだけ知っておけばいい!というリーマン・ショックの説明をするとしたら、窪田さんはどのようにしますか? くぼっち: まずリーマン・ショックですが、狭義の意味では、アメリカの投資銀行であるリーマン・ブラザーズ社が2008年9月15日に破綻したことを指し、広義には、そこから発生した世界的な金融危機すべてを含みます。 まず、リーマン・ブラザーズとは、何をしている会社かというところから知っておいたほうがいいでしょう。 リーマン・ブラザーズは、世界的に有名な「投資銀行」でした。 わたし: 投資銀行って何ですか? くぼっち: 投資銀行とは、「証券取引免許をもつ金融機関」ですね。 投資銀行は、みなさんが日常的にお使いの銀行(「商業銀行」といいます)、預金した人のお金を元に貸し出したりをするわけではありません。 投資銀行は、投資先のファイナンスを手伝うというのが主な業務です。 たとえば、株式公開や、増資をする時、また社債を発行したりする、といった形です。 そのうちの一つが、資金を集めるために、証券化する、ということがあります。 くぼっち: ここで出てくるのがサブプライムローンです。 プライムとはいわゆる公務員や大企業に勤める人などの「優良客」のこと。 サブプライムは「サブ」ですから、フリーターや映画にも出てきたストリッパーなどを含む信用情報の低い人ということです。 一般の人がローンで買うものと言えば、住宅がメインでしょうから、サブプライムローンは信用情報の低い人向けの、住宅を担保とした住宅ローンという理解でOKです。 わたし: 理解できました。 くぼっち: 映画の中では、NINJA(ニンジャ)ローンなんて言われていましたよね。 これは、英語で「無収入・無職・無資産(No Income、No Job、No Assets) 」の頭文字を取ったものです。 わたし: ひどいですね…。 くぼっち: このサブプライムローンは証券化され、非常に信用度の高い商品として世界各国の投資家へ販売されていました。 わたし: 「証券化される」とはどういうことですか? くぼっち: 証券とは、有価証券、すなわち価値のある紙です。 お金、株券、債権などですね。 債権の「債」は借金ということ。 例えば「国債」は、国が証券という紙を発行する方式で行う借金です。 この債権は発行時に返済期限と利率が決まっていて、期限が来ると、元金が支払われ、また購入者は、利息を受け取ることができます。 国家が保証するものですから比較的安全な金融商品ではありますが、もちろん発行している国家の財政の状態などによっては、何が起こるかはわからないわけです。 よって、価格は常に変動します。 各国の国債の評価・格付けを行うのが、格付け機関です。 わたし: サブプライムローンも債権ですか? くぼっち: サブプライムローンもモーゲージ債として証券化された債権です。 モーゲージ債とは、不動産を抵当すなわち担保とした証券のことです。 わたし: こういった証券の取引を行っているのがリーマン・ブラザーズやゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレーなどの投資銀行や、ドイツ銀行やクレディスイスなどの銀行、メリルリンチなどの証券会社なんですね。 くぼっち: 先ほどサブプライムローンも証券化され、販売されたと言いました。 この証券化の際に、いくつかの信用度の高いローン(プライムローン)と、本当は信用度の低いローン(サブプライムローン)を集めて商品化したものが、CDO(債務担保証券)です。 このローンのカラクリを映画の中ではシェフがシーフードスープに例えて面白く説明していましたね。 リスクの高いものも、低いものもの中に入れてしまえば、全体としてのリスクは限りなく0に近いという理論です。 わたし: すごい理論ですよね! くぼっち: でも、そもそもサブプライムローンはアメリカでは信用度の高い証券として扱われていたんですよ。 なぜか。 それは2007年頃まではアメリカの住宅価格は高騰し続けていたからです。 要は、家は値上がりするんだから、ローンを返せなくなったら売れば良いという理論です。 つまり、サブプライムの方たちが月々のローンを返せなくなったとしても、例えば1億で買った家を2億で売ることができれば、ローンも返済できるどころか、手元にはお金が残る。 彼らはそのお金で、また新しい家を買うこともできますよ、と話されていたんです。 わたし: でも家が売れなくなった。 くぼっち: サブプライムローンの契約は、変動金利のものが多く、最初は返済額が少なく、あとから返済額が値上がりするものだったんです。 その金利の値上がりが2007年頃のものが多く、ローンが返せない人が増えた結果、サブプライムローンを含む金融商品が債務不履行に陥り、不動産が売れなくなったんです。 こうしてサブプライムローンは破綻し、サブプライムローンを含む証券を抱えていた多くの会社が窮地に立たされたわけです。 リーマン・ブラザーズはこの負債を抱えきれず、2008年9月15日に破綻しました。 わたし: なるほど…それにいち早く気づいたのが、この映画の主人公たちだったんですね。 くぼっち: そうですね。 彼らが取った方法は、リスクの低いローンも高いローンも集めて商品化したCDO(債務担保証券)の「保険」とも言える商品である、CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)を買い漁ることです。 CDSは、定期的な金額、いわゆる保険料を支払い続けることによって、債務の信用リスクが傾いた一定の自由が発生した際に、価値の下がった部分を補う金額をもらうことができる保険商品です。 誰もがサブプライムローンを含む住宅ローンは破綻しないと思い込んでいたときに、破綻する方に賭けたんです。 わたし: 毎月の保険料に苦しむ姿が描かれていましたね。 くぼっち: 住宅ローンが破綻するといっても、周りの誰も信じてくれないですしね。 わたし: この映画で一番印象に残ったシーンはどこでしたか? くぼっち: ブラッド・ピット扮する元銀行家が、CDSを買い漁り狂喜乱舞する若い投資家ふたりに物申すシーンですね。 CDSを買い漁るということは、経済が破綻することに賭けているということ。 わたし: 住宅ローンの破綻に賭けた主人公たちも、大金を手にして大喜びするのではなく、手にすることへの葛藤が描かれていました。 また、それだけでなく、骨太な社会派作品でありながら、コメディ作品を多く手がけてきた監督による遊びゴゴロのあるシーンや、音楽・演出も加わって、エンタメ作品としても多いに楽しめる作品になっていましたよね。 くぼっち: でもやっぱり少し難しいですよね。 終わったあと、「よくわからなかった」という声がチラホラ聞こえていましたよ・笑• 主演:クリスチャン・ベール「バットマン ビギンズ」「ダークナイト」スティーブ・カレル、ライアン・ゴズリング、ブラッド・ピット• 監督:アダム・マッケイ• 公開日:2016年3月4日(金)• moneyshort. c 2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED. Share.

次の

『マネー・ショート 華麗なる大逆転』感想、すんげえ面白い!!まさかの爆笑を伴うリーマンショックの舞台裏!!

マネー ショート 映画

第88回アカデミー賞の脚色賞受賞で注目を集めた映画『マネー・ショート 華麗なる大逆転』(原題:The Big Short)が3月4日に日本でも公開された。 舞台は2006年のサブプライムショックから2008年のリーマン・ショックに至る米国金融市場で、4人の男が住宅バブルの崩壊に賭け、紆余曲折を経て巨大金融機関を出し抜いて大儲けするという、実話に基づいたストーリーだ。 映画は、それまで存在しなかった取引を行うために彼らが策を巡らし、時間と闘いながら奔走する姿を追う。 難解な金融商品や取引をコミカルに解説しているので専門用語が分からなくても楽しめるが、金融商品や複雑な取引の仕組みを材料にしているため、視聴者からは「難しい」という声も少なくない。 そこで、この映画をより楽しむために、事前に知っておくとより楽しめるだろうと思われる「3つの専門用語」を解説していく。 バブル崩壊に賭ける4人の男を描く 原作は映画「マネーボール」の原作者でもあるベストセラー作家マイケル・ルイスのノンフィクション「世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち」(文春文庫刊)。 映画は、世界を震撼させたリーマン・ショックに至るまでを「99. 4人の主人公はいずれも金融機関やヘッジ・ファンドのトレーダー。 ヘビメタを愛しオフィスでもドラムスティックを離さないマイケル・バリー(クリスチャン・ベール)は住宅バブルがいつかはじけると考える。 その動きに、常に儲けを狙う野心家トレーダーのジャレド・ベネット(ライアン・ゴズリング)はカネの匂いを嗅ぎ取る。 理想主義者で曲がったことの嫌いなマーク・バウム(スティーブ・カレル)は欲に目のくらんだ金融機関への制裁のつもりが、結局は儲けに乗った形となり後に苦悩する。 現役を引退した冷静沈着な伝説のトレーダー、ベン・リカート(ブラッド・ピット)は住宅バブル崩壊の可能性が高いとみて儲け話に乗る。 サブプライムショックとは? 2006年のサブプライムショックは、返済能力の低い個人向け住宅ローン(サブプライムローン)の焦げ付きが多発したことに端を発する。 映画では「審査書類に何も書き込まないニンジャローン」として登場する。 米国では1990年代に住宅金融制度が整備され、規制緩和や低金利も手伝って低所得者層に持ち家ブームが広がり、住宅価格の上昇を招いた。 この種のローンには、最初は低いが2年後に一気に跳ね上がる「釣り金利」契約が含まれていたことや、米国の住宅価格が2006年半ばに下落に転じたことで焦げ付きが頻発し、隠れていたリスクが一気に表面化してサブプライムショックに至る。 この結果、サブプライムを含む多数の住宅ローンを束ねて販売するモーゲージ債や、それから派生する金融商品の価格が暴落し、これらに巨額の投資をしていた金融機関の破綻が始まる。 そのひとつが07年8月にフランスの当時の最大手行BNPパリバで起きた「パリバ・ショック」だ。 米国では、金利上昇でローン焦げ付きが加速し、金融市場に疑心暗鬼が広がって資金の貸し手が姿を消し、これが最終的に投資銀行リーマン・ブラザーズの破綻につながったというわけだ。 知っておくとより楽しめる「3つの専門用語」 時代背景はそんなところだが、ここで、CDO(Collateralized Debt Obligation:債務担保証券)、サブプライムローンやモーゲージ債の派生商品であるMBS(Mortgage Backed Securities不動産担保証券)、さらにCDS(クレジット・デフォルト・スワップ)について簡単に解説しておこう。 CDOは、日本語訳に債務という言葉が使われるが、債券や貸付金(ローン)などの「債権」を裏付けとする資産担保証券(ABS:Asset Backed Security)の一種。 これを買うことは、会社や個人など多数の最終借り手に間接的におカネを貸すことを意味する。 ただ、多くの債権を束ねるため、いくつか焦げ付いても全体では利益が狙えるリスク分散投資と考えられていた。 MBSはその一角で、モーゲージの名の通り、担保は不動産だ。 多数の住宅ローンやモーゲージ債を束ねてリスクを分散した投資商品である。 要は担保の違いでそれぞれに名前が付いており、これらの担保範囲の広さは「ABS>CDO>MBS>モーゲージ債>個別住宅ローン(サブプライムも含む)」の順になる。 本来はこの不等式の左にあるほどリスクが分散され、安全なはずだが、高利回りを追求するあまり、貸倒リスクの高いサブプライムローンを大量に仕込んでしまったことが、金融ショックにつながった。 映画では、腐った魚で作ったシチューに例えている。 CDSは資産値下がりに対する保険 一方、CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)は性格が全く異なり、一種の「保険」である。 株式や債券が暴落したり、債務が返済不能になったときに補償するもので、掛け捨ての保険料を払う必要はあるが、いざとなれば元手を取り戻せる。 この商品の恐ろしいところは、担保証券などの現物を持っていなくても売買できることだ。 したがって、不動産価格が暴落する、あるいはローンが焦げ付くと思えばCDSだけを買って儲けることができる。 映画の主人公たちの狙いはまさにこれで、低格付債権を多く含むCDOが大暴落、つまりこれに対するCDSが急騰する方に賭けたのである。 ちなみに原題にあるShortとは、自分が持っていなくても下がりそうなものをあらかじめ売っておくという意味での「空売り」のことである。 案の定、サブプライムショックが起き、ここで万々歳となるところだが、4人は新たな壁にぶつかることになる。 このひねりがこの映画の面白さのひとつだが、そこは実際に観てのお楽しみだ。 以上、「マネー・ショート」の舞台である金融危機のあらましと、登場する金融商品の話をしてきたが、少しでも映画鑑賞のお役に立てば幸いだ。 マッケイ監督は金融の素人を自認し「プロや専門家と一般の人々の間に大きなギャップがある」と語っている。 この映画をきっかけに金融に興味を抱くことを望んでいるのかも知れない。 (シニアアナリスト 上杉光)•

次の

映画『マネーショート 華麗なる大逆転』ネタバレあらすじ結末|映画ウォッチ

マネー ショート 映画

わたし: 今回、観ていただいた「マネー・ショート 華麗なる大逆転」は、個人的には、正直、専門用語がいっぱいで難しかったなぁ・・・、という感想でした。 このあたり、プロの投資家の方の目から見ると、いかがでしょうか? くぼっち: そうですね。 この映画は、簡単にいうと「リーマンショックという、世界的に大きな金融恐慌があった時に、世界が破滅する方に賭けて、億万長者になった人たちの話」なので、そのあたりの知識があるとより楽しめると思います。 たとえば、「リーマン・ショック」とはどういう事件だったのか。 「サブプライムローン」「CDS」「CDO」などの経済用語はどのような意味なのか・・・がわかっていたほうが楽しめることは間違いないでしょうね。 わたし: ほとんどの人は「リーマン・ショック」という単語は知っていても、実際に「何が理由で、経済破綻が起きたのか」については、きちんと理解できていないと思うんです。 特に、普通に暮らす人達にとっては「何か経済でとんでもないことがおきた」「不況の原因になった」という印象くらいで、起こった詳しい経緯などはあまり浸透していないイメージがあります。 これは、監督のインタビューを読んだ際にまったく同じことが書いてありました。 そういう意味では、あのとき起きたことを改めて知るのには、とても良い映画ですよね。 くぼっち: たしかに、2008年くらいの当時でも、テレビや雑誌でも、いろいろな解説はありましたよね。 たとえば、「サブプライムローンが原因だった」「低賃金の人に、住宅ローンをどんどん出していたから破綻したんだ」といったような説明です。 しかし、それらを読んでも、それがなぜ、世界的な恐慌にまで発展したか、まで理解している人は少ないかもしれません。 わたし: この映画を見る上で、これだけ知っておけばいい!というリーマン・ショックの説明をするとしたら、窪田さんはどのようにしますか? くぼっち: まずリーマン・ショックですが、狭義の意味では、アメリカの投資銀行であるリーマン・ブラザーズ社が2008年9月15日に破綻したことを指し、広義には、そこから発生した世界的な金融危機すべてを含みます。 まず、リーマン・ブラザーズとは、何をしている会社かというところから知っておいたほうがいいでしょう。 リーマン・ブラザーズは、世界的に有名な「投資銀行」でした。 わたし: 投資銀行って何ですか? くぼっち: 投資銀行とは、「証券取引免許をもつ金融機関」ですね。 投資銀行は、みなさんが日常的にお使いの銀行(「商業銀行」といいます)、預金した人のお金を元に貸し出したりをするわけではありません。 投資銀行は、投資先のファイナンスを手伝うというのが主な業務です。 たとえば、株式公開や、増資をする時、また社債を発行したりする、といった形です。 そのうちの一つが、資金を集めるために、証券化する、ということがあります。 くぼっち: ここで出てくるのがサブプライムローンです。 プライムとはいわゆる公務員や大企業に勤める人などの「優良客」のこと。 サブプライムは「サブ」ですから、フリーターや映画にも出てきたストリッパーなどを含む信用情報の低い人ということです。 一般の人がローンで買うものと言えば、住宅がメインでしょうから、サブプライムローンは信用情報の低い人向けの、住宅を担保とした住宅ローンという理解でOKです。 わたし: 理解できました。 くぼっち: 映画の中では、NINJA(ニンジャ)ローンなんて言われていましたよね。 これは、英語で「無収入・無職・無資産(No Income、No Job、No Assets) 」の頭文字を取ったものです。 わたし: ひどいですね…。 くぼっち: このサブプライムローンは証券化され、非常に信用度の高い商品として世界各国の投資家へ販売されていました。 わたし: 「証券化される」とはどういうことですか? くぼっち: 証券とは、有価証券、すなわち価値のある紙です。 お金、株券、債権などですね。 債権の「債」は借金ということ。 例えば「国債」は、国が証券という紙を発行する方式で行う借金です。 この債権は発行時に返済期限と利率が決まっていて、期限が来ると、元金が支払われ、また購入者は、利息を受け取ることができます。 国家が保証するものですから比較的安全な金融商品ではありますが、もちろん発行している国家の財政の状態などによっては、何が起こるかはわからないわけです。 よって、価格は常に変動します。 各国の国債の評価・格付けを行うのが、格付け機関です。 わたし: サブプライムローンも債権ですか? くぼっち: サブプライムローンもモーゲージ債として証券化された債権です。 モーゲージ債とは、不動産を抵当すなわち担保とした証券のことです。 わたし: こういった証券の取引を行っているのがリーマン・ブラザーズやゴールドマン・サックス、モルガン・スタンレーなどの投資銀行や、ドイツ銀行やクレディスイスなどの銀行、メリルリンチなどの証券会社なんですね。 くぼっち: 先ほどサブプライムローンも証券化され、販売されたと言いました。 この証券化の際に、いくつかの信用度の高いローン(プライムローン)と、本当は信用度の低いローン(サブプライムローン)を集めて商品化したものが、CDO(債務担保証券)です。 このローンのカラクリを映画の中ではシェフがシーフードスープに例えて面白く説明していましたね。 リスクの高いものも、低いものもの中に入れてしまえば、全体としてのリスクは限りなく0に近いという理論です。 わたし: すごい理論ですよね! くぼっち: でも、そもそもサブプライムローンはアメリカでは信用度の高い証券として扱われていたんですよ。 なぜか。 それは2007年頃まではアメリカの住宅価格は高騰し続けていたからです。 要は、家は値上がりするんだから、ローンを返せなくなったら売れば良いという理論です。 つまり、サブプライムの方たちが月々のローンを返せなくなったとしても、例えば1億で買った家を2億で売ることができれば、ローンも返済できるどころか、手元にはお金が残る。 彼らはそのお金で、また新しい家を買うこともできますよ、と話されていたんです。 わたし: でも家が売れなくなった。 くぼっち: サブプライムローンの契約は、変動金利のものが多く、最初は返済額が少なく、あとから返済額が値上がりするものだったんです。 その金利の値上がりが2007年頃のものが多く、ローンが返せない人が増えた結果、サブプライムローンを含む金融商品が債務不履行に陥り、不動産が売れなくなったんです。 こうしてサブプライムローンは破綻し、サブプライムローンを含む証券を抱えていた多くの会社が窮地に立たされたわけです。 リーマン・ブラザーズはこの負債を抱えきれず、2008年9月15日に破綻しました。 わたし: なるほど…それにいち早く気づいたのが、この映画の主人公たちだったんですね。 くぼっち: そうですね。 彼らが取った方法は、リスクの低いローンも高いローンも集めて商品化したCDO(債務担保証券)の「保険」とも言える商品である、CDS(クレジット・デフォルト・スワップ)を買い漁ることです。 CDSは、定期的な金額、いわゆる保険料を支払い続けることによって、債務の信用リスクが傾いた一定の自由が発生した際に、価値の下がった部分を補う金額をもらうことができる保険商品です。 誰もがサブプライムローンを含む住宅ローンは破綻しないと思い込んでいたときに、破綻する方に賭けたんです。 わたし: 毎月の保険料に苦しむ姿が描かれていましたね。 くぼっち: 住宅ローンが破綻するといっても、周りの誰も信じてくれないですしね。 わたし: この映画で一番印象に残ったシーンはどこでしたか? くぼっち: ブラッド・ピット扮する元銀行家が、CDSを買い漁り狂喜乱舞する若い投資家ふたりに物申すシーンですね。 CDSを買い漁るということは、経済が破綻することに賭けているということ。 わたし: 住宅ローンの破綻に賭けた主人公たちも、大金を手にして大喜びするのではなく、手にすることへの葛藤が描かれていました。 また、それだけでなく、骨太な社会派作品でありながら、コメディ作品を多く手がけてきた監督による遊びゴゴロのあるシーンや、音楽・演出も加わって、エンタメ作品としても多いに楽しめる作品になっていましたよね。 くぼっち: でもやっぱり少し難しいですよね。 終わったあと、「よくわからなかった」という声がチラホラ聞こえていましたよ・笑• 主演:クリスチャン・ベール「バットマン ビギンズ」「ダークナイト」スティーブ・カレル、ライアン・ゴズリング、ブラッド・ピット• 監督:アダム・マッケイ• 公開日:2016年3月4日(金)• moneyshort. c 2015 PARAMOUNT PICTURES. ALL RIGHTS RESERVED. Share.

次の