スウェイ バック。 スウェイバックを紐解く

スウェイバックザラスプーク

スウェイ バック

姿勢が腰痛と深い関係があるという事は既に知られていることですが、これは直立姿勢をとる人類の宿命ともいわれています。 最近よく見かけられる姿勢の特徴でスウェイバックがあります。 1、首と腰を前に突き出すようにしている 2、猫背が激しい 3、骨盤が後傾し、後方荷重になっている 4、肩が前に入り胸郭が窪んでいる 5、膝が前方にあり伸びきらない 6、椅子に座る時、腰の下部で浅く座ってしまう などが特徴で、これは体幹部分の筋肉の弱化と継続的な不良姿勢によって起こるものです。 このような姿勢では、腰椎の前弯(生理湾曲)が失われるために背骨が衝撃をうまく吸収できなくなり、背筋が緊張して腰痛が起こりやすく、また首が前に出ているので肩こり、首こりも生じやすくなります 更には腹筋が衰え、お腹が出やすくなったり、筋力低下による深部体温の低下を招き冷え症の原因にもなります。 また、腰椎(腰骨)を反らし、胸郭(肋骨)を潰すような姿勢をとるため、呼吸器(肺機能)・循環器(心機能)に多大な悪影響を及ぼす事もあります。 特に女性や高齢者に多く見られ、腸腰筋などの股関節を曲げる筋肉をあまり使用しない為、大臀筋(お尻の筋肉)の筋力が弱体化してしまいます。 高齢者で酷くなってくると、膝を曲げていないと立っていられない事もあります。 椅子に座った時に、深く腰を掛け坐骨(脚の付け根の出っ張り)が椅子に面しているのが正常ですが、スウェイバックの場合、仙骨(腰の下部、坐骨よりも上)で浅く座っているという特徴があり、これが楽な場合は姿勢を改善する必要があります。 自然体で横向きに立った姿を鏡に映して見たとき、猫背になっていたり、お腹が前に突き出て背中がそるような姿勢になっていたら要注意です。 あごを引き、お腹を引き締めた姿勢を心掛けましょう。 運動不足などで筋肉が衰えると、腰を支える力が弱まってくる事からこのような姿勢になりやすくなります。 改善のためには弱い箇所「大臀筋(お尻の筋肉)」と「股関節屈筋群(腸腰筋など)」と「起立筋(背中)」などを鍛える事ですが、難しく考えることなく自分に合った継続可能な運動を続けていけばよいと思います。

次の

スウェイバック

スウェイ バック

姿勢のよくある特徴の用語として、スウェイバックという言葉を使います。 スウェイバックとは… 股関節が前方に突き出している 臀部が後方に落ちている 胸郭が潰れたように落ち込んでいる 重心が全体的に後方に移動 重心の位置により、上腕が後方にぶらさがる 上半身のバランスを膝を曲げ立位保持 重心の後方移動を頭部を前方に突き出すことでカバー スウェイバックの過緊張筋・低緊張筋 過緊張 頸部伸筋群・僧帽筋上部繊維・肩甲挙筋・小胸筋・脊柱起立筋・梨状筋 腸腰筋・大腿筋膜張筋・ハムストリングス・股関節内転筋群・下腿三頭筋 低緊張 頸部屈筋群・広背筋・僧帽筋中・下部繊維・菱形筋・腹筋群・大殿筋 大腿四頭筋・中殿筋・下腿背屈筋群 スウェイバックの改善・治療 姿勢は 腰が曲がっているから腰を伸ばす 猫背だから背中を伸ばす では改善することはまずありません カラダの構造というのは、キャンプのテントのように骨 柱 をつっかえ棒にしてロープ 筋肉 で引っ張って安定をさせています。 柱を安定させるためには、それぞれのロープが均等に引っ張り合う必要があります。 上記で示したような過緊張、低緊張の筋群があると、この引っ張り合いのバランスが崩れ、その結果、柱が傾き、姿勢が崩れる事になります。 基本的には、緊張している 縮んでいる 筋肉は伸ばす。 低緊張 縮みにくい 筋肉を緊張出来るように働かせるように行っています。 縮んでいる筋には、筋膜リリース、押圧法、ほぐしなどの手技でアプローチをし、低緊張の筋はPNF 固有受容性神経筋促通法 やストレッチ、筋トレなどを行い補強をします。 正しい姿勢の感覚獲得の為に、キネシオテープで姿勢筋の筋補強をする事もあります。 姿勢の崩れは、筋力の低下と共に、日常生活動作や運動動作での間違ったカラダの使い方が根本にあります。 座り方、立ち方などから、実際に家事 料理、掃除、洗濯など の動きの評価や仕事場でのカラダの使い方、寝具や靴などの身の回りの環境などを評価して、変えられる所は変える様にしています。 体のパーツを前後に振り分けるように位置する。 腰は前弯を失い平坦に。 頭が前に出ているので、後頭部~肩甲骨にかけての筋肉が緊張し、首や肩がコリやすい。 骨盤が前にでて、さらに筋肉をあまり使わず立つのでポッコリお腹やお尻の垂れ下がりが起こりやすい。 背骨に正常なS彎曲がなく、真っすぐなので一見姿勢が良いと勘違いされやすい。 背骨 腰 に弯曲がないことで衝撃吸収がうまく行えず、ヘルニアなどの腰や首のトラブル につながりやすい。 腹筋群の弱い女性に多く、だいたいの方が腰に張りや痛みを感じる。 腰痛持ちが多い。 肥満体型の方、妊娠をきっかけにこの姿勢になる方も多い。 胎児の重みを支えきれず、バランスをとるため。 出産後も治らずこの姿勢のままの方も多い 頭が前に出ることで、首や肩が凝る。

次の

スウェイバック ,姿勢改善

スウェイ バック

最近空気の乾燥と共に静電気が酷く、何かこのムカつく無駄な電力を有効活用できないものかと思っているSlowtaperです。 いや、単純に血液ドロドロなだけなんですけどね・・・ おっかしいなぁ?・・・血液検査は健康そのものなのに。 金属に触るともうバチバチですよ。 まぁ世の中に無駄な電気があるとすれば間違いなくこいつがトップっすね。 さて、そんな空気が乾燥して寒くなる今日この頃、 今日からセレクトはペンシルシリーズに突入。 超、超ド定番皆さんご存知の ザラスプークの復刻版『スウェイバックザラスプーク』です。 これはもう100点とか言う域を超えちゃってますね。 何がすばらしいって 誰がどう動かしても簡単にターンする。 これ、とっても大事です。 プラグは動きすぎてダメなんてのはないですし、逆に言えばだからこそ自分が自在にコントロールしてお気に入りのアクションを出す事ができると言うものです。 とかくスペシャルな動きを求めがちですが、プラグはあくまで使い手が動かす物。 絶対とは言わないものの、素晴らしいプラグと言うのは使い手を選ばないと言うのはとっても大きな条件ではないかと思ったりします。 だからペンシルで釣りたい!と言う方。 先ずはザラスプークです。 これが動かないとデリケートなスケーターなんかはもっと動きません。 そして、 ターン系の全てのお勉強ができるのはペンシルベイトであり、ペンシルベイトを自在に操れると言う事はターン系プラグの全てを自在に操れると言えます。 その基本の基本となるのがこのザラスプークと言えるでしょう。 さて、このザラスプーク。 皆さんもご存知なように歴史があるプラグなので同じ名前でもマイナーチェンジしています。 (マイナーと言うよりは別物ですけどね) 僕はオールドにそれ程詳しくはないので間違ったらごめんなさいなんですが、 ファースト、セカンド、サード(ソリザラ)と大きく形や動きが違っていて、僕はファーストとサードが好みです。 ただ、ファーストはオールドのみで復刻なしに対し、サードはスウェイバックザラスプークという復刻が出ているので今回はあえてそちらを紹介しました。 ちなみに ペンシルベイトもフック交換には気をつけて下さいね。 そして、スポーツ&フィッシングの付録DVDでも述べましたがペンシルベイトはラインスラックとリーリングの関係を知ることが最大のポイントです。 良く『このロッドはペンシルが良く動く』などと言われたりしてますが、ポッパーやダーターと違い(これらも極論を言えばそうですが)ペンシルの場合、 ロッドはあくまでキャスティングの部分がメインの仕事であり、あくまでもラインスラックとリーリングワークということは忘れないでくださいね。 archive•

次の