千早 内科。 福岡市東区「千早病院」内科/肝臓疾患、消化管疾患、糖尿病、血液疾患、感染症、膠原病

福岡市東区「千早病院」

千早 内科

千早駅周辺の その他の診療科• 千早駅の内科 40• 千早駅の血液内科 0• 千早駅の気管食道科 0• 千早駅の性病科 0• 千早駅の乳腺外科 0• 千早駅の美容外科 0• 千早駅の心臓血管外科 0• 千早駅の血管外科 0• 千早駅の胸部外科 0• 千早駅の呼吸器外科 0• 千早駅の消化器外科 0• 千早駅の内分泌内科 0• 千早駅の乳腺外来 0• 千早駅の不妊治療 0•

次の

千早・並木通りクリニックの口コミ評判

千早 内科

千早駅周辺の その他の診療科• 千早駅の内科 40• 千早駅の血液内科 0• 千早駅の気管食道科 0• 千早駅の性病科 0• 千早駅の乳腺外科 0• 千早駅の美容外科 0• 千早駅の心臓血管外科 0• 千早駅の血管外科 0• 千早駅の胸部外科 0• 千早駅の呼吸器外科 0• 千早駅の消化器外科 0• 千早駅の内分泌内科 0• 千早駅の乳腺外来 0• 千早駅の不妊治療 0•

次の

福岡市東区千早の精神科、心療内科『ちはやACTクリニック』

千早 内科

内科外来の受付時間は午前8:40〜11:30でしたが、2008年9月からは午後外来(13:30〜16:30)も行なっています。 腹部エコー、内視鏡(胃・大腸)、胃透視などの検査は月曜日から金曜日(大腸内視鏡は月曜日〜木曜日)まで毎日行っています。 診療態度として、「患者様ならびにご家族に対しまして真摯な態度で最善を尽くすこと」、を内科医師一同心掛けています。 地域の先生方に対しましては病診連携の充実を目指し、安心、信頼して紹介していただける組織であり続けるようにと心掛けております。 【肝臓疾患】 肝臓疾患はチームを組んで診療にあたっています。 肝硬変に伴なう難治性腹水や肝性脳症の治療、食道静脈瘤に対する内視鏡的結紮術も行っています。 ・胆・膵疾患についても外科と密な連携をとりながら、閉塞性黄疸や急性胆嚢炎・急性閉塞性胆管炎にも迅速に対応しております。 2019年度に当院で実施した上部消化管内視鏡検査(胃カメラ)の総件数は 3003件、大腸内視鏡検査(大腸カメラ)の総件数は 1367件でした(詳細は下記の表を参照)。 内視鏡挿入の苦痛を軽減できる鼻からの内視鏡検査(経鼻内視鏡検査)も実施しています。 ポリープや早期に発見された食道・胃・大腸の癌は、体への負担が少ない内視鏡治療で治癒する可能性があります。 大腸ポリープや早期大腸癌に対する内視鏡的切除は、2019年度で391件に実施しました(cold snare polypectomy含む)。 大きな病変でも一括切除できる内視鏡的粘膜下層剥離術(ESD)は、年間30例前後(2019年度:41例)に実施しています。 慢性胃炎、胃・十二指腸潰瘍、胃癌と関連するヘリコバクター・ピロリ菌の除菌治療も実施しています。 上部消化管内視鏡検査で慢性胃炎(萎縮性胃炎)を認め、かつピロリ菌陽性でしたら保険診療で除菌治療が可能です。 当院ではピロリ菌1・2次除菌を実施するも不成功であった方に対する3次除菌や、ペニシリンアレルギーで通常の除菌治療を受けることができない方を対象に自費診療にて除菌治療を行っています(保険適応外)。 特定疾患に指定されているクローン病や潰瘍性大腸炎の治療も行なっております。 生物学的製剤(レミケード、ヒュミラ、シンポニー、ステラーラなど)の投与や血球成分除去療法なども実施しています。 公費申請に必要な個人調査票の作成も行なっています。 他に、胃瘻の新規造設や胃瘻チューブの交換(事前の連絡が必要)も実施しています。 外来診療・内視鏡検査は月曜日〜金曜日まで毎日実施しており、上部消化管内視鏡検査に関しては朝絶食で来院された方は当日中に実施が可能です(ただし予約の方が優先となります)。 大腸内視鏡検査は予約制なので、まず外来を受診してください(予約の際は絶食の必要はありません)。 当院では、「楽で安全な内視鏡の実施」を心がけております。 内視鏡検査に伴う不快感や苦痛を軽減するため、ご希望があれば検査時に鎮静剤の注射を実施しています。 (河内、甲斐、杉野) 大腸ポリープ 内視鏡治療例 サイズの大きな大腸ポリープ 内視鏡による切除後 切除した大腸ポリープ 【血液疾患、感染症】 貧血でお困りの方、リンパ節が腫れて気になる方、発熱がつづく方などおられましたら、受診をお勧めします。 当院は、血液疾患の専門医が常勤しており、多発性骨髄腫や悪性リンパ腫などの抗がん化学療法に積極的に取り組んでいます。 近年開発された分子標的薬を積極的に導入し、治療の標準化・最適化を行い、福岡市内の様々な病院と緊密に連携しながら診療を行っています。 また、再生不良性貧血や骨髄異形成症候群の患者様で、定期的な輸血が必要な場合は、外来通院にて対応できます。 外来化学療法や緩和ケアにも力を入れ、患者様の生活の質の向上を重視しています。 (原田・山本) 【糖尿病】 糖尿病の治療と教育は糖尿病専門の内科医が糖尿病療法指導士、看護師、栄養士、薬剤師、理学療法士とチームを組んで行っています。 (毎週 火曜日〜金曜日)や栄養指導も実施しております。 右の写真のようなメタボリックシンドロームの方には、糖尿病、高脂血症などがしばしば隠れていることがありますので、一度検査されることをおすすめします。 (岡本、矢野、池田) 【 膠原病 】 膠原病(こうげんびょう)と言われて、どんな病気を想像されるでしょうか。 膠原とは、コラーゲンの当て字で、英語のCollagen disease(コラーゲンの病気)を直訳して、膠原病と呼ぶようになったらしいです。 皮疹を伴うことが多く、皮膚のコラーゲンに異常があると推測されたための呼び名でした。 コラーゲンの異常ではないことが分かった現在では、より病状を正確に表現して「自己免疫疾患(じこめんえきしっかん)」と呼ばれます。 免疫とは、細菌、ウイルスといった病原体から自分を守るシステムの総称です。 このシステムが、病原体だけに向かっていれば良いのですが、間違って自分の体(自己)を攻撃してしまう状態が、自己免疫です。 攻撃される組織によっていろいろな病態がありますが、最も代表的なものは、関節が攻撃される「関節リウマチ」です。 膠原病(自己免疫疾患)を疑う症状としては、関節痛、発熱、皮疹などがあげられます。 原因の分からないこういった症状が、2〜4週間以上続く場合は、膠原病のチェックをした方がよいと考えられます。 検査としては、血液検査、検尿、胸部レントゲン、心電図、腹部エコーやCTといった、患者さんには負担の少ない方法で大体済みます。 但し、血液検査は特殊なものが多いので、結果が出るのに1週間弱かかります。 (上田) 以上のように生活習慣病から専門性の高い疾患まで幅広く対応しております。 健康上気になることがあるときは、まずは内科外来をお気軽に受診なさって下さい。 詳しくは受診時に各外来スタッフへお尋ね下さい。

次の