政治経済学部。 法律・政治・経済を学べる学校一覧(883校)【スタディサプリ 進路】

経済学部って、何を学ぶの?

政治経済学部

大学で政治学科に入ると、まわりから「将来は政治家を目指しているの?」と聞かれることがあります。 しかし、政治家になるために必要なことは「票を獲得すること」ですが、政治学は「票を獲得する方法」や「選挙運動の方法」を学ぶ分野ではありません。 そして、デモクラシーのもとでは、政治家でなくとも我々自身が政治を左右する存在です。 例えば、2016年のイギリス国民投票では有権者自らがEU離脱の意思を表明したことにより、世界中に衝撃を与え、その後のイギリス政治などに大きな影響を与えたことが記憶に新しいと思います。 日本の中で政治学科を備えている大学はさほど多くはありません。 政治学科は多くの場合、法学部に属していますが、本学の政治学科は政治経済学部の中での政治学科です。 昨今の金融市場の動向をみてもわかるように、市場が政治的要因によって左右されることは少なくありません。 政治と経済に関する知識・素養を幅広く身につけることは、皆さんが今後、社会で活躍するうえで大きな強みとなるでしょう。 そのほか、政治学科のなかに社会学関連の科目も多く設置されており、政治的決定にも影響を及ぼしうる社会の構造や変化についての理解を深めることもできます。 加えて、グローバル化が進行する今日の状況下でとりわけ重要度が高まった国際感覚の向上に向けて、高い外国語能力の養成や交換留学などに関する多くのプログラムも用意されています。 それを決めるうえで重要なのが3年生と4年生にまたがる専門演習(ゼミナール)です、政治経済学部では多くのゼミナールがあり、それぞれ特色をもった教育が行われています。 また、大学で学ぶことは教室の中だけではありません。 和泉校舎、駿河台校舎の何れにも充実した図書館を備えており、図書館を上手に活用することも皆さんの知的成長に大きく寄与することになるでしょう。 もちろん、われわれ教員も皆さんの成長を精一杯サポートします。

次の

政治経済学部

政治経済学部

概説 [ ] 早稲田大学政治経済学部は、の設立時に政治経済学科として設置されたのがその起源である。 の早稲田大学設置の際は、、とともに政治経済学科が大学部に設置された。 当時、を法学の一部としていたを起原とする認識が興隆していた中、早稲田大学はと政治が渾然一体となった式の「」を発足させた。 のには第一政治経済学部(政治・経済・新聞・自治行政学科)と第二政治経済学部(政治・経済)が設置されたが、後者はに廃止された。 また、第一政治経済学部の自治行政学科と、の指導によってつくられたは、どちらもに新規募集が停止された。 入試制度においては、従来の一般入試に加えてからはが、からは利用入試が導入された。 またより9月入学制度および英語学位プログラム(EDESSA)を設け、多様な学生の確保を図っている。 には、18歳人口の減少に合わせて学部生を減らし、大学院生を増やす計画の一環で2021年度入試から一般入試の募集定員を450名から300名に減らすとともに、のを必修として課すことを発表した。 学部長は「基礎的な力と同時に、論理的思考力を身につけた学生に来てもらいたい」と述べ 、私立大学文系入試対策として特定科目を長時間勉強してきたような学生は、早大政経学部には不適当であるとした。 卒業生は政界・官界・・法曹界・メディアなどの第一線で活躍しており、多数の人材が輩出している。 に第17代早稲田大学総長に政治経済学部政治学科教授の が選出された。 政治経済学部出身者の総長としては、第9代総長以来50年ぶりとなった。 沿革 [ ]• - 創設(政治経済学科、法律学科、理学科、英学科設置)。 - 早稲田大学と改称。 大学部(政治経済学科、法学科、文学科)と専門部を新設。 - により大学となる。 - 新制早稲田大学11学部開校。 第一政治経済学部に政治・経済・新聞・自治行政学科、第二政治経済学部に政治・経済学科設置。 - 新制早稲田大学大学院6研究科設置(修士課程)により、政治学研究科および経済学研究科修士課程開設。 - 新制早稲田大学大学院6研究科設置(博士課程)により、政治学研究科および経済学研究科博士課程設置。 - 第一政治経済学部新聞学科・自治行政学科、第二政治経済学部学生募集停止。 - 第二政治経済学部廃止。 第一政治経済学部新聞学科・自治行政学科廃止。 第一政治経済学部を政治経済学部に改称。 - 学部指定校推薦入試の導入。 - 学部カリキュラム改革。 コース別に学科目を配置。 卒業単位を142単位から124単位に削減。 - 学部AO方式による総合選抜入学試験の導入。 - 学部に国際政治経済学科新設。 政治学科、経済学科、国際政治経済学科の3学科体制に。 学術院制度導入により、政治経済学部、大学院政治学研究科、経済学研究科、公共経営研究科、および現代政治経済研究所から成る政治経済学術院設置。 - 学部セメスター科目導入(一部科目をセメスター化:半期週2回/4単位)。 - 学部センター入試の導入。 早稲田大学創立125周年。 - 9月入学英語による学位プログラム(学部・大学院)の開始。 - 公共経営研究科を政治学研究科に統合し、政治学研究科公共経営専攻(専門職学位課程)設置。 政治経済学部創設130周年。 - 新3号館竣工。 学部 [ ]• 政治学科 Department of Political Science 2017年度入学者298名• 経済学科 Department of Economics 2017年度入学者422名• 国際政治経済学科 Department of Global Political Economy 2017年度入学者222名 大学院 [ ] 詳細はを参照 キャンパス・学部棟 [ ] 本部キャンパスであるに属する。 早稲田大学3号館が政治経済学部の中心的な学部棟であり、の完成以来、旧3号館が長年政治経済学部の拠点として使われてきた。 老朽化等によりに旧3号館は取り壊され、9月に同地にその外観の一部を再現した新3号館(地上14階、地下2階建て)が完成した。 2017年11月に第58回BCS賞特別賞()受賞。 著名な出身者 [ ] 詳細は「」を参照 政官界 [ ]• (第91代)• (第95代内閣総理大臣)• (、兼分野協力担当大臣、ほか)• (、元、ほか)• (第71-72代、元、兼、ほか)• (元、ほか)• (衆議院議員、元衆議院副議長、防衛庁長官ほか)• (衆議院議員、衆議院副議長、元)• (第16-17代内閣官房長官、元、ほか)• (衆議院議員)• (衆議院議員)• (衆議院議員)• (参議院議員)• (衆議院議員、、元)• (参議院議員、元兼、)• (参議院議員、)• (衆議院議員)• (衆議院議員)• (参議院議員)• (衆議院議員、元)• (衆議院議員、元)• (参議院議員、元長)• (衆議院議員)• (衆議院議員)• (参議院議員、元(担当)、兼、代表)• (参議院議員、前独立総合研究所代表取締役社長)• (元)• (知事)• (知事)• (主任研究官・)• (、元知事・)• (元知事、衆議院議員)• (長)• (長)• (長)• (埼玉県長)• (長)• (長)• (東京都長)• (東京都長)• (長)• (埼玉県長)• (長)• (長)• (長)• (元大阪府大阪市長)• (元長)• (長、会長)• (山口県長)• (長)• (福岡県長)• (元長)• (最高顧問)• (元衆議院議員・元雄弁会会長)• (元衆議院議員)• (元衆議院議員・元農水大臣)• (元衆議院議員)• (元衆議院議員)• (元衆議院議員)• (元衆議院議員・元)• (元衆議院議員・元青山学院長)• (元衆議院議員・元)• (元衆議院議員)• (元衆議院議員)• (元衆議院議員)• (元衆議院議員・元運輸大臣)• (元衆議院議員・元農水大臣)• (元衆議院議員)• (元衆議院議員・元農水大臣)• (元衆議院議員)• (元衆議院議員)• (元)• (元衆議院議長,(旧及び旧)の創業者)• (元副総理)• (元農林水産大臣)• (元運輸大臣)• (元運輸大臣)• (元衆議院議員)• (元自治大臣)• (元衆議院副議長)• (元衆議院議員)• (元日本社会党代議士会会長)• (元衆議院議員)• (元衆議院議員)• (元衆議院議員)• (元衆議院議員)• (元参議院議員)• (元参議院議員)• (元経済産業大臣)• (元労働大臣・元衆議院議長)• (元レスリング選手・元参議院議員)• (元建設大臣・元農林大臣・元長官・元長距離走選手)• (大使)• (大使) 経済界 [ ]• (元社長)• (兼)• (元代表取締役社長、元会長)• (元代表取締役社長)• (小田急電鉄代表取締役社長)• (代表取締役社長、理事長)• (代表取締役会長)• (代表取締役社長)• (代表取締役副社長、代表取締役会長)• (元会長)• (元代表取締役社長)• (元代表取締役社長)• (元代表取締役社長)• (最高顧問、オーナー)• (元社長)• (元日本経済新聞社社長)• (元東京支社長)• (ほか)• (編集長)• (株式会社代表取締役社長)• (株式会社社長・会長ほか)• (株式会社取締役会長)• (取締役副会長、元審議委員)• (元取締役兼代表執行役社長)• (頭取、会長)• (代表取締役社長)• (元社長)• (元頭取)• (一般社団法人エリア・イノベーション・アライアンス代表理事ほか)• (アパホテル社長)• (代表取締役社長)、作家• 代表取締役• 代表取締役社長 学術界 [ ]• (、第8代早稲田大学総長)• (経済学者、第9代早稲田大学総長)• (、第17代早稲田大学総長、第23代会長)• (者)• (政治学者)• (、早稲田大学政治経済学部長)• (政治学者)• (政治学者)• (政治学者)• (政治学者)• (思想史家)• (政治学者)• (政治学者)• (政治学者)• (政治学者)• (政治学者)• (経済学者、副総裁)• (経済学者)• (者)• (者)• (経済学者)• (経済学者)• (経済学者)• (経済学者)• (者)• (元早大教授・政治学者)• (者)• (早大教授・現会長) その他(文化・芸能・スポーツ等) [ ]• (ジャーナリスト、ニュースキャスター)• (漫画原作者、作家)• (アナウンサー)• (アナウンサー)• (アナウンサー)• (アナウンサー)• (アナウンサー)• (アナウンサー)• (アナウンサー)• (アナウンサー)• (アナウンサー)• (NHKアナウンサー)• (報道局長)• (報道局解説委員長)• (元日本経済新聞社社長)• (の報道局専門部長)• (政治ジャーナリスト)• (ジャーナリスト)• (ジャーナリスト)• (ジャーナリスト)• (ジャーナリスト)• (、)• (、俳優)• (モデル)• (タレント、キャスター)• (元)• (ラッパー)• (バス歌手)• (元監督)• (元会長、元理事)• (登山家、冒険家、グランドスラム達成者)• (将棋棋士)• (女流棋士)• (小説家)• (ブロガー)• (作家)• (文筆家、タレント)• (作家)• (作家)• (歌人、編集者 )• (歌人、文芸評論家)• (評論家)• (推理作家)• (翻訳家)• (翻訳家、脚本家、ギタリスト)• (映画プロデューサー、小説家)• (小説家、コラムニスト、映画評論家 )• (翻訳家)• (翻訳家、随筆家、文芸評論家)• (評論家、翻訳家)• 浜崎潤之輔(大学・企業研修講師、書籍編集者)• (元ラグビー選手、元ラグビー日本代表監督)• (元バレーボール選手、バレーボール全日本男子元監督)• (元力士)• (初代会長)• (柔道家)• (元力士)• (柔道家)• 音楽プロデューサー• 俳優 脚注 [ ]• 早稲田大学 政治経済学部• Journalism School• 朝日新聞デジタル2018年6月7日• 高校生新聞オンライン2018. 早稲田大学. 2018年6月29日閲覧。 2018. 30 07:00dot. 早稲田大学政治経済学部• 早稲田大学 2014年9月19日• 早稲田大学 政治経済学部. 2018年4月14日閲覧。 早稲田大学. 2018年4月14日閲覧。 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• ウィキブックスに 関連の解説書・教科書があります。

次の

武蔵野大学

政治経済学部

政治経済学部とは ここでは、政治経済学部では何を学ぶのかに、ついてお伝えします。 一読して、ぜひ政治経済学部の理解を深めてください! 政治経済学部は、政治学や経済学を中心として社会科学を研究する学部です。 政治、経済、社会など、スケールが大きく難しく感じられますが、身近な話で考えてみると、 〈政治学系〉 ・人々がより幸せで満足のいく生活を送るためにはどのような政治が必要か ・政治家の言動が社会にどのような影響を与えるか ・政治家の言動に影響を与える社会の状況は何か 〈経済学系〉 ・国内や海外ではどのようにお金が回っているのか ・景気の変動 ・人々の消費行動 以上のような項目が挙げられます。 ニュースで見たことがある、社会科の授業で少し習ったことがあると感じる方は多いのではないでしょうか。 社会科の延長として考えても良いかもしれません。 このように政治と経済を融合して社会を研究するようになったルーツは、近世のヨーロッパだと言われています。 当時のヨーロッパでは国家が経済を支配していましたが、市民にも経済活動の自由を保障しよう、という動きがありました。 それゆえ、政治と経済は切り離せないものだという考えが生まれ、政治経済学が誕生したのです。 こういった背景から、政治と経済をセットにして学問を追求するのが政治経済学の基本です。 しかし、最近では片方のみを中心に扱う大学や学科が増えてきました。 かつての流れを汲むのか、あるいは政治学か経済学のどちらか一方を学ぶのか、大学選びの際には少し着目してみてください。 政治経済学部での4年間の過ごし方 政治経済学部に所属する学生は4年間をどのように過ごすのでしょうか?日本で初めて政治経済学部を新設した早稲田大学を例に見ていきましょう! 早稲田大学政治経済学部には、3つの学科(政治学科、経済学科、国際政治経済学科)があります。 学科は出願と同時に選択しなければならないので、よく考えた上で決めるようにしましょう。 1年では各学科の専門性を高めるための「基礎」に当たる部分を作ります。 2年以降はコア科目とよばれる専門性の高い講義でより高度な知識を身に着けます。 一方で、他の学部や学科の講義も取ることになっています。 例えば、早稲田大学政治経済学部経済学科では、政治学科の講義を4年間のうちに複数取る必要があります。 卒業までに単位を取得できれば問題ないので人によって時間割の組み方は異なりますが、卒業までにどんな講義をどのくらい取ればよいのか、他学部と比べてよりきちんと確認することが大切になりそうです。 ここでは早稲田大学政治経済学部を例にあげましたが、カリキュラムは大学ごとで違います。 受験校のHPやパンフレット等からの情報収集を忘れないようにしてくださいね。 政治経済学部の学問分野 政治経済学部の学問分野は、政治学と経済学の2つに大別されます。 この2つの分野を、ときには独立して、ときには関連させて勉強することになります。 扱う分野は他の多くの学部と比べて多いですが、ここではメジャーなものについて紹介します。 〈政治学的分野〉 政治学、政治法学、政治哲学、政治思想史、社会統制、政治学史、行政学、比較政治学、地方自治、政策科学、財政政策論、経済政策論など 〈経済学的分野〉 経済学、ミクロ経済学、マクロ経済学、経済史、経済理論、国際経済、金融論、国際投資論、開発経済学、公共経済学、産業経済学、環境経済学、ゲーム理論、計量経済学など 学問分野には登場しませんでしたが、アダム・スミスの富国論やマルクス経済学など、記憶の片隅に残っているような内容も扱うことがあります。 今までの勉強の延長線というのは少しはイメージできたのではないでしょうか。 他にも初めて目にする言葉もあると思うので、こんなものもあるんだ!と興味を広げてみてください。

次の