田宮陽子ブログ。 田宮 陽子 弟 死亡

[B!] 「夏至」「かに座新月」「日食」…強運へのターニングポイントを迎えたあなたへ。

田宮陽子ブログ

田宮陽子さんのブログについて 読んでいる方いますか? 他の方も質問されてたと思いますが、 クレームなどをねちねちネット上に書く、 人に感情的になる、暴言を吐くなどの言動をする人は、 「邪気」が憑いている、 その邪気を払うためには、笑顔と言葉でバリヤーを作る ピカピカしていたり明るく光があるところには邪気はいられないから 、もしくはそういった人達をちょっとよける、 などの方法があり、それらの方法をまとめて本にもされてますよね。 すごく疑問に思うことがいくつかありますが、 1つ目は、ブログには、質問をいただいてもお答えできませんし、読者さんの心の中での気付きのために書いています、とありますが、本当に疑問に思った時には、陽子さんに直接質問ができる、わかちあいの会に参加する以外の方法はないですよね。 そのように、集客に繋げているのでしょうか。 収益の為には大事なことですので、決してその方法が悪いというわけではありません。 単純に、疑問に思っただけです。 2つ目は、本当にお店などのミスで、お店に言うべきだと判断したことでも、お店にそれを伝えたりすることは、邪気が憑いている、と陽子さんは解釈されているのでしょうか。 言わなければいけない場合もあると思いますが、 ネガティブな気持ちではなく、伝えにいく、ということでしょうか。 3つ目は、本当の意味での引き寄せの法則ならば、素粒子物理学との深い関係もあります。 よく、ブログ内で「所謂見える人が言うには~」という言葉が出てきますが、では、陽子さんは誰に助言を求めているのか、全てのブログ記事を読んだわけではありませんので、昔からの読者さんで知っている方がいたら教えていただきたいです。 なぜなら、陽子さんは心の世界のことをみなさんに分かりやすく、とおっしゃっていますが、その記事のネタとなる元の方のお話のほうが聞きたいと思ったからです。 4つ目、斎藤一人さんなど、数々の著名人と関わりがある陽子さんてすが、斎藤一人さんの話は大変よく理解できます。 引き寄せの法則にしても、これだけのことをしていて悪いことは起こらないだろう…という感じに見えますが、陽子さんはネガティブな意見を言う方に対して、ご自身のグループではない方 要はネガティブなことを言う人 という言い方をされて、ご丁寧に指摘してくれることもありますがとおっしゃっていますが、陽子さん自身が完全に無視できない、指摘したいという気持ちの現れなのではないかと思いますが、読んだ方どう思われているのか気になりました。 また、こういった指摘を回避するために、私もまだ未熟なので、と言っているのでは、とも考えていまします。 なぜなら、その頻度が多いからです。 このように質問をすると、では読まなければ?という回答もありますが、読んで為になっていることが多いからこそ、疑問を解決したいのです。 また、私はプロのカウンセラーでもブロガーでも斎藤一人さんに関わっていることも一切ありません。 ただの会社員の読者ですので、陽子さんに不利益になることをしよう、という意図は一切ございません。 単純に上記の疑問を解決したいのです。 どなたかご回答いただけますか? そうですよね、 ただ、唯一ご本人に質問ができる「わかちあいの会」ですが、たくさんご参加されたい方がいる中、その為だけに参加するのもどうかとも思いますし、何回か参加しましたが、事前に受け付けていた質問を会場で陽子さんが読み上げてくれて、私の質問にも回答いただきましたが、抽象的で、では具体的に何をするのか、ということはブログと同じでご本人にお任せする、というスタンスなんですね。 それは当然なのですが、本気で陽子さんのおっしゃることを実践しているからこそ、もどかしい…。 本当であれば、対面でしっかりとお話しできることが理想ですね。 理由は、読者さんの中で同じような疑問を持つ方がいるので、その方のためにも自分が行動しなければと思います。 ブログ内で、陽子さんもよく人前に出ることの照れをなくして、今こそ人のお役に立てるよう立ち上がるとき!というようなことを書いています。 私には、その役目があると感じています。 私も田宮さんのブログをよく読んでます。 ん??と思うことやなるほどーと思うことがあります。 ん??と思う話しはあまり読まない様にして、自分の為になりそうな事だけを聞き入れるようにしてます。 田宮さんの事全ては理解はできませんが、あまり深く考えずに今の自分にぴったりなお話があって参考になりそうな事だけを聞き入れるだけでいいのではないかなと思っています。 クレームが悪いとは言ってるのでは無く、時には間違っている事や伝えなければいけない事は言った方がその人の為になると思いますよ…と私は解釈しています。 私は何年も前から田宮さんのブログを読んでますが、一時期ブログのコメント欄を解放してたくさん質問が来てた事を覚えています。 その時のコメントでちょっと悩むような質問がありそこからコメント欄を閉鎖したことを覚えています。 不特定多数の方からたくさんの質問が来ると答え切れない部分もあるんだとおもいます。 田宮さんは本当に素敵なかただと思います。 だけど田宮さんの話しがこうだったから絶対にこうが正しいって事はないと思いますよ。 たまには違う方の本も読む事もありですよ。 私は斎藤一人さん、永松茂久さん、柴村恵美子さんの本をよく読みますが堀江貴文さんの本もよく読みます。 田宮陽子さんとまた違った感じで面白いですよ。

次の

田宮陽子のブログが大人気! 病気を乗り越えて現在も活躍中

田宮陽子ブログ

田宮陽子さんのブログについて 読んでいる方いますか? 他の方も質問されてたと思いますが、 クレームなどをねちねちネット上に書く、 人に感情的になる、暴言を吐くなどの言動をする人は、 「邪気」が憑いている、 その邪気を払うためには、笑顔と言葉でバリヤーを作る ピカピカしていたり明るく光があるところには邪気はいられないから 、もしくはそういった人達をちょっとよける、 などの方法があり、それらの方法をまとめて本にもされてますよね。 すごく疑問に思うことがいくつかありますが、 1つ目は、ブログには、質問をいただいてもお答えできませんし、読者さんの心の中での気付きのために書いています、とありますが、本当に疑問に思った時には、陽子さんに直接質問ができる、わかちあいの会に参加する以外の方法はないですよね。 そのように、集客に繋げているのでしょうか。 収益の為には大事なことですので、決してその方法が悪いというわけではありません。 単純に、疑問に思っただけです。 2つ目は、本当にお店などのミスで、お店に言うべきだと判断したことでも、お店にそれを伝えたりすることは、邪気が憑いている、と陽子さんは解釈されているのでしょうか。 言わなければいけない場合もあると思いますが、 ネガティブな気持ちではなく、伝えにいく、ということでしょうか。 3つ目は、本当の意味での引き寄せの法則ならば、素粒子物理学との深い関係もあります。 よく、ブログ内で「所謂見える人が言うには~」という言葉が出てきますが、では、陽子さんは誰に助言を求めているのか、全てのブログ記事を読んだわけではありませんので、昔からの読者さんで知っている方がいたら教えていただきたいです。 なぜなら、陽子さんは心の世界のことをみなさんに分かりやすく、とおっしゃっていますが、その記事のネタとなる元の方のお話のほうが聞きたいと思ったからです。 4つ目、斎藤一人さんなど、数々の著名人と関わりがある陽子さんてすが、斎藤一人さんの話は大変よく理解できます。 引き寄せの法則にしても、これだけのことをしていて悪いことは起こらないだろう…という感じに見えますが、陽子さんはネガティブな意見を言う方に対して、ご自身のグループではない方 要はネガティブなことを言う人 という言い方をされて、ご丁寧に指摘してくれることもありますがとおっしゃっていますが、陽子さん自身が完全に無視できない、指摘したいという気持ちの現れなのではないかと思いますが、読んだ方どう思われているのか気になりました。 また、こういった指摘を回避するために、私もまだ未熟なので、と言っているのでは、とも考えていまします。 なぜなら、その頻度が多いからです。 このように質問をすると、では読まなければ?という回答もありますが、読んで為になっていることが多いからこそ、疑問を解決したいのです。 また、私はプロのカウンセラーでもブロガーでも斎藤一人さんに関わっていることも一切ありません。 ただの会社員の読者ですので、陽子さんに不利益になることをしよう、という意図は一切ございません。 単純に上記の疑問を解決したいのです。 どなたかご回答いただけますか? そうですよね、 ただ、唯一ご本人に質問ができる「わかちあいの会」ですが、たくさんご参加されたい方がいる中、その為だけに参加するのもどうかとも思いますし、何回か参加しましたが、事前に受け付けていた質問を会場で陽子さんが読み上げてくれて、私の質問にも回答いただきましたが、抽象的で、では具体的に何をするのか、ということはブログと同じでご本人にお任せする、というスタンスなんですね。 それは当然なのですが、本気で陽子さんのおっしゃることを実践しているからこそ、もどかしい…。 本当であれば、対面でしっかりとお話しできることが理想ですね。 理由は、読者さんの中で同じような疑問を持つ方がいるので、その方のためにも自分が行動しなければと思います。 ブログ内で、陽子さんもよく人前に出ることの照れをなくして、今こそ人のお役に立てるよう立ち上がるとき!というようなことを書いています。 私には、その役目があると感じています。 私も田宮さんのブログをよく読んでます。 ん??と思うことやなるほどーと思うことがあります。 ん??と思う話しはあまり読まない様にして、自分の為になりそうな事だけを聞き入れるようにしてます。 田宮さんの事全ては理解はできませんが、あまり深く考えずに今の自分にぴったりなお話があって参考になりそうな事だけを聞き入れるだけでいいのではないかなと思っています。 クレームが悪いとは言ってるのでは無く、時には間違っている事や伝えなければいけない事は言った方がその人の為になると思いますよ…と私は解釈しています。 私は何年も前から田宮さんのブログを読んでますが、一時期ブログのコメント欄を解放してたくさん質問が来てた事を覚えています。 その時のコメントでちょっと悩むような質問がありそこからコメント欄を閉鎖したことを覚えています。 不特定多数の方からたくさんの質問が来ると答え切れない部分もあるんだとおもいます。 田宮さんは本当に素敵なかただと思います。 だけど田宮さんの話しがこうだったから絶対にこうが正しいって事はないと思いますよ。 たまには違う方の本も読む事もありですよ。 私は斎藤一人さん、永松茂久さん、柴村恵美子さんの本をよく読みますが堀江貴文さんの本もよく読みます。 田宮陽子さんとまた違った感じで面白いですよ。

次の

田宮陽子『わかちあいの会オンラインルーム』PHPエディターズグループプロデュース!

田宮陽子ブログ

田宮陽子さんのブログについて 読んでいる方いますか? 他の方も質問されてたと思いますが、 クレームなどをねちねちネット上に書く、 人に感情的になる、暴言を吐くなどの言動をする人は、 「邪気」が憑いている、 その邪気を払うためには、笑顔と言葉でバリヤーを作る ピカピカしていたり明るく光があるところには邪気はいられないから 、もしくはそういった人達をちょっとよける、 などの方法があり、それらの方法をまとめて本にもされてますよね。 すごく疑問に思うことがいくつかありますが、 1つ目は、ブログには、質問をいただいてもお答えできませんし、読者さんの心の中での気付きのために書いています、とありますが、本当に疑問に思った時には、陽子さんに直接質問ができる、わかちあいの会に参加する以外の方法はないですよね。 そのように、集客に繋げているのでしょうか。 収益の為には大事なことですので、決してその方法が悪いというわけではありません。 単純に、疑問に思っただけです。 2つ目は、本当にお店などのミスで、お店に言うべきだと判断したことでも、お店にそれを伝えたりすることは、邪気が憑いている、と陽子さんは解釈されているのでしょうか。 言わなければいけない場合もあると思いますが、 ネガティブな気持ちではなく、伝えにいく、ということでしょうか。 3つ目は、本当の意味での引き寄せの法則ならば、素粒子物理学との深い関係もあります。 よく、ブログ内で「所謂見える人が言うには~」という言葉が出てきますが、では、陽子さんは誰に助言を求めているのか、全てのブログ記事を読んだわけではありませんので、昔からの読者さんで知っている方がいたら教えていただきたいです。 なぜなら、陽子さんは心の世界のことをみなさんに分かりやすく、とおっしゃっていますが、その記事のネタとなる元の方のお話のほうが聞きたいと思ったからです。 4つ目、斎藤一人さんなど、数々の著名人と関わりがある陽子さんてすが、斎藤一人さんの話は大変よく理解できます。 引き寄せの法則にしても、これだけのことをしていて悪いことは起こらないだろう…という感じに見えますが、陽子さんはネガティブな意見を言う方に対して、ご自身のグループではない方 要はネガティブなことを言う人 という言い方をされて、ご丁寧に指摘してくれることもありますがとおっしゃっていますが、陽子さん自身が完全に無視できない、指摘したいという気持ちの現れなのではないかと思いますが、読んだ方どう思われているのか気になりました。 また、こういった指摘を回避するために、私もまだ未熟なので、と言っているのでは、とも考えていまします。 なぜなら、その頻度が多いからです。 このように質問をすると、では読まなければ?という回答もありますが、読んで為になっていることが多いからこそ、疑問を解決したいのです。 また、私はプロのカウンセラーでもブロガーでも斎藤一人さんに関わっていることも一切ありません。 ただの会社員の読者ですので、陽子さんに不利益になることをしよう、という意図は一切ございません。 単純に上記の疑問を解決したいのです。 どなたかご回答いただけますか? そうですよね、 ただ、唯一ご本人に質問ができる「わかちあいの会」ですが、たくさんご参加されたい方がいる中、その為だけに参加するのもどうかとも思いますし、何回か参加しましたが、事前に受け付けていた質問を会場で陽子さんが読み上げてくれて、私の質問にも回答いただきましたが、抽象的で、では具体的に何をするのか、ということはブログと同じでご本人にお任せする、というスタンスなんですね。 それは当然なのですが、本気で陽子さんのおっしゃることを実践しているからこそ、もどかしい…。 本当であれば、対面でしっかりとお話しできることが理想ですね。 理由は、読者さんの中で同じような疑問を持つ方がいるので、その方のためにも自分が行動しなければと思います。 ブログ内で、陽子さんもよく人前に出ることの照れをなくして、今こそ人のお役に立てるよう立ち上がるとき!というようなことを書いています。 私には、その役目があると感じています。 私も田宮さんのブログをよく読んでます。 ん??と思うことやなるほどーと思うことがあります。 ん??と思う話しはあまり読まない様にして、自分の為になりそうな事だけを聞き入れるようにしてます。 田宮さんの事全ては理解はできませんが、あまり深く考えずに今の自分にぴったりなお話があって参考になりそうな事だけを聞き入れるだけでいいのではないかなと思っています。 クレームが悪いとは言ってるのでは無く、時には間違っている事や伝えなければいけない事は言った方がその人の為になると思いますよ…と私は解釈しています。 私は何年も前から田宮さんのブログを読んでますが、一時期ブログのコメント欄を解放してたくさん質問が来てた事を覚えています。 その時のコメントでちょっと悩むような質問がありそこからコメント欄を閉鎖したことを覚えています。 不特定多数の方からたくさんの質問が来ると答え切れない部分もあるんだとおもいます。 田宮さんは本当に素敵なかただと思います。 だけど田宮さんの話しがこうだったから絶対にこうが正しいって事はないと思いますよ。 たまには違う方の本も読む事もありですよ。 私は斎藤一人さん、永松茂久さん、柴村恵美子さんの本をよく読みますが堀江貴文さんの本もよく読みます。 田宮陽子さんとまた違った感じで面白いですよ。

次の