ダウ 先物 取引。 取引時間(先物・オプション取引)|先物・オプション取引 |商品・サービス|株のことならネット証券会社【auカブコム】

2.先物取引の取引単位・限月

ダウ 先物 取引

ダウ・ジョーンズ工業株平均先物取引(以下「NYダウ先物」)は、米国の大手有名企業30銘柄で構成される修正平均型の株価指数である、ダウ・ジョーンズ工業株平均株価(Dow Jones Industrial Average SM、以下「NYダウ」)を対象とした先物取引で、満期時点のNYダウの数値で差金決済されます。 NYダウは、1896年5月26日に算出開始された世界でも最も歴史が長い株価指数の一つで、新聞やテレビのニュースでも真っ先にとり上げられるほどメディアにおける露出も高いことから、個人投資家にも馴染み深い投資対象と言えます。 また、NYダウの構成銘柄には世界的に有名な企業が多数含まれています。 構成銘柄は株価平均委員会(Averages Committee)によって必要に応じて見直され、輸送と公共事業以外の業種の銘柄のうち、企業の評判が高く、成長が持続的で、多くの投資家が高い関心を示す銘柄が主として選定されます。 NYダウの詳細は、のサイトをご覧ください。 NYダウを対象とした先物取引は、NYダウ先物の他にも海外の複数の市場で取引されています。 特に、The Board of Trade of the City of Chicago, Inc. CBOT にて取引されているCBOT Dow Jones Industrial Average Index Futures等(以下「CBOT NYダウ先物」)は取引が活発に行われているため、NYダウとあわせて、その取引価格はNYダウ先物を取引する際の参考として利用されることが考えられます。 この点につきまして、NYダウ先物は、米ドルを基準として算出されているNYダウに対して円建てで決済する取引であることに留意する必要があります。 「NYダウとNYダウ先物の価格の関係」は、理論的には「日経平均株価と日経225先物の価格との関係」や「NYダウとCBOT NYダウ先物価格との関係」とは少し異なり、NYダウのボラティリティやドル円レートのボラティリティ及びNYダウとドル円レートの変動の相関も考慮されます。 NYダウ先物の価格はあくまで市場の需給によって決まるものですが、理論的にはCBOT NYダウ先物と必ずしも同じ価格にはならないことにご留意ください。

次の

取引時間(先物・オプション取引)|先物・オプション取引 |商品・サービス|株のことならネット証券会社【auカブコム】

ダウ 先物 取引

海外先物口座の開設方法からマーケットスピードで注文するまでの操作ガイドをダウンロードできます。 取扱銘柄の取引時間や呼値、倍率、手数料などをまとめた海外先物取引取扱銘柄の一覧表はこちら。 またエネルギーに関連では、代表的な原油先物「Light Sweet Crude Oil WTI 」などNYMEXに上場する先物を4銘柄(Energy)を取扱うほか、COMEXに上場する金や銀などの工業品(Metals)に関する先物を7銘柄、CBOTに上場するとうもろこしや大豆などの農産物に連動する先物(Agriculture)を6銘柄を加え、合計31銘柄を取扱っております。 世界に上場する日経225先物を全てカバー すでに取り扱っている大阪取引所に上場する「日経225」に加え、CMEに上場する「Nikkei225(ドル・円)」の2銘柄、およびSGXに上場する「SGX Nikkei 225 Index Futures」「Mini SGX Nikkei 225 Index」「SGX USD Nikkei 225 Index」の3銘柄をカバーするため、弊社は日経225に連動する世界の先物取引を全て取扱う国内唯一の証券会社となります。 現地通貨で直接の取引が可能になります 海外先物取引は米国株式と同様に米ドルでの取引が可能です(一部円建て商品を除く)。 そのため、取引時の為替リスクを考慮することなく取引ができます。 また、本サービスの開始に先がけて夜間為替取引サービスを開始いたします。 16時から翌6時(夏時間は5時)の時間帯であれば、取引したいタイミングに直ちに為替取引を行い、取引商品の投資資金にすることが可能です。 マーケットスピードで、24時間リアルタイムでの取引が可能に 海外先物取引口座を開設なさったお客様には、弊社トレーディング・ツール「マーケットスピード Ver13. 0」で、各銘柄の価格をリアルタイムでご覧になれます(リアルタイム配信は申込が必要です。 申込のないお客様や口座未開設の方は10分ディレイで表示)。 「マーケットスピード」の特長の一つである テクニカルチャートやコモディティに関するニュース配信もリアルタイムで提供し、板やチャート上からのクイック注文にも対応いたします。 (表記は、全て1枚あたり。 米セント未満切捨) 日本語対応 お客様が海外先物を取引なさる際の取引説明書や取引画面をすべて日本語表記に統一し、お客様がお取引や操作がしやすい環境を実現いたしました。 証拠金情報画面では国内先物取引と同様に、受入証拠金率や当社証拠金所要額などをご覧いただけます。 海外先物取引のリスクと費用について 海外先物取引にかかるリスク 海外先物取引の価格は対象となっている株価指数や商品等の価格の変動、または金利、通貨、経済指標、政治情勢の変化等、さまざまな要因により上下するため、これにより損失が生じるおそれがあります。 とくに海外商品先物取引は、それぞれの商品(コモディティ)に特有なファンダメンタルズ(経済の基礎的要因)の影響を受ける等のリスクがあります。 また、海外先物取引は差し入れた委託証拠金を上回る金額の取引をおこなうことができるため、大きな損失が発生する可能性があります。 その損失額は差し入れた委託証拠金を上回るおそれがあります。 市場環境が急激に変動する場合には、ロスカット価格がロスカットルール適用時の価格から大きく乖離して約定することがあり、その結果、損失額が委託証拠金の額を上回る可能性があります。 海外先物取引にかかる費用 1枚あたり以下の取引手数料がかかります。 銘柄名 取引手数料(米セント未満切捨て) 株価指数(Equity Index) 米ドル建 4. 50米ドル(4. 95米ドル)/枚、円建 ラージタイプ 400円(440円)/枚、円建 ミニタイプ(SGX) 200円(220円)/枚、円建 ミニタイプ(CME) 300円(330円)/枚 エネルギー(Energy)、金属(Metals)、農産物(Agriculture) 米ドル建 ラージタイプ 6. 00米ドル(6. 60米ドル)/枚、米ドル建 ミニタイプ 4. 50米ドル(4. 95米ドル)/枚、米ドル建 マイクロタイプ 2. 50米ドル(2. 75米ドル)/枚 委託証拠金等について 海外先物取引をおこなうには委託証拠金の差し入れが必要です。 必要委託証拠金は各外国金融商品取引所または各外国商品取引所が発表するイニシャル証拠金(発注時証拠金)、メンテナンス証拠金(維持証拠金)およびSPAN(シカゴマーカンタイル取引所が開発した証拠金計算方法)をもとに当社が定めます。 詳しくは取引説明書等をご確認ください。

次の

【取引停止】NYダウ先物、サーキットブレーカー発動で取引停止

ダウ 先物 取引

ダウ・ジョーンズ工業株平均先物取引(以下「NYダウ先物」)は、米国の大手有名企業30銘柄で構成される修正平均型の株価指数である、ダウ・ジョーンズ工業株平均株価(Dow Jones Industrial Average SM、以下「NYダウ」)を対象とした先物取引で、満期時点のNYダウの数値で差金決済されます。 NYダウは、1896年5月26日に算出開始された世界でも最も歴史が長い株価指数の一つで、新聞やテレビのニュースでも真っ先にとり上げられるほどメディアにおける露出も高いことから、個人投資家にも馴染み深い投資対象と言えます。 また、NYダウの構成銘柄には世界的に有名な企業が多数含まれています。 構成銘柄は株価平均委員会(Averages Committee)によって必要に応じて見直され、輸送と公共事業以外の業種の銘柄のうち、企業の評判が高く、成長が持続的で、多くの投資家が高い関心を示す銘柄が主として選定されます。 NYダウの詳細は、のサイトをご覧ください。 NYダウを対象とした先物取引は、NYダウ先物の他にも海外の複数の市場で取引されています。 特に、The Board of Trade of the City of Chicago, Inc. CBOT にて取引されているCBOT Dow Jones Industrial Average Index Futures等(以下「CBOT NYダウ先物」)は取引が活発に行われているため、NYダウとあわせて、その取引価格はNYダウ先物を取引する際の参考として利用されることが考えられます。 この点につきまして、NYダウ先物は、米ドルを基準として算出されているNYダウに対して円建てで決済する取引であることに留意する必要があります。 「NYダウとNYダウ先物の価格の関係」は、理論的には「日経平均株価と日経225先物の価格との関係」や「NYダウとCBOT NYダウ先物価格との関係」とは少し異なり、NYダウのボラティリティやドル円レートのボラティリティ及びNYダウとドル円レートの変動の相関も考慮されます。 NYダウ先物の価格はあくまで市場の需給によって決まるものですが、理論的にはCBOT NYダウ先物と必ずしも同じ価格にはならないことにご留意ください。

次の