よだれつわり 原因。 よだれつわり、どうしたらいい??|くるみ助産院*沖縄

妊娠中の“よだれつわり(唾液過多)”の原因と対策

よだれつわり 原因

よだれつわり対策 先輩ママが実践した具体的なよだれつわり対策を紹介します。 ・ペットボトルや水筒を持ち歩く。 ・ビニール袋に新聞紙。 ・小さいハンカチを持つ。 ・タオルを加えて寝る。 ・医療用の滅菌ガーゼを噛む。 ・ぬるいポカリを飲む。 ・飴やタブレットを食べる。 みなさん、こんな対策をしてよだれつわりを乗り越えたようです。 口の中に唾液が溜まったら、ペットボトルの中に吐き出すようにします。 これなら、外から見ると飲んでいるように見えるのでいいです。 小さい水筒などでもいいですね。 缶ボトルなら中身も見えないのでいいかもしれません。 ビニール袋に新聞紙やティッシュを入れて、溜まったらこの中に吐くようにします。 こちらは中身が見えるので、家の中で使用するほうがいいと思います。 この袋の利点は、そのまま捨てられることで後処理が簡単です。 唾液は、寝ている間も出ています。 寝ているときはタオルを口にくわえたまま寝ると言う方法です。 しかし、喉に引っかける危険性があるためおすすめできません。 上のビニール袋かタオルを枕元において、それに吐き出すほうが安全です。 これも、タオルと同じで寝るときに口の中に入れます。 これも、同じように危険性があるので止めたほうが無難です。 ティッシュを噛む人もいますが、ティッシュには薬品が含まれていることがあるため噛まないほうが安全です。 冷えていない温いポカリなどスポーツ飲料を少しずつ飲む方法です。 スポーツ飲料は少し酸味があるので、つばを飲み込みやすいようです。 この方法は、産婦人科医の医師から聞いた方法です。 飴やフリスク、ミンティアなどのタブレットを食べる方法です。 これも、つばを飲み込みやすいので実践している人が多いです。 一時的に唾液が減るので楽になります。 どの対策法が自分に合っているか分からないので、いいなと思う方法を試してみてください。 この他、つわり全般の話題はでまとめました。 参考にどうぞ。 では、妊娠したい人や妊娠初期の人に向けた情報がたくさんあります。 読んでみてください。 カテゴリー: 作成者:.

次の

よだれつわりはいつまで続く?原因は?唾液過多の対策を場面別に紹介!

よだれつわり 原因

【ママからのご相談】 今月で妊娠7か月目になります。 つわりも終わってやっと生まれてくる子どものために、育児用品を準備したり手作りのものを作ったりしようと思っていた矢先に、よだれつわりになりました。 嘔吐するのもつらいですが、同じくらいよだれつわりがつらくて困っています。 対処法はないのでしょうか。 よだれつわりの原因と対処法をご紹介します。 ご相談ありがとうございます。 ママライターのマフィーです。 よだれつわりは私も経験しておりまして、そのつらさはとてもよくわかります。 そして、本人のつらさとは裏腹に、周りからはなかなか理解してもらえないのも、よだれつわりの苦しいところですよね。 吐きつわりや食べつわりなどと違い、知名度の低さも、さらにつらさに追い打ちをかけているように思います。 よだれつわりとは何か ご存知のない方のために、少しだけよだれつわりのご紹介を。 症状はその言葉通り、「よだれが出る」というものです。 もちろん誰だってよだれは出ますし、日常的すぎる現象ではありますよね。 ただ、よだれつわりの場合は、出る唾液の量が通常とは比べ物にならないくらい多いのです。 四六時中、唾液が口の中にたまるので、人前では飲み込むしか方法はありません。 その唾液を飲み込むことにより、本当に気持ちが悪くなるんですね。 こればかりは経験してみないと分からない部分もありますが、常に口の中に、自分の大嫌いな食べ物が入っているイメージが、一番近いかもしれません。 対処法は このよだれの原因は、体の中の水分の代謝が悪化し、水の巡りが悪くなることであるという説があります。 その結果、体内にたまるものを水毒と呼ぶようですが、この水毒を体外に出そうとする働きがよだれつわりである、と述べられています。 つまり、よだれ以外の方法で水毒を外にだすことができれば、よだれつわりの症状は改善できる可能性があるということですよね。 プレママサポートはりきゅう治療院で提示されているよだれつわりの対処法は、 ・1……発汗による排出 ・2……嘔吐による排出 ・3……大便による排毒 ・4……尿による排毒 の4つです。 無理をしない範囲で もちろん妊娠中ですので、できることとできないことがありますし、無理をして胎児に影響が出てしまっては大変です。 ただ、症状を緩和できるかもしれない方法を知るだけで、少しは気持ちが楽になるのではないでしょうか。 通われている病院の助産師さんなどにも聞きながら、取り組みやすいことから始めてみるといいかもしれません。

次の

唾液つわり・よだれつわり 唾液過多症の症状をプレママ鍼灸で軽減 大阪のプレママサポート治療院

よだれつわり 原因

もくじ• つわりは個人差はありますが、基本的には妊娠6週頃からはじまり、16週ほどまでにでる症状のことをさします。 その症状としては、食欲不振、吐き気、嘔吐、唾液分泌亢進、頭痛や眠気、全身のだるさなど人により様々な症状が現れます。 その中で よだれつわりと呼ばれる症状があります。 よだれつわりは 唾液の分泌量が異常に増えることで、 唾液過多症とも呼ばれます。 つねに唾液がだらだらと分泌するので、非常に不快な症状のひとつです。 食事中に唾液が異常にでる場合もあれば、寝ているときにも絶え間なくでてくる、また出続ける唾液を飲み込もうとして嘔気を引き起こしたり、唾液の性状が粘性に変わり不快感を引き起こすなど、その症状はさまざまです。 一般的なつわりは16週ほどで治まるといわれていますが、よだれつわりは妊娠後期まで続く妊婦も多いです。 よだれつわりの原因 よだれつわりの原因は、はっきりとは解明されていません。 しかし、妊娠中は消化器官の働きが弱まるので、水分の代謝機能が悪くなることや、妊娠中にストレスホルモンのコルチゾールの分泌が増加して、唾液の分泌異常を引き起こしていることが原因ではないか、と言われています。 よだれつわりの対処法 よだれつわりへの対処法はいくつかあります。 ティッシュやペットボトルを持ち歩く 横になっているときは、ティッシュなどを置いて、できるだけ唾液を出せるように準備しておきます。 外出時には、空のペットボトルを持ち歩き、いつでも唾液を吐きだせるようにしておきます。 また唾液を飲み込むのが辛い時は、飴やガムなどで飲み込みやすくする方法もあります。 糖分を摂りすぎないように気を付ける必要はあります。 体を冷やさない 体内の水分の代謝を促すために、身体を冷やさないようにします。 お風呂にゆっくりとつかり、ウォーキングをして汗をかいたり、冷たい飲み物より、温かいものを飲むようにしていきます。 そうすると代謝も上がり、上手に水分の排出を促していきます。 ビタミンB6を摂取する またビタミンB6を摂取することで、つわりの症状を軽減させることができると言われています。 そのため、ビタミンB6を積極的にとることで、よだれつわりも軽くすることが期待できます。 ビタミンB6はバナナ、サツマイモ、玄米などに含まれているので、積極的に取り入れていきたい食物です。 できるだけサプリメントなどより、食物より摂取することが望ましいです。 主治医に相談する 産婦人科のかかりつけ医に相談すると、よだれつわりを楽にする漢方を処方してもらえることもあるので、ひどい場合は一度相談してみるのもいいです。 脱水に注意する そして唾液が増えることで、身体から水分が出て脱水になる傾向にあります。 妊娠中はとくに脱水に注意しなければならないので、意識してこまめに水分摂取をしていきましょう。 まとめ よだれつわりは、不快なつわり症状の一種です。 自分にできる範囲の工夫をしながら、上手に切っていきましょう。

次の