洗濯 機 風邪 乾燥 と は。 クラウド上のAIと連携し、洗濯後の仕上がりを評価すると次回の洗い方が成長!シャープの最新プラズマクラスター洗濯乾燥機|@DIME アットダイム

洗濯物を部屋干し!衣類乾燥機と除湿機、扇風機はどれが早いか比較

洗濯 機 風邪 乾燥 と は

浴室乾燥機とは、浴室についている乾燥機で、乾燥のほかに換気、暖房、冷風など、さまざまな機能があります。 冬は浴室内を暖めることができ、夏は涼しくすることができるため、入浴時に快適に過ごすことが可能です。 浴室内を乾燥させられるだけでなく、洗濯物を干すことができます。 浴室内で洗濯物を干せば、衣類がしわになるのを防ぐことも可能です。 洗濯物を乾かすには洗濯乾燥機を利用する方法もありますが、しわになりやすかったり衣類が縮んだりすることがあります。 さらに、衣類の種類によっては洗濯乾燥機で洗うことが難しい場合も少なくありません。 浴室乾燥機があれば、雨が続くときや花粉症の家族がいる場合でも洗濯物を干すことができ、部屋干しの臭いや生乾きの臭いなどもしにくいです。 浴室乾燥機のデメリット 浴室乾燥機があれば確かに便利ですが、メリットばかりではありません。 ここでは、浴室乾燥機のデメリットを紹介します。 フィルター掃除が面倒 浴室乾燥機にはフィルターが付いており、フィルターにはホコリが溜まりやすいです。 フィルターのホコリをそのままにしていると、十分にパワーを発揮することができないだけでなく、健康にもあまり良くありません。 そのため、定期的にフィルター掃除をしてホコリを取り除くことが必要です。 忙しい人は、フィルター掃除の手間を面倒だと感じる人も少なくないでしょう。 干すのが手間 浴室乾燥機の場合は、洗濯物を浴室内に干す作業が必要となります。 洗濯乾燥機を使えば、洗濯物を洗濯機に入れるだけで乾燥まで行ってくれるので、干す手間を省くことが可能です。 洗濯乾燥機には乾きムラがあったり生地が傷んだりしがちだったりとデメリットもありますが、手間の少なさという面に限ると、浴室乾燥機よりも優れています。 干すスペースに限りがある 浴室で洗濯物を干せるスペースは、一般的には浴槽の真上の部分になるため、外やベランダに洗濯物を干すときと比べて、あまり広いスペースとは言えません。 1~2人世帯であれば、洗濯物を干すことは可能ですが、家族が多い場合や洗濯物がたくさん出る家庭の場合は、1度にすべての洗濯物を干すことが難しいケースもあります。 1度にすべての洗濯物が干せなければ2度に分けて干す必要があるため、手間も時間も余分にかかってしまうでしょう。 お風呂に入りたいときに入れない 一人暮らしの場合は、洗濯乾燥機を利用して洗濯物を乾かす時間を調整することが可能です。 しかし、家族と同居している場合は、自分がお風呂に入りたいタイミングで洗濯物の乾燥のために浴室が使われていると、お風呂に入れないことが起こり得ます。 光熱費がかかる 浴室乾燥機の機種やメーカーなどによって差はあるものの、電気代は1時間あたり約30~50円といわれています。 洗濯物を乾かすのに浴室乾燥機を1回4時間使ったとして計算すると、電気代は1回あたり約120~200円となります。 一方、洗濯乾燥機を使う場合は2~3時間程度で洗濯物を乾かすことが可能です。 縦型洗濯乾燥機を使って洗濯物を乾かした場合は電気代は約90円、ドラム式洗濯機を使うと約50円となります。 電気代の面でみれば、浴室乾燥機よりも洗濯乾燥機のほうが光熱費はかかりません。 浴室乾燥機が向いている人はどんな人? 浴室乾燥機にはメリットもデメリットもあることを踏まえたうえで、浴室乾燥機が向いているのはどんな人なのかを検証します。 洗濯物を外に干したくない人 花粉や黄砂、PM2. 5などが洗濯物に付くことが気になり、外に洗濯物を干したくないと考える人は少なくないでしょう。 また、洗濯物を外に干すには、毎日物干し竿やベランダの手すりを掃除することが必要です。 その掃除が手間だと感じる人や、忙しくて掃除をしている時間が取れない人もいます。 柔軟剤でせっかく良い香りを洗濯物につけても、外に干すことによって香りが飛んでしまうのが嫌な人もいるでしょう。 また、ベランダが狭くて洗濯物を干すことが難しい人もいます。 このような理由により外に洗濯物を干したくない人は、浴室乾燥機があれば便利です。 洗濯物のしわや臭いが気になる人 洗濯物を部屋乾しすると、生乾きの嫌な臭いが洗濯物に付くことが少なからずあります。 また、洗濯乾燥機で洗濯をすると、洗濯物がシワになりやすいです。 こうしたことが気になる人は、浴室乾燥機を使えば悩みを解消できます。 天気に関わらず洗濯をしたい人 仕事が忙しい人や小さい子どもがいる人は、晴れていて洗濯日和の日だけに洗濯をすることが難しい場合も少なからずあります。 天気が良くても悪くても関係なく、自分の都合に合わせて洗濯をして洗濯物を乾かしたい人にも洗濯乾燥機は向いていると言えるでしょう。 また、家の敷地に余裕があれば、サンルームやガーデンルームを設置することで、天気の良し悪しにかかわらず洗濯物を干すこともできます。 腰が悪い人 濡れた洗濯物は意外と重さがあるため、腰が悪い人にとっては、洗濯物を持って洗濯機とバルコニーやベランダに運ぶのが大変な場合もあります。 浴室と洗濯機の位置関係が近ければ、濡れた洗濯物を運ぶ負担を減らすことが可能です。 ただし、洗濯機が外にあるなど浴室と洗濯機の位置関係が遠ければ、この条件は当てはまりません。 浴室のカビに悩んでいる人 浴室が日陰になる場所にある・窓がなくて換気を行うことができない・忙しくてなかなか掃除をすることができないなど、浴室が乾きにくいケースも少なくありません。 湿気が残った状態が続くと浴室にカビが生えやすくなってしまうため、カビを生えにくくしたいと考えている人にも浴室乾燥機は有効です。 浴室乾燥機を使って換気や乾燥を上手に行うことにより、お風呂にカビが生えるのを防止できます。 浴室乾燥機を賢く使うための方法は? 浴室乾燥機を賢く使うために、メリットを活かしてデメリットを少なくするようにすることがポイントとなります。 換気・乾燥モードを使い分ける 浴室乾燥機についている換気と乾燥モードでは、かかる光熱費は大きく異なります。 浴室乾燥機がガスと電気の場合を比較すると、機種によって異なるものの、ガスは約1時間半で浴室内の乾燥が終わるのに対して電気は約6時間です。 光熱費はガスが1日あたり約74円、電気が約230円になります。 一方、換気の場合は1日8時間「強」のモードで回したとして、ガスの場合は1日あたりの光熱費が約3円、電気の場合は1日あたりの光熱費が約8円です。 光熱費としては換気のほうが乾燥よりも安いですが、カビの防止効果は換気よりも乾燥のほうが高いと言えます。 そのため、最初は換気モードで水分を半分くらい飛ばしたあとで乾燥モードに変えて完全に乾かすと、光熱費を節約しつつ浴室内を年中カビの生えにくい状態に保つことが可能です。 こまめにフィルターを掃除する 送風口の近くが最も洗濯物が乾きやすい場所なので、厚手のものなど乾きにくいものを送風口近くに置く工夫をすると良いでしょう。 また、洗濯物を大量に干すと隙間がなくなるため、空気の流れができにくく、なかなか乾きません。 そのため、1度に大量に干すのをやめて適度な隙間を空けて洗濯物を干すようにしましょう。 浴室に扇風機を置いて洗濯物に風を当てることにより、効率良く洗濯物を乾かすことができます。 天気や洗濯物の種類に応じて使い分ける 洗濯物を外に干すのが嫌でなければ、天候や状況に応じて浴室乾燥機と外干しを使い分けるようにすると良いでしょう。 天気が良く洗濯日和の日は外干しにし、梅雨時や花粉が多く飛ぶ時期は室内干しにするなど、対応を変えるだけで、光熱費の節約になります。 忙しい人や天気の状況を見て洗濯物を干す時間を選ぶことが難しい人の場合は、サンルームやガーデンルームを設置すれば、好きなタイミングで洗濯物を干すことができます。 サンルームやガーデンルームがあれば、急に雨が降ったときも慌てて洗濯物を取り込む必要はありません。 ライフスタイルに合わせて浴室乾燥機の導入を検討しよう 浴室乾燥機にはメリットだけでなくデメリットもあります。 バルコニーが広く洗濯物を干すスペースが十分にある人や洗濯乾燥機を持っている人なら、浴室乾燥機は必ずしも必要ありません。 一方、洗濯物を外に干せない、部屋干ししたときの生乾きの臭いが気になるなどの悩みがある人は、浴室乾燥機の設置を検討してみると良いでしょう。

次の

ミニマリストこそドラム式洗濯乾燥機を買うべき。手間は「いらない」

洗濯 機 風邪 乾燥 と は

洗濯乾燥機を選ぶ際には、乾燥機能のお手入れのしやすさで選ぶのがおすすめです。 他のメーカーの製品に比べて、お手入れが楽なところがポイントです。 また、一度スイッチを押すだけで洗濯と乾燥が一気にできる、自動お手入れ機能がついているなど、機能も十分に備わっているので、総合的に見て平均点の高い洗濯乾燥機です。 買ってから後悔することがないよう、洗濯乾燥機を選ぶ際に見るべきポイントについて解説します。 乾燥機能のお手入れのしやすさ 今回お話を伺った藤原千秋さんが、洗濯乾燥機の選び方の1番のポイントとして挙げているのが、乾燥機能のお手入れのしやすさです。 藤原千秋さんのコメント ドラム式洗濯機は色々なメーカーから発売されていますが、先に乾燥機能が壊れてしまうことがほとんどです。 ホコリ取りのフィルターをしっかり掃除していても、大体3年くらい使っていると、ダメになってしまうんですね。 それを修理するには、メーカーに依頼しなければならず、費用もかかります。 そのため、お手入れがしやすいかどうかはとても重要なんです。 きちんとお手入れをすることで、洗濯乾燥機を永く使うことができます。 ホコリや糸くずなどをキャッチするためのフィルターはついているか、簡単に取り外してお手入れができるかどうかをしっかりチェックするようにしましょう。 こちらの動画では『Panasonic』の洗濯乾燥機のお手入れ方法が紹介されているので、ぜひ参考にしてみてください。 種類 洗濯乾燥機には、主に2つの種類があります。 それぞれの特徴を理解して、合った方を選ぶようにしましょう。 タテ型洗濯機 昔から使われてきた一般的な洗濯機の形。 洗濯槽が縦型になっているタイプです。 洗濯槽の中にたっぷりと水を溜め、衣類同士をこすり合せることで、皮脂や泥などの頑固な汚れをしっかり落とすことができます。 また縦型でコンパクトなので、洗濯機を置くスペースが限られているという方でも安心。 一人暮らしの方にぴったりな少ない容量のモデルから、布団や枕など大きなものを洗濯できる大容量のモデルも発売されています。 ドラム式洗濯機 洗濯機の蓋が横向き、もしくは斜め向きになっている形。 洗濯槽を回転させることで、衣類を叩き洗いして汚れを落とします。 縦型洗濯機に比べて衣類同士の摩擦が少ないため、デリケートな洋服も傷めずに洗うことができます。 また、少ない水量でOKなので、水道代を抑えたいという方におすすめです。 乾燥の際は、衣類が回りながら上から下に落ちることで、空気を含んでふわっとした仕上がりに。 特にタオル類は触り心地がとてもよくなります。 サイズが大きいところが難点ですが、最近はマンションなどにも置きやすいコンパクトなタイプも続々と発売されています。 容量 洗濯機を決める際、慎重に選ばなければいけないのが容量。 家族の人数に対して小さ過ぎるものを購入してしまうと、1日に何度も洗濯機を回さなければいけなくなり、時間も手間もかかります。 一般的な目安は、以下の通りです。 1人:5. 0kg~6. 0kg程度• 2~3人:5. 0kg~7. 0kg程度• 4~5人:7~9kg程度• 5人以上:9kg以上 しかし、家族の年齢やライフスタイルによっても、1日に出る洗濯物の量は変わってくるので、注意が必要です。 例えばお子様がスポーツをしていて、毎日ユニフォームなどを洗濯しなければいけない場合などは、上の目安よりももう少し多い容量の洗濯機を購入した方が良いかもしれません。 また、目安よりも大きめのサイズを選べば、シーツや布団カバー、毛布などの洗濯にも便利です。 乾燥方式 洗濯乾燥機の乾燥方法は、ヒーター式とヒートポンプ式の2つに分けられます。 この2つの乾燥方法は仕組みが違うため、実は電気代にも差が出てくるのです。 ヒーター式 ヒーター式は、乾燥機内のヒーターで洗濯物を乾燥させる方式。 ヘアドライヤーと同じように、電気で作った温風を洗濯槽に送り込むことで、洗濯物を乾かします。 乾燥時に発生する水蒸気は、水で冷やし水滴に戻して排出するため、多くの冷却水が必要となり水道料金が高くなります。 また、ドライヤーが熱を持つのと同じように、乾燥温度もとても高くなるため、途中で扉を開閉することができません。 さらに、約80度前後の高温で乾燥させるため、衣類に痛みや縮みが出やすいという特徴も。 ヒーターを使って温度を上げるため、電気代が高くなるというデメリットもあります。 こうして見るとデメリットが多いヒーター式の洗濯乾燥機ですが、ヒートポンプ式の洗濯乾燥機よりも価格が安いというメリットがあります。 ヒートポンプ式 ヒートポンプは、少ない電力で空気中の熱エネルギーを集めて利用するという省エネ技術。 エアコンや冷蔵庫、家庭用給湯システムなど、幅広い家電製品で取り入れられています。 洗濯機内のヒートポンプによって作り出した熱を利用して乾燥させるのが、ヒートポンプ式の仕組み。 空気中にある熱を利用するため、効率が良く省エネ性が高いのがメリット。 ヒーター式で必要な冷却水もいらないので、水の使用量も少なくて済みます。 また、乾燥温度は65度前後と低いため、衣類の痛みや縮みを抑えることが可能。 運転途中に扉の開閉をすることもできます。 洗濯乾燥機本体の価格は、ヒーター式よりもヒートポンプ式の方が高くなってしまいますが、電気代や水道料金、そのほかのメリットを踏まえると、ヒートポンプ式の洗濯乾燥機がおすすめです。 ちなみに『SHARP』の洗濯機には、ヒーター式とヒートポンプ式を組み合わせた「ヒーターセンサー乾燥」という乾燥方式もあります。 日本を代表する電気機器メーカー『SHARP』から発売されている、コンパクトタイプのドラム式洗濯乾燥機。 温度センサー、水位センサー、振動センサー、重量センサーという4種類のセンサーで、洗濯の状況を見分けてモードを切り替え。 自動で省エネ&節水運転をしてくれます。 また、洗剤成分が残り糸くずがくっついてしまう乾燥ダクトは、毎回自動で綺麗に洗い流すことで、乾燥効率の低下を防ぎます。 SHARP ドラム式洗濯乾燥機 ES-S7Cの詳細 メーカー SHARP 洗濯容量 7kg 乾燥容量 3. 5kg 乾燥方式 ヒーターセンサー乾燥 『SHARP』の縦型洗濯乾燥機。 ハーフミラー・ガラストップを採用し、お手入れしやすいことはもちろん、おしゃれなところも人気の理由です。 1番の特徴は、超音波ウォッシャーを搭載している点。 毎秒約38,000回の超音波振動で汚れを落とす超音波ウォッシャーを使って汚れのついた部分を予洗いするだけで、皮脂汚れや食べ物・飲み物のシミをすっきりきれいに落としてくれます。 また、この洗濯乾燥機の洗濯槽には穴がないので、槽の裏側についた黒カビや汚れが洗濯物につく心配がありません。 シワを抑えてスピーディに乾燥できる「ハンガー乾燥」の機能も便利です。 SHARP タテ型洗濯乾燥機 ES-PU11Cの詳細 メーカー SHARP 洗濯容量 11kg 乾燥容量 6kg 乾燥方式 ヒーターセンサー乾燥、ハンガー乾燥 ガラストップでお手入れが簡単な『タテ型洗濯乾燥機 ES-PX8C』。 シルバーとピンクの2色展開で、お好みに合わせて選ぶことができます。 洗濯槽に穴がないタイプなので、汚れが洗濯物につかないだけではなく、洗濯槽と外槽の間に無駄な水がたまらず、節水に繋がります。 また、穴がないことで水流の勢いが加速。 水が竜巻状に巻き上がり、衣類をしっかりこすり洗いすることができます。 そのほか、洗剤の種類を見分けて洗う「ECOeyes」や、柔軟剤の効果を高める「香りプラスコース」など、嬉しい機能が満載です。 SHARP タテ型洗濯乾燥機 ES-PX8Cの詳細 メーカー SHARP 洗濯容量 8kg 乾燥容量 4. 5kg 乾燥方式 ヒーターセンサー乾燥、ハンガー乾燥 1910年茨城県日立市で創業した『日立製作所』。 国内最大の電気機器メーカーです。 『洗濯乾燥機 BD-NX120B』は、本体奥行62cmのスリムタイプ。 洗濯物を出し入れするスペースを広くとることができます。 注目すべきポイントは、アイロンがけなしでそのまま着られる「風アイロン」。 シワがすっきり伸びてくれるので、アイロンの手間が入りません。 また、袖や襟の皮脂汚れ、泥汚れに効果的なのが、「ナイアガラ洗浄」です。 大容量シャワーで押し洗い、たたき洗い、もみ洗いをすることで、節水しながら汚れをきれいに落としてくれます。 日立製作所 ドラム式洗濯乾燥機 BD-NX120Bの詳細 メーカー 日立製作所 洗濯容量 12kg 乾燥容量 6kg 乾燥方式 ヒートリサイクル乾燥、風アイロン 「ななめドラム」は『Panasonic』が開発した独自のモデル。 コンパクトさとデザイン性の良さが人気の理由です。 『ななめドラム洗濯乾燥機 NA-VX3800L』の1番の特徴は、頑固な汚れをすっきり落とす泡洗浄。 洗剤をしっかり溶かして泡立てることで作り出したきめ細やかな「泡水」が、衣類の繊維の隙間に浸透して汚れをスッと落としてくれます。 また、乾燥は低音+除湿でふんわり仕上げるヒートポンプ乾燥を採用。 バスタオルや毛布などもふわふわに仕上がります。 Panasonic ななめドラム洗濯乾燥機 NA-VX3900の詳細 メーカー Panasonic 洗濯容量 10kg 乾燥容量 6kg 乾燥方式 ヒートポンプ方式 スタイリッシュなデザインが特徴的な『ななめドラム洗濯乾燥機 NA-VG2300L』。 洗練されたフォルムと細部までこだわったシンプルなデザインで、おしゃれな空間を演出することができます。 洗濯の際は、「温水泡洗浄」で嫌なにおいや黄ばみを撃退。 温水にすることで洗剤に含まれる酵素が活性化し、さらに泡にすることで衣類にしっかり浸透し、汚れをしっかり落としてくれるのです。 また、洗剤の最適な量を自動で計算してくれる機能を搭載しています。 事前に洗剤や柔軟剤をタンクに入れておけば、洗濯のたびに最適な量を自動で投入してくれます。 2〜3人家族の方におすすめのモデルです。 注目の点は、衣類に優しい低温のヒーター乾燥機能。 室温プラス約15度の大風量でシワを抑えながら、短時間でしっかり衣類を乾かすことができます。 搭載している低騒音モードを使えば、運転時間は長くなってしまいますが、乾燥時の運転音を抑えることができるため、深夜や早朝に利用したいという時にも安心です。 Panasonic ななめドラム洗濯乾燥機 NA-VG730Lの詳細 メーカー Panasonic 洗濯容量 7kg 乾燥容量 3.

次の

HITACHI BD

洗濯 機 風邪 乾燥 と は

シャープは、AIoTクラウドサービス「COCORO WASH」に対応し、毎日の快適な洗濯をサポートする、プラズマクラスター洗濯乾燥機3機種と全自動洗濯機1機種を発売する。 クラウド上のAIと連携することで、天気や季節に合わせて最適な洗濯方法を提案してくれたり、衣類の種類に合わせて選んだ専用コースをダウンロードして設定したりできる「COCORO WASH」。 本シリーズでは、「COCORO WASH」がさらに進化した、「AI標準コース」を新たに搭載した。 標準コースの洗濯運転後に、専用アプリから「シワが気になる」「しっかりすすぎたい」など、洗濯物の仕上がりを評価すると、その回答をもとに「AI標準コース」として次回以降の洗濯運転の制御に反映。 また、AIにより成長した洗濯機を、64タイプの動物に例える「AIタイプ別診断」も搭載。 自分好みに成長した洗濯機がどのタイプの動物になるか?など、「COCORO WASH」をより楽しめるようになった。 「COCORO WASH」の洗濯サポート機能 ・住まいの地域の天気に応じたおすすめの洗濯方法をアドバイス。 ・カーテンなど、洗い方に迷う洗濯物に最適な専用コースを教えてくれる「洗いかたナビ」を専用アプリに搭載。 スマートフォンで専用コースを選択し洗濯機に送信することで、洗濯物の種類に合った最適なコースで洗える。 ・使っている洗剤の適切な使用量を、洗濯機本体から音声で知らせる<PWシリーズ>。 ・スマートホームサービス「COCORO HOME」と連携し、冷蔵庫が洗濯機の運転終了を知らせる「機器連携」にも対応。 また、頻繁に洗えない衣類を除菌できるプラズマクラスター搭載。 消臭・花粉ケア・洗濯槽内のカビ菌も抑制できる<PWシリーズ>。 スプリングコートなど春先に活躍するアウターにも安心。 「プラズマクラスター槽クリーン」では、洗濯槽内に送風しながらプラズマクラスターイオンを放出し、カビ菌の繁殖も抑制する。 そのほか、スタイリッシュな「ガラストップデザイン」と「光るタッチナビ」を搭載<PWシリーズ>。 本体天面には、継ぎ目のないフラットなフタを採用。 スタイリッシュで手入れがしやすい「ガラストップデザイン」は、空間を美しく引き立てる。 操作部には、必要なキーと表示だけが光って操作を分かりやすく知らせる「光るタッチナビ」を搭載している。 「光るタッチナビ」イメージ<ES-PW11E> 関連情報: 構成/DIME編集部.

次の