米 の とぎ汁 乳酸菌。 乳酸菌パワーがすごい!! 米のとぎ汁で作る「水キムチ」

家庭菜園の液肥利用のため、お米のとぎ汁乳酸菌始めました

米 の とぎ汁 乳酸菌

「洗顔料は良くないらしいからぬるま湯だけ」 「石鹸だけで洗っている」 そんなところでしょうか。 では、その水やお湯の成分はどうでしょう。 はい、 たっぷりの塩素が入ったとてもきれいなお水です。 1年365日、顔につけるものには気をつけても、洗う水はわりと無頓着ではないでしょうか。 ここ、変えてみませんか?スー です。 本日もお越しいただきありがとうございます。 今日からでも簡単にできる 「米のとぎ汁洗顔」は、続けるとシミが減ってとても健康的な肌になります。 それを実感している私が、とぎ汁ってどんなものか解説しながら、「米のとぎ汁洗顔」のやり方もまとめていきますね。 幕末、黒船で日本にやってきたペリー提督について書かれた文献の中に 「日本女性は顔にシミが無く、老いている人も顔にシワが少ない」 という記述があったとされています。 結局、 米なんですね。 石鹸や洗剤なんかなくても 肌がきちんとターンオーバーしていれば、シミやシワ、くすみやたるみはそこまで増えないのではないかと思います。 米のとぎ汁の成分は? 米のとぎ汁は、簡単に言うと 米の養分を含んだ水ということになります。 米の表面についた、• ビタミン• ミネラル• デンプン• セラミド• 油分 などが溶け出した、とても 栄養豊富な水なんです。 ビタミンCは 美白効果があり、 ビタミンEには アンチエイジング効果があります。 また、市販の化粧水にも含まれている 「セラミド」「油分」によって、 適度に潤いを保つことができるのです。 しかも無料です! それを毎回排水してしまっていたのは非常にもったいないですね。 細かい粒子が程よくスクラブしてくれる 米のとぎ汁には、精米時に生じた 微細な米ぬかの粒子もたくさん含まれています。 その粒子も目で見て分からないくらい小さく、しっかりと溶け込んでいます。 このいい感じに小さな粒子になった米ぬか成分が、 肌をいたずらに刺激せず、それでいて肌細胞の新陳代謝を正常に働かせる作用 を発揮してくれるのです。 その スクラブ効果は、• 表皮の 古い角質や皮脂を洗い流してくれる• 肌の ターンオーバーを促進してくれる• メラニン色素を含んだ古い細胞を表面に押し上げてくれる 美白効果 と、大変優秀なのです。 美容効果があると宣伝されている 高価な化粧品と同等、またはそれ以上ではないでしょうか。 もちろん乳酸菌もたっぷり! 自家製乳酸菌液の原料になる【米のとぎ汁】この中には 植物由来の酵母や乳酸菌が含まれています。 それに 塩や 糖分を与えて、乳酸菌を増殖させていくのが 「培養」ですね。 彼女の肌はキレイだと思いませんか? 昔、ちょっとブッとんだキャラ設定でデビューしちゃいましたが、今ではとても性格が良い、おしゃれで知的で素敵な女性に変貌を遂げられましたよね。 そんな 彼女の美肌の秘訣が 「米のとぎ汁で顔を洗っている」事だと知ったときは、妙に合点がいきました。 実証してくれてますよね、本当にキレイですもんね。 あ、整形しちゃった整形外科医の ドクター高須も 30年以上前から「米のとぎ汁洗顔」を推奨しておられるそうですね。 いつやるの? 今でしょ。 今すぐ始めましょう。 ・・・ということも大事ですが、 1日のうちのいつやるか、ですよね。 まず、米のとぎ汁が発生するのはいつでしょう? 我が家の場合はマチマチです。 実はこれはいつお米を研ごうが関係ありません。 なぜなら、 発生したとぎ汁は半日以上放置しておきたいからです。 米のとぎ汁が出たら、それを大きめの洗面器などに取っておいて、朝でも夜でも自分が決めた時間まで放置しておきましょう。 ちなみに私は朝のみ使います。 夜はなんで。 どうやって使うの? これはいろいろ説があるようですね。 あれこれと難しいことやめんどくさいことはこの際 無視しましょ。 米を一度さっと水で洗い流す• そのあと再び水を入れて、優しく米を研ぎましょう• そのとぎ汁を洗面器やボールなどに取っておく• 3〜4回分取ればOK• それを涼しい所に置き、新聞かラップで軽くフタをする これが 「とぎ汁」です。 ペットボトルに入れて冷蔵庫に保管?めんどくさいですよね。 翌朝忙しい時にささっと洗いたいですよね。 洗面器だと直接バシャバシャと洗えて便利ですよ。 これくらいアバウトで大丈夫です。 ただし、 夏場などは半日が限界かもしれないですね。 その辺は 臭いと感覚で判断していきましょう。 【米のとぎ汁洗顔】のまとめ 米のとぎ汁洗顔、始めてみませんか? 程よくスクラブ、程よく保湿。 こんなにちょうどいい洗顔法はないと思います。 他で見かける「米のとぎ汁洗顔法」はちょっとルールが面倒だなと思ったので、 今回はまさに 「ズボラさん向け」と言ってもいいくらい、省ける手間をできるだけ省いたやり方を紹介してみました。 変な化学反応さえ起きなければ、 常温で放置した方が還元力も高まるし、デンプンをエサにして有用菌が増えているかもしれません。

次の

月刊 現代農業2010年4月号 米のとぎ汁で集めた乳酸菌でネギの病気1/10

米 の とぎ汁 乳酸菌

スポンサーリンク 米のとぎ汁乳酸菌というものは知っていますか? 飲んでも体に危険性はありません。 米のとぎ汁乳酸菌は 飲んで良しの万能なものなのです。 今回はコメのとぎ汁乳酸菌について ご紹介します。 米のとぎ汁乳酸菌を飲むことで危険はないの? 米のとぎ汁乳酸菌とは、 お米をとぐ時に出るあの白い濁った とぎ汁に 乳酸菌のエサとなる砂糖とお塩を入れたものを、 数日間常温に置いて乳酸発酵させたものです。 作り方はとても簡単ですね。 また、とぎ汁は普段は捨ててしまうもの。 それを使うので、 経済的にもとても良いのです。 普段は捨てているものだからこそ、 飲んでも大丈夫なのかしらと 不安になるもの。 しかし、 飲んでも全く危険はありません。 むしろ 飲むことで 逆に体に良いことづくしなのです。 まず、飲むことで腸内の環境を 整えることができます。 お米から作るこのとぎ汁乳酸菌は、 腸までしっかりと乳酸菌を生きて 届けることができます。 乳酸発酵するため、 まるで微炭酸のような口当たり。 そのままの状態で飲んでも大丈夫です。 味はちょっとお米の味がする微炭酸で、 砂糖をいれましたが特に甘味は感じません。 なので、甘味を加えてあげることで より飲みやすくなります。 スポンサーリンク 米のとぎ汁乳酸菌の作り方と飲むことで得られる効果! それでは米のとぎ汁乳酸菌の作り方をご紹介!! お米を3合分、黒砂糖40グラム、 天然塩20グラム、2リットルの空ペットボトルを 準備します。 まず普段通りお米をとぎます。 その際、最初の一番濃いとぎ汁を ペットボトルに8分目ぐらいまで入れます。 8分目まで一回ではいかなかった場合は、 2回目のとぎ汁でも可です。 この中に天然塩をいれてしっかりと混ぜます。 人肌ぐらいの温度のある場所で保管します。 2~3日後に黒砂糖をペットボトルに入れて よく振って混ぜます。 その後、毎日一回以上は ボトルを振って混ぜてください。 そして一日一回蓋をあけて 空気を入れ替えます。 4~7日たつと、 炭酸のようにシュワシュワと炭酸のように泡が立ち、 酸味のある匂いがしたら完成となります。 注意することは、 発酵しますので容器はビンではなく ペットボトルに必ずしてください。 また、悪臭がする場合は残念ながら失敗です。 もう一度作り直しましょう。 成功しましたら、 継ぎ足すことが可能になります。 方法は、米のとぎ汁乳酸菌3分の1に 1パーセントの天然塩と2パーセントの黒砂糖を 溶かした水を入れます。 それだけで継ぎ足し継ぎ足しで米のとぎ汁乳酸菌を 作ることができるのです。 初めにつくったものより、 発酵のスピードは継ぎ足しで作った方が早いです。 ではその米のとぎ汁乳酸菌の効果ですが、 腸内の環境が良くなるため、 腸の中の悪玉菌が撃退されます。 悪玉菌はオナラも臭くなりますし、 便秘にもなります。 便秘のせいで肌荒れもひどくなりますよね。 腹痛など、お腹の不調に直接 この乳酸菌液が効くのです。 お腹の不調は病気にも繋がりますから、 腸内環境には気を付けましょう。 また、便秘も解消しますので、 ダイエットにも効果的です。 お通じがよくなることで、 お肌の状態もピチピチです。 まとめ 米のとぎ汁乳酸菌は初めのうちは口にするのを 躊躇すると思います。 しかし考えてみてください。 どの材料も口に入れても 危険性のないものばかりです。 ですので、 口にいれても安全ということです。 ただし注意してほしいのが、 匂いや見た目が少しでも 「おかしいな……」と思ったら、 使用をやめてください。 菌は菌でも、乳酸菌ではなく 別の良くない菌が繁殖してしまっている 可能性があるからです。 初めのうちは 何度か失敗することもあるかもしれませんが、 慣れてくると簡単に作れるようになります。 ぜひみなさんも 米のとぎ汁乳酸菌マスターになって 腸活を始めてみてはいかがでしょうか。

次の

消臭剤、化粧水、洗剤、入浴剤にも!米のとぎ汁乳酸菌がスゴイ!

米 の とぎ汁 乳酸菌

米のとぎ汁乳酸菌とは? 乳酸菌と見聞きするとお腹に優しいというイメージがありますが、米のとぎ汁乳酸菌とはその名前の通り普段いつものようにといでいるお米のとぎ汁から作る液体のことを指します。 白く濁った状態のとぎ汁に乳酸菌のエサとなる砂糖や塩などを加え、数日間常温で保管&乳酸発酵させたものです。 この米のとぎ汁乳酸菌は特別な物が不要で、尚且つ通常では捨ててしまうとぎ汁を使用しているのでコスト面も良いですし、誰でも自分で作れるというところが魅力的です。 米のとぎ汁から作られた乳酸菌は生命力が強い! 米のとぎ汁から作られた乳酸菌は非常に生命力が強いことで知られています。 お腹に優しい市販の商品や腸内環境を整えるものもありますが、どれも毎日続けていくのは大変な金額のものばかりです。 しかし、米のとぎ汁乳酸菌は不要となるもので作っていけるので例え失敗しても何回でも作り直すことができます。 また、自宅で作れば余分な成分が一切含まれていない天然の乳酸菌となるため、より体に優しいものを選びたいという人に人気が高いようです。 米のとぎ汁乳酸菌は危険?衛生面の心配… 米のとぎ汁乳酸菌の作り方は下記にてご紹介しますが、全て手作りで乳酸発酵させていくため、衛生面の危険が懸念されています。 米のとぎ汁乳酸菌を作る過程には常温で保管という決まりがあるので食中毒などが発生する夏場では特に危険だと感じるでしょう。 完成した米のとぎ汁乳酸菌は、微炭酸の状態なので蓋を開けた際にプシュッと音がします。 そのため、毎日続けていく場合はこまめに新しいものを作る必要があります。 米のとぎ汁乳酸菌の効果が人気の秘密! ただのとぎ汁から作られる液体になぜこうも注目が集まっているのかというと、その人気の高さは得られる効果にあります。 米のとぎ汁は美白効果があるなどの知恵から多くの女性がスキンケアに使っていますが、そんなとぎ汁から作られる乳酸菌からはどのような効果が得られるのでしょうか。 飲むことでお腹の調子を整える 米のとぎ汁乳酸菌の用途は飲むことが挙げられます。 そんなものを飲んで果たして体に害はないのかと感じますが、元はお米のとぎ汁や普段から摂取している砂糖や塩が含まれているだけなので飲む方法を取っても問題ありません。 体の中に摂取された乳酸菌は腸内環境を整えて免疫力をアップしてくれるため、最近元気が出ないという人にもおすすめです。 飲む用の米のとぎ汁乳酸菌の味は微炭酸でほのかにお米の香りがするドリンクになります。 また、とぎ汁から乳酸菌を作る際は砂糖などを加えますが、飲むときには既に乳酸菌のエサになっているので砂糖の摂取を控えている人にも安心して口にできます。 油汚れ用洗剤 頑固なキッチンの油汚れは掃除するのが大変ですが、そんなときにもこの米のとぎ汁が活躍してくれます。 昔からの知恵で米のとぎ汁で床を掃除するとワックス効果があると言いますが、まさにその通りでしつこい油汚れもスルスルと落としてくれます。 米のとぎ汁乳酸菌があれば、汚れ別に洗剤を用意しなくて済み、何度も何度も洗剤を継ぎ足しする手間やコストも省けます。 また、排水溝や三角コーナーなどのヌメリが気になるところにも米のとぎ汁乳酸菌をスプレーしておけばヌメリ知らずのスッキリキッチンを維持できます。 入浴剤 米のとぎ汁乳酸菌は毎日入っている浴槽に入れ、入ることで体全体がツルツルになる効果もあります。 人によっては一年間もの長い期間、お風呂のお湯を変えずに米のとぎ汁乳酸菌を入れ続けたという人もいるほどです。 通常では菌が繁殖しすぎて大変なことになりそうですが、そんな一年もの期間が経っていても大腸菌やレジオネラ菌などの有害な菌が検出されることはありませんでした。 それほど米のとぎ汁乳酸菌は菌の繁殖を抑制するということなのです。 また、お風呂の残り湯で洗濯している人は服の嫌なニオイに悩まされていることもあるでしょう。 残り湯で洗濯すると菌が繁殖して服にも嫌なニオイが発生してしまいます。 しかし、ここで米のとぎ汁が含まれた残り湯で洗濯してみると嫌なニオイを抑制することができるのでお風呂に米のとぎ汁乳酸菌を入れるということは体もスベスベになって服のニオイも抑えることができる一石二鳥効果を得られます。 消臭剤 上記でも触れましたが、米のとぎ汁乳酸菌は嫌なニオイを元から絶つ働きに長けています。 消臭効果を発揮する米のとぎ汁乳酸菌はスプレーボトルなどに移し替えて洗濯ができないソファーや絨毯などにシュッとかければニオイを消臭、中和してくれます。 飲む用途にも使える米のとぎ汁乳酸菌ですからペットや赤ちゃんがいる家庭にも問題なく使えます。 また、使用済みおむつの強いニオイにも消臭してくれるので、おむつ入れなどにスプレーしておくのもおすすめです。 美肌になる化粧水 米のとぎ汁乳酸菌は化粧水としてスキンケアに使うこともできます。 しかも美肌になるだけではなく、アトピーの改善にもなる優れたスキンケアになります。 乳酸菌には炎症を抑制しながら細胞の再生を促す働きがあるため、肌の環境を整えてつらいアトピー症状の改善に繋がるのです。 米のとぎ汁乳酸菌は基本的に菌の繁殖を抑制してくれるので吹き出物やニキビの対策としても活躍してくれるでしょう。 米のとぎ汁乳酸菌の作り方や保存・注意点について 優れた効果が盛りだくさんの米のとぎ汁乳酸菌ですが、何だか作り方が難しそう…と感じる人も多いのではないでしょうか。 市販されている乳酸菌類関係の商品は簡単に手に入れることができますが、節約して使わなければいけないことも多いのでバシャバシャ使える乳酸菌の作り方と保存についても触れていきます。 米のとぎ汁乳酸菌の作り方 米のとぎ汁乳酸菌を作る際に必要な材料は、米のとぎ汁500ml、塩小さじ1、砂糖小さじ2~4、そしてペットボトルのみです。 用意する米のとぎ汁は種類を問いませんが、なるべく無農薬や減農薬などの体に優しいお米を使うようにしましょう。 また、砂糖は精製されていない黒糖やきび糖などが望ましいとされています。 米のとぎ汁乳酸菌の作り方ですが、まずお米をといでいきます。 濃い白く濁った液の方が良いとされているので、乳酸菌作りに使用するとぎ汁は一回目にといだ汁がベストです。 次に綺麗に洗浄し終えたペットボトルに取ったとぎ汁と砂糖、塩を入れて常温で数日~1週間程度乳酸発酵させていきます。 乳酸発酵は光合成で進みが良くなるので明るい窓際などで発酵させても良いでしょう。 そのまま放置していくのですが、ペットボトルの中でどんどん発酵していくため、ガスの発生で破裂しないように1日1回は蓋を開けてガス抜きを行います。 しばらく経って蓋を開けた際に炭酸の「プシュッ」という音と甘酸っぱいニオイがすると感じれば成功です。 しかし、蓋を開けた際に変な香りがしたら雑菌が繁殖している証拠なのでニオイがおかしいと感じたら勿体ないですが全て捨ててまた新しく作り直すようにしてください。 米のとぎ汁乳酸菌の保存と注意点 米のとぎ汁乳酸菌を作り終えた後ですが、どんどん乳酸発酵が進んでいくので保存は冷蔵庫にて管理します。 受ける温度が低温であれば発酵が進まなくなるので保存は必ず冷蔵庫で行いましょう。 また、移す容器はガラス製品ではなく、ペットボトルを使うようにしてください。 ガラス容器などでは発酵している最中にガスで破裂してしまう危険があります。 また、普通の水道水では含まれる塩素の関係で乳酸発酵がしずらい傾向にあるので使う水はミネラルウォーターや浄水器、ウォーターサーバーや水道水を煮沸消毒して冷ましたものを使いましょう。 今日からできる米のとぎ汁乳酸菌!低コストでキレイになろう 毎日とぐお米でコスパ抜群の米のとぎ汁乳酸菌。 体の内側から綺麗になるだけではなく、家中のお掃除もこれ一本で良いというのは嬉しい限りですよね。 作り方は簡単でも成功させるのは少し難しいですが、捨ててしまうとぎ汁なので何度でも挑戦できますよ。

次の